IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (18コメント)

  • 電気セクターは軒並み上げてますね。特に半導体関係は、中国の復活が早かったので、投資計画への影響が小さいと判断されているようですね。またテレワークが増えた影響でパソコンやタブレットの売れ行きが好調で、半導体の需要が伸びているようです。実際、SUMCOや信越のウエハ受注が好調というニュースも出ていました。メイコーは電気と言っても、車載が売上の5割を超えるから、自動車セクターみたいなもんです。武漢工場停止と世界的な自動車業界の落ち込み、そして近々発表となる下方修正があるので、そりゃ重くなりますよ。権利確定日でこれでは先行きが厳しいですね。

  • 下方修正や減配を出しても、想定範囲内なら逆に上げている銘柄も多数ある。コロナの影響はある程度織り込み済みですからね。メイコーも下方修正確実だが、発表があってもきっとアク抜けで上げるだろうなんて言っている方がいましたが、前回の決算内容をよく見た方がいいですよ。前回の決算は、コロナの影響なしで超絶悪い内容でした。にもかかわらず下方修正を出さなかった。そのお陰でコロナショックで日経が下げだしてから、メイコーは他の銘柄よりも下落率が低く、株価を維持してきた。他の銘柄と比べメイコーは結構頑張ってるなと皆さん思っていませんでしたか?今度の下方修正は、最悪業績+コロナの影響となるので、想定範囲内に収まるわけがなく、とんでもないビッグサプライズかもしれませんね。ここ数日の弱さがすべて物語っていますよ。あとは下方修正の発表がいつになるかですね。

  • 昨日今日とやはり業績見通しの良い会社、コロナの影響が小さい会社がわかりやすく上げてますね。他に振り替えておいて良かったってやつです。今からでも十分間に合うと思いますがね。

  • 減配。次は下方修正。どさくさに紛れて小出しにする作戦ですね。

  • 今日の下げで底が抜けましたかね。空売りの買い戻しに結構助けられてましたが、モルスタの売り残もほとんどなくなりましたね。武漢延期と自動車業界の落ち込みをこれから織り込んでいくと思うとどこまで下げるのやら。何せ昨年安値の1260すらまだ切ってませんから。大半の銘柄はほとんど下回ってますよ。ちなみにPBRはPKG基板トップのイビデンが1.02、新光電工が0.93、CMKが0.42、これら3社はすべて一部。対して新興JASDAQのメイコーが1.04。最先端基板を作るイビデンや新光電工より高いなんて業界人からしたら違和感しかない。下値余地は大きいですよ。今日も日経先物下げてますね。1000切るのはそう遠くなさそうです。

  • まだまだ下値を探る展開ですね。私も一部昇格を期待していた一人ですが、今回のコロナショックで遠のきましたね。今回の中国2工場停止はかなり痛い。売上減だけでなく、取れるはずだった注文を失注してしまいましたからね。財務悪化は必至で一部昇格どころか、逆に増資懸念の方が強くなりました。一応業界人ですが、一部のCMKなんかよりメイコーの方がはるかに将来有望です。ただ、所詮財務が弱い新興銘柄で、また過去に増資等で投資家を裏切ってきたため一般投資家の信用度が低い。主幹事を外された野村の定期的な嫌がらせレーティング、常に空売り機関のターゲット等々。低PER/PBRと言われながらも、株価が素直に上がらない原因はそんなところにあります。長く持っている人は良く分かっているはずです。自動車セクターがボロボロの中、財務悪化でまた増資発表があるのかと思うと怖くて買えないですよ。

  • 昨日の日経にも出ていましたが、武漢の影響で自動車セクターの下落がきついですね。その割にはメイコーは踏ん張っているように見えます。逆に言うと下値余地が大きいということでしょうか。電気機器セクターと思っている人が多いのかもしれません。あの決算で下方修正も出さず、武漢工場は今月稼働しても減産は確実、そして売上比率の大きい車載が凹んだらどうなるのか。メイコーは長年注目している有望銘柄ですが、まだまだ買い戻しはできませんね。他の有望銘柄がバーゲンセールしてますから、しばらくそっちで遊んでます。一部の方々みたいに特定の銘柄に固執するのは良くありませんから(笑)。

  • 広州はともかく、日本、ベトナムでの代替生産は顧客に対する供給責任を負うためのもので採算は度外視、日本の生産コストや輸送コストを考慮すれば下手すれば赤字ビジネス。それでもキャパ回復すれば受注維持できるが、武漢生産分は要するに認証を取っている競合他社から買ってくださいということ。肺炎が収まって競合への移管分を取り戻せるのか。武漢はメイコーの主力工場で生産比率が大きい。広州も操業開始したが稼働率は低く減産は間違いない、そこでどれだけ代替生産できるのか。肺炎の影響を織り込まず下方修正間違いなしの決算出して、まだこの株価を維持しているのが不思議。いずれ適正値に修正されるでしょう。

  • 当初10日から操業開始の工場がほとんどでしたが、中小企業の工場は市政府からの規制で操業再延期となっているのが現状。大手メーカーなどは本日から操業開始している工場もあるが、従業員が戻っていないので減産となるのは確実でフル稼働の見通しは立っていない。またたとえ生産しても都市封鎖により、物流網が麻痺しており、原材料の入荷、製品の出荷ができないため、稼働維持できるかもわからないとの現地情報です。メイコーは、広州工場は本日10日、武漢工場は14日から、「通常生産」、「通常入出荷」ができるといいですね。

  • 私の友人が日本の電子部品メーカーの中国現地工場の総経理をやっていますが、区政府から工場を稼働させないでくれと指示が入り明日10日からの稼働は見送りになったそうです。上海郊外の工場でこのような状況です。またたとえ操業させても戻ってこれない従業員や出社拒否もあるため通常生産となるには相当日数がかかると話していました。
    中国政府は半導体生産を国家プロジェクトとしてテコ入れしており、武漢のメモリー工場や上海のSMICは政府支援により旧正月休み中も稼働させています。半導体ほどではないにせよホンダやトヨタなども対外的なプレゼンスを考慮してテコ入れが入るでしょう。それではメイコーのような中小企業はどうなるのか?
    先週の世界的な株価暴騰は中国政府の資金投入と米国に対する関税引き下げがあったから。中国政府の買い支えがなくなったらどうなるのか。肺炎の影響は本当に織り込み済みなのか。明日10日から広州で通常生産がスタートすればいいですね。

  • 週明けは、ダウ下落、肺炎第5報での稼働再延期発表などで厳しい状況となりそうですね。トヨタは中国生産比率が10数%ですが、メイコーは5割以上ですから、株価へのインパクトはどちらが大きいか。ダウは高値圏でまだまだ調整余地が大きいですし、来週中に大手各社の稼働再延期がわかれば肺炎の影響を再び織り込んでいく流れとなるでしょう。そこをモルスタがいつものように売り崩してきたら、出来高の少ない新興銘柄か果たして踏ん張れるのか。工場稼働が正式決定するまでは下げ続けるでしょうね。

  • まだまだ落ちるナイフ。あせって掴んだら痛い目ににあいます。ここでは何度も経験してますから(笑)。ホルダーさんは今日が最後の売り時だと思いますが。

  • 今、買わなくても工場稼働再延期の発表が出ればまだ下がりますよ。モルスタのお約束の売り仕掛けも入るでしょう。ダウのお祭りも今週で終わり、地合いが悪くなったら踏ん張れないのがメイコーさんですから。1500以下でゆっくりお待ちしています。

  • メイコーのHPにもそろそろ新型肺炎の第5報が出ると思います。武漢、広州工場共に再延期は確実なので、2段下げの前に売った方がいいと思いますよ。稼働停止となっても大手メーカーは中国工場での生産比率が小さいので、他工場で代替生産できますが、メイコーは武漢と広州工場の出荷量が全体の半分以上を占める。大手とは会社規模、生産拠点数、BCPが全然異なります。ttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO55342780W0A200C2MM8000/

  • 私も2月中にそれぐらいまで下がると見ています。通期下方修正確実+武漢、広州稼働停止ですから。落ちるナイフは掴まずゆっくり待つことにします。

  • そうですね。また買いたい立場としては、先に下方修正出してくれた方が良かったと思います。

  • 明日下げてもちょっとやそっとの下げではまだ買えませんね。武漢、広州工場の稼働停止を織り込んでませんからね。

  • メイコーとは2013年からの付き合いですが、今回だけは一旦売りました。武漢は言うまでもなく、広州もしばらく動かないですよ。半導体は中国政府が重要先進事業と位置づけ、免除措置で武漢のメモリー工場も稼働させていますが、自動車は免除措置を受けられません。現在、自動車関係は部品工場も含め身動きが取れない状況。肺炎の影響はまだまだ織り込んでいないと思います。それでも逆行するのがメイコー株ですが(笑)。零細貿易会社社長の独り言でした。

本文はここまでです このページの先頭へ