ここから本文です

投稿コメント一覧 (67コメント)

  • 不正会計しておいて、監査法人の意見は無視。

    株主からのストレスで心筋梗塞で死亡しました。

  • 結局、不適正な決算だったという落ち。2016年3月期決算で既に債務超過に陥っていたと。

    東証に正義はない。

    こんな不正が通る市場で何を基準に取引をしたらいいのか?やってられない。

    これで株式取引はギャンブルに成り下がったといえる。

  • もう耐えられないです。

    東芝の動きは読めなかった。

    これで後日、上場廃止になったら救われるかも。

    大失敗です・・・。

    退場します・・・。

    グッドラックです。

  • 政治の話しで、加計学園で存在していた文書は無かったことにはできない。東芝も同様に…… 。

  • 6月28日の株主総会で3月期決算発表できませんか、そうですか・・・。

  • 同じ売り方なのに・・・。

    客観的なのですね。

  • 信用新規売り規制入りました。

    これは、次のステージが訪れたフラグ、と思います。

    次の決算で、東芝が監査法人の意見表明なしで決算を出して来たら、上場廃止にすると言う市場参加者への東証の警告と、私は受け止めました。東証が、これだけ警告しているのに買いで東芝を保有し続けるのは、もはやギャンブルですよ、と警告しているのです。買いで保有するのは、半か丁かの博打です。そういうステージに入った、と言えます。ギャンブル銘柄が上場廃止になっても、前に警告はしましたよ、というのが東証の意思表示です。

    もっとも、意見表明はないでしょう。「PwCあらた」は、債務超過の時期について2016年の早い時期に債務超過になっていたと判断しているので、東芝がそれを認めたら、即上場廃止基準に該当するわけで、それは有り得ない。だから、次回も意見表明なしの決算書が提出されると容易に予測ができます。

  • さかのぼって債務超過・・・。これが上場廃止の決め手になると思いますが・・・。

    東芝メモリが3兆円で売れようが過去の事実は変えられない・・・。

  • 自分に都合の良い事を書いてくれないから、監査法人変更しようとするとか、上場廃止基準の市場の秩序を乱す場合に該当しているのではないでしょうか?

  • 上場廃止基準で注目しているのは、有価証券報告書等に虚偽記載又は不適正意見や意見の表明をしない等で市場の秩序を乱す場合、債務超過で1年以内に債務超過を回避できない場合。

    有価証券報告書等に意見の表明をしないは単純にみれば黄色信号ですが、それが債務超過に関して監査法人と意見の食い違いが絡んでくると複雑に。1年以内の債務超過の解消に関しては2016年に既に債務超過になっているなら2017年には債務超過を解消しなければならず、これは限りなく赤信号ではないか?、と考えています。債務超過に関して、監査法人と債務の額と債務超過になった時期について意見が合わない、だから監査法人は意見表明をしなかった、と考えます。さかのぼって債務超過になっていた事を認めたくない東芝。ここが重要で、東芝はそれに関して説明をしていないですし、説明したくないのだと思います。債務超過になった時期について、東芝が説明をしなかったことに関して、それをどう評価されるか。上場廃止基準の市場の秩序を乱す場合に該当しているのではないか?、と考えます。東芝という会社の隠蔽体質は変わらず、と評価されるのではないか?、と考えています。

    私は状況を分析した結果、楽観的になれないです。株式投資は最後は自己責任ですから。

  • 「適正」でなくても決算報告・・・。

    これで、上場廃止の可能性が出てきました・・・。

  • 届くと良いですね。届かない方に私は掛けますので。

  • 東芝メモリ売却先は、韓国と台湾は高値を出してきても、技術流出・安全保障上から無理と思われる。同業のウェスタンデジタルとマイクロンは重複デメリットが出るから、評価額は7000億円が良いところ。米国投資ファンドとかでも7000億円が良い所だと思います。投資ファンドは、未知の業界に多大な投資をすれば、それだけリスクも増大するからやはり7000億円が良い所だと思う。少なく見積もった赤字1兆円に3000億円届かず・・・。どうする東芝? 金融機関から借りるしかないか。実際、まだ損失として認めていない金額を含めるとすべての事業の損失は1兆3000億円はあると思う。自信満々で2兆円の価値がありますと言われても・・・、言ってしまえば2兆円で売れたら良いな、ってレベルの話。考え方が楽観的だから、今の危機的状況を招いているのに、反省してないですね。

  • おそらく、上場廃止かな。

    その後、再上場を目指すとか?

    だから、大口によっては現物長期ホールドとかあるかも。

    規定によって、売却しなければいけない大口もいるだろうし。

    まあ、上場廃止になれば大きく下がるのは予想できるけど。

  • 正直、未知数・・・。

    巨体が倒れる姿を見てみたい・・・。

    むしろ、このチャンスを上手く仕留めたい。

  • 早朝から、こんなに投稿されていて、早起きですね。

  • やはり、不正は軽自動車だけではなかった。分かりやすい。

    下品な言葉だけど、下落した理由だけで糞株に関わらなくて良かった。

    軽自動車の燃費偽装発覚時に、普通車での燃費偽装も分かっていたはず。それを、今頃になって発表するあたりが、腐っている。顧客に対する補償も10万円と少な過ぎて腐っている。顧客に詫びる気があるなら最低30万円は支払わないといけない。

    失ったのは顧客に対する信頼と、世間の三菱自動車の社風への厳しい見方です。

    日本国内で復活することはないでしょう。安くても要らない、乗っていて気分が悪くなるから。リコール隠しで過失殺人を行い、今度は顧客をも裏切る。儲かりさえすれば、他人など蹴落としても全く構わないという社風の企業には市場からの退場がふさわしい。内部告発がなかったのが、その社風の証拠です。

  • 第2四半期 経常利益4.17億円でしたか。

    前年同期は 経常利益49.66億円でしたが、ここまで悪化しているとは・・・。

  • それにしても、良く下がりますね・・・。ずっと売り継続ですが、結構な感じになりました。

    会社の戦略が甘いから、一時的な売り上げの急上昇に振り回される結果になる。

    売り上げ急上昇がずっと続く訳がない。特許でも取って、独占してるなら別だけど。

    加えて円高ショックで、ダブルパンチ・・・。

  • データ偽装はいけませんね。粉飾決算よりも消費者的には騙された感は強いと思います。

    買った商品がカタログ値を満たさなかったら、全額返金して欲しいというのが心情です。

    法律的な賠償として三菱自動車の対応として考えられるのが、車種に応じて現金補填という形が考えられます。
     
    これも、1台に付き数十万円になると考えられますから、相当なダメージを被ると考えられます。

    2,3日で更に下げるでしょうが、これからの問題は、日産に指摘された車種以外にもデータ偽装があるかもしれない、という事です。

    下げ止まった時に更に偽装が発覚して、更に下げるというのが最悪のパターンです。

    これを何回か繰り返すという感じが最悪のパターンかと。

    売り材料には事欠かないと思うので、今後更に下落するのではないかと思います。

本文はここまでです このページの先頭へ