ここから本文です

投稿コメント一覧 (132コメント)

  • >>No. 906

    水素/空気二次電池が初めて出品される。
    話題になるような製品なら頼もしいがどんなものだろう。

    出展予定品 : SMD対応小型全固体電池「SoLiCellTM」(参考出品)
    水素 / 空気二次電池(参考出展)
    車載機器用電池・高耐久車載用途ニッケル水素電池・リチウム電池
    ニッケル水素電池 / バッテリーシステム
    薄形リチウム電池
    単3形 充電式ニッケル水素電池専用 自動充電器 「イージーチャージャー」、他

  • 1月31日金曜日の米国株、新型肺炎拡大で急落。
    英国のEU離脱もあり不安材料だらけ、明日の日経平均株価も厳しいだろう。
    月末の国際二次電池展まで踏ん張れるかが問題だ。

  • 昨日、新型肺炎のニュースで株価が下がりました。
    下記サイトにアメリカ ワシントンタイムスの情報が載っています。
    フェイクニュースと言うこともあるので、参考程度に見ておいてください。
    映像画面の先頭に広告が入ります、右下にある「広告をスキップ」を押してください。
    https://youtu.be/UhlP1h_Smx0

  • 3Q決算発表予定 1月29日15:00

  • >>No. 681

    投資関係の書籍が記事にしたのだから、デタラメだと「風説の流布」になるのでは。

  • >>No. 340

    BS東京の放送見そこないました。ここの製品、話に出ましたか。

  • 化学工業日報新聞
    FDK 水素/空気2次電池 22年度下期にも事業化
    2019年10月24日
     FDKは、次世代電池である水素/空気2次電池(HAB)の事業化の取り組みを推進する。これまで科学技術振興機構(JST)のALCA(先端的低炭素化技術開発)プロジェクトで研究開発に取り組み、目標とする体積エネルギー密度900ワット時/リットルを達成している。まずは非常用のバックアップ電源として2022年度下期にも1キロワット級の蓄電システムを実用化し、将来は100キロワット級を目指す。

  • 「転進支援制度」・・聞こえは良いが、早い話が「希望退職者募集」首切り。
    指名解雇にしないと全固体、水素空気電池の技術をライバル企業にのしをつけて差し上げることになる。

  • ウエアラブルクーラーの写真を見ると、電池は割合大きいと思います。
    オリンピックの準備をされる方に着てもらうため、各社とも開発を急いでいるはずです。

  • 新たな電子材料として注目される「マルチフェロイック物質」を発見した東京大学の十倉好紀教授もノーベル賞候補の常連。東陽テクニカ<8151.T>、日本電子<6951.T>、FDK<6955.T>が関連株とされる。また、永久磁石のうちで最も強力な「ネオジム磁石」を開発した大同特殊鋼<5471.T>顧問の佐川真人氏は、ダークホース的な存在だ。

  •  HABは、FDKが同志社大学 教授の盛満正嗣氏の研究室と共同開発している2次電池。負極に水素吸蔵合金(MH)を用い、正極(空気極)に空気中の酸素を用いるため、「MH空気2次電池」ともいえる。電解液は水酸化カリウム(KOH)水溶液だ。ただし、電池の名前にある水素(H2)はMHに吸蔵させて利用するが、H+イオンも含めて、MHの外には出てこない。放電時、H2はMHから出ていく際に酸化されてH+イオンとなるが、電解液がアルカリ性であるために電極表面でOH-と出会って水(H2O)になってしまうためである。放電時の反応系だけをみれば、アルカリ型燃料電池と同じである。

  • 日経クロステックに情報が出ました。
    体積エネルギー密度は897Wh/L、重量エネルギー密度は129Wh/kg、出力電圧は0.8V(写真:日経 xTECH)

  • 蜘蛛の糸様、大損こいてるお友達がいて心強いです。
    「水素空気二次電池の研究成果を国内外に知らしめる」報告会だったはず。
    テレビ、新聞、ネットに「1文字」も出てこない。
    やはり同志社大学のレベルでは無理だったようですね。
    会社が公表している9月末の赤字決算、塩漬け期間はあと3年です。

  • 明日の研究成果報告会で何が出るだろう。
    製品化の話が出るようなら右肩上がりになるかもしれない。

    空気電池と言えば、プラス極の活物質に空気中の酸素を使うことによって、リチウムイオン電池に比べて大容量・小型化・軽量化が可能というメリットを持ちます。
    ただ、充電サイクル寿命が短いなど実用化に向けて大きな課題が残っていました。
    しかし、2019年3月に電池メーカーのFDKが空気電池の高寿命化に成功したと発表したことで、実用化の目処が立ったことから注目されています。

  • 2019年09月06日(金) AGARA 紀伊民報
    国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業・先端的低炭素化技術開発(ALCA)「水素/空気二次電池の開発」公開成果報告会 開催!
    (2019年08月20日 20時05分 更新) Digital PR Platform

    同志社大学理工学部 環境システム学科 盛満 正嗣 教授 は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業・先端的低炭素化技術開発(ALCA)において、2012年10月から安心・安全で高いエネルギー貯蔵能力を有する新型二次電池である「水素/空気二次電池(HAB)」の開発を行ってきました。
    この度、約7年間にわたる研究の成果を広く公表するため、下記の日程で公開成果報告会を開催します。
    同時に、共同で研究を進めてきた大分大学、FDK株式会社、日本重化学工業株式会社、東洋アルミニウム株式会社とともに、今回が初公開となるHABの技術展示も行いますので、ぜひご参加ください。
                  記

    【日 時】2019年9月11日(水)13:00~16:30
    【会 場】イイノホール&カンファレンスセンター Room A 
         東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4F
         地下鉄日比谷線・千代田線「霞ケ関」駅C4出口直結
    【主なプログラム】
    13:00  受付・技術展示開始
    14:00  開会挨拶
    14:05  実用技術化PJ「自律分散型次世代スマートコミュニティ」プログラムオフィサー 神戸大学名誉教授 出来 成人 氏
    14:25 「水素/空気二次電池の要素技術開発」 同志社大学理工学部教授 盛満 正嗣
    15:00 「水素/空気二次電池の開発と今後の展開」FDK株式会社基盤技術統括部 電池技術開発部長 安岡 茂和 氏

  • 2019年09月06日(金) AGARA 紀伊民報
    国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業・先端的低炭素化技術開発(ALCA)「水素/空気二次電池の開発」公開成果報告会 開催!
    (2019年08月20日 20時05分 更新) Digital PR Platform

    同志社大学理工学部 環境システム学科 盛満 正嗣 教授 は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業・先端的低炭素化技術開発(ALCA)において、2012年10月から安心・安全で高いエネルギー貯蔵能力を有する新型二次電池である「水素/空気二次電池(HAB)」の開発を行ってきました。
    この度、約7年間にわたる研究の成果を広く公表するため、下記の日程で公開成果報告会を開催します。
    同時に、共同で研究を進めてきた大分大学、FDK株式会社、日本重化学工業株式会社、東洋アルミニウム株式会社とともに、今回が初公開となるHABの技術展示も行いますので、ぜひご参加ください。
                  記

    【日 時】2019年9月11日(水)13:00~16:30
    【会 場】イイノホール&カンファレンスセンター Room A 
         東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4F
         地下鉄日比谷線・千代田線「霞ケ関」駅C4出口直結
    【主なプログラム】
    13:00  受付・技術展示開始
    14:00  開会挨拶
    14:05  実用技術化PJ「自律分散型次世代スマートコミュニティ」プログラムオフィサー 神戸大学名誉教授 出来 成人 氏
    14:25 「水素/空気二次電池の要素技術開発」 同志社大学理工学部教授 盛満 正嗣
    15:00 「水素/空気二次電池の開発と今後の展開」FDK株式会社基盤技術統括部 電池技術開発部長 安岡 茂和 氏

  • 2019年09月06日(金) AGARA 紀伊民報
    国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業・先端的低炭素化技術開発(ALCA)「水素/空気二次電池の開発」公開成果報告会 開催!
    (2019年08月20日 20時05分 更新) Digital PR Platform

    同志社大学理工学部 環境システム学科 盛満 正嗣 教授 は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業・先端的低炭素化技術開発(ALCA)において、2012年10月から安心・安全で高いエネルギー貯蔵能力を有する新型二次電池である「水素/空気二次電池(HAB)」の開発を行ってきました。
    この度、約7年間にわたる研究の成果を広く公表するため、下記の日程で公開成果報告会を開催します。
    同時に、共同で研究を進めてきた大分大学、FDK株式会社、日本重化学工業株式会社、東洋アルミニウム株式会社とともに、今回が初公開となるHABの技術展示も行いますので、ぜひご参加ください。
                  記

    【日 時】2019年9月11日(水)13:00~16:30
    【会 場】イイノホール&カンファレンスセンター Room A 
         東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4F
         地下鉄日比谷線・千代田線「霞ケ関」駅C4出口直結
    【主なプログラム】
    13:00  受付・技術展示開始
    14:00  開会挨拶
    14:05  実用技術化PJ「自律分散型次世代スマートコミュニティ」プログラムオフィサー 神戸大学名誉教授 出来 成人 氏
    14:25 「水素/空気二次電池の要素技術開発」 同志社大学理工学部教授 盛満 正嗣
    15:00 「水素/空気二次電池の開発と今後の展開」FDK株式会社基盤技術統括部 電池技術開発部長 安岡 茂和 氏

  • 2019年09月06日(金) AGARA 紀伊民報
    国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業・先端的低炭素化技術開発(ALCA)「水素/空気二次電池の開発」公開成果報告会 開催!
    (2019年08月20日 20時05分 更新) Digital PR Platform

    同志社大学理工学部 環境システム学科 盛満 正嗣 教授 は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業・先端的低炭素化技術開発(ALCA)において、2012年10月から安心・安全で高いエネルギー貯蔵能力を有する新型二次電池である「水素/空気二次電池(HAB)」の開発を行ってきました。
    この度、約7年間にわたる研究の成果を広く公表するため、下記の日程で公開成果報告会を開催します。
    同時に、共同で研究を進めてきた大分大学、FDK株式会社、日本重化学工業株式会社、東洋アルミニウム株式会社とともに、今回が初公開となるHABの技術展示も行いますので、ぜひご参加ください。
                  記

    【日 時】2019年9月11日(水)13:00~16:30
    【会 場】イイノホール&カンファレンスセンター Room A 
         東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4F
         地下鉄日比谷線・千代田線「霞ケ関」駅C4出口直結
    【主なプログラム】
    13:00  受付・技術展示開始
    14:00  開会挨拶
    14:05  実用技術化PJ「自律分散型次世代スマートコミュニティ」プログラムオフィサー 神戸大学名誉教授 出来 成人 氏
    14:25 「水素/空気二次電池の要素技術開発」 同志社大学理工学部教授 盛満 正嗣
    15:00 「水素/空気二次電池の開発と今後の展開」FDK株式会社基盤技術統括部 電池技術開発部長 安岡 茂和 氏

  • 2019年09月06日(金) AGARA 紀伊民報
    国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業・先端的低炭素化技術開発(ALCA)「水素/空気二次電池の開発」公開成果報告会 開催!
    (2019年08月20日 20時05分 更新) Digital PR Platform

    同志社大学理工学部 環境システム学科 盛満 正嗣 教授 は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業・先端的低炭素化技術開発(ALCA)において、2012年10月から安心・安全で高いエネルギー貯蔵能力を有する新型二次電池である「水素/空気二次電池(HAB)」の開発を行ってきました。
    この度、約7年間にわたる研究の成果を広く公表するため、下記の日程で公開成果報告会を開催します。
    同時に、共同で研究を進めてきた大分大学、FDK株式会社、日本重化学工業株式会社、東洋アルミニウム株式会社とともに、今回が初公開となるHABの技術展示も行いますので、ぜひご参加ください。
                  記

    【日 時】2019年9月11日(水)13:00~16:30
    【会 場】イイノホール&カンファレンスセンター Room A 
         東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4F
         地下鉄日比谷線・千代田線「霞ケ関」駅C4出口直結
    【主なプログラム】
    13:00  受付・技術展示開始
    14:00  開会挨拶
    14:05  実用技術化PJ「自律分散型次世代スマートコミュニティ」プログラムオフィサー 神戸大学名誉教授 出来 成人 氏
    14:25 「水素/空気二次電池の要素技術開発」 同志社大学理工学部教授 盛満 正嗣
    15:00 「水素/空気二次電池の開発と今後の展開」FDK株式会社基盤技術統括部 電池技術開発部長 安岡 茂和 氏

  • 2019年09月06日(金) AGARA 紀伊民報
    国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業・先端的低炭素化技術開発(ALCA)「水素/空気二次電池の開発」公開成果報告会 開催!
    (2019年08月20日 20時05分 更新) Digital PR Platform

    同志社大学理工学部 環境システム学科 盛満 正嗣 教授 は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業・先端的低炭素化技術開発(ALCA)において、2012年10月から安心・安全で高いエネルギー貯蔵能力を有する新型二次電池である「水素/空気二次電池(HAB)」の開発を行ってきました。
    この度、約7年間にわたる研究の成果を広く公表するため、下記の日程で公開成果報告会を開催します。
    同時に、共同で研究を進めてきた大分大学、FDK株式会社、日本重化学工業株式会社、東洋アルミニウム株式会社とともに、今回が初公開となるHABの技術展示も行いますので、ぜひご参加ください。
                  記

    【日 時】2019年9月11日(水)13:00~16:30
    【会 場】イイノホール&カンファレンスセンター Room A 
         東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4F
         地下鉄日比谷線・千代田線「霞ケ関」駅C4出口直結
    【主なプログラム】
    13:00  受付・技術展示開始
    14:00  開会挨拶
    14:05  実用技術化PJ「自律分散型次世代スマートコミュニティ」プログラムオフィサー 神戸大学名誉教授 出来 成人 氏
    14:25 「水素/空気二次電池の要素技術開発」 同志社大学理工学部教授 盛満 正嗣
    15:00 「水素/空気二次電池の開発と今後の展開」FDK株式会社基盤技術統括部 電池技術開発部長 安岡 茂和 氏

本文はここまでです このページの先頭へ