IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (28441コメント)

  • 【生体認証センサーの成長率11.9%】

    ●生体認証センサー市場は2030年まで年平均成長率11.9%で成長する見込み

    2022年03月01日にREPORTOCEANが発行した新しいレポートによると、-生体センサー市場は、予測期間2022-2030年にかけて11.9%以上の健全な成長率で成長すると予測されています。

    h ttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000005432.000067400.html

  • 【報告書】

    第三者委員会の調査と、その報告書がでないうちに、なんだかんだと言ってもしかたないです。
    あくまでも個人の憶測に過ぎません。

    三吉野氏の嘘が12日から16日の間にもばれてきたことはわかります。
    それによって、過去にさかのぼって財務の訂正があるかもしれません。

    ただ、今期の損益には関係ありません。

    一段落したら、今期の業績で株価は決まります。

  • >>No. 5

    > ノンホル売りアホりの皆さん お早うございます  朝から晩まで毎日、大変ですね

    投稿のほとんどが虫カゴ村からです。
    初めての売り煽りは即ハンなので虫カゴ行きです。

    売買しないのにご苦労さんです。
    アルバイトなので励むしかないんですね

  • > 知っていたら取締役は誰も認めません。
    > 青天の霹靂だったから、第三者委員会を設置したのです。

    ●2021年3月25日 (三吉野氏を除く)取締役4名に新株発行

    発行価額 213円
    発行総額 10,599,519 円

    ●2022年3月24日 (三吉野氏を除く)取締役4名に新株発行

    発行価額 145円
    発行総額 5,999,665 円

    本日の株価98円
    取締役4名は大きな評価損です。

    三吉野氏の悪行を知っていたら、リスクが大き過ぎて、こんな新株を取得することはありません。

  • 【16日のIR】

    ①三吉野会長の嘘が明らかになってきました。
    ②調査の内容が明らかにされています。
    ③調査期間(最長3週間)が明らかになりました。
    ④決算発表の最終期限(6/15)が明らかになりました。

    IRを普通に読めば、今回の不祥事は三吉野氏のコンプライアンス違反であり、他の取締役は知らなかったようです。

    MMTの株主が100%三吉野氏であったこと、販売(売掛金)が架空の疑いがあったこと、その上でMMTが子会社になったこと。

    知っていたら取締役は誰も認めません。
    青天の霹靂だったから、第三者委員会を設置したのです。

  • > 【相場終了】
    > 株価、出来高からみて、下落相場終了ですね。

    ●13日(金)
    マザーズ指数 +4.5%
    DDS -23.9%

    ●16日(月)
    マザーズ指数 +1.4%
    DDS -5.7%

    ●17日(火)
    マザーズ指数 -1.9%
    DDS -1.0%

    13日(金)、16日(月)はマザーズ指数が上昇している一方、DDSは大幅下落。
    17日(火)はマザーズ指数の下落率よりDDSの下落率が小さい。

  • > 【相場終了】
    > 株価、出来高からみて、下落相場終了ですね。

    ●下落幅
    13日(金) -33円
    16日(月) -6円
    17日(火) -1円

    ●下落率
    13日(金) -23.9%
    16日(月) -5.7%
    17日(火) -1.0%

    ●出来高
    13日(金) 2,478,500株
    16日(月) 1,970,500株
    17日(火)  503,200株

    以上より、追証売り、見切り売りは16日(月)で終了しています。

    次は、第三者委員会の報告書提出日、1Q決算発表日のIRです。

  • 【相場終了】

    株価、出来高からみて、下落相場終了ですね。

  • > 以下を読めば、久保社長以下取締役は健全な企業を目指していることがわかります。

    今月末か6月初旬には第三者委員会の報告書、1Q決算発表予定日がIRされます。
    それを待ちましょう。

  • > 久保社長以下取締役は、三吉野会長と決別するために、不祥事を隠さず公にして、再生を目指すことを決議したのでしょう。

    久保社長や他の取締役も不祥事を知っていたなから、内々で済ませたはずです。

    以下を読めば、久保社長以下取締役は健全な企業を目指していることがわかります。

    ●第三者委員会を設置する意義・目的

    第三者委員会は、企業不祥事の際に必ず設置されるわけではない。第三者委員会を設置せず、企業が主体となって自ら又は弁護士等を起用して調査等の対応を行うことも少なくない。企業が、第三者委員会を設置するのは、企業から独立した第三者である専門家に調査してもらうことによって、信頼回復を図るためである。

    企業は、コンプライアンス上の問題が生じた場合、受けるダメージをできるだけ小さくし、早期に企業活動を正常化させることを目指す。そのために、企業は、被害拡大防止のための措置を講じたり、調査当局や監督官庁への調査協力や報告、株主・金融機関・取引先・従業員等のステークホルダーへの対応、マスコミ対応、再発防止策の策定等を行う(いわゆる「危機管理」)。

    この危機管理の一連の対応の中で、企業は、調査を行って事実関係(法令違反の有無や原因・背景等も含む)を明らかにすることが必要となる。その際、様々な事情から、企業自身の調査では、世間から調査結果を信用してもらえず、信頼の回復ができない場合に、第三者委員会を設置することになる。

    第三者委員会を設置するかどうかは、①企業による対応能力、②世間の関心・影響、③企業への信頼等の事情を考慮して判断される。

  • > そして、今回のMMTのダミーのファンド、架空らしい売掛金が発覚して、もうアウトでしょう。

    久保社長以下取締役は、三吉野会長と決別するために、不祥事を隠さず公にして、再生を目指すことを決議したのでしょう。

    第三者委員会の報告書によって、三吉野会長は退任でしょう。(解任かも)

    私は正しい選択だと思います。

  • > 5月3日(火)は祝日だったので、5月の最初の取締役会は10日(火)です。
    > その場で「社外からの指摘」に対して、三吉野氏を問いただし、対応を協議したのでしょう。

    その場で三吉野会長の解任決議をするのも1つの方法ですが、それでは内部だけでの処分で終わっていまいます。

    久保社長以下取締役は、第三者委員会に調査してもらい、今回の不祥事の客観的報告を公にする方法を選びました。

    三吉野会長は非現実的な業績予想と下方修正の繰り返し、針小棒大なIRやPRによる株価操作、増資による私財拡大など問題行動が多かったです。
    DDSに信頼がない原因は三吉野会長に対する不信感です。

    そして、今回のMMTのダミーのファンド、架空らしい売掛金が発覚して、もうアウトでしょう。

  • > 12日に不祥事が発覚して、即日第三者委員会のメンバーを決めることはできなせんから、連休前には「社外からの指摘」があったのではないでしょうか。

    DDSは毎週火曜日に取締役会、第2金曜日に前月までの業績に関する取締役会を開催します。(以前のFAQより)

    5月3日(火)は祝日だったので、5月の最初の取締役会は10日(火)です。
    その場で「社外からの指摘」に対して、三吉野氏を問いただし、対応を協議したのでしょう。
    「社外からの指摘」を無視して、13日(金)に1Q決算発表をして、その後に今回の不祥事が発覚したら大事です。
    DDS全体の責任問題になります。

    10日(火)の取締役会で、三吉野氏が嘘をついていたことが確認されたので、第三者委員会の設立と調査、決算発表の延期を決議したと思います。

    それから第三者委員会のメンバーを急いで探し、12日(木)に臨時の取締役会を開催して、IRを発表したのでしょう。

  • > 4月中の重要事項の適時開示は三吉野会長名で出されていましたが、5月になって第三者委員会の設置などの重要事項の適時開示は久保社長名になっています。勿論、第三者委員会設置は取締役会で決定したものです。三吉野代表取締役会長の解任決議がなされたのではないかと思います。yumさん、どうですか。あなたも出席していたのでしょ。

    昨日の私の投稿です。

    【本日のIR(12日のIR)の続編⑦】

    13日が1Q決算発表予定日であり、発表延期のIRが前日の12日です。

    12日には第三者委員会のメンバーが発表されています。
    12日に不祥事が発覚して、即日第三者委員会のメンバーを決めることはできなせんから、連休前には「社外からの指摘」があったのではないでしょうか。

    慌てて対応し、1Q決算発表前に、決算発表延期と第三者委員会の設立をIRすることになったのだと思います。

  • > 4月中の重要事項の適時開示は三吉野会長名で出されていましたが、5月になって第三者委員会の設置などの重要事項の適時開示は久保社長名になっています。勿論、第三者委員会設置は取締役会で決定したものです。三吉野代表取締役会長の解任決議がなされたのではないかと思います。yumさん、どうですか。あなたも出席していたのでしょ。

    私がDDSの取締役で取締役会に出席していた?
    大丈夫ですか?
    そんなことるわけがないでしょ。
    常識でわかりませんか?

  • > マイナンバーカードに生体認証(FIDO認証)採用はほぼ決定です。
    > アップル、グーグル、マイクロソフトがFIDO普及のために提携するのが大きいですね。
    >
    > 数年後、DDSのマガタマ・FIDO事業の売上も急増しているはずです。

    以前(三吉野社長時代)は、世に中の状況など念頭になく、売上急増ばかり夢見ていました。
    世に中がFIDO導入に動き始めてこそ、DDSのマガタマ・FIDO事業の売上も急増します。

    来年、再来年と着実にマガタマ・FIDO事業の売上は増加します。

  • >   首相官邸 指紋認証
    >
    > 首相官邸 指紋認証総理の一日 官房長官記者会見 主要政策 閣僚等名簿
    >
    > マイナンバー、スマホ搭載時は生体認証で本人確認…政府検討 ・・首相官邸での作業部会で方針が決まった。
    > 専用サイト「マイナポータル」の機能拡大を目指す。カードと運転免許証の一体化も検討する。

    マイナンバーカードに生体認証(FIDO認証)採用はほぼ決定です。

    数年後、国民の大半がFIDOを利用するようになるでしょう。

    アップル、グーグル、マイクロソフトがFIDO普及のために提携するのが大きいですね。

    数年後、DDSのマガタマ・FIDO事業の売上も急増しているはずです。

  • 【閑散】

    10:00~10:30の出来高は約1万株です。
    売り物が出なくなって閑散としてきました。

    急落相場は終わったようです。
    これから後場に期待します。

  • 【出来高】

    13日(金)、16日(月)は10時時点で出来高が100万株ほどありました。

    今日は25万株に達していません。

    売り物が減りました=株価もしっかりです。

  • > どんだけ豚がカネ抜いたか知りたいもんだ
    > 豚、出てきて自白しろよな

    もう相手をしません。

本文はここまでです このページの先頭へ