IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (91コメント)

  • 住友化学、スマホ新規材料で攻勢、フォルダブルに照準(2020年7月15日)
     住友化学はフォルダブルスマートフォンを含むスマホ分野で新規材料を売り込む。初採用にこぎつけた世界初の液晶塗布型偏光子は複数社でサンプル評価が進んでおり、2021年度以降の採用拡大を見込む。トップカバーは透明ウインドーフィルムのラインアップを拡充。各メーカーが続々とフォルダブルスマホ市場に参入するなか、あらゆるニーズに対応できる体制を整える。こうした各部材の強みに加え、これらをまとめた機能統合部材の提案にも力を注ぎ、幅広く需要を取り込んでいく。

  • 全然上がらない💦💦💦
    損切りするか?
    迷うな。

  • よく相手先の会社を確認した方がいいと思います。きっと勘違いしている人多いと思う。
    ちなみに商品は1本約4000円。
    いくらで仕入れていくら業務委託料を払うのか??

  • ADワークスで2回経験しましたが。
    親子の値幅で株価が変動して売買タイミングさえハマれば儲かるチャンスは何度かあります。
    いずれにしてもお祭り確定です。
    機関や仕手も参入して来るでしょう。
    ちなみに祭りの後は。。。。。

  • チ───(´-ω-`)───ン
    お祭りなしですか。。。

  • 今日3000株処分。
    あっという間に売れた。
    ここに来て動きあるのかな?

  • 2012年は、「iPS臨床応用の誤報」「尼崎連続変死事件の顔写真誤報」と誤報が相次いだため、「学校、市教委は猛省せよ」という論説の内容と合わせて「報道と読者」委員会内で批判を受けた[65]。
    2013年9月18日、プロ野球の3試合において、本塁打の撮影に失敗したカメラマンが同じ選手の別の写真を本塁打と偽って配信していたことが明らかになった。共同通信側は「真実を伝えるべき報道機関として許されない行為で、おわびします。極めて重大に受け止めており、過去にさかのぼって調査します。」とコメントを出した[66]。
    2014年5月8日に、ヘンリー・スコット・ストークスの著書『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』の中で「南京大虐殺」を否定した部分は翻訳者が著者に無断で加筆していたと報道したが[67]、翌日、著者自身が「著者の見解」を発表し記事の内容を否定した[68]。
    2014年8月5日に吉田証言を虚偽と判断して朝日新聞が記事を16本取り消した際には、共同通信も7回にわたって吉田証言を記事にしていたが、1992年頃より識者らの間で信憑性に疑問を呈する声が出だしたため、1992年を最後に記事としての取り上げるのを止めたとしている[69]。また2014年11月17日には、北海道新聞が共同通信から配信された「吉田証言」の記事1本を虚偽と判断し取り消している[70][71][72]。
    2019年8月13日、靖国神社が昨秋、現上皇様へ神社創立150周年の参拝依頼を宮内庁に行ったが断られたと報道するも[73]、宮内庁の西村泰彦次長は26日の定例記者会見で、「要請も断った事実もない」と否定した[74]。
    2019年10月28日、日韓両政府が元徴用工問題で経済基金を創設する案を検討していると報道するも[75]、菅官房長官は29日午前の記者会見で、「そのような事実はない」と否定した[76][77]。
    2019年11月29日、安倍首相が国連演説を断られたと報道するも[78][79]、菅官房長官は29日閣議後の会見で、事実関係を否定[80]、小泉環境相も演説拒否報道を否定した[81]。


  • 批判を受けた記事[編集] 『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
    2013年8月18日に神戸市で行われたサザンオールスターズのライブを橋下徹が訪れた際の様子を「数万人の観客が盛り上がり、総立ちになっても、橋下氏はほとんど座ったまま」と報じた。橋下は、2013年8月20日の記者会見で「あのね、ちょっと共同通信に僕は言いたい」とこの配信記事の話題を自ら切り出し「サザンのコンサートに行きましたけど、あんな、いかにも橋下がおもしろくなさそうにしてたというような書き方をされたら、桑田(佳祐)さんに失礼だ。(記事は)悪意丸出しだ。ひどすぎる」「なんてったって、あんな最上段の場所で、リズム感のない僕が立って、踊るなりなんなりしたら、また(批判を)言われるに決まっている」[82]と批判した。
    2018年1月25日に公開した「山中氏、科学誌創刊に深く関与か 京大、iPS研の論文不正」と題した記事で、京都大学iPS細胞研究所の論文不正問題をめぐり、同研究所の山中伸弥所長が問題の論文を掲載した米科学誌の創刊に深く関わっていた、と報じた。「この論文の審査に山中氏は関与していないとみられるが、現在も編集委員の一人となっている。一般的に科学誌の論文審査制度に対しては、不正を見抜く仕組みが不十分だとの声もある」とも伝えている。これに対し、あたかも山中教授が論文の不正に関与していたかのような誤解を与えるとして批判が噴出。ツイッターでは一時、「科学誌創刊」「iPS研の論文不正」がトレンド入りするなど波紋を広げた。
    これに関して植物学を専門とする科学者の塚谷裕一が「科学論文の原稿は、投稿したら編集部の裁量で掲載が決まるというようなものではない。第三者の査読・審査を経てそれをパスする必要がある。〔…〕査読者には、著者と利害関係にある人間は選ばれない。公平を期するためで、厳しい基準の場合は、著者と同じ機関に所属しているだけでも査読者に選ばれないほどだ。〔…〕したがって山中教授がいかにその科学誌の創刊メンバーの一人であろうと、また編集委員の一人であろうとも、論文の掲載に手心を加える余地はない。一般週刊誌へのフリーライター記事の掲載とはまるで違うのだ」と解説している[83]。
    共同通信は、記事掲載から数時間後、記事のURLはそのまま、「山中所長が給与全額寄付 京大iPS研、論文不正」と見出しを変更し、記事内容を大幅に改変した。しかし訂正記事は掲載しなかった[84]。
    塚谷によれば、「今回の事件を振り返ってみて何が問題だったかと言えば、ひとえにこれは記事を執筆した記者も、記事の掲載を判断するデスクも、科学の営みについて理解を持っていなかったことにある。少しでも知識があれば、決して記事にしなかったはずであるし、デスクも差し止められたはずである」と述べ、さらに「メディアの側に、科学的知識を持つスタッフがなぜいないのか」と問うた上で、サイエンスコミュニケーターの雇用の義務付けを提起している[85]。参考ブログ「共同通信のiPS報道でのニュース改ざん事件、訂正説明無しの全文差し替えはジャーナリズムの死そのもの」

  • 2020/05/08 18:11

    https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.businessinsider.jp/amp/post-212222%3Fusqp%3Dmq331AQRKAGYAcy1pPuRwMGX7AGwASA%253D

    ワクチンは完成しますが。。。
    リリーフ役だとたかが知れてるでしょう。
    昨日売却させて頂きました。
    またチャンスがあれば入らせて頂きます。

  • おめでとうございます。
    我慢出来ずに売ってしまいました!!!
    悔しいけど、今後どうなるか?楽しみ😊
    こうなったら継続監視させていただきます。(笑)

  • 決算全く期待していません。(笑)
    早く仕手さん来てくれないな。

  • 今週連日と生かさず殺さず、じわりじわりと個人の財産を絞りとっている感じがします。
    ここではありませんが先週ビビってコロナ関連売っておいて本当に良かったと思っています。

  • 昨日と同じパターンになりませんようにお願いします。

  • 明日以降もここには頑張って欲しいですが、今後国内でも発症する可能性大と考えると、重松と興研が本命と睨んでます。

  • サ-ジカルマスクでは効果ないみたいですね。
    古い記事ですが、今後国内で発症する可能性大ですし、これからは重松と興研が本命と睨んでます。

  • サージカルマスクでは効果ないみたいですね。
    古い記事ですが、今後国内でも発症する可能性大ですし、これからは重松と興研が本命と睨んでます。

  • 100人超えました。
    いよいよヤバいですね。

  • 100人超えました。
    いよいよヤバいですね。

本文はここまでです このページの先頭へ