ここから本文です

投稿コメント一覧 (3008コメント)

  • 6月の日銀短観をみて、消費税増税先送りも
    (首相の側近 萩生田幹事長代理)
    そろそろ、株価急落も警戒しておかないと

    選挙対策・支持率維持を目的とした情報発信ですね。

    4月22日 マッコーリーにたいする115万株新株式発行の発行価額は、
    304.85円固定ですので、それまでにあまり下げたら具合が悪いよね。

  • >>No. 15

    たしかに、そうした人もいますねというか、少なくないですね。
    掲示板トレーダーの特性なんでしょうか。

    そして、そういう人を見分けることができる人、自分の判断が出来る人は、意外にすくない。

    たとえば、4月5日のIR あれを、しっかり読んだ人、どれだけいるのでしょうか。

    そして、わからない点を、IRに聞いた人 どれだけいるのでしょうか。

    この掲示板投稿者の質に係わる問題ですね。

  • >>No. 2

    おはようございます。
    正常性バイアス状態ですか。
    たしかに、その傾向ありますね。

    正常性バイアス(せいじょうせいバイアス、英: Normalcy bias)とは、認知バイアスの一種。 社会心理学、災害心理学などで使用されている心理学用語で、自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう人の特性のこと

  • おはようございます
    最近、よく口ずさむフレーズ

    スミレの花 咲くころ・・・・・・あとは、でてこないが・・・・田んぼのあぜや川の土手で、ひっそりとさいている小さな花

    いらぬせっかいするんじゃないが・・・・といいながら言ってしまう。
     野暮な説教するんじぁないが、ここらは近頃物騒だ  が、元なんかなあ

    今のうちに、ひとまず引いて、様子をみたほうがいいと、自分の近辺にいる人には、伝えております。

  • その満員御礼というのは、どこから、でてくるんですか。
    社長は、今期の稼働率を半分ぐらいに持っていきたいといっていたんですよ。
    満員御礼なら、もう締め切りますというお知らせは、あると思いますよ。

  • 大口が1社にしろ2社にしろ、それが、いつから売上に貢献してくるか、黒字化の時期をかんがえるのに重要なファクターだと思います。それが見えてこないと、株価は、上昇のきっかけをつかむのが難しいと思う。

  • IRに問い合わせしていただいたのでしょうか。
    ありがとうございました。

  • 毎日ポジティブさんの投稿は、いつも、気持ちよく見さしていただいております。
    が、
    恐れながら、申し上げます。
    「今回の増資は、機関も好意的にうけとめてるはずですよ!」は、おそらく、貴方の言われる意味とは、異なる意味で、歓迎されているのではないかと思います。
    4月5日MSワラント発行IRがでたよく営業日以降、ドイツ、シティ、ゴールドマンの各社は、合わせると298600株 空売りを増やしています。
    これでいけると判断したのではないでしょうか。
    下限行使価額も201円と前回の256円よりも低く設定(シティの空売り価格は200円台前半ともいわれており)されており、1449万株にもふくらんだ機関・ファンドの空売りの買い戻しの援軍になるのではないかと思っています。

    22日以降の株価が、それを示すはずと、おそれながら、みております。

  • 7月29日に停止指定の決定。
    8月21日には、残存する9300個を取得、消却。
    その後の株価(安値)
    2015.8月25日 160円
    2016.2月12日 128円
    当初行使価格は342円でしたから、これは、現物長期投資の方もかなり、きつかったと思います。

    当時の東証信用買い残高や日証協の貸付残高(機関・ファンドの空売り)の推移をあわせて、みるのも、参考になるかと。

  • ラック数 総数750
    第1期工事 約500(きっちり500ではないとのこと)
    第2期工事 約250
    これがIR広報の方の説明です。

    また、藤原社長の「今期からDCの売上が、上がってくるので・・・・」の発言を捉え、
    IRの方に「前期は、DCの売上は、無かったのですか』と質問したら、」
    「あったけど、すくなかったです。」とのことでした。
    前期(30/12期)の部門別売上を見て、特に、増えていないと感じていたので、自分的には、それが、確認できました。
    第2期工事完了の9月からは、大幅な前進があると思われますが・・・・

  • おはようございます。
    来年の計画の公表は、ないですね。
    また、中期計画もあるようですが、公表されていません。

  • 訂正
    利払いなしではなく、利率は付さない となっていますね。
    やはり、利率は、一般なみに高いとみたほうがよさそうですね。

  • 小売店売上のように、月別に、契約ラック数、売上、稼働率などが、でるようになるといいですね。

  • 第3者割当を引き受けるマッコーリーのメリットはなにか?
    どのように利益を出すのでしょうか?
    無担保社債の場合、普通は、利息が高いのが、メリットといわれているが、今回の場合、利払いなし?となっている。
    なにか、表に出てこない契約が、あるのでしょうか?
    たとえば、貸し株を受け、空売りで利益を出す。とか・・・
    株価を下げ,行使価格を下げて、株を安く手に入れるとか・・・
    修正行使価格は、直前取引日の終値の91%とすこし安く手に入るので、行使したら、即売って、薄利を積み上げるのでしょうか?
    何か、ご存知なら、おしえてください。

  • 884
    gon***** 2月25日 13:05
    どこの会社かは、知らないが、
    1企業で、数百のラックを契約したところがあるらしい。
    数百といえば、普通5~600のことをいう。
    すくなくとも400は、あるだろう。100や200のことではないはずだ。

    そう思う18
    そう思わない1

    以前投稿したものです。
    2月25日よりすこし前でした。

    あいまいな点はIRの方にきくことをおすすめします。

  • 第二期工事に調達するものは、いろいろ、その購入時期は、いろいろであり、支払い条件もいろいろと考えれば、支払いが8月から4月にわたっても、なんら、不思議ではないと思うのですが。

  • みなさん、おのおの各自の判断、思い込みが多いように思います。
    そして、事実はどうかではなく、自分の都合の良い、自分に心地よく聞こえる意見に賛同する傾向があります。
    IRの方はラックが、満杯になったとは、一度も言ったことはありません。とのことです。(これは確か2月頃お聞きしたことですが。)
    「1企業1ラックということでは、ありませんよね。」の問いかけにたいしては、
    「よくみておられますね。1企業数百ラックということがあります。」とかえってきて、びっくりしたことがあります。1月の大口受注というのは、その規模だったのかと思った次第です。」
    ですから、大口受注分は、9月に二期工事完了して納品。それまでは、実際の契約数は、250以下と,人々が、想定しているより、はるかにすくなかったのではなかろうかと思う次第です。

  • 質問1
    事業展開の中で稼働率の上昇との話がありましたが、現状の稼働率はどれくらいなのかまた増設等があれば変わるかと思いますが、今期はどれくらいまで上昇させたいのでしょうか。

    回答
    稼働率は本年度で約半分ぐらいを見込んでおります。データーセンター事業では半分を先ず埋めてからという考え方が定石となっています。半分くらいとは40%ではなく49%を半分くらいを言います。
     


    以上は、株主総会の後の質疑応答です。
    ご参考まで。

  • 二期工事が、さらに2回に分かれるということでしょうか?
    IRのほうに、確認されてのことでしょうか。

    第二期工事は、9月に完了、その支払いが8月から、来年の4月と思っていたのですが。

    また、1期工事の約500ラック分は、すべて契約済みと考えると、社長の稼働率をあげる(現在おおよそ49%ぐらいか)という発言とくい違ってくるのですが。
    1月IRの大口受注とは、別の大口受注が、あったという確認は、取れていますでしょうか。

  • 自分と異なる見方、より鋭い感性をお持ちの方、投稿を消さない方、
    思っていることを言われる方は、なにかしら参考になります。
    ああ、そういう見方もあるのかと気づかせてくれますから。

本文はここまでです このページの先頭へ