IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (5378コメント)

  • コロナ後の世界は、間違いなくテレワークの導入で、通勤が不要になることによる都心マンションの人気下落、郊外一戸建ての人気上昇。

  • >>No. 649

    この着想や先進性は凄いな。
    内装だけつくればいいから、普通のモデル住宅たてるより経費は1/5くらいで済むだろう。しかも、集客経費かけなくても人はたくさんくる。SCの客層も若いからこれから、安く1軒目を建てたいニーズにぴったりだろう。

  • 株主優待の500円券ってまだドラッグイレブンで使えるんだな。
    良かった。

  • 昨日のTV東京のWBSの特集は、コロナショックどうなる世界経済~テレワーク増加で郊外いい戸建てが人気!?だった。

     仕事がテレワークになり2LDK家賃30万の渋谷都心マンションから、月額ローン9万くらいの栃木の一戸建て4LDKに越すIT業界で勤務する人を取り上げてたな。
     購入者は「コロナで考え方が変わった。インターネットさえあれば仕事も自宅でできるし、わざわざ都心にいなくてもいい。金額的にも確実に安い。人が多いとこに住むのは感染リスクが高い」

     群馬県伊勢崎市の建売で2650万、105㎡の住宅。取り扱ってる住宅会社によると、4~5月の売り上げは前年比5%増加だそうだ。なかでも郊外物件の販売が伸びてるそうだ。
    出てきた住宅会社の人も問い合わせが増えてると言ってた。

  • マンションから戸建てへの住み替えメリット
    ・マイホームの購入とひとくちに言っても、マンションと戸建てでは、資産としての価値や住環境において、さまざまな違いがあります。マンションと比較して、戸建てに住むメリットを確認しておきましょう。

    〇土地を所有できる
    マンションでも「敷地利用権」という共有の形式で土地を所有できますが、戸建てならより明確な形で土地を保有することが可能です。将来、売却する際の自由度も高くなります。
    〇維持費が安くなる
    マンションで毎月かかっていた「管理費」「修繕積立金」「駐車場代」「駐輪場代」などのランニングコストが必要なくなります。
    〇趣味や暮らしを充実できる
    庭や屋上があればBBQや土いじりをしたり、趣味の道具を置いたりと便利に活用できます。また、規約に縛られずに好きなペットを飼うことも可能です。
    〇間取りの自由度が高い
    マンションでも間取りの変更は可能ですが、注文住宅の場合は、柱や窓、水まわりの位置を変えるなど、より自由度の高い間取り変更が可能です。
    〇階下や周囲への物音を気にしなくて良い
    階下に響く子どもの足音や落下音などを気にすることなく、家族がノビノビ暮らせます。また、万が一、水まわりで水漏れなどが起きた際にも、階下への影響を心配する必要がありません。
    〇家族間のプライバシーが保てる
    1階と2階などに分かれている戸建てでは、必要に応じて家族の距離を取るなど、プライバシーを保つことが可能。受験勉強中のお子さんやテレワークなどご自宅で仕事をする方が、集中できる環境も整えやすくなります。
    〇リバースモーゲージが利用できる
    リバースモーゲージとは自宅を担保にした融資制度のこと。持ち家に住みながら必要なときに借り入れができ、契約者が亡くなって自宅を売却したときに全ての借入額を返済するシステムです。これを利用することで、定年後に住居を手放すことなく、収入の確保が見込めます。
    〇将来的な柔軟性が高くなる
    リフォームや修繕、売却などを自分の意思とタイミングで行うことが可能です。また、子どもに住居を受け渡す場合にも建物のみを建て替えするなど、柔軟性にすぐれています。

  • >>No. 33

    岡田は、アビガンを医師看護師などに配っておいて、症状を感じたら自分の判断ですぐに飲めるようにしろ・・・とか言ってたのに、今日の放送じゃ、症状初期だから効果が出なかった、中等症の初期で投与しろ・・・とかコロッと言うことが変わるからな。

  • 帝人、NMN生産を10倍に

    NMN(β-ニコチンアミドモノヌクレオチド:β-nicotinamide mononucleotide)はビタミンB3に含まれる物質で、あらゆる生物の体内に存在します。ブロッコリーや枝豆などに含まれている酵素系食品ですが、それらの経口摂取だけでは補えません。NMNは体内で生成され、生命を維持するに必須な補酵素です。NMNはNAD+に変換され視床下部の生命維持センターに作用し、その作用により様々な生命維持に必要な骨格筋、内臓、細胞、ミトコンドリア、血管、神経、応答タンパク(シグナル物質)などに作用しています。

  • コロナは1戸建住宅のニーズを高める。

    テレワークにより「駅徒歩7分」に縛られる必要はなくなった
    都心のオフィスに通う必要がなくなった事務系ワーカーたちは、今までのように大手町まで40分だの、駅徒歩7分以内、いや5分以内などといった「会社ファースト」の住宅選びをしなくてもよいことになるだろう。

     都心のタワマンを無理して買う必要もなくなる。会社の近くだからといって都心の賃貸マンションに高い家賃を払って住む必要もなくなる。

     東京のサラリーマンであっても、三浦半島に住んで、毎朝サーフィンをしてそのまま自宅や近所のコワーキングで働く。夫婦であれば仕事が先に終わったほうから地元の保育園に子供を迎えに行く。夕方にはもういちど海でサーフィンを楽しむ。こんな生活が可能になるのだ。

     年収の何倍ものお金を自分が住むためだけの家につぎ込むような行動も、都心のオフィスを企業としての見栄を張るためだけにものすごい費用をかけて構える行動も、実際には個人や企業に何の利益ももたらしてはいないことに、日本人の多くが気付き始めている。新しい価値観はこれまでの業界ピラミッドを崩壊に導くかもしれない。不動産業界は大きな変革期に差し掛かっているのである。

  • 改正外為法で海外投資家が出資する際に事前審査の対象になるリストが波紋を広げている。重点審査の対象となる「コア業種」は518社あるが、3メガバンクで最も資産規模が大きい三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)だけ対象から外れた。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59162710V10C20A5EE9000/

  • >>No. 922

    医者からしたら、コロナよりぜんそくを疑う症状だったんじゃないの。いまはPCR切迫してないし、濃厚接触という基準もないでしょう。

  • コロナ後の世界~住宅編(一戸建て住宅会社にフォローが吹く)

    ・快適な住宅のニーズが高まり、一戸建て新築ニーズが高まる。
     マンションは共用部、エレベーターなど感染リスクがある。
    ・コロナ後もテレワーク導入が進み、交通利便性が高いが狭い
     都心マンション指向が減少し、郊外一戸建てニーズが強まる。
    ・疑似アウトドアが楽しめる一戸建て庭や屋上の娯楽的活用が
     指向される。
    ・長時間住宅にいることにより、安全で快適な空調ニーズが
     高まり全館空調ニーズが高まる。

  • コロナ後の世界~住宅編(一戸建て住宅会社にフォローが吹く)

    ・快適な住宅のニーズが高まり、一戸建て新築ニーズが高まる。
     マンションは共用部、エレベーターなど感染リスクがある。
    ・コロナ後もテレワーク導入が進み、狭いが交通利便性が高い
     都心マンション指向が減少し、郊外一戸建てニーズが強まる。
    ・疑似アウトドアが楽しめる一戸建て屋上の娯楽的活用が
     指向される。
    ・長時間住宅にいることにより、安全で快適な空調ニーズが
     高まり全館空調ニーズが高まる。

    返信する

  • 米日とも、コロナ抗原検査キットが承認され一気に、病院窓口で
    数十分後に陽性判定ができるようになる。
    いよいよ、コロナと共生社会のもとで経済活動が全世界的に復活していく。株はすでに3か月後を見据えている。

    3月に優待、好財務、売られ過ぎチャートにより700円、3200株取得したが、優待配当獲得のうえ30万以上の利益が出ている。

  • 先進民主主義国家の日・欧・米は韓国を手本にできないよ。
    韓国が抑制したのは、徴兵制を利用して医学生をPCR検査に大量動員し。
    感染者情報を自宅から、行動履歴から、買い物履歴から全部公開する
    人権・プライバシー無視のITシステムによるものだから。
    https://www.fnn.jp/articles/-/31819

  • 韓国の抑制策は徴兵制に基づいたPCR検査要員の医学生動員や感染者情報を自宅から、行動履歴から、買い物から全部、国民にさらすプライバシー無視システムが中心で、どちらも、日本では導入できないよ。マスコミはこういうことはあまり触れないからね。

    中国の抑制策をみても、人権よりも国家の権力が上位にあるような国ほど、感染症対策はやりやすいというのは、はっきりしてる。

  • やっぱり倒産準備のように見えてしまうなあ。
    ペッパー部門だけは売却し生き残らせて、そこの雇われ社長に邦夫がなるとか。

  • コロナ後の世界~住宅編(一戸建て住宅会社にフォローが吹く)
    〇快適な住宅のニーズが高まり、新築ニーズが高まる。
    〇コロナ後もテレワーク導入が進み、狭いが交通利便性が高い都心マンション指向が減少し、郊外一戸建てニーズが強まる。
    〇疑似アウトドアが楽しめる屋上の娯楽的活用が指向される。
    〇長時間住宅にいることにより、安全で快適な空調ニーズが高まり全館空調ニーズが高まる。

  • N95認定ってアメリカが握っていて、とにかく時間がかかるらしい。

  • 全従業員の10万円を結集して会社を立て直す・・・とか言わないだろうな。

本文はここまでです このページの先頭へ