IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (19コメント)

  • ZA系新合金圧延材の室温成形性について、室温エリクセン試験4)により検証しました(図3)。従来の自動車外板パネルに用いられているアルミ合金と同等の優れたエリクセン値(8.6 mm)を示すことが明らかとなりました。また、圧延条件を最適化し微細な結晶(図2)を得ることによって、表1に示す輸送機器外板にも使用可能な実用的な強度が得られました。

    さらに、このZA系新合金圧延材は高い熱伝導特性を示すことも確認されました。表2に示すように、開発合金圧延材はAZ91D5)マグネシウムダイカスト材の約3倍、ADC126)アルミダイカスト材の約1.5倍優れた熱伝導率131 W/m・Kを示しました。
    ttps://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2021/pr20211020/pr20211020.html
    コストは不明ですが、アルミより軽く、性質はなので上のようなので車軽量化に期待ですね

  • >>No. 1042

    産総研×京都大学

    ダチョウ抗体を担持させた不織布マスクを用いて
    口鼻からの新型コロナウイルスの可視化に成功
    ~ 低コストで簡易なウイルス検出技術の実用化を加速 ~

  • 実用化に関しては、米国スタンフォード大学医学部での臨床検体での検証を経て、京都府立大学発ベ ンチャー(オーストリッチファーマ株式会社[京都府精華町]、株式会社ジールバイオテック[大阪府吹田 市])と検査機器メーカーが製品化(検査キット化)し、国内外で販売する予定です。なお、本技術は特許 出願済みです。
    ttps://www.jst.go.jp/pr/announce/20211001-2/pdf/20211001-2.pdf
    ジールバイオテックとは総代理店契約がありましたよね

  • 日建設計
    にっけんせっけい

    株式会社日建設計は、日本の組織系建築設計事務所。1900年創業。本店は、東京都千代田区。 ウィキペディア
    本部所在地: 東京都
    従業員数: 2,685

  • >>No. 438

    本試験では562名の被験者をベクルリー投与群とプラセボ投与群に1対1の割合で無作為に割り付けました。解析の結果、ベクルリー投与群(0.7% [2/279])はプラセボ投与群(5.3% [15/283] p=0.008)に比べて、

    複合主要評価項目である28日目までの「COVID-19に起因する入院」または「原因を問わない死亡」のリスクを87%、統計的な有意差をもって減少させました。

  • >>No. 437

    ベクルリー(R)(レムデシビル)、 疾患の進行リスクが高いCOVID-19患者さんの入院リスクを有意に軽減

    ギリアド・サイエンシズ

    2021/9/24 15:00
    https://kyodonewsprwire.jp/release/202109240558

    ここは原液生産


  •  関連銘柄としては、メタバース自体がまだ立ち上がり途上にある新しい分野だけに、取り組みを進めている企業は限られるのが現状だ。メタバースプラットフォームの構築とその空間内で提供するゲーム開発などを手掛けるガーラ <4777> [JQ]、自治体向けWi-Fi敷設事業を展開する企業と協業し、観光名所のメタバース化や特産品のNFT化など地方創生を目指した事業に取り組む燦キャピタルマネージメント <2134> [JQ]など。また、寺院運営を行う法人と納骨堂の共同販売をはじめ、寺院のデジタルトランスフォーメーション(DX)化やメタバース化に向けて提携したGFA <8783> [JQ]などがある。
    ttps://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202109250147

  • <一撃!裏銘柄>コロナ禍の最悪期脱出、低PBRと高配当で伸び代大―サノヤスHD
    株式
    2021/9/24 13:56

  • (19)【発行国】日本国特許庁(JP)
    (12)【公報種別】公開特許公報(A)
    (11)【公開番号】特開2021-144807(P2021-144807A)
    (43)【公開日】2021年9月24日

    (54)【発明の名称】全固体電池の製造方法

    (22)【出願日】2020年3月10日
    (71)【出願人】
    【識別番号】000003207
    【氏名又は名称】トヨタ自動車株式会社
    (71)【出願人】
    【識別番号】000232014
    【氏名又は名称】日本電解株式会社

    ttps://ipforce.jp/patent-jp-A-2021-144807

  • 朝日新聞デジタル記事
    講談社とアマゾン、直接取引を開始へ 「異例の事態」に衝撃広がる
    赤田康和2021年9月16日 14時53分

  • 高品質複合フッ化物単結晶を用いた色消しの屈折型深紫外対物レンズの開発 株式会社オキサイド 大阪大学 レーザー科学研究所
    准教授
    清水 俊彦

    ttps://www.jst.go.jp/a-step/kadai/2021-honkaku.html

  • 昔の記事ですが

    当社CNF混抄紙を用いた自動車用成形品が東京モーターショーにて紹介

    2019年11月16日お知らせ

    当社セルロースナノファイバー(CNF)混抄紙を用いた自動車用成形品が2019年10月24日(木)~11月4日(月)に東京ビックサイトにおいて開催されました『東京モーターショー2019』の環境省NCV(ナノ・セルロース・ビークル)プロジェクトブースにて展示されましたので、お知らせいたします。

    当社は、NCVプロジェクトの影山副プロジェクトリーダーから「樹脂含浸性に優れるCNFペーパーの提供」の要請を受け、RTM(Resin Transfer Molding)用などCNF大型軽量構造部の量産を検討している同プロジェクトの参画研究機関・企業に対し、CNF混抄紙を提供させていただきました。
    展示品の車用エンジンフードやフロア材料の一部に当社CNF混抄紙が使用されました。

    今回提供いたしました混抄紙は、次世代素材CNFを有効活用し、強度材に応用した1例ですが、今後、新たな取り組みも検討してまいります。

    ※NCVプロジェクト(ナノ・セルロース・ビークル・プロジェクト)
    2016年10月26日スタートした CNFを活用した自動車の軽量化を目指すプロジェクト。
    22の大学・研究機関・企業が目標を共有し、具現化に向けCNFを活用した材料、部材、自動車部品等の製品開発、及び各段階の性能評価、CO2削減効果の評価・検証を行っています。
    当社は、同プロジェクトの参画研究機関・企業である金沢工業大学・株式会社トヨタカスタマイジング&ディベロップメントさまに混抄紙を提供いたしました。

  • 2021年9月6日
    【リカレント教育】DX時代の人材育成に役立つITサービスマネジメントのeラーニング講座を、オンライン学習プラットフォーム「AirCampus[R]」上で提供開始

  • 【高速伝送・低背】56Gbps(NRZ)フローティングコネクタ開発のお知らせ
    2021/09/02 製品
    【PCI Express Gen.4 CEMスペック対応】56Gbps(NRZ)0.635mmピッチBtoBコネクタ開発のお知らせ

  • カーボンネガティブコンクリートの更なる進化に向けた共同研究を開始~CO2-
    SUICOMとエコタンカルの技術向上を目指して~
    鹿島建設株式会社
    日本コンクリート工業株式会社

    鹿島建設株式会社(社長:天野裕正、以下「鹿島」)とプレキャストコンクリート製品メーカである日本コンクリート工業株式会社(社長:塚本博、以下「日コン」)は、このたび、鹿島らが開発したCO2吸収型コンクリート「CO2-SUICOM®」と、日コンが開発したCCU(CO2回収・貯留)骨材・粉体素材※1「エコタンカルTM」を組み合わせて、大幅にCO2を削減できるコンクリート、カーボンネガティブコンクリートの製造技術を共同研究することに合意しました。「CO2-SUICOM」は、世界で唯一実用化されているCO2吸収型コンクリートです。「エコタンカル」は、日コンが産学の共同研究で開発したMCC&U®技術※2にて製造する、日本で唯一実用化されているCCU骨材・粉体素材です。今回の共同研究は、両社の技術的なノウハウを融合することで、「CO2-SUICOM」および「エコタンカル」を、さらに高度化することが狙いです。炭酸カルシウムの粉体である「エコタンカル」をコンクリートに混入し、かつ「CO2-SUICOM」としてコンクリート自体にCO2を吸わせる両社の技術をコンクリート製造に用いることで、これまで考えられてきた以上のカーボンネガティブを実現し、革新的な技術へと進化させていきます。

  • 新型コロナウイルス 抗原・中和抗体検査キット『コロナリサーチ G』『コロナリサーチ T』発売のご案内
    ~約15分で場所を選ばず簡単に検査ができる~
    株式会社中京医薬品
    2021年8月30日 13時00分

     株式会社中京医薬品(住所:愛知県半田市 代表:米津秀二)は、2021年9月1日(水)に「新型コロナウイルス 抗原検査キット」と「新型コロナウイルス 中和抗体検査キット」の2つの検査キットを発売いたします。

  • マップボックス・ジャパンが国内初の「マップアドネットワーク」を地図サービス事業者7社と立ち上げ
    ~独自に地図広告プラットフォームを開発し、地図ネイティブ広告のベータサービスを開始~
    マップボックス・ジャパン合同会社2021年8月24日 14時30分


    地図情報サービスの開発プラットフォームを提供するマップボックス・ジャパン合同会社(本社:東京都港区虎ノ門、最高経営責任者CEO:高田 徹、以下マップボックス・ジャパン)は、広告配信で連携する「マップアドネットワーク」をヤフー株式会社、株式会社ゼンリン、ジョルダン株式会社、株式会社ナビタイムジャパン、株式会社駅探、インクリメントP株式会社、株式会社マップルと8月24日に立ち上げたことをお知らせします。同時に、このマップアドネットワークへ配信する「Mapbox広告プラットフォーム」を独自開発し、地図ネイティブ広告を提供する「Mapbox広告」のベータサービスを開始しました。1年以内に3000万ユーザーへのリーチを目指します。

  • お問い合わせありがとうございます。

    株式会社インティメート・マージャーのIR担当

    Legoliss社が国内の「Zefr」拡販を進める中で、
    高い技術力を持つIMソリューションを使った効果検証のご相談を頂き、
    「タメセル」によって同社もご満足頂ける検証結果を提供できました。
    今後も、三井物産グループを経由して、様々な海外テクノロジーベンダー様に
    「タメセル」をご利用頂けるものと考えております。

  • 2016/01/22 19:33

    業績はいいし、ここはネタさえあれば1.5-2倍にはなる相場になる銘柄ですからいい機会ですね。
    まさか入社した後のプロジェクトがこんな時流に乗ったものになるとは意外。

本文はここまでです このページの先頭へ