IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (27コメント)

  • ご存知の方、回答をおねがいいたします:

    送られてきた「配当金計算書」に、配当金額に対する注釈として、

    『「みなし配当」と「みなし配当以外(みなし譲渡損益)」と合算した金額です。』

    と書いてあります。

    これを見ると、

    みなし譲渡損益 = 配当金額 - みなし配当

    という計算式が成り立つことになりますが、「配当金計算書」と同梱して送られてきた「第16期期末配当に関するお知らせ」には、これと矛盾するようなことが書いてあります:

    「その他資本剰余金」を原資とする配当金は資本の払戻しに該当するため、配当のうち「みなし配当」に該当しない部分を「みなし配当以外」といい、当社株式に係る譲渡所得等
    の収入金額とみなされます。従いまして、株主の皆さまが保有する株式のうち、純資産減少割合に応じた部分についての取得価額の合計金額を「みなし配当以外」の部分の金額
    から差し引いた金額が、「みなし譲渡損益」となります。

    この記述ですと、

    みなし譲渡損益 = 「みなし配当以外」 - 「純資産減少割合に応じた部分についての取得価額の合計額」

    ということになってしまい、配当金計算書にかかれている「みなし配当以外(みなし譲渡損益)」という記述と矛盾します。

  • >>No. 259

    銀行口座受け取りの場合にも確定申告は不要でしょうか?

  • >>No. 296

    実際に、「支払金額」に書かれた金額が銀行口座に振り込まれていました。

  • 配当金計算書を見ますが、「みなし配当金額」の15.315%が所得税額として、5.00%が住民税額として配当金額から引かれていました。

    ということは「みなし配当以外(みなし譲渡損益)」については課税されていないということですよね?

    SBI証券の源泉徴収ありの特定口座で配当金は銀行振込にしていますが、やはり、確定申告が必要な気がしますが、みなさん、アドバイスをお願いいたします。

  • >>No. 195

    ありがとうございます。

    確かに、配当金計算書に「みなし配当以外(みなし譲渡損益」と書いてありました。
    自分で計算する必要はないんですね。

    ありがとうございました。

  • あ、取引残高報告書を見ると書いてあるんですね。

  • 売却したときの取引報告書には、いくらで売ったかは書いてあっても、取得価額が書いてないですよね。

    既に売却してしまった場合に、「従前の取得価額の合計額」を計算する方法としては、売却したときの取引報告書の売却価格と利益から計算によって、取得価額を計算できますが、端数の問題が出てしまい、正確な取得価額とは狂ってしまう可能性があります。

    どうしたらいいですか?

    SBI証券で取引しています。

  • >>No. 181

    ありがとうございます。

    つまり、1100円で売却した場合、本来ならば、利益が100円だったにもかかわらず、117円利益が出たことになってしまい、税金面で不利になるということですか?

  • あとさらに、つまらない質問をお許しくださいませ。

    みなし譲渡損益を計算するには「従前の取得価額の合計額」が必要になります。
    既に、日本郵政株を売却してしまった場合に、「従前の取得価額の合計額」のデータはどうすれば得ることができますでしょうか?

    タイムマシーンのように、3月末の口座の内容を見ることができれば、簡単なのですが。。。

    3月以前に何度も売買した場合、3月末の時点で取得価額がいくらだったかを知るのは面倒なのではないかと恐れています。

  • つまらない質問ばかりで、申し訳ないのですが、また質問です。

    以下はSBI証券のサイトからの引用ですが、「効力発生日」は本日2021年6月15日ですので、取得価額が P 円から、 P×(1-0.017) 円に修正されるため、税金的には、明日以降売却するのは不利ということでしょうか?(昨日売っておいたほうが税金麺ではわずかかもしれませんが、有利だったということでしょうか?)


    「また、資本の払戻があった日(配当支払の効力発生日)において保有している株式については、所得税法施行令第114条の規定に基づき、純資産減少割合に応じて資本の払戻部分に相当する額について、当該法人の発行する株式の取得価額を修正(減額)しなければならないこととされております。
    これを受けて当社では、お客さまが特定口座内で保有されていた株式が、取得価額の修正(減額)対象となった場合には、税法に基づき取得価額の調整を行いますのでご了承ください。」

  • >>No. 171

    書き忘れましたが、SBI証券の源泉徴収ありの特定口座で日本郵政株を保有していました。(3月の配当の権利を取りました。)

  • 2021/06/15 15:15

    >>150
    >>151

    みなさん、ありがとうございました。

    取得価額の修正について質問があります。

    SBI証券の場合、取得価額については、

    「これを受けて当社では、お客さまが特定口座内で保有されていた株式が、取得価額の修正(減額)対象となった場合には、税法に基づき取得価額の調整を行いますのでご了承ください。」

    とSBI証券のサイトに書いてあります。日本郵政株を売却した場合の損益額については、修正済みの取得価額で計算されるため、SBI証券のユーザーで何か行動を起こす必要はない、というのは間違っていないでしょうか?

  • SBI証券のサイトを見て、理解してから、また質問させていただきます。

    よろしくおねがいします。

  • SBI証券で特定口座の源泉徴収口座で、日本郵政株を保有していて3月の配当をもらったのですが、確定申告する必要はありますか?

    第16期期末配当に関するお知らせに、

    「資本の払戻し」に係る「みなし譲渡益」の課税については、特定口座での計算対象ではありませんので、原則として確定申告が必要となりますが、計算対象とする証券会社もございますので、お取引の証券会社にご確認をお願いいたします。

    と書いてありますが、確定申告する必要はありますか?

  • No.464

    強く買いたい

    ありがとうございました。

    2021/06/14 09:52

    >>No. 463

    ありがとうございました。

  • 2021/06/14 09:06

    3月の配当はいつもらえますか?

  • 楽天市場のポイント制度が改悪されたとして、そのときに、騒ぎ立てる利用者がいるとしたら、他で買えば?と言われるだけのこと。

    楽天市場に加盟している店も、同じこと。他に移れば?と言われておしまいでいい話。

  • ヤフーショッピングの利用者でポイント制度の改悪を騒ぎ立てる人はいない。

    同じように楽天市場のポイント制度が改悪されても利用客で騒ぎ立てる人はいない。
    なぜ、楽天市場に加盟している店は騒ぎ立てるのか?

  • 例えば、ヤフーショッピングが最近ポイント付与を改悪しているように思われますが、それが問題になることはない。

    楽天市場が楽天グループの都合でルールを変更して何が悪いのか?
    しかも、大抵の店にとっても売上が増えると期待される良いルール変更であるのに。
    店が不利になるようなことは楽天グループはしないはず。
    小さな店の店主よりも、賢い判断を楽天グループはするはず。

本文はここまでです このページの先頭へ