ここから本文です

投稿コメント一覧 (105コメント)

  • 2016/07/05 18:23

    インバウンド需要の雲行きが怪しく、株価も右肩下がりだったため1200円弱で一旦損切りして、3桁で再度インしましたが、なかなか上向きませんね汗
    ラオックスの月次売上の大幅減少が象徴するように今後はインバウンドに頼らない経営が求められるかと思いますが、類似業種のネトオクの台頭もあり、企業環境はますます厳しくなっていくんでしょうね。一応業界大手で配当利回りも悪くないので持ち続けますが、業績や他者動向を見極めて売りのタイミングを計る次第です。

  • 日経平均が下げる中、こちらは出来高も伴い上昇。仕込みが始まったんですかね?
    四季報によれば当期は税務ソフト魔法陣の代理店契約解除(特益絡みのやつ)による減収が3億だそうですが、本業である個人教育事業の主力、会計士講座が前期末決算で現金ベースの売上増加でしたので、一番発生主義ベースの売上が計上される第一四半期決算に期待しています。
    出版事業は好調ですが、今年こそ個人教育事業の黒字転換すればいいな!

  • 明日の日銀会合が怖いので、一旦ポジション解消。追加緩和するするとメディア等から言われると逆に疑心暗鬼になる…
    大型の財政支出を決めたこのタイミングで緩和カード切らないと、消費者心理が上向くことなんてもう無理なんじゃないかと思うのですが、あのサプライズ好きな黒田さんだからなぁ

  • 上がってきましたね。
    信用買い残がいい具合に減っていたので、昨日から仕込み時だったんでしょう。
    できれば決算発表まで無視されてて欲しかったが(笑)、まあ出来高も既に昨日を上回っているのでまあよし

  • >>No. 246

    結局材料出尽くしの円高。
    思ったより下げなかったですね。市場ももうインバウンド関連銘柄として見ていないのか。まあ輸出関連銘柄も軒並み小幅安だったので断定するのはまだ早いか。円安に振れたらなぁ。
    しばらく監視します(^-^)/

  • 【マイナス金利据え置き様様】
    割安だったのと輸出産業銘柄のヘッジとして仕込んでましたが、マイナス金利据え置きの追加緩和、まさかの両取りとも一瞬思ったが結局円高になって結果オーライに。
    個人的にはPER等の指標が割安なので、しばらく保有&追加購入していきたいと思います。

  • 追加緩和は残念な結果に。株価もorz
    原料の天然ゴム・原油の価格は軒並み下落してるので、2Q決算は円高とはいえそこまで悪くはないと思うんだけどなぁ。
    米国経済は回復基調ですし、1Q決算前の水準までどうか(流石に欲張りか汗

  • >>No. 531

    決算発表は明日の引け後ですから、明日も決算を気にした取引になるんじゃないでしょうか?
    200円↑になった段階で、個人的には決算に期待した動きという認識でいますが。
    > あまり動かないね。明日の決算あまり気にならないんですかね?

  • 決算は概ね前年同期以上、ただ人件費と販促費用が先行して営業・経常利益は減益。
    トップラインは伸びており、販促という先行投資は後に効果が出るので、普通であれば好感するんでしょうが、いかんせん前期は2桁大幅増益からの株価噴火があったので、そうした人から見ると期待ハズレだったんでしょうね。
    個人的には会計分野が少し弱かったのは残念でしたが、初学者コースが増えていること、某大手監査法人が試験受験者でも採用する方針を打ち出したので、本試験明けの上級者コースの伸びに期待します。

  • >>No. 543

    あと大人の旅シリーズ順調だそうですね。畑違いかなと思ってましたがしっかりマーケティングされてるようで。おめでとうございます!

  • GPIFも2-3%ここの株持ってるようなので、日銀ETF砲噴いてくれ!

  • 【コンセンサスを下回る業績予想修正がどう響くか】
    中間決算は、原材料価格の下落が貢献も、原材料価格下落に伴う売値の下落、販売数量の減少、そして急激な円高で前年同期比で2桁減収減配。1Q決算である程度は覚悟していたと思うので決算自体による株価影響は限定的かと。
    下期為替レートを、USD100円、EUR110円とする会社予想は、現時点からみれば比較的保守的に見積もったと思います。(上期レートはすでに事実として確定しているので、通期レートより下期レートに注目すべき)
    ただ問題は、コンセンサスと比べて低い業績予想修正となったためこの影響が株価下振れ要因にならないかと危惧してます。コンセンサスの想定レート次第という面もありますが正直なんとも言えないところ。
    良い材料としては高級タイヤといったPSR戦略商品が堅調であること。
    為替はもちろん、米国での新車販売も陰りが出始めるなど不安材料盛り沢山ですが、景気循環株と捉えたら仕方ないですし、原材料価格低下は当社の増益に繋がるのは間違いない事実なので、後は世界経済がいつか上向くと信じて個人的には安値で買い増ししたいですね。明日の寄り値が楽しみです。

  • 【モルスタ影響大きい】
    銀行株は指標面で割安だと思い一通り買いポジションを持ってますが、ここの決算は他行とは異色かと思います。
    国債の売却益で本業の損失を補ったみずほと異なり、当行のその他業務収益(国債等再建売却益が含まれる)は前年同期比で約35%の減収で、むしろ国債売却益は減っていると思われる。むしろ1Q決算で約3割減益の888億円になった一因が国債の売却益の減少。もう一つの要因がモルスタの取込利益の減少(というか損失だが)。
    3ヶ月ズレで決算に取り込んでおり、1Qで取り込んだ1〜3月期はマイナス65億円(プレゼン資料より)。前年同期比はプラス360億円だったので、425億円の減益影響。あちらはボーナスで自己株を支払う習慣がありモルスタに純利益があっても当行は持分変動損失で損失取込になってしまうという、なんとも悲しい結果に。モルスタは前期が絶好調だっただけに当期の減益要因となってしまったわけです。
    国債の売却益は、マイナス金利政策はもちろんプライマリー・ディーラー資格の返上もあり今後も増益は期待できないでしょう。
    ただ他方で、モルスタ4〜6月決算は1Qより減益幅を縮めたようなので、今後の為替や株価、及び資源価格次第(不確定要素盛り沢山笑)ですが2Q決算は1Q決算よりは良くなる可能性はなくはないと思ってます。
    このまま株価上昇していくなら調整時に、横ばいないし下落していくなら随時買い増ししていきたいです。

  • コンセンサスより1割弱低い下方修正だとやはりこうなりますか。
    正直いい材料が原材料価格の下落くらいで、悪材料ばかりなんですよね。悪材料出尽くしにはまだ米国経済の動向(利上げ含め)という不安材料あり。
    逆に円安、外資の買戻し、米国新車生産の拡大、販売網拡大のためのM&A等、何か良材料が出れば反発も期待できると個人的には考えてます。
    無理な事業拡大をせず、豊富な手元資金で有利子負債を返済して財務状態を健全化してる姿勢は評価します。

  • >>No. 3031

    外貨貸付や外債の受取利息が目減りするからでは?特に海外の貸付残の増加に力入れてるので。

  • ダラダラ下げたなと思って、日証金速報見るとだいぶ信用取引があったみたいですね。貸借倍率がかなり上がったので、もう一段株価下落したら一気に急降下もあるか。
    普段ももちろんですが、特に今後はリスク管理が求められる展開になりそうですね。

  • 2016/08/10 23:02

    なんだか7月中旬のように200円付近に壁があるような動きのない値動きにまたなってしまいましたね。
    ニッチな市場でコツコツ頑張ってるので個人的に好きな銘柄ですが、次の値上り材料は2Q決算までないのかな。トホホ。

  • 決算は最終利益1割弱の減益で済んだんですか。メガバンクよりもマイナス金利影響が小さいのは、りそなにはメガバンクとは違う強みがあるのでしょうか?

  • >>No. 548

    資格市場自体が縮小してるのは悪材料ですかね。


    > ここに何か悪材料ってありましたっけ?

  • >>No. 399

    消費者金融分野になるのかな。
    カードローンの強化といいメガバンクはこの分野でますます攻勢をかけてきますね〜。
    具体的なターゲット層や資金使途等、詳細が楽しみ!
    > みずほ、ソフトバンクとフィンテックで提携へ
    > (2016/8/11 12:01)
    >
    > みずほフィナンシャルグループは金融とIT(情報技術)が融合するフィンテックでソフトバンクグループと提携する検討を始めた。顧客がスマートフォンを通じて融資を申し込み、審査にITを活用する。学歴や職歴などの情報から上限金額などを決める仕組みを想定している。
    >
    > ソフトバンクは昨年、米国でITを活用した融資事業を手掛けるベンチャー企業、ソーファイ社に出資した。両社は年度内にもソーファイ社のノウハウを生かし、新たな融資事業を始める方向で検討している。
    >
    > ●ttp://www.nikkei.com/article/DGXLASFK11H0N_R10C16A8000000/

本文はここまでです このページの先頭へ