IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (3784コメント)

  • Twitterで流れてるけど、これ作った人なかなかの職人だなw

  • >本件記事等の内容には客観的事実や根拠に基づかない憶測に基づく内容、また、客観的事実を歪曲した内容が認められるなど、当社としては、到底受け容れがたいものであり、甚だ遺憾

    お?

  • そもそも社長が、クラウドファンディング企業と勘違いしてる説…

    誰か「お宅は上場企業ですよ」教えてやれよ

  • >もう石原さんのお顔見るだけではきそうよ〜😭🤮(;ω;)

    www
    一応、書かずにはいたけど同じこと思ってる人いた!

    こう不甲斐ない株価ってか頼りない決算続きだと、また「報酬の件」とか「laの責任は?」とかネチネチ思っちまうんだよねw
    laなんて、自販機に150円入れたけど出て来ず損しちゃった(・ω≦) テヘペロ♡くらいに済まされてないか?
    前にも書いたが、特損計上とか業績不振で報酬下げ、給料下げの企業あるが、不祥事オンパレードのここ全くやんけw

    決算説明でいろいろ追求せねば・・・だわ

  • 9:50時点で、昨日の高値から約1,600円下げとるやん…

  • バルクHD、上期最終が赤字縮小で着地・7-9月期も赤字縮小

    バルクホールディングス <2467> [名証C] が11月16日大引け後(16:00)に決算を発表。21年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結最終損益は2.4億円の赤字(前年同期は4.9億円の赤字)に赤字幅が縮小した。

    会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結最終損益は2.5億円の黒字(前年同期は8.2億円の赤字)に浮上する計算になる。

    直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結最終損益は1.2億円の赤字(前年同期は3.5億円の赤字)に赤字幅が縮小し、売上営業損益率は前年同期の-43.9%→-31.7%に急改善した。

  • チェンジはカイ気配スタート、21年9月期大幅営業増益見込みと株式分割を好感
    2020年11月16日09時16分

    チェンジ<3962>はカイ気配スタートとなっている。前週末13日の取引終了後に発表した21年9月期の連結業績予想で、売上高157億8100万~162億8100万円(前期比35.0%~39.2%増)、営業利益47億~52億円(同29.6%~43.4%増)と大幅増益を見込むとしたことが好感されている。

    国策化し加速する公共部門のデジタルトランスフォーメーション(DX)ニーズへの対応を加速するほか、顧客業界別のDX人材育成コンテンツの拡充などを図る見通し。また、パブリテック事業では「チョイスSCM 」などの新サービスの投入を図るという。

    なお、20年9月期決算は、売上高116億9200万円(前の期比65.8%増)、営業利益36億2600万円(同3.4倍)だった。

    同時に、12月31日を基準日として、1株を2株に株式分割すると発表しており、これも好材料視されている。投資単位当たりの金額を引き下げることで、より一層投資しやすい環境を整え、株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることが目的という。

  • アクリート、1-9月期(3Q累計)経常が29%増益で着地・7-9月期も66%増益
     
    アクリート <4395> [東証M] が11月13日大引け後(15:00)に決算を発表。20年12月期第3四半期累計(1-9月)の経常利益(非連結)は前年同期比28.6%増の2億1600万円に伸び、通期計画の3億円に対する進捗率は前年同期の67.5%を上回る72.0%に達した。

    会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-12月期(4Q)の経常利益は前年同期比3.7%増の8400万円に伸びる計算になる。

    直近3ヵ月の実績である7-9月期(3Q)の経常利益は前年同期比66.0%増の8800万円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の16.0%→18.9%に上昇した。

  • スプリックス、今期経常は63%減益へ

    スプリックス <7030> が11月13日大引け後(15:00)に決算を発表。20年9月期の連結経常利益は前の期非連結比34.9%減の17.8億円になり、21年9月期も前期比62.8%減の6.6億円に大きく落ち込む見通しとなった。

    直近3ヵ月の実績である7-9月期(4Q)の連結経常利益は前年同期非連結比32.1%減の5.3億円に落ち込み、売上営業利益率は前年同期の25.3%→15.6%に大幅低下した。

    ※20年9月期から連結決算に移行。

  • 今日決算のリネットJP↓見習って欲しいもんですなw

    >当社は、本日公表いたしました「特別損失及び通期連結業績予想と実績値との差異に関するお知らせ」のとおり、2020 年 9 月期の特別損失の計上を真摯に受け止め、経営責任を明確にするため、下記のとおり役員報酬の一部を自主返上することといたしましたので、お知らせいたします。

    >代表取締役社長 月額報酬の25%
    >2020 年 12 月から 2021 年3月までの4カ月間

  • 勃起してんじゃん

    まぁ月足眺めてる派なんで↑でも↓でもなんでも良いんだがw

  • >まもなく決算説明のライブ配信です。資料には入らなかった新情報も口頭で話せる範囲でお話します。

    銭錕
    @ignis_sen
    午後4:52 · 2020年11月12日

  • アバール、上期経常は25%増益で上振れ着地

    アバールデータ <6918> [JQ] が11月12日大引け後(15:00)に決算を発表。21年3月期第2四半期累計(4-9月)の経常利益(非連結)は前年同期比25.0%増の8.7億円に伸び、従来予想の7.4億円を上回って着地。
    通期計画の16.3億円に対する進捗率は53.5%に達し、さらに5年平均の44.4%も上回った。

    会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の経常利益は前年同期比7.6%減の7.6億円に減る計算になる。

    直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の経常利益は前年同期比4.8%増の3.7億円に伸び、売上営業利益率は前年同期の18.9%→18.9%とほぼ横ばいだった。

  • MURO、今期営業を一転黒字に上方修正

    ムロコーポレーション <7264> [JQ] が11月12日昼(11:40)に業績修正を発表。21年3月期の連結営業損益を従来予想の0.7億円の赤字→4.8億円の黒字(前期は12.5億円の黒字)に上方修正し、一転して黒字に浮上する見通しとなった。
     同時に、4-9月期(上期)の連結営業損益も従来予想の4.6億円の赤字→1.6億円の赤字(前年同期は7億円の黒字)に上方修正し、赤字幅が縮小する見通しとなった。

    会社側からの【修正の理由】
     (連結業績) 2021年3月期の第2四半期連結累計期間の連結業績予想につきましては、世界的な新型コロナウイルス感染拡大に伴い取引先の稼働停止や減産等の影響がありましたが、第2四半期より徐々に回復に向かい、売上高の増加とコスト削減活動等により各利益が2020年8月7日に公表しました予想を上回る見込みとなりましたので、修正いたします。 また、新型コロナウイルス感染症の収束時期や経済動向などは依然として不透明ではあるものの足下の景気は当初の予想よりも早期に回復している事から、現時点で入手可能な情報に基づき通期連結業績予想を見直しましたので、修正いたします。 なお、今回公表した業績予想につきましては、当連結会計年度内は新型コロナウイルスの影響が及ぶものの概ね現状を維持する想定で行っております。従って、現在懸念されている第三波などによる深刻な被害が発生し想定を大きく超えた影響があった場合には、業績予想を変更せざるを得ない可能性があります。(個別業績)  連結業績と同様の要因により第2四半期累計期間及び通期予想について、新型コロナウイルス感染拡大の影響は未だあるものの需要が回復しつつあることに伴い、現時点での入手可能な情報に基づき個別業績を算定いたしましたので、上記の通り修正いたします。 (注) 上記に記載した予想数値は現時点で入手可能な情報に基づき判断した見通しであり、多分に不確定要素を含んでおります。実際の業績等は業況の変化等により、上記予想数値と異なる場合があります。

  • >アンジェスの今後も詳しく解説
    >11月11日(水)20時~ 月刊ウルフ本放送
    >株価大化け2倍以上になる銘柄
    >押し目を狙うべき銘柄も詳しく解説
    >最高スペックのメルマガも毎日配信中
    >月刊ウルフ、入会・再入会ご希望の方は
    >お申込みボタンより決済をお願い致します

    ↑アンジェス信者良かったなw
    素人イナゴが多いと見込んで宣伝文句に「アンジェス」入れて来たぞw

  • あんしん保証、上期経常が2.3倍増益で着地・7-9月期も3.9倍増益

    あんしん保証 <7183> [東証M] が11月11日大引け後(15:00)に決算を発表。21年3月期第2四半期累計(4-9月)の経常利益(非連結)は前年同期比2.3倍の3億8400万円に急拡大し、通期計画の4億2400万円に対する進捗率は90.6%に達し、5年平均の37.1%も上回った。

    会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の経常利益は前年同期比86.0%減の4000万円に大きく落ち込む計算になる。

    直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の経常利益は前年同期比3.9倍の2億0100万円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の5.1%→17.5%に急改善した。

  • 扶桑薬は上げ幅拡大、21年3月期業績予想を上方修正
    2020年11月10日14時26分

    扶桑薬品工業<4538>が後場上げ幅を拡大している。午後1時40分ごろ、21年3月期の連結業績予想について、売上高488億円から492億円(前期比4.9%増)へ、営業利益を16億円から28億円(同2.8倍)へ、純利益を11億円から19億円(同2.7倍)へ上方修正したことが好感されている。

    後発医薬品などが堅調に推移する見通しであることに加えて、想定と比べて売上原価率の低減や販管費の減少が見込まれることが要因としている。

    なお、同時に発表した第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高249億3000万円(前年同期比5.3%増)、営業利益17億500万円(同2.9倍)、純利益12億9300万円(同3.0倍)だった。

    ttps://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202011100581

  • 扶桑薬、今期経常を73%上方修正

    扶桑薬品工業 <4538> が11月10日後場(13:40)に決算を発表。21年3月期第2四半期累計(4-9月)の経常利益(非連結)は前年同期比2.7倍の16.8億円に急拡大した。
    併せて、通期の同利益を従来予想の15億円→26億円(前期は10.6億円)に73.3%上方修正し、増益率が40.7%増→2.4倍に拡大する見通しとなった。

    会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の経常利益は前年同期比2.1倍の9.1億円に急拡大する計算になる。

    直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の経常利益は前年同期比23倍の6.8億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の0.8%→5.9%に急改善した。

  • 朝一は誰かが逃げたかったんだろうね

  • イソジン知事一体何なんだろ・・・w まじで キナ臭すぎるわ

本文はここまでです このページの先頭へ