IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (356コメント)

  • >小沢一郎「国民一斉検査で、陽性患者、陽性無症状者、陰性者を明確にする。なぜそれができないのか」

    オリンピックを中止にすれば、検査を拡大することは可能だ。
    オリンピックを開催するという錦の御旗を掲げているかぎり、
    管も古池も検査には本気で取り組まないだろう。
    検査を拡大し、感染者が東京近辺で一日1万人という実態が
    バレたら誰が責任取るのか?
    医療崩壊どころではないよ。日本崩壊につながる。

    今回のコロナウィルスの世界的な蔓延は、増えすぎた人間に
    対する大自然のリベンジのようなものだろう。
    乗り越えられた人間だけが後世に遷移できる。
    いわば、自然による間引きのようなものだ。人類へのバツだよ。

  • OEM生産・出荷数に余裕がない場合、売れすぎても困る。
    CM打たなくても数ヶ月待ちの理由が理解できないのかな?
    深紫外線LEDについても、将来需要をカバーするためには
    この会社だけの生産能力では足らない。
    特許を開放してでも他社での生産を可能にすべきである。
    世界全体に及ぼすコロナの悪影響を考えれば、この会社の
    なすべきことは、自社生産・販売だけに邁進することでは
    ない。これからアンチ・コロナ関連の異業種業務提携が
    水面上に現れてくるのではないか。

  • 第4四半期単期(4~6月)は第3四半期単期(1~3月)に比べ
    売上高、営業利益、経常利益、当期利益のすべての項目で改善
    してる。改善数値を「第3四半期単期→第4四半期単期で示す。
    売上高 1348百万円→1688百万円
    営業利益 45百万円→74百万円
    経常利益 39百万円→72百万円
    営業利益 11百万円→81百万円

    業績は直近ほど良くなっていると言うことだ。
    月曜は売り方さんガンバッテ下げてください。
    喜んで買い戻します。お願いしまスダ。

  • 良いIRだが、地味な会社だ。
    外部のメディアでも取り上げられるだろう。
    今回のIR関連機器を装備していることが、顧客商品の「売り」に
    なるだろう。自社でPRする必要はない。協業すれば良い。
    空気が必要な場所は全て対象になる。
    100年前、日本人は普通に雨水を飲んでいた。
    雨水がキケンかも? 水道水がある。
    水道水もキケンかも? 沸かせばよいか。
    空気にコロナウイルスが混じっているキケンがある?
    コロナウイルスを不活性化できるなら、どうだろう。
    コロナテンバーカーの候補銘柄だ。気長に行こう。配当もよい。
    人の行く 裏に道あり はなの山

  • PCR検査機器のプレシジョン・システム・サイエンスに投資して
    もう10年以上経つが、検査機器が一段落したら、ここに本格的に
    長期投資しようと考えている。

    深紫外線がコロナウイルスを不活性化できるということは、まだまだ
    世間のニュースにもなっていない。エアロピュア自体が今年になってからの発売だ。それ以前はせいぜい空気の清浄機、つまりフィルター
    を介してのゴミ採り器のようなものだ。エアコンも空気はきれいに
    できない。空気中のコロナウイルスの不活性化ということが、まだ
    認知されていないレベルである。

    コロナ感染症から直ると言うことと、コロナウイルスを不活性化
    できると言うことは全く別物だ。ワクチンが開発されて感染が
    直ることにより自分の体からコロナウイルスが一時的に駆逐された
    としても、外部世界全体からコロナウイルスが駆逐されない限り
    いつまでもコロナウイルスの危険は遠のかない。

    コロナウイルスの不活性化は、空気を必要とし空気のある生活を
    続けようとする場では、必要条件になるだろう。
    世界の建物、電車、飛行機、船舶、自動車...、ありとあらゆる
    空間でコロナウイルスの不活性化が求められるようになる。

    日機装、一社で担保できるような話ではない。
    そのうち国連、WHOで取り上げられるようになるのではないか。
    PSSは株価5000円ぐらいは行くだろう。ここは更に上かも。
    ウイルスが消えるわけではない。

  • 関西空港では8月1日から国際線到着便について唾液による検査を行ない、結果待ちまで2時間、グレーなら唾液で再検査、それでもグレー
    な人は、正式なPCR検査を行い結果待ちまで5時間だそうです。
    品質最重視の検査体制のようです。
    国家の制度に、2・3割の誤差判定は許容範囲とはいえない犯罪です。

  • 関空で8月1日から検疫方法が改善される。
    唾液1、2mlで検査1回目の結果が出るまで約2時間待ち。
    たまにある判定不可の場合は更に唾液で2回目検査。
    これでもダメなら、鼻から検体のPCR法で結果が出るまで
    5時間待ち。運が悪いと検査だけで7時間を空港内検疫待機室で
    過ごすことになる。陰性なら、ようやく入国審査→手荷物→税関
    →入国の手順らしい。

    唾液でも鼻でも検査可能、唾液で2時間待ちは、どこの検査機器。

  • コロナが重症化する原因の一つにサイトカインストームが
    あげられている。自己免疫が凶暴化することですね。
    自己免疫疾患にリューマチがある。これの治療薬がコロナに効果が
    あるそうだ。そうすると、リューマチ患者はコロナにかかっても
    すでに体が自己免疫の凶暴化に慣れているから重症化しないのでは
    ないか、非リューマチ患者が初めて自己免疫の凶暴化に遭うと体が
    戸惑ってサイトカインストームとしてコロナ重症化すると考えられ
    ないだろうか。アジア人にリューマチが多いと重症化が少ない。
    どこかの機関で統計学的に調査してほしいな。

  • 生産設備の取得価額を補助金の額だけ圧縮できる。
    減価償却費負担が償却期間通算で20億円少なくなる。
    その分製造コストが逓減→利益増大につながる。
    設備の償却期間にもよるが、たぶん今後15年以上にわたって
    利益が底上げされた状態が続くことになるだろう。
    会社の財務体質が変化すれば、株価にも大いに貢献する。

    10年以上の古参株主だ。DND分析ができれば、
    身元不明死体が少なくなり、犯罪捜査やガンの分析にも
    役立つ。最初の投資理由だ。
    特定口座で持っていた3000株は売らされてしまったが、
    NISAは残り数千株。本年中は左団扇で「見るだけ投資」
    にしようかと決めたが、サテどうなるかな!

  • 宇宙飛行士のヘルメットのように頭全体をおおうフード型。
    「コロナバスターズ」で殺菌処理した空気を吸気としてパイプで
    フードに通過、吐息は同じく殺菌処理して外部に呼気する。

    携帯型の「コロナバスターズ」があれば、行動制限など不要だ。
    問題は電源と小型化、軽量、フードと殺菌装置の分離?。
    UV-LEDの出力は小、人体に影響ないように閉鎖型。

    近い将来コロナが蔓延した世界を想像できるものは、
    「コロナバスターズ」の必要性を実感できるだろう。

  • >ところでさ、ロングもってる人は、何を期待してもってるの?
     すごい不思議なんだけど・・・

    2013年の相場も経験した超ロングの株主です。
    コツコツとNISAで500円までの安値で買いました。
    3000円近辺で少し売却し、投資額は全額回収済みで、
    数千株の持株残はコストゼロになっています。
    このまま持ち続ける理由は、金儲けよりも、自分が叶えられ
    なかったことを実現してくれるかも、との期待からです。
    NISAの期限までには売りますが、マダ先です。
    似たような考えから、DDSのナノキャリア、ACCESS
    にも超ロングで投資しています。
    現物であり、短期の売り方にはビクともしません。

  • 差沸いだ「承認」、騰がっても好し、下がっても好し。
    リコンファームが大事だね。

  • クリスパー検査は、最高の「売らせんかなネタ」だ。
    10年古参でもヒッカカリそうだ。
    判定結果が国レベルの入国拒否判断に使われることになれば、
    9割程度の精度では、単独で証明書を発行することはないだろう。
    出国時に陰性証明書を携帯し、到着空港でクリスパー疑陽性判定
    で入国不可判断となりそうな場合、PCR検査を受け直すことになる
    のではないか。他の簡易検査の方法も含めて、9割程度の精度では
    陰性判定にしか使えないと思う。
    入国拒否判定が誤っていた場合、損害賠償のリスクもあるため
    限りなく100パーセントに近い精度の装置で判定する必要がある。

  • 深紫外線LEDがコロナの不活性化に役立つ。
    これは皆さんが考えている以上に大きな意味がある。
    結論から言えば、生存に必要な「空気」の浄化と言うことだ。
    かつては「雨水」をそのまま飲んでいた時代があった。
    現代ではほとんどの国で浄化した水道水を使っている。
    「空気」もそのままでは危険な時代に差し掛かっている。
    「空気」の浄化はあらゆる空間で必要になるだろう。
    「エアロピュア」程度で話題にするのもおこがましい。
    一企業で独占するような話ではない。他産業も巻き込んで
    この会社は、深紫外線LEDの製造に特化するしかないだろう。

  • 四季報の銘柄の特徴欄に継続疑義が...

    3月発売の四季報はコロナで騒ぎはじめたころに創られたもの。
    重要な記事を精査確認もせず、売らされてチンタラ文句?
    もうすぐ夏号が出ます。東洋経済は出版会社。
    誤字、脱字があっても、それも仕事のうちだよ。

  • 抗体簡易検査「精度に課題」、陽性判定の9割が陰性…

    新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査について、東京大学先端科学技術研究センター(先端研)などのチームは31日、簡易検査キットで陽性だった人の約9割が、大型機器による精密検査では陰性だったとする結果を発表した。キットは、全国の診療所で導入が増えているが、正確な感染状況の把握には課題があると指摘している。
     調査は5月、同チームと福島県の「・・・中央病院」が協力して実施。同病院に勤める医療・介護従事者680人を、ある簡易キット(イムノクロマト法)で検査したところ、58人が陽性だった。このうち約9割の52人が精密検査では陰性と判定された。キットで陰性だった人は、精密検査でも陰性だった。

    簡易検査キットで陽性だった人の約9割が、大型機器による精密検査では陰性だった・・・この大型機器とはPSSのことかな。

  • 国際線規制の緩和の話。当初はビジネス客、次に留学生、最後に観光客の順で緩和。出国時のコロナ未感染証明書が必要。入国時にコロナ検査を実施、陰性のみ入国できるようだ。たぶん各国とも同様のしくみになるだろう。国際線のある空港にはコロナ専用の検査体制が設けられ、検査機器も客数に応じた数が必要になる。入国用と出国用別。で、どこの検査機器になるのだろうか。証明書となるため簡易検査機器ではマズイだろう。
    この前のIRで300箇所体制をコメントしていたが、メーカー側から
    提案すべきことか? それとも何かはなしを漏れ聞いていたのかな。
    興味深いはなしだ。コロナの検査体制を外部委託するとしたら一度に大量検査できる全自動の機器が最有力になりそうだ。
    良く考えて見ると、日本だけではなく全世界の国際線空港が対象になる。現在のPSSでは対応しきれないだろう。

  • ここは月間何台つくれるのかな。
    OEM受注生産が基本なら、即出荷できなければ
    今の日本では役に立たないということか。

  • 金正恩の病気治療のため中国から医療部隊が北朝鮮に派遣された。
    金正恩の死亡経緯を疑った北朝鮮当局によりその治療部隊50名が
    拘束された。人質となった彼らを救出するため中国はひそかに
    3000名の特殊部隊を北に侵入させた。戦闘行為に発展し800名の
    特殊部隊が死亡、戦争に発展する可能性があるとのこと。

    コロナに隠れて、重大事変が起こっているようだ。
    中朝国境付近では既知の事実らしい。
    アメリカは隠している。
    ヤフー台湾の記事より。ガセか?

  • 取得単価の倍化達成はしたけれど、NISAの場合は買戻しが
    できないため、ガマン比べになる。やっとスタート地点だよ。

本文はここまでです このページの先頭へ