ここから本文です

投稿コメント一覧 (51コメント)

  • 教えてください。

    ここのホルダーですが、自社株買いを発表してから、1ケ月位は自社株買いが有ったような値動きが有った感じがしましたが、ここ2ケ月は自社株買いが有ったのか?
    と思っていました。
    今回の不祥事が有って調査をしていた訳ですが、その間自社株買いは中止されるのでしょうか?

    自社株買い期間中に業績に与える影響が有った時の自社株買いルールなど詳しい方いらっしゃたらよろしくお願いします。

  • 時流に乗ったビジネス

    私はとある士業の資格を持っていますが、大きくの士業はサラリーマンの給与にあたる顧問料が月の収入になります。

    弁護士は月々の顧問料がベースの収入になり、訴訟などの案件収入などがボーナス的収入になります。
    過払い金のCMを見かけると思います。

    不動産業者はアパートや駐車場などの管理費が月の収入になり、土地取引などの手数料がボーナス的収入になります。

    税理士の月の顧問料が月の収入になり、申告手続きなどがボーナス的収入になります。
    税理士は企業の財務全部把握できる訳です。
    米中貿易戦争で経済への悪影響が懸念されていますが、こんな時ほど利益の繰り延べを進め易いのです。また事業主も繰り延べを真剣に考え易いのです。

    ここの商品を進める事は税理士にとって第2ボーナスになり、企業は繰り延べによるメリットを享受できます。

    企業は繰り延べを繰り返し、利益がでれば繰り延べ額を増やすことによって税理士にとっても収入が増える事になり、多くの顧問先に進める事になるでしょう。

  • なかなかいい決算では
    3Qには表参道の売上が計上されます。

  • 業績の下方修正のIRも出なかったし、予定通りでは?

  • FPG証券の深谷氏
    モーサテに出演 為替の解説
    為替の解説する前に自社の解説をして貰いたい。

  • 説明会の報告ありがとうございます。
    2Q以降の業績に期待です。
    自己口の株式を従業員に割り当てている訳で意識していい株価
    末永い成長を期待しています。

  • なんで~

    従業員に1150円台で買わせるような真似をしたのか?

    IR発表時には1Qの内容が解っていてそのタイミングの意味が不明

    業績に自信がなければ出来ない、ここが天井なら従業員にモチベーションが

    業績に自信があるからと思ってホールドしています。

  • い~や

    参った びっくり糞決算発表だった

    船舶の組成、従業員に自己株式の販売等1Q決算楽観しすぎました。

    売上の先行指標 前受金が前期1Q 52憶から 今期1Q 122憶に2.3倍

    に増加していました。

    少しは安心しました。

    決算時には配当と自社株買い 自己株式の償却も十分考えられるので、放置しておきます。

  • インセンティブ1株1495円

    だから自社株買いと償却

    今期の配当 53円 配当性向を50%以内に抑えている。

    今までなら 配当性向の目安を超えても増配を行っている。

    配当性向50%と自社株買いと償却を通年行事として継続行う事と謳っている。

    毎年1~2%でも続ける事による浮遊株が枯渇し1株利益は上昇

    1500円は通過点になるでしょう。

  • 業績予想の修正義務

    売上高に対して10%以上の変動(プラスorマイナス)
    営業損益、経常損益、当期純損益に対して30%以上の変動(プラスorマイナス)

    解った時点で業績の開示義務があります。

    今日まで業績の修正が無かった事は

    売り上げベースで10%超のマイナスが無かった。

    損益に関して30%超のマイナスがなかった事になります。


    平成30年度9月 通期 売上見込み 約237憶円 昨年に対して112.5%の予定です。

    平成29年度9月 通期売上高 約210憶円

    業績の開示義務が無かった事は 通期見通し 約237憶円の90%以上の売上が確保出来たことになります。

    237憶円の90% 約213憶円の売上確保 平成29年9月の約210憶円の売上を超えたということになります。

    平成29年9月 第4四半期の売上は約39憶円 平成30年9月は上記業績の開示義務が無かった事を踏まえると約49憶円 50憶円を超える売上が有ったと見込めます。

    会社発表通り、上期売上が偏っていたのが、改善されてきています。
     
    損益に関しては開示義務が30%の変動が条件になり第3四半期まででほぼ会社計画の70%弱は確保できている。

    売上高 第3四半期 約54憶円 第4四半期も50憶円を最低限確保している事を踏まえると

    損益も 第3四半期程度 30憶円以上は計算でき 通期利益は126憶円は最低限見込めるが 平成29年度に比べ数億円減益の可能性 通期未達と思われます。


    たたき売られるような内容とは思えず、ホールド 買い増しをしています。

  • 業績予想の修正義務

    売上高に対して10%以上の変動(プラスorマイナス)
    営業損益、経常損益、当期純損益に対して30%以上の変動(プラスorマイナス)

    解った時点で業績の開示義務があります。

    今日まで業績の修正が無かった事は

    売り上げベースで10%超のマイナスが無かった。

    損益に関して30%超のマイナスがなかった事になります。

    3Qまでの数字は開示されていて、通期見通しに対して、売り上げは90%以上確保できました。損益も70%以上確保できていますという事です。

    長年のホルダーとしてここの決算を見てきましたが、今期は売上・損益とも未達と見ています。
    売上に対する利益率が非常に高い会社なので、売上が90%以上確保できれば、損益も90%以上確保できていると思います。

    利益率が高いので会社発表の配当は額面通りと思っています。

    決算時に注目したいのは、第1に今期見通し 第2に株価対策の有無

    自己株式を従業員に1500円弱で購入させている訳なので何らかの対策が無ければ従業員の士気は保たれないでしょう。

    小規模でも自社株買いなどの施策を施して自己株式を買った従業員に報いていただけたらと思います。

  • オールスター感謝祭  チョレイの妹が出てる。

    ユニホームにはFPG

  • JAWAを買収 チャームケアから関西で運営する介護付有料老人ホーム2施設を譲受

    事業拡大です。
    介護関連はお国の介護保険で成り立っているが、地方の弱小企業では収益を上げる事が出来ないがソラストの事業スキームなら収益を上げる事ができる。
    今後益々M&Aで介護事業は拡大していくでしょう。
    チャームケアから関西で運営する介護付有料老人ホーム2施設を譲受
    チャームケアが売るような施設でも収益を上げる自信があるから譲受をしたと思われる。

    単純比較できなが、チャームケアよりソラストのほうが収益をあげるスキームが有り
    企業価値は高いのではないかと思われる。

  • 10月1日付けで新たな買収

    ソラスト拡大が続きます。

  • 2018/09/28 19:16

    なんでTATERU?

    アホか???

    不動産関連事業は富裕層の節税商品です。

    現金が1000万円有ると全額相続の課税対象になりますが、FPGの不動産商品を購入する事によって相続時の課税額の引き下げメリットが発生します。

    預金残高を改ざんして売る不動産とは性質が全く違います。

    元々資金が無い者に預金残高を改ざんして売る必要は無い!!
    そんな事をして買うもの居ないだろう。

    なんでTATERUと関連させようとする輩のアホさが情けない。

  • 配当利回りのエアバック

    JTしかり、利回りが5%を超えてくれば割安で拾われ易い。

    地味に末永く配当を、、、

  • 毎日よく下がります。
    通期未達なんだろうけど、配当は会社予定を出すと思っています。

    自己株式の償却をする事もできるし、自社株買いを行うこともできる。

    50円弱の配当を考えると、下落も限定的と思っています。

    なんで従業員に1500円弱で買わせているのだから会社は1500円の株価は意識せざろう得ないと思う。

    業績が悪いと思われるが、3Qまでに90憶円以上の利益を出している訳で4Qが悪くても
    通期で100憶円の利益は当然たたき出してくると思います。

  • 2018/09/05 12:17

    これで、下方修正を出したら詐欺になる。

  • ヘルス東◯は総額いくら?
    いつも本社の前から通ります。

  • No.489

    モーサテ

    2018/02/01 07:02

    FPG証券の深谷社長 モーサテに出演
    為替動向の解説されていましたが、FPGの解説もお願いしたいです。

本文はここまでです このページの先頭へ