ここから本文です

投稿コメント一覧 (2714コメント)

  • 今日は買い上がる前に故意に冷やすパターンでしたね。

  • ① 2019/8/1自己株式取得 1,546,500株 @889円 10.70%
    2019年3月末と2019年9月末の第10位までの大株主を比較すると、三菱UFJが46万株から16万株に減って、ラサ商事(2019年3月時点32万株)は大株主10位から外れていました。日本生命30万株と三井住友銀行30万株も大株主10位から外れていました。11位以下の他の大株主からも取得したとすれば1,546,500株の取得は可能ですね。

    ② 2019/11/4 日刊工業新聞報道

    ③ 2019/12/13 会社四季報、容量が従来の倍の薄膜コンデンサー用蓄電材料を開発中と記載

    ④ 2019/12 /13  クニミネ工業株式会社 2020 年 3 月期第 2 四半期決算説明会 Q&A

    [自社株買い]
    Q.自社株買いをされたが、今後も継続して自社株買いをされるのか、また買われた自社株の使い道は?

    A.今回の自社株買いの目的はコーポレート・ガバナンスコード対応のため。今回、可能な限り行った。既存の自己株の使い道については、今後の機動的な資本政策のためキープしておきたいと考えている

    ※新聞報道前に大株主から株を取り上げ、会社側からは何の発表もなし、報道内容に関するコメントもなし、その内TOBでも発表して上場廃止でもする気か?

  • 内部でコンデンサー・電池材料の実用化に目途が付いた頃、TOB発表されて上場廃止決定となるのではなかろうか。

  • 2020/02/03(報告義務発生)の大量保有報告書 
    クニミネエンタープライズ株式会社 4,512,268株(31.43%)⇒4,909,168株(33.97%)
    一族の保有株式をクニミネエンタープライズ株式会社に一段と集中。単価1209円の算定根拠は?内内のことだから単価はどうでも良いのか?銀行からの借入額を減らす為か?2019/08/01の自己株取得と関連があるのか?今後の機動的な資本政策がより強力に行える体制の確立。益々楽しみになってきました。

  • 2019/8/1の自己株式取得 1,546,500株 @889円 10.70%
    2019年3月末と2019年9月末の第10位までの大株主を比較すると、三菱UFJが46万株から16万株に減って、ラサ商事(2019年3月時点32万株)は大株主10位から外れていました。日本生命30万株と三井住友銀行30万株も大株主10位から外れていました。11位以下の他の大株主からも取得したとすれば1,546,500株の取得は可能ですね。何故、自社株取得に応じるよう要請したのか。11/4の日刊工業新聞の報道と関係があると考えると、たとえば協力企業との交渉で協力企業が業務資本提携を求めたのか。今回取得した自社株は将来の協力企業との業務資本提携のための玉として使われるのではなかろうか。

    ※2019 年 12 月 13 日  クニミネ工業株式会社 2020 年 3 月期第 2 四半期決算説明会 主な Q&A

    [自社株買い]
    Q.自社株買いをされたが、今後も継続して自社株買いをされるのか、また買われた自社株の使い道は?

    A.今回の自社株買いの目的はコーポレート・ガバナンスコード対応のため。今回、可能な限り行った。既存の自己株の使い道については、今後の機動的な資本政策のためキープしておきたいと考えている

    ※目的はコーポレート・ガバナンスコード対応のため。今回、可能な限り行った。
    ⇒もっともらしい理由だが、他社に先駆けクニミネだけが、何故、今、可能な限りしたのか。このような極端な主要大株主からの自社株取得を行った企業がクニミネ工業以外にあるのでしょうか。

    ※今後の機動的な資本政策のためキープしておきたいと考えている。
    ⇒消却のためではないということですね。報道で株価上昇することがわかっていて上がる前の安値で自社株取得、その後上がった株価で売り出して鞘稼いだら究極のインサイダーと言われかねないから、それもないだろう。残るは協力企業との資本業務提携のためではないですか。

  • パイをあと何枚焼きましょうか・・・四季報⇒【特色】研究開発型食品素材メーカー。食品、化粧品・トイレタリーなど横展開。海外市場開拓が好進捗

  • 2/7(金)1361↑8・V52,000・高値1374(13:09)

    ※業績の裏付け&安定性&材料。土木向けベントナイトで復興案件が本格化。結局下値切り上げ、再度の1400円代復帰はいつでも可能な位置に。

  • この辺り、1300円くらいでグダグダしていて、そのうち例の協力企業の社名と共に・・・の発表でもあれば・・・。

  • 2/4(火)1322↑38・V61,200

    よぉ~し!

  • 3Q出てますね。
    まぁまぁ良かったみたいです。
    どれどれ・・・。

  • 戻り歩調ですよ。
    プラ転。
    1300円代復帰もありかも。

  • EPS・3Q=85.46円⇒1q・17.92円+2q・23.52円+3q・44.02円

    会社予想通期EPS=103.11円⇒3Q・85.46円+4q・17.65円

    ※ここは下期利益偏重で第四四半期に17.65円ということはないでしょう。

  • さらに、感染者数の増加ペースの減速等、目立った数字の変化が出てくれば、株式市場も落ち着きを取り戻しそうです。その場合、表1でご紹介した銘柄について利益確定売りが増え、株価下落が目立つ表2の銘柄に押し目買いが優勢となる可能性があります。投資家としては、感染者数等のデータを常日頃しっかりと把握しておきたいものです。

  • ただ、ここは冷静に考えるべきでしょう。上述した最新の感染者数、死者数から計算される致死率は2.2%(今後変動する可能性は残ります)で、季節性インフルエンザの0.1%よりは高いものの、SARSの10%弱、MERS(中東呼吸症候群)の34%よりは低いようです。また死者の多くが高齢者や糖尿病患者をはじめ健康状態の悪い人が中心であり、健康な人の致死率はさらに下がると推測されます。また、潜伏期間に知らず知らずのうちに感染が拡大しているリスクが大きいことになりますが、武漢市が市民の移動禁止を始めた1/23(木)から10日後は2/2(日)で、中国政府が新たな春節休暇終了の日として定めた日になっています。したがって、2月に入ると感染が減速する可能性が出てきます。
    ぴったり同じと考えることはできないかもしれませんが、新型肺炎の感染について、その季節特性については、インフルエンザの例が参考になりそうです。インフルエンザの感染は平均的に、日本では1月頃がピークになりやすいというデータがあります。やはり、寒くて乾燥しやすい冬は、ウイルスが浮遊しやすいようです。東京の1月の平均最高気温が10度、最低気温が2度なのに対し、武漢市の1月は同最高が8度、最低が0度とむしろ寒く、それでいて晴れの日が多いようで、東京よりもウイルスに感染しやすいと言えるかもしれません。
    中国中央部のやや内陸に入った土地柄か、2月以降の平均気温は東京よりも高くなる傾向があります。すなわち、新型肺炎も、仮に武漢市を中心に考えるならば、1月頃がピークになりやすく、2月以降は季節的に小康状態に向かいやすいと推測されます。したがって、今回の新型肺炎騒動は中国の春節休暇の間がピークになるかもしれません。
    ちなみに、中国市場にリスクを取っている投資家が、これだけ騒ぎが大きくなっている春節休暇中、何もリスクヘッジをしないでしょうか。むしろ、多くの投資手段を有しているほど、様々な方法でリスクヘッジを取っていると考えるべきでしょう。このため、東京株式市場がそのリスクヘッジの対象となり、株価の下げが加速した可能性はゼロではないと思います。世界中、ボーダレスに、常に取引できる為替市場はすでに落ち着きを取り戻しています。このため、東京株式市場も2月第1週を陰の極として反発しやすくなるように思われます。

  • コロナで多大な影響出る会社もあるでしょう。そして4月にはコロナ騒動もピークアウトしているでしょう。来期になれば2020年3月期はコロナがあったからしかたないじゃないの、2020年3月期の事は過去の事。皆2021年3月期の事にしか目が向かわなくなる。今はコロナの影響で一番下落率が大きい銘柄を狙うのがよいのかもしれない。『虎穴に入らずんば・・・』

  • この掲示板の数少ない古くからの投稿者です。ここは資生堂が大株主であったり、自己資本比率が80%とか、技術とか、PERとか、投資対象としての企業価値ありと保有続けておりましたが、私としてはどうでも良い理由、アルボースが短期的に売れて急騰なら少しは売却せねばと、泣く泣く一部売却してしまいました。もう元の1300円あたりに戻ることがあるかどうかわかりませんが、株価が再び落ち着いてきたら買い戻し検討します。

    3Q・・・工業用製品事業 当セグメントにおきましては、精密化学品分野において「医薬用リン脂質」や機能性樹脂などの販売が増加しましたが、海外向け「ラノリン」の販売が減少いたしました。この結果、売上高は157億8千3百万円(前年同 四半期比2.4%増)、セグメント利益(営業利益)は21億8千6百万円(同16.1%増)となりました。

    EPS・3Q=82.97円⇒1q・25.87円+2q・23.66円+3q・33.44円

    会社予想通期EPS=101.06円⇒3Q・82.97円+4q・18.09円

  • >>No. 757

    >757・この局面に焦点を当ててのその結論は無いナ~
    >こざかしさが漂うゾ

    ※コロナの局面で、言うてたことが当たったと自慢するのは小賢しいと言えばそのとおりだとは思うが

    経験者の貴重な投稿を記録しておきましょう。


    757
    y_o***** 1月30日 21:11
    >>693
    はい予想通りね。自分なりの基準を持たないと、定量的な結果は得られないよ。



    693
    y_o***** 1月9日 12:39
    さすがにこれ以上は期待値込みでしょ。実績が伴っていない値は将来的に下がると考えるけど。

    まあさらに実績を伸ばせば、値は後追いだけど正当化されるわな。

  • 買い上がった大口さんが、コロナを利用して冷やそうとするなら容易いことだろう。もしも私が大口さんだったら私もそうするかもしれない。上に大きめの売り物が出たら、それを全部食って買い上がり、次の瞬間に100株の売りで急落させる事もできるだろう。私は数か月放置してチャンと配当も頂く方針。

  • ここは比較的新型コロナの影響少なそうに思ってますが。

本文はここまでです このページの先頭へ