IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (122コメント)

  • 昨日ベア買って、今日ブル買いました。
    ブルはちょっと早かったけど、まあよしとします。

    アメリカではまだオミクロン株が見つかってないですが、今後見つかれば、日本と同様にさらに下げることも考えられますね。

    昨日のバイデン発表は、なんだかヌルイ感じで、今後おそらくアメリカで蔓延してしまうでしょう。
    ドア開けただけで感染、という話もあるので。
    「反ワクチン派」が、3割くらいいそうなので、仮にファイザー、モデルナが効いても、蔓延は避けられなさそう。


    日本も市中感染が確認されれば、もうひと下がりありそうなので、今日買ったブルはそこでナンピンかな。

    FOMCや、OPECプラスもあるし、今週は慎重にいきます。

  • 今夜のアメリカは、バイデンが対策を発表してから下落じゃないかな。

    そもそも、新株どころか、デルタ株がすでに再発し始めてるので、「安心情報」はでないと思う。

    おそらく岸田さんは、アメリカともすり合わせた上で「世界からの入国規制」にしたと思うので、似たような感じになるんじゃないかな。

    ワクチン効果が注目されてるが、本質は「政治家が規制をかけるかどうか」。
    それによって経済動向が変わる。


    ワクチン効果が分かるまでの数週間、無視するわけにはいかないので、いったん強めの規制かけると思う。

    その時点で一番不安心理が強まって、ブルの買い場が来る。

    ちなみに、ファイザーもモデルナも「ワクチン効果多少ある、でももっといいワクチン作るの頑張ります」って感じになるはずで、「効果ありませんでした」とは決して言わないでしょう。

  • >>No. 803

    ドイツ、チェコでも南アフリカ株、見つかったとのこと。

    月曜は、明らかにまだブル全力は行けないな。。

    日本市場が閉じた頃に
    ヨーロッパ市場爆下がり
    →アメリカ爆下がり
    →日本市場火曜日下がり

    もはやオープンリーチでしょ。
    まあ、投資は自己責任なので止めはしないが。

  • しばらく下がるんじゃないかなぁ。
    この週末の情報要注意。

    ①南アフリカ新株いつから見つかってた?
    ②他国での確認状況は
    ③南アフリカでの死亡率、重症化率
    ④各政府の水際対策の広がり

    このあたりは週末にさっそく情報出てきてもおかしくない。
    ナミビア、香港にも行ってること考えると、実は①はかなり早い時期だったのではと思う。


    ⑤ワクチン効果
    これは検討にしばらくかかるでしょう。
    というか、既にデルタ株でワクチン効果切れ始めてるの考えると、「効果ある」と分かっても「だから?いま感染拡大してますけど??」という感じになる気もする。


    下がってるので、積極的にベア行くほどてもないが、月曜日に焦ってブルのドカン投入も危険な気がする。

    ちょいちょい入れてナンピンかなぁー。

  • 昨日仕込んだベアは利確♪

    週明けはどっちに転がってもおかしくないし、上げならベア回収できない可能性もある。

    しかし、多少ドキドキ感を楽しみたいので、今日はブルベアに1000円ずつ入れでおしまい。

    ごちそうさまでした。

  • 変異株、BBCの報道だと「デルタの2倍」という感染力らしいですね。
    感染の拡大という意味では前々から警戒感が高まっていたので「追い討ちをかけた」ということですかね。

    下落は想定できた話ではあり、昨日、ブルを利確してベア仕込んでおいて正解でした。

    おとといも書きましたが、来週はOPECプラスもあって消極姿勢を後押しする材料になりそう。
    翌々週はFOMCの利上げ議論と続くので、先行きは厳しい。

    岸田さんもとりあえず選挙は勝てたので無理に株価を意識する必要はないし、海外勢も漁夫の利は食い尽くしたのでそろそろ脱出時期とみるんじゃないでしょうか。

    なんだかんだ、日本でもコロナは多少再燃するでしょうし、今後は相当注意しないとですね。。

    まあ期待するのは自由ですが。

  • 「減産」はないにしても、いまの「増産」ペースを緩めるか、一時停止する可能性は大いにありますね。

    実際問題、欧州の感染拡大はOPECプラスの予想通りで、半導体不足もあったりして供給過多になる可能性も高まっているし。


    まあ、バイデンは、自国のシェールオイル加速に補助金出すなりして対応するんでしょう。
    中国も「必要に応じて」とやや中東をおもんばかった感じで、何よりロシアとのパイプをいかしてなんとかやりくりしそう。


    そして日本だけ置いてけぼり。。にならないようにきっと岸田さんは何か考えてるのかな。

    あまりそうは思えない、残念ながら。

  • OPECのホームページ(英語)をみたら、次の会議は、12月2日(木)ですね。

    ブルは、1週間以内に手放さないと結構やばいことになりそうだな。。
    おそらく世界中が同じこと考えてるので、下げ始めるのはもっと早いかも。

    うーん、気づくの遅かったな。。

    原油価格といい、FOMC利上げといい「一時的なもの」ではなく「構造的」なもので、株価の水準ががらっと落ちてもおかしくない。

    この12月は一歩間違えると厳しい寒さになりそうだ。

    あ、投資は自己責任で。

  • きょうベアを利確。
    ブルを少し買ったが、明日反発するなら利確する。
    そして様子見。


    近々、場合によってはかなり値下がりするかも。
    OPECプラスは明らかに今回の措置を歓迎してないはずで、減産に動くようなら、かなり根深い問題になる。

    アメリカは自前で原油調達できるが(世界一の産油国ですからね)、日本は無理。

    バイデンの支持率向上に足並みを揃えた岸田さんは、相当な「恩返し」もらわないと割に合わないが、ほぼ無理でしょう。。

    OPECプラスの動向と、FOMCの利上げ議論もあるので、市場も相当な警戒モードに入ると思う。

  • 原油価格下がらんどころか上がったな

    バイデンも岸田も、いらんところで「危機管理」の石油使ったな。。韓国は追従するだろうが、果たして中国は。。。

  • 今月もブルベアで目標金額達成♪

    12月14日〜15日のFOMCでは、「2022年利上げ」は排除できないだろうから、これから徐々に下がり傾向なんじゃないかという気がします。

    選挙も政策発表も終わって「上げ要因」は出尽くした感ある。
    日本は感染拡大リスクが抑え込めても世界的にはどうやら再流行しそうだし、総じて「下げ要因」のほうが多そう。

  • >>No. 545

    きのうの日経の下げは、米株というよりヨーロッパのロックダウンが要因。。との話も。

    アメリカでも感染者が増えてそんな議論になると日経も結構なダメージ受けそうなので注意が必要な気がします。

    ただ、今のところアメリカの感染者は一定で(反ワクチン派が多い南部が寒くないからですかね)、原油価格が下がってるので、一旦、日経は上げる気もしています。
    そのあとは感謝祭が終わる頃から一気に増えそうかなという感じがします。

  • 土壇場にベアを利確してブル投入。

    あすの経済対策は、軟調に終わるかもしれないが、
    懸念の金融所得税は、「今すぐ」はありえないので、週明けは上げることを期待。。


    アメリカで何もなければ。。。

  • コロナ状況(金出回りすぎてる)は、例年から考えるとそうとう「異常」なことなので、あまりアノマリーに拘りすぎると足元すくわれそう。。

  • >>No. 666

    2023年3月にはアメリカの利上げ議論が深化していて、少なくとも一回は暴落?すると思うので大丈夫かと。

    楽天ブルのように償還日が先送りされる可能性もそれなりにあると思いますし。


    まあ自分は日経28500円になったらベアは消しますが。。。

  • 普段かなり慎重ですが、今週は上がりそうな予感。

    あまり下げ要因が見当たらない。。

    19日の経済対策発表に向けて徐々に情報出てくるだろうし、おそらくそれにあわせて「原油高対策」とかも発表されるんじゃないですかね。


    アメリカから「利上げ砲」でもとんでくれば別ですがいきなり触れることはないだろうし。

    みなさんのお考えはいかがでしょうか。

  • >>No. 658

    楽天ベア版に、「ここ半年予想通り」と軽く自慢しつつ、「調整で下がる可能性高いので5000万入れました」と言ってる人がいました。

    投稿は水曜日で、その後日経平均は上昇。
    今どんな気分なのかすごく気になります。。

    他山の石として学びましょう。
    ブルベアは、難しいし、フルスイングするものではないと。

  • no.2094の方がどうなっているのか気になる。。

    生きてるか。。?

  • >>No. 373

    「自分が海外の投資家だったら」と考えると、日本の立ち位置が客観的に見れますね。

    アメリカがあって、中国があって、東南アジアがあってアフリカがあって、まあ日本もある。

    「さあ今後経済成長が見込まれるのは?」と尋ねられた時に「日本」と答える人は少ないでしょう。
    残念ながら。

    選挙もあって株価は伸びましたが、本当の意味での成長は程遠く、海外勢から見切られるのではと、自分の中では想定しています。

    11月は政権発足で伸びますが、12月は寒くなって他国同様、コロナが増えてそれとともに警戒感も強まるのではと思います。


    ちなみに中国は国民性からか、毎年、年末年始に株価爆上がりしてますね。
    2月には北京五輪もあるので、政府も下手は打たないでしょう。

    海外勢が日本を離れるのは時間の問題かなと思います。

  • >>No. 954

    この投信で大事なのは「利益はすぐには出ない」「数ヶ月後にもらえる」と頭で想定しておくことです。

    米株は今ご存知の通り、高値水準です。

    おそらく今後下げ傾向になるので「含み損」が発生し、分配金も「自分の金が返ってくる」という状態になると思います。


    が、放っておけば持ってる分の価額が下がっていくのでいずれ利益が出せます。

    一番悪いケースは「思ってたのと違う!」「分配金、もらえないじゃねぇか!」と、損切りをしてしまうことです。
    これをすると本当に損が出ますのでご注意下さい。

本文はここまでです このページの先頭へ