IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (522コメント)

  • ipsNKTにつき

    この医師主導治験の主目的は、安全性の確認でありますが、有効性についても期待を持って臨みたいとコメントがありました。

    ブライトパス通信からの抜粋ですが有効性についてもポジティブな経過観察が発表される可能性があります。楽しみに待ちましょう。

  • 以前致しました質問にご返信頂きましたので皆様と共有致します。

    平素よりご支援賜り厚く御礼申し上げます。
    この度は、弊社ウェブサイトよりお問い合わせいただき、誠にありがとうございました。
    当社の優位性に関する質問をいただきまして、ご回答が大変遅くなってしまい申し訳ございませんでした。
    以下のとおり回答いたします。

    優位性は、がんワクチンにおいては、①タンパク質、ペプチド、mRNA、DNA等様々なモノの形態(モダリティ)がある中で、創業以来取り扱ってきた「ペプチド」という一つのモダリティの反応性や製造法等に習熟していることと、②次世代のがんワクチンとなる「完全個別化ネオアンチゲンワクチン」の開発に必要となる、患者一人ひとりに合ったワクチン配列を予測するアルゴリズムを構築できていることがあげられます。
    細胞医薬においては、①世界で唯一、iPS細胞から作製したNKT細胞をプラットフォームとして展開できることと、②CAR-T製造プロセスにおいて、体内で優れた性能を発揮すると考えられているメモリー型T細胞を効率的に製造する仕組みを構築していることが特徴です。
    抗体医薬に関しては、PD-1/PD-L1に次ぐ次世代免疫チェックポイントに抗体を結合させたときに起こる複雑に入り混じる反応の中から、がん細胞の殺傷につながる免疫(がん免疫)反応を適切に見出して評価する系を有しており、それによって効果的ながん免疫抗体を次々と創製できることが特徴になります。

    以上、どうぞよろしくお願い申し上げます。

    -----------------------------------------------
    【お問合せ内容】
    免疫療法の将来におけるマーケットの優位性などは会社説明会等からも良く分かりました。
    唯、世界に数多ある創薬ベンチャー企業と比較した際の御社が持つ優位性につきましては今一つ分かりません。
    その優位性が将来へのビジョンに繋がると思いますので教えて下さい。どうかよろしくお願い致します。

    -----------------------------------------------

    ブライトパス・バイオ株式会社
    IR担当

    とてもご丁寧にご返信頂けました。今後も応援していく所存です😃

  • 科学や医療の分野と言うのは階段を一歩づつ登る様ではなく、ある一点を超えるとブレイクするものだと思います。今回のコロナもある意味ではそのモデルに当てはまります。社会学で100匹目の猿現象と言われるものが医療の分野に於いても起こると自分は考えます。皆がある考えや方法を共有し、それが一定数に達すると実際にその事象が他の場所でも連続的に起こると言うものです。
    その為には免疫療法がもっと社会に浸透し、認知される事がとても重要です。
    コロナがそのきっかけになると思われます。いつの時代も危機ののちに科学の発展はあります。

  • 2021はips元年に。コロナで俄然注目されます。工業の分野では3Dプリンタが大分認知せれて来ましたが医療ではips細胞が万能性を示します。会社説明会で社長が説明されていた癌治療における50年サイクルは投資時期が何時なのかを如実に語っているのではないでしょうか。これぞ投資の醍醐味と思えるような年になるよう期待しましょう☺️

  • ニューズウィークの記事でコロナがもたらした地殻変動後の世界の中に癌治療の進歩に伴う寿命の延長が入っていますね。やはり長期投資には非常に面白い銘柄です。必ず資金は流れてきます。

  • [ お問合せ内容 ]
    微力ではありますが御社の事業内容に賛同し投資をしている者です。
    免疫療法の将来におけるマーケットの優位性などは会社説明会等からも良く分かりました。
    唯、世界に数多ある創薬ベンチャー企業と比較した際の御社が持つ優位性につきましては今一つ分かりません。
    その優位性が将来へのビジョンに繋がると思いますので教えて下さい。どうかよろしくお願い致します。

    本日このような質問をしてみました。
    返信有りましたら又お知らせします。

  • 7月31ブライトパス通信をもう一度観てみましょう。最近の世界での報告に実に合っていますよ。今年中に何か進捗有るでしょう。

  • 今年最後の村上春樹さんのラジオゲストに山中伸弥教授が出演します。
    最近よく免疫学の話を記事で見かける様に成りましたよね。

    この人選は村上春樹さん自身によるものだそうです。話の内容が楽しみですね。

  • 個人向け説明会をきちんと観た人にとっては来年は本当に楽しみな年になりそうですね。次々と臨床入り、またGRN1201、2相試験ステージ1の結果データが出て参ります。当然それと並行しながらipsNKTも次々と治験に入る訳です。
    ネオアンチゲンにつきましても先日PRが出ました。撒いた種が徐々に発芽してきました。収穫は当然まだまだ先。この成長過程が投資どころです。

  • すぐに儲けられると考えた人が売ってますか?
    階段は登っているのですから気にせず買って行きましょう。頭としっぽは、、といいますから美味しい所だけ取れれば全く問題はありません🎵

  • 松下幸之助は物事をジャッジする際、6割りの成功可能性があれば実行していたそうです。
    この世に確実なことなど有りませんが投資するに安心出来る時にはもう遅いと言うことですね。
    成功者のマインドとはこの様にいつもリスクをとるタイミングで意思決定しています。

  • 千葉大のホームページにもまだまだ先は長いと出ております。

    さて、ここのコロナに関する同定ニュースですが僕は結構大切なニュースだと思っています。ウィルスとはタンパク質ですからそれが同定出来たという事は敵の形が判ったという事になります。全てはそこからです。ペストさえ未だワクチンはありません。それがこんな短時間で出来る訳がない。
    少しずつ包囲網を狭めて行く助けには当然なります。この件に関してもそのうち何か進捗は発表されるでしょう。

  • 頭頸部は光免疫でも難しい領域。
    NKTに関しては千葉大は約40年も研究してきているパイオニア。
    物凄い一歩なのに市場は気付いていない。今のうちがチャンス、、

  • 作戦、ガンガン行こうぜに変更‼️
    3回の投与は無事終了。素晴らしい。
    治験者の方はまだ50代。応援します。

  • 癌免疫療法に期待するか否かと言う簡単な銘柄ですけどね。説明会動画で社長が言っておりましたが投資家の皆さんからお預かりした資金の使い道は免疫療法に、と言うのは当然と言えば当然です。
    漠然としたイメージですが人類医学は免疫療法、個別療法に向かっていると思いますけどね。
    株式投資は自分にストーリーが無いと辛くなるだけです。期待してます。

  • 会社説明会で新規会員募った。
    株とは皆が要らない時に買い欲しがる時に売るゲームだ。
    社長優しいなー😃この数ヶ月で買ってる人にとっては200も100も大した違いは無い。株は全て買うタイミングと資金力。

  • アンジェスも124あったんですね。
    2008から2011までコツコツ集めた人が結局は勝ちましたねー🎵

  • 美味しいパン作りには長時間低温発酵が必要です🥖

  • 利益確定した利益で含み損銘柄のナンピンをする。これぞ複利の効果。
    たいていの株本では禁じ手とされています😃

本文はここまでです このページの先頭へ