ここから本文です

投稿コメント一覧 (229コメント)

  •  前経営者の大脇氏の無能さの為、医療ビジネスの成長性が理解できず、医療ビジネス部門でおくれを取っていたようですが、新経営者になったことで期待が出てきました。
     大脇氏の管理会社がキュアリサーチ社の株を取得、自ら役員に潜り込んでいますが、まずは、一日も早く、旧キュアリサーチ社に対する法的手続きを速やかに着手することでしょう。がんばれ新経営陣!

  • 臨時株主総会、本日を含め3日後ですね。日曜日が楽しみですね。

  • BTホールディングの鈴木氏と株式会社木村建設の木村氏が連名で発表された、本日のご報告内容を見ますと、ダイアモンド社の記者さんと東京アウトローズの編集長はきちんとお二方、および五洋インテックスの株主に対して詫びを入れないといけませんね。

  •  BTホールディングのスコース(株)さんのホームページに、中島氏が役員候補から外された理由がついに掲載されましたね。
     私は臨時株主総会主催側に賛同する意思を持っていましたが、どちらに投票するかの最終的判断は、臨時株主総会に出席して、中島氏が外された理由を聞いてからにしようと思っていました。しかし、本日のスコースさんのホームページに掲載された内容を見て、なんと中島氏が卑劣な人間であるかが理解できました。そんなこともわからず、顧問に招聘する無能な大脇氏は社長の器でないことが改めて分かりました。当日は臨時株主総会主催側に私の持ち株を入れます。ちなみに人を見る目がある母はすでに保有株の委任状を大脇氏解任賛成で臨時株主招集側に提出しています。

  • 大脇社長へ
    下記の投稿、そう思わないが9ポイントですので、やはり、このサイトの投稿者の間では新東京グループとの資本提携はしていただきたくないみたいですね。残念でしたね。

  • 大脇社長へ、
    4月12日に株式会社新東京グループとの業務提携をされましたが、その後具合的な進展はありましたか?もし今後も上記会社と積極的に業務展開を進められるならば、いっそのこと資本提携もされてはいかがですか?そうすることで株価にはプラス材料ですから、社長の株は上がりますよ。例の二人組が回るよりも効果があると思いますけれどね。
    一日も早く上記会社との具体的な進捗状況の発表をお持ちしています。
    また、新東京グループさんと今回臨時株主総会を招集された、BTホールディングさんや鈴木建設さんとは業務で関連性があるように見えますので、今後もお互いに良い関係で居られるといいかもしれませんね。私は小株主ですが、五洋インテックスが発展するならば応援します。

  •  会社側から届いた最終的な『重要なお知らせ』の中に、『疑惑のある取引に目を光らせている証券監視委員会(SESC)が、当社のある株主に問い合わせをしているという。』という項目がありますが、仮にそうだとしたらSESCは極秘に調査しているのですから、そのようなことを御社に伝えるはずはありませんね。
     また、仮にそうだとして、誰がその対象となるかと考えますと、会社側、臨時株主招集側双方に可能性がありますが、そこで、臨時株主側としたら、その情報は会社に伝わるはずもないですから、その可能性は無です。会社側関係者への問い合わせでしたら、臨時株主招集側がすでに調査依頼をSESCにしていますので、その可能性はあります。
     しかし、そのような極秘調査があったことを、このように掲載してもよいのでしょうか?
    またその事実がないならば会社側は株主向けに誤った『重要情報のお知らせ』を意図的、作為的に郵送したことになります。大丈夫でしょうか?大脇社長!

  • >>No. 319

    例の二人組がまだ私の遠く知人のところまで、委任状集めに出向いているところを見ると、会社側に賛同する人が少ないということですね。過半数を得ていたら、今日の早朝に回る必要はないからね。お疲れ様!

  • 何が理由でこの2人組は必死になって委任状集めをしているのでしょうね。いずれその理由はわかると思います。臨時株主総会ではっきりするでしょう。ダイアモンド社さんや東京アウトローズさん!臨時株主総会後に訂正文を掲載する用意をしていた方が良いと思いますよ>

  • また本日早朝、私の友人の所に、例の2人組が委任状目当てにやってきたようです。友人は呆れていました。会社側と云いますか、この2人組はかなり焦っているようですね。

  • 臨時株主総会の開催まであと4日ですね。楽しみですね。もう一度ここで今回の臨時株主総会の主催者は誰かと云うことをはっきりさせておきましょうね。それは、今回の臨時株主総会の開催を請求された方たちです。これは裁判所が認めたものですよ。大脇さん、お分かりですか?

  • 先ほど、臨時株主総会を開催する側のBTホールディングのスコース株式会社のホームページに委任状の件数が出ていましたね。
    現在、臨時株主総会を開催する側の趣旨に賛同する株主数は414名、株数は1,108,594株となったと報告がありましたね。すでに過半数を獲得しています。
    後数日ありますが、最終的にはどのくらいまで増加するか見ものですね。

  • 会社からの『重要情報のお知らせ』を先ほど私の家にも来ましたので見ましたが、相当会社側は焦っていますね。でも、大脇氏はまだわからないのですかね。プロシキファイターの会社から、こうすれば委任状を獲得することが出来ますと言われ、それを鵜呑みにして、お金をむしり取られているのでしょうね。かわいそうな方です。それを焚きつけているのは誰?Eファンド?L機関?F証券?罪な方たちです。それに乗せられた五流雑誌の編集長?もまた哀れな方たちです。

  • 大脇社長へ、まず委任状争奪争いに勝つには、まず自分の非を認めることです。第一歩はここから始まります。そしてどのような経営方針で今後御社を立て直すのか、まず自分の頭でじっくり考えなさい。人に頼るのはそのあとです。それには過去の赤字がどこに起因していたのかじっくり時間を掛けて検討することです。まずそれをはっきり把握することです。そしてどのように建て直せばいいのか、考えなさい。カーテン事業だけで今後やっていけるのか?そのためにはどうすればいいのか?カーテン事業だけで100億以上の売り上げを計上できるものなのか?真剣に考えなさい。

    上場企業で100億以上の売り上げをいつの日か達成する気がなくて社長の器とは言えません。今度新しく五洋インテックスを再生する役員に選ばれた方にはぜひ100億円以上の売上に成れるように努力してください。検討を祈っています。

  • 下記のOSKAさんの、会社からの『重要情報のお知らせ』を見ましたが、五洋インテックス、会社側はよくもまあ、このダイアモンド社の記事を参考に株主から委任状を集めようとしていますね。
    今回、一連の委任状争奪争いの経緯を注意深く見てきましたが、12期赤字であったことに関しては社長は一切詫びを入れず、あろうことか、問題提議された過去の会計処理について、会社側は不適切な会計処理の原因が田久保氏のように言っていますが、誤った会計処理は会計事務所が行ったのではありませんか?つまり会社の監査役の落ち度でもあり、すべての責任は社長にあります。そのことは棚に上げて田久保氏一人に責任を押し付けて、臨時株主総会の争点をひたすら隠しているように見えますね。
    本来、今回のような委任状争奪争いになったのは、誰の目から見ても社長の12期の赤字路線が原因です。よく考えてください。特にダイアモンド社の記者さんへ。

  • 中島さんと顧問契約をしたことは、今回、五洋インテックスから来たお手紙の中に明記されています。しかし先ほども疑問に思っていたのですが、なぜ、具体的に五洋インテックスの経営の改善を立案している人なのに、その方の経歴を記載したニュースを五洋インテックスのホームページに掲載されないのでしょうか?ダイアモンド社さん、東京アウトローズさんその理由は調査されていましたか?
    五洋インテックスの大脇氏やその役員では、無理な経営の立案を、中島氏が立案したから、顧問に招聘したのでしょう。それならばニュースで経歴を掲載したらいかがですか?
    立石照雄氏だけニュースで掲載し、中島幹裕氏だけ掲載しないのは中島さんに失礼ではありませんか?何か掲載できないわけでもあるのですか?

  • 中島さんって、何か会社の倶楽部活動の顧問なのかな?それならば、ニュースには出さないかな? でも私の知り合いの所に名刺を持ってきていますから、なぜかな?あっそうか、何かの選手としてスカウトしに来られたのかな?

  • 五洋インテックスのニュース欄を見て疑問なことがあります。今度顧問に招聘された立石照雄氏はニュースで紹介されていますのに、なぜ中島幹裕氏はニュースで顧問招聘として紹介されていないのでしょうか。
    五洋インテックスでは顧問にランクでもあるのでしょうか?何か未だコンプライアンスがしっかり機能していないのでしょうか?

  • 臨時株主総会まであと5日ですね。待ち遠しいです。

  • それと五洋インテックスに送られてきた怪文書は捨ててはだめですよ。誰が送ってきたものなんか?調査されると思いますから。匿名と云えども、犯罪ならば、警察に提出して筆跡鑑定、パソコンならば印字鑑定もすべきでしょうね。私が役員ならば即お願いしますが、今度の役員さんたちはどんな方なのでしょうかね。寛大な方ならいいですね。

本文はここまでです このページの先頭へ