IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1912コメント)

  • 金融行政が?
    現在と将来で判断するか?
    過去の経緯を重要視するか?
    楽しみです?
    この会社の最申請の結果で今後の日本の金融市場の全ては見えてきます?
    資源を持てぬ国が金融の世界でも資源を持つことが許されないなら何も変わらないでしょう?

    地球の東の小さな島国で歴史に消えるか?
    アインシュタインの先見性を現実にするのか?
    相場は、円高?資源高?に振れました。
    ドル安?ユーロ安?
    日銀が円安に誘導すれど?変わりません?
    実力勝負が国際金融市場です!

    変わりたくても変われない?
    では市場も変わりたいのに?許さないのか?

    日本のサッカーを見てるとよくわかります?
    優勝か?予選突破か?
    日銀総裁に外国人を採用する動きがありましたが?同じです?
    優勝を目指しているのでしょうか?名声が欲しいのでしょうか?

  • No.68266

    まな板鯉?

    2013/06/22 16:51

    株主総会は何もありません。御指摘には全てご指示どうり対応致しました。判断するのは金融官庁です。これでダメなら憲法改正なければ上場廃止です。金相場の低迷要因は急速な上昇のリスク回避のヘッジ売りです。プラザ合意以後の金山会社のリスク回避のヘッジ売りがどれだけ溜まっていたか想像すれば自然な相場です、超長期の金先物と現物の調整と米ドル為替相場の調整が終われば、インフレ相場です。日本が中華の属国を目指すなら上場廃止でしょう!
    日本がだめなら、米国はじめ外国株式市場に舞台が変わります。TPPとはそういうことです。
    ちなみに3D映像の現物を日本に紹介した人物も同様の非難の修羅場におります。変な国ですね?

  • TPPに参加することで個人の米国内の株式売買も可能になると聞きましたが?
    翻訳ソフトを活用したインターネット取引が可能ですが?
    自宅やTabで米国やカナダの株式売買のサービスを直接受けられるようなるのでしょうか?
    米国やカナダにはシードビジネスや資源開発企業等々、日本にない投資市場先の魅力的な企業が沢山あります。楽しみです。

  • >>No. 68296

    このプラザ合意以降の世界中の金山会社のヘッジ取り引きのつなぎ融資の山を減らすために、意図的に金価格は抑えられおります。隠し通せなかったようです。この世界中の破産状態の金山会社群を捨て値で拾い集めて世界一の金山会社となるのがジパングの挑戦です。そのための株式上場なのです。もう日本の投資家しか残っておりません。米ドルを支える円高が進み、更なる為替大バーゲンセールの始まりです。全てはジパングの計画道りに進んでおります。神の見えざる手によるものか?
    世界中の先進国が禁じ手の中央銀行による国債無期限購入の実行中です。裏付けのない紙幣はただの紙です。歴史が証明する世界中の人々の共通する価値は金です。実態のない貨幣経済の崩壊を救う価値は、歴史の価値の物差しである金だけです。

  • おめでとうございます。企業統制と社会奉仕活動の実行まで表現するとはおもいませんでした?
    中国経済も米国経済同様の不動産不良債権の薄濁処理は同じようです。益々、実物資産の時代です。

  • 企業統制の報告書まで指摘されているとは思いませんでした?
    米国の統制経済に従わないジパングは嫌われてますね?
    日本の兜町は米国益共産主義に支配されてますので苦難の連続ですね?
    今回の都議選の米国共産党躍進も参議院世論調査の米国共産党大躍進もその証明です。
    米国と中国は固定為替ですので経済的一蓮托生です。
    中国が政治的には独立国でも経済的には米国の保護国であることが全ての問題解決の前提であることを忘れないことです・
    中国経済も米国・欧州経済同様の不動産不良債権の薄濁処理は同じようです。
    益々、実物資産の時代です。
    今秋、米国不良債権処理の終盤、欧州の不良債権処理の山場、中国不良債権の開始です。
    経済力の保証がなくなり、軍事力保証も意味が失いつつある世界で、
    貨幣=価値は何が補填することになるのでしょう。
    今の世の中、国債を1千数百着兆える意味は一千数百兆の現金を保有しているのと同等です。
    国債を中央銀行が無制限に購入する意味とは法律上、現金をいくらでも放出できる意味です。
    それを証明するのが人類最高の発明の複式簿記です。
    米国も欧州も中国も黙っていても同様の対策を積極的に実行してます。します。するのです。
    支配者が滅んでも隣人が消滅しても地球上の人間が認める最も価値ある物質は金です。
    20世紀の共産主義と資本主義の勝負はおわりました。
    次のイデオロギーの創出までは金が価値を守ります。子孫のために金を備蓄してください。

  • 2013/07/07 13:34

    IRに記載されてますが、有価証券報告書提出も(予定:平成25 年6月28 日)どうりなら、申請日も(予定:平成25 年7月10 日)のはずです。予定どうりですので心配ありません。その後です?

  • 英国へのオンラインカジノへの資金還流を堰き止めるために米国もオンラインカジノ・ゲーム解禁です。ブローカー決済は、悪の温床になるのでインターネットを通じた個人間で決済できるシステムの開発が求められてます。指紋や暗証認証するなど、リアルカジノでの課金・換金システムの開発応用
    期待してます。米国も世界中の娯楽産業の急速な潮流には逆らえないようです。ソフトバンクグループは今回の米国のM&Aが大きな布石です。これで先進諸国の富と二大巨大人口国に足場を得ました。リアルカジノのより、遥かに大きな市場です。日本はようやくカジノ法案成立?の段階です。アニメもコンテンツも世界一なのに、文化資源をいつまで温存するのでしょうか?

  • >>No. 1881290

    カジノ法案成立したらハウステンポスにカジノをオープンするため、公海上のカジノをオープンしてノウハウを蓄積してます。カジノ関連銘柄では観光立国を目指す観光関連銘柄としてHISグループは先頭を走ってます。フジサンケイグループもお台場のフジTVの隣接地が誘致候補地ですので一大エンターテイメントエリアとして開発を考えているようです。昔ながらのスロトルマシンやトランプゲーム良いですが、公開カジノは特区エリアからからでしたら観光スポットや娯楽施設隣接する滞在型のルームカジノのオンラインゲームも回遊性が高いので流行ると思います。世界中の金持ちを日本に招いて沢山のお金を落としてもらう努力する時代です。

  • No.68843

    強く買いたい

    許容範囲ですね?

    2013/07/09 19:17

    東証は自民党と同じですね?
    米国進駐軍が刷り込んだ資本共産主義の官僚主義の時代です。参議院選挙でも共産党が大躍進することでしょう?松藤は戦い続けるので安心しました。TPPが守ってくれると思います。廃藩置県もTPPの理想も同じです。近々、TPP行政が日本的官僚主義を打破してくれることでしょう。日本にこだわることなく世界中の証券市場への上場申請にチャレンジ願います。自民党は徳川幕府と同じなのがよくわかりました。

  • No.69362

    3Dの会社

    2013/07/12 18:22

    日本で最初に3Dに投資した会社も規制と官僚の虐めで死ぬ寸前です。世界スタンダードを「俺は聞いていない」と否定する国です。参議院選挙は盛りあがておりません。自民党が圧勝して徴兵制と移民による国益拡大を図ります。共産党が躍進する理由は日本国民の抵抗です。愛国の志士は少数です。尊皇攘夷が尊王開国変わった理由しってますか?

  • 円トレードの解消と資産購入の縮小により通過の逆流がはじまりました。円高ドル安、ドル高他通貨安により米ドルは米国内に溢れだします。。放置するとハイパーインフレにが発生するのでドル需要を創出しなければなりません。FRBはドルのバラマキは出来ても奪うことなどできません。バーナンキさんは逃げ出したい気分です?突然、移民法を大改正して権利受益者1100万人のドル市場を創出しました。特に、高額所得エリート移民やピザ緩和による取り込みはドル需要のカンフル剤です。将来の税収も増え、一石二鳥です。バブル破裂のドル固定制の中国元を刷りまくる共産国を黙認します。共産主義は管理経済です。シャドーバンクを許すことなどありません。コントロール不能と嘘吹くだけです。外貨準備高を急増させることで米ドル市場の拡大安定に貢献し、経済構造改革に挑戦します。ユーロも同様です。新規加盟国分のユーロ市場が創出されます。加盟も移民も同じです。ジパング米国が上場して、米ドルを吸い上げたら世界平和貢献です。ジパング・カナダ、ジパング・中南米、ジパング・オセアニア、ジパング・アフリカ、ジパング・アジア、ジパング・ロシア、等々?
    世界中の現場を見て、運営方法を知る強みを生かせるジパングは世界中から歓迎されます。バーナンキさんのクシャミで、世界中の金利と為替が踊り、世界中の政治家が慌てるほど、紙幣やデジタル貨幣は滞留してます。信用経済復活には共通価値による避難しかありません。

  • 日本も個人的なオンラインカジノは流行っているようですが?
    英国のオンラインカジノ上で日本の課金ゲームが遊べるようになるのでしょうか?
    規制の届かないオンラインゲームの世界はどう変貌するのでしょうか?

  • 米国の地方債の信用不安による債券市場の下落は、安全資産への逃避を意味します。株式市場は不安定市場ですので実物資産である不動産や商品市場に回避します。金の反発が証明してます。デトロイト市の破綻は氷山の一角と見られてます。現役・引退した地方官僚の生活を支えるには税収増しかありません。税収増加の可能性のない自治体は、世界中同じ運命です。税収に見合わない行政役人を抱えている自治体は世界中に数え切れません。ギリシャもそうでした。北海道夕張市も同じです。日本も同じ道を歩んでます。役人を減らすことは官僚主導の行政では不可能です。税収が減ったら年金を減額して役人を減らして小さな行政組織にする。これが世界中で最も困難なことです。アベノミックスは反対の動きです?米国は株式市場より商品市場に資金はより多く逃避しております。株式市場はわがままですが?債券市場は頑固です?コントロールできなければ逆走します。暴れ馬の手綱を絞りきれますか?債券市場から流れ出る資金を吸収する市場が次の役者です。

  • ウクライナがロシアの債務支払い拒否!デフォルト?IMFの追加融資は、IMF意向に沿わなければ拒否とは?ウクライナへ先進各国が融資した資金はどうなるのか?
    IF国の石油密売ルートへのT国の関与が本当なら安保理制裁?トリコのロシア産ガスのパイプラインは、ヨーロッパの冬を越すのに不可欠?

  • 新年早々、プエルトリコのデフォルトに続きウクライナもデフォルトした。日本が支援した1500億円返して貰えるのでしょうか?サウジアラビアは、原油暴落の国内経済麻痺をイランとの宗派対立に置き換えようとしています。イランからの攻撃でも待っているのでしょうか?スンニ派とシーア派の二大宗派対立がイスラム教圏で拡大したら、中東~北アフリカ全域のいたるところで大混乱が発生するのではないでしょうか?

  • 「ソビエト共産党と同じ末路からどう回避するか?」
     中国経済は何が何だかさっぱり分からなくなってきた。
    いたるところで債券の債務不履行が発生し始めてその対応が見えないのだ。
    この12月に入って立て続けに大手の会社が債券の元本も利息も払えなくなった。
    河南三力炭素製品公司50億円、その他2社で40億円規模だ。
    すでに15年度には16件の債務不履行が発生しており11月には中国第7位のセメント会社が1328億円の支払い不能に陥っていた。

     中国の場合は日本のように明確な倒産基準がなく、たとえ債務不履行になっても何となく操業を続けていたりするので、倒産したかしないかさっぱり分からないのだが、日本や世界標準から見ると国営企業も民間企業もとうとう倒産のオンパレードになっている。
    中国の場合は従来は債券の債務不履行が発生すると地方政府が出張ってきて、国有銀行からの融資を強制的にさせて債務不履行を解消してきた。
    「少し遅れたが払ったんだからいいだろう」という態度で、企業も債務不履行に陥ったことなどすっかり忘れて再び増産に走るのが常だった。
    こうした企業は本来はゾンビ企業だが中国の標準では通常の会社の扱いで、したがって銀行の融資金は正常債権の扱いになる。

    注)国営企業が倒産をはじめたことは前にも記載してある。
    http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/ppppp-a5df.html

     簡単に言えば国有企業や地方政府がバックについている企業は最終的には支払いがされるので債権者側は何か落ち着いていて「まあ、そのうちに支払いがあります」という態度だった。
    しかしここに来てそうといっていられない事態が発生している。
    それは中国兵器装備集団というれっきとした国有企業の子会社が債務不履行に陥った時に地方政府が救済に乗り出さなかったからである。
    これには債権者側が驚いた。
    地方政府はこちらはこちらで債務の山を築いており、全国の地方政府の負債は400兆円から600兆円規模にまで膨れ上がっている。
    地方政府は自分のことが精一杯で他人のことなど構っていられないというのが実態だ。

  • 「日本の安心安全ニーズは、中東から米国原油輸入へかわるのかな?サウジの裸の王様は、アジア市場を市場経済相場から官政管理相場へ操縦する予定?米国の思惑どうりの展開?サウジアラビア王政独裁崩壊へカウントダウンか?」

    ロンドンのICEフューチャーズ・ヨーロッパでは、モスクワ時間で6日13時40分の時点で、ブレント原油先物2月限の価格が1バレル=34.91ドルとなり、2004年7月以来の安値となった。
    ニューヨーク商品取引所では、同じくモスクワ時間で6日13時40分の時点で、2月受け渡しのWTI原油の相場が、1.06ドル安(2.95パーセント安)の1バレル=34.91ドルとなった。


    サウジアラビアの国営石油会社アラムコは「アジア諸国の消費者向け、2月の原油卸値を引き上げる」と発表した。
    1バレルあたりサウジ原油は60セント引き上げられた。これでサウジによる、アジア市場向け原油価格の引き上げは、2ヶ月連続となった。アジアは、ペルシャ湾岸諸国にとって鍵を握る重要な市場である。サウジの原油輸出量の約60%、イランの輸出量のおよそ90%が、アジア向けだ。
    一方欧州市場向けには、サウジアラビアは、原油価格を60セント下げた。北海ブレントに対し$4,85安く自国の原油を販売する考えだ。そうしたことからブレント原油の相場は下がり始め、すでに1バレル37ドル以下で取引されている。

  • 正月明け4日でダウ平均株価は5%の911ポイントダウン。1月4日の朝、取引開始からダウ平均株価は2.5%の450ポイント下落。S&P500は2.1%ダウンした。ブルームバーグの調査では、取引開始初日に最も大きな下落を経験したのは世界恐慌のさなかの1932年に6.9%。これに続くのが2001年の2.8%でこのときは2000年のバブル崩壊が影響した。2016年の初日の下落は、下落の大きさでは史上3番目となったが、4日間でダウ平均株価の下落は今までの記録を塗り替えてしまった。
    ナスダックは4日から7日の間に6%下落した。この数値は2000年以来最悪。

本文はここまでです このページの先頭へ