IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (4コメント)

  • >>No. 270

    << 前のニュースへ
    好調継続の中小型株、22年3月期【連続増益】リスト〔第1弾〕 <成長株特集>
    特企
    2021/06/24 19:40

     「成長株特集」では3月期決算企業の本決算発表が出そろってから、これまで22年3月期に最高益を見込む企業にスポットライトを当てて特集記事を配信してきた。今回は最高益リストからは外れたものの、22年3月期に好業績が続く見通しを示している成長企業を探ってみた。

     下表では、時価総額300億円以上3000億円未満の企業(最高益銘柄を除く)の中から、(1)22年3月期の経常利益が2ケタ成長かつ連続増益を見込む、(2)22年3月期の売上高が増加する見通し、といった条件を満たした33社を選び出し、増益率が大きい順に並べた。

     増益率トップとなったのは神戸製鋼所 <5406> 。22年3月期は自動車向けを中心に鉄鋼の販売数量が回復するうえ、原料価格上昇などで在庫評価も好転し、経常利益は前期比2.8倍の450億円に急拡大する見通しだ。2位に入ったアルミ加工メーカー大手のUACJ <5741> は海外を中心に缶材や自動車関連材の需要を取り込むことに加え、アルミ地金価格の上昇に伴う棚卸評価関係の好転やタイ子会社の業績改善なども利益を押し上げる。

     3位にリスト入りしたアルミ電解コンデンサー最大手、日本ケミコン <6997> の今期経常利益は前期比2.6倍の54億円に拡大する見通しを示している。最重要戦略市場に位置づける車載、ICT、産業機器市場向けに、付加価値の高い導電性高分子タイプやハイブリッドタイプの販売拡大を見込むほか、固定費削減や生産性向上といった構造改革を継続することも大幅増益に貢献する。

     続く4位ヨロズ <7294> の今期経常利益は前期比2.3倍の33億円に膨らむ計画だ。新型コロナウイルス感染拡大の影響で落ち込んだ自動車生産が回復に向かうなか、サスペンション部品などの販売が伸びる。また、前期にコロナ禍の影響で25億円の営業赤字に沈んだ米州部門は、販売増加と合理化効果で黒字転換を目指す。

     選出リストには、自動車市場の回復を受けて業績改善が続く企業が目立つ。ホンダ系自動車部品メーカーの武蔵精密工業 <7220> とエフ・シー・シー <7296> 、自動車電装部品の大手メーカーであるミツバ <7280> 、自動車用オイルシール最大手のNOK <7240> 、カーナビゲーションやカーオーディオを展開するJVCケンウッド <6632> 、自動車用緩衝器で世界大手のKYB <7242> 、独立系自動車用プレス部品メーカーの東プレ <5975> などがリスト入りしている。

  • >>No. 244

    1000円は今月中にいくと思います!

本文はここまでです このページの先頭へ