IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2018コメント)

  • ipsでブロモクリプチンが家族性アルツハイマー病に効いた
    というニュースに飛びついて7/1に買いました。
    まったく反応してないですね。
    俺なにか勘違いしてるのかな。

  • 大手に食われなきゃそれでいい。
    自分の職種は年齢的に20年後までは確実に働けるので
    20年後に実を結んでいればそれでいい。

    今はパイロットプラントでいかに早く利益を出すかより
    スケールアップ、コスト、生産性のデータをきちんとそろえて
    本プラント稼働の早期実現が大事。

    その過程で様々な製品が生産されると思うが
    高機能フィルム向けの樹脂ペレットなんかは特に粒径関係ないんじゃない?
    エンドユーザーの評価段階に入っているものについては
    当然粒径は確定しているはず。
    その辺のデータを先にそろえて、需要が確定しているものから
    先行して本プラントを建設していくのではないだろうか。
    銀行側も様子を見ながら分けて融資ができるので話に乗りやすいだろう。

    不安に感じる人はそもそも需要があるのかというところから不安なのだと思う。
    しかしよく考えてほしい。
    今までナノサイズゼオライトには需要があったがコスト高のために
    商用化が困難であった。
    中村超硬はそれを低コストで実現した。
    この2つから導き出される答えってはっきりしてませんか?
    ゼオールだけでこれ。

    直近で日本ノズル新工場、長い目で見れば、セシウム除去シート、新合金関連がある。
    そう思って私は安心して投資しています。
    自分を例にとると大事なのは20年後の株数と20年後の株価だけ。
    間で下がることは当然ありえますが、気にしません。
    下がって売ってたら投資じゃないでしょ。

  • パイロットプラントに関しては
    ゼオールが未だ販売されていなくとも
    稼働させて生産し積み上げておけば
    貸借対照表でいうところの現金も商品も
    同じ流動資産なので稼働=資産の増加と
    捉えて良いと思います。
    売れるか売れないかわからない物ではなく
    いつかの時点で確実に売れるものですから
    売掛が増えていくイメージです。

  • これは不法投棄防止と書かれていますが
    チャイナのスパイ対策だと思います。
    私のアホヅラもバッチリ映ってるはずです。

  • 今さっき撮影してまいりました。

  • 株主総会において、お一人の方がここでも議論されているものも含め
    多岐にわたり質問し、よどみなく回答したとのこと。

    このことから推察すると
    その方はおそらく会社側からの依頼で打ち合わせの上、質問した。
    会社側は質問されてもいないのに、ここに書かれていることに
    回答するわけにはいきませんから。
    それも含めて、過去のカキコミから考えると会社側はここを見ている。
    質問された方は大株主かあるいは、普段からIRとやり取りされていて
    ここにもカキコミしていてそこそこの株式を持っている方なのではないか
    というのが私の見立てです。
    しらんけど。

  • わたし的には一番問題に思っていた資金調達方法の部分で
    少し安心できたのでホッとしてます。
    第三者割当増資は将来的なTOBのリスクが大きいというか
    大手が実際に狙っているはずです。
    そのためにコンサルと称してTOBを有利に進めるため
    株価を低位に維持することを請け負う会社がある。
    TOBされるとわずかのプレミアしかつかず株主の夢が途絶えることになる。
    しかし銀行融資を考えているとのことなのでその問題は回避できそう。

    しかししかしです
    そのコンサルには決定打となるスキームがあって、
    大手の方からこちらに格別に有利に見える甘言を言って
    業務提携をしようとします。
    そのためには財務状況を確認する必要があるので
    帳簿類を見せてくれと要求します。
    そこでそれを過去にのぼって精査し突っ込みどころを確認。
    人のやることですから調べれば故意でなくとも
    何らかのものは発見できるわけです。
    やがてコンサル手飼いのアングラ経済紙が「不正経理」「粉飾決算」の疑いと
    記事を書きます。

    それが怪しい信用ならないアングラ紙であっても、
    なぜか検証のための第三者委員会を設置することになります。
    おそらく東証審査部か証券取引等監視委員会から一言あるのだと思います。
    それが何を目的としているか。特設注意市場銘柄への指定です。
    その間、融資も受けることができないし、取引先の判断にも影響あるでしょう。
    指定継続まで含めると1年半プラス審査期間合わせて約2年。
    これはきついです。
    そこで大手が自分に有利な条件で手を差し伸べます。
    そこそこの株式を含む資本提携。そうなると社長、経理役員は大手から派遣。
    やがてTOBという流れです。
    このスキームに官が絡んでいるとは思いたくない。
    特設解除を助言するコンサルへの天下りのために協力しているなんてことは
    ないはず。

    というリスクがあるのでご用心という私の妄想。
    個人間の話でもそうなんだけど、甘言はその後に本当の目的が控えてると見ていい。
    「儲け話は100%騙し」と意味はほぼ同じです。

  • 異次元緩和の真意は円安誘導。
    あからさまにすると欧米に叩かれるのでインフレターゲットとか言って
    ごまかしていた。
    起因がなんであれ、黒田総裁の思惑通りであり安倍さんの思惑通り。
    岸田さんの一族には財務省官僚が多いから緊縮財政派。
    物価指数(総合)はまだ2%程度。
    所得低迷により消費が増えない以上、需要>供給という本来の
    インフレの素因とならないので単にエネルギー価格、輸入品価格が上がるのみ。

    おそらく、世界の圧力を受けて原発稼働が前に進むんじゃないだろうか。
    その分の燃料を他に回すために。
    そもそもドイツは侵攻がなくとも、あてがない内に脱原発を進めて
    首が回らない状態になっていた。ロシアのせいにできてほっとしているだろう。
    米国の兵器を大量購入する引き換えにシェールを融通してもらえることに
    なったのだと見ている。
    欧州の兵器を総入れ替えできるのも加えて米国は笑いが止まらんね。
    筋書き通りだろね。
    景気冷え込みとか言ってるけど相場を乱高下させて儲ける連中の戯言。

  • ここ下げてもIRで必ず騰げてくれるからええわー-
    IRの出し方よくわかってるよな

  • スレを気にすることなく独り言を書ける場に感謝です。

    平均所得を上げるには雇用を増やし売り手市場にするしかありません。
    人手が余っていれば給与を上げなくても人が来ますから。
    そこから考えると円高で海外に流出した製造等の雇用を
    国内に呼び戻すことなら円安を維持することで可能。
    為替は通貨供給量の比率で決まるというか、やがてそこに落ち着きますから
    黒田総裁の大規模緩和維持は正解。
    岸田総理が安倍色を一掃することに拘るあまり、日銀総裁の首をすげかえないか
    それが大きな問題。
    すでに日本社会は超低金利を前提に動いているので市場も大きく反応するはず。

    7月20~21日の日銀金融政策決定会合が直近のリスクとなりうる。
    その後すぐ7月26~27日にはFOMCを控えており、未曽有のインフレで
    さらなる大幅な利上げが予想されている。
    7月10日参院選投開票明けの週が直近の山となり、
    その後リスク回避の売りが続くと思う。
    それが私の見立てです。

    リスクが織り込まれた時点で買いはあり。
    実際に追加利上げが決定しても不透明が明確になる時それはプラス材料になりえる。
    儲けそこなったらどうしようという心理は大負けする要因となる。
    状況を見てというのは心理状態が影響する。
    本来人の心理は騰がったら買いたくなり、下がったら売りたくなる。
    それを避けるには状況をあらかじめ段階的に想定した上で
    機械的に売買を行うのが吉。

  • >>No. 62

    マウンティングですよね。
    人を馬鹿にすることで自分が上にいると安心する。
    自分で納得できる生き方ができてたら人と比較する必要もないし
    人の評価なんて個人の相性とか好みで変わるし
    どんな形でも短所はありつっこめるので気に掛ける意味がない。
    人の評価や嫌われることが気にならなくなれば常に心平穏です。

  • 岸田総理が安倍色を一掃しようとするあまり
    日銀総裁の首をすげかえるとまずいと思う。
    今、日本の社会は超低金利を前提に動いている。
    ここは材料があるので一定水準で買いが入り心配はしていないが
    相場に連動する銘柄については大きく反応するはず。
    7/20の金融政策決定会合が当面のリスクになる。
    7/10の参院選投開票日明けあたりが一つの山になるのではないだろうか。
    マスコミの円安攻めを本気にしなければいいんだけど。
    わけもわからず叩いてるだけなのにな。

  • 買い下がりの売り上がりで出た利益で恩株を着実に増やしていく。
    ここはそれができる銘柄。

  • 1ヶ月もしないうちに「サル痘ワクチン開発を検討」IR出るに1票。
    それを出さずしてアンジェスにあらず。
    もう少し騒ぎになってからだな。

  • 持続化給付金詐欺ほんまアホよな。
    チェックせずに給付するとは言ったけど、
    後でチェックしないなんて一言も言ってないからな。
    そこに気づかない時点で大馬鹿。

    財務省は元を取るだけの思惑があったから承諾した。
    その思惑は何かというと、傘下の国税庁にはランダムに税務調査をする権限がある。
    税金をごまかすような人間は、書類をごまかして給付金を受けようとする。
    要は税務調査対象を絞るためのあぶり出しですよ。
    7年間遡って帳簿を調べれば追徴課税もできるし、
    給付申請書類がごまかしであったこともばれる。
    100万を手に入れたためにその何倍も失うことになる可能性が高くなる。
    税務調査の順位が上に行くことは間違いない。
    それについては同級生の官僚も同じ見立て。当然だろと言っていた。

    何人かが「もらわな損やで。簡単にもらえるで。」と電話をかけてきた時に、
    後で必ずやられますよと忠告したんだけどね。
    これは生き方の問題であり、お頭の問題。
    自分は打ち合わせができず進捗が遅れたために月間売り上げが落ちてたけども
    年間売り上げは変わらないので申請しなかった。
    正直者は馬鹿を見るというけども、最後は誠実な人間が勝つように世の中できている。
    人は見ているから。
    それも自分では気が付かないところで周りが見ていて、
    それがすべてを良い方向に動かす。
    その力は目に見えないものだから神様は見ているという人もいる。
    信用第一です。誰も見ていないところでもです。

  • ここにおいてはひたすら寝て待つ

  • 恋庭はうまくできてる。
    既婚者も友達作りを建前として利用できるのもいいし
    顔出し不要なことが男女とも既婚者の利用に拍車をかけてる。
    まだまだ伸びる。

  • 時期がずれただけであんだけ下がる方がおかしかったんだよね

  • ゼオライトって二酸化炭素を吸収できるんでしょ?
    ぜオールなら同量で表面積が100倍あるから
    吸着効率もかなりいいだろう。
    ゼオールの供給量が不足する間は高額に設定しといて
    二酸化炭素固定装置とかフィルターを公共施設向けに販売すればいい。

本文はここまでです このページの先頭へ