ここから本文です

投稿コメント一覧 (10コメント)

  • 悪者は騙し、善人は騙さ易し 
    されど 神は悪人を罰し 善人に微笑む
    悪徳の栄えは短く、その末路は悲劇で終わる。
    善徳の栄は長く、その繁栄は世の隅々にまで行き渡る。
    急がば回れ じっくりと歩め 人生は焦るには長く ナマケルには短い

  • 年の初めに で一句

    年明けの 株は激しく 乱高下

  • >>No. 64

    知らなかった素晴らしい「からきだの道」という散策路・・・

    多摩市の西端にあたる唐木田の街の北側には多摩市と八王子市にまたがってゴルフコースが広がっているのだが、このゴルフコースの外郭に沿って中沢二丁目から唐木田一丁目にかけて「からきだの道」という散策路がある。
    唐木田の街は小田急多摩線唐木田駅の南西部に町田市と八王子市に接して広がる区域で、現在では多摩ニュータウンの一部として整然として住宅街になってしまったが、かつては雑木林の広がる丘陵地帯だった。

    「からきだの道」はゴルフコースとの境界部分の緑を残し、散策路として整備したもので、かつては唐木田に住む人々の生活のための道であったという。
    「道」は中沢二丁目から唐木田一丁目の西端まで約2キロほどの長さで延びており、途中に「見晴らし広場」、「寺ノ入の湧水」、「草花園」、「砦山」といった場所を辿り、南に多摩ニュータウンの街並みを眺めながらの木立の中の散策を楽しむことができる。
    「からきだの道」は唐木田駅の北方、中沢二丁目の中央あたりに「入口広場」が設けられていて、ここが起点という位置付けだろう。
    四阿の設置された「入口広場」から丘の林へ登ってゆくように散策路が延びている。
    丘の上には「見晴らし広場」がある。
    標高は143メートルあるそうで、ここからは東に眺望が開けて多摩ニュータウンの街を一望することができる。視界が澄んでいれば遠く新宿の高層ビル群も見ることができるらしい。

    「見晴らし広場」を降りて散策路に戻り、南に辿るとほどなく「寺ノ入の湧水」に着く。
    林の斜面の麓にひょっこりと小さな池がある。
    昔からの自然の湧水なのだそうだ。道路脇の小さな水辺ではあるが、湿地を好む植物の姿も見られ、何となくこのあたりだけ静かな空気に包まれているようだ。

  • 人生いろいろ

    「この道は我を活かす道なり この道を往く」のが成功への最短距離のようです。

    そうなんですが、そうは問屋の下ろし金なのが世の常。
    そして ふらふらしていると、光陰は矢の如しでして
    やがて 
     欲と色とに 溺れて生きて もがき苦しむ 老い迎え 
    てなことにも
    ま なかには
    迷わずいきたい この世にあの世 迷って見つけた 幸もあり
    てことも

    要は、一度の人生 自分の好きに生きることが大事です。

  • ご来場の皆様 ありがとうございました。

    皆様のご多幸をお祈りいたします。

  • 語らずも 弟子は知ってる 師匠愛

    涙ぐむ 師匠と弟子の 別れ旅

    よっ 平成の大横綱 たかのーはなあ

  • 速報!

    発見者は、県外から捜索の応援に来ていた捜索ボランテアのおっさんだった。

  • 「この道は我を活かす道なり この道を往く」のが成功への最短距離です。
    そうなんですが、そうは問屋の下ろし金なのが世の常。
    そして ふらふらしていると、光陰は矢の如し。
    やがて 
     欲と色とに 溺れて生きて もがき苦しむ 老い迎え 
    てなことにも
    ま なかには
    迷わずいきたい この世にあの世 迷って見つけた 幸もあり
    てことも

  • 戦争で亡くなられた御霊へ戦いのない平和を保持しますと誓うためです。

本文はここまでです このページの先頭へ