IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1285コメント)

  • 第3次放出は今のところブルームバーグだけの報道だし、財務省も放出に関しては市場動向と経営状況をみてとしているので本当かどうか疑問に思う。まあ、非常事態宣言も解除され経済の全面再開が現実になればそういうこともあり得るかもしれないが今の状況で市場も積極的に引き受けてもらえるほど活況だと思わないし経営状況もかんぽは未だ本格的営業再開できずゆうちょも業績が伸びているとは言えず万全とは言えませんしね。PTSもこれだけの大ニュースなのに出来高が少ないし。準備やシュミレーションは常にやっても不思議ではないが明日引き受けシンジケート団への説明会を開催するというなら他社も当然報道するでしょうし。

  • >>No. 128

    建前と本音。郵政の中期経営計画では5年先の業績予想で()付きながら現行水準でゆうちょ株を保有し続けた場合の数値も出している。今後どうするかは不明だが株主に不利になるような動きはないと思いますがね。

  • いよいよ10月から郵便の土曜配達・翌日配達の廃止ですな。年間600~700億の経費削減、上手に使ってくださいね。

  • >>No. 106

    プライムじゃなくスタンダードでも何も問題ないんじゃないの。郵政の完全子会社みたいなもんだし、純資産が減るわけでもないし、資金が必要なわけではないし、信用問題が生じるわけではないし他の会社とは違いますからな。私もメインは郵政ですがそのうち大きなことが起こると期待してこの株もホールドです。

  • そうですな。1か月前は920円前後、1年前は750円前後、それを考えればたいしたことはないし本格的に動くのは11月の2Q以降ですしね。

  • ということは総選挙では自民大敗で株価が暴落ということですかな。自民の大多数もあんな極端な右翼・国粋政策で国内外が収まると考えているとは思えませんのでその心配はないでしょうがね。まあ、立憲と同じで負けが確定済みでの言いたい放題といったところで本気で総裁の座を狙ってはいないでしょうがね。

  • 10月から郵便は土曜日曜配達なしだが荷物(ゆうパック)は配達しなければならないので佐川と本格協業すれば経費面での効果は大きい。ゆうパックもクール(チルド)や冷凍便もやってはいるが車両数やカバーエリアではヤマトや佐川に大きく水をあけられているので大きな設備投資・人員投入なしで業務拡大できるメリットは大きい、もちろん佐川にとっても配達効率化などでのメリットは十分にあると思う。WIN・WINの協業(提携)ですな。

  • 郵政もかんぽや日本郵便にはいろいろとやっているのでゆうちょもそろそろ何か動きがあるのではとの期待で金曜に買い増ししました。11月の2Q時に配当の上方修正でもあるんじゃないですかね。

  • 高市氏はネットでは80%の支持率、共同通信の世論調査ではわずか4%、どちらを信じるかは勝手ですがね。

  • 佐川との協業は宅配荷物でのことでしょうが都市部では互いに十分な物量があるので自社で運ぶだろうから地方で始まるんでしょうな。日本郵便、佐川とも物量の少ない地方での配達コストの高さが悩みの種だったろうから2社の協業での経費削減効果は相当期待できるんじゃないですか。協業・提携はこういったWIN/WINの関係だとうまくいくと思う。10月から郵便の土曜配達は中止されるがゆうパックなどは土曜・日曜も配達しなければならないので郵政もいろいろと手を打っていますな。

  • 既定路線? 89%も郵政保有なのにどうやって売るのかな。市場に出せば株価暴落は避けられないし。ゆうちょ株は郵政やかんぽが実施した第2次放出もやらなかったし郵政の最新の中期経営計画では5年先の業績予想で売るつもりなら本来不要なゆうちょ株89%保有の場合の数字も出しているし。まあ、建前と本音の違いなのか他に完全子会社化など大規模な処理を考えているのかわかりませんがプライム市場入りのためだけに何かするということはないと思いますがね。

  • 金融資産での株、投信の割合が17%前後と欧米に比べ圧倒的に低く経済成長停滞の最大の要因の一つとなっている日本、それを更に縮小させる政策など誰が総理になってもやれるわけがないでしょう。高市がほんとうにそういうことを言っているなら頭の程度が知れる。

  • だいじょうぶ。しょせん泡沫候補。

  • >>No. 2110

    馬鹿か、金を使わず金を儲けようとする「守銭奴国家」が世の中に通じると思っているのか。

  • 交差接種の効果は多くのデータで確認されている。アストラゼネカは血栓での低評価が一般化しているので第3回目は低価格で国内生産での確保が可能なNOVAVAXワクチンということでしょう。免疫細胞に新たな種類のウィルス遺伝子が記憶され、より多彩な攻撃武器を得ることになるので私も是非接種したい。同じワクチンじゃなければ危険などというデマを信じてはいけない。

  • 1年もつどころか泡沫候補でしょうが。

  • 日経先物が爆上げしていますな。国内外の投資家がコロナの一定の収束と本格的な経済活動再開をはっきりと見据えたということでしょうな。いずれにしろコロナが一定程度収束すれば膨大な額の経済支援策があるのは間違いないし日経平均も35000円を目指す展開になるんじゃないですか。メディア、「世論」のバッシングに耐えながら何とかここまで社会・経済活動を維持してきた菅首相には感謝です。お疲れ様でした。

  • 局面が変わったようですな。誰が総裁になっても野党に負ける心配はなくなったし外国勢も安心して日本株買いに向かうのでは。他方、権威ある科学誌ランセットで発表された100万人規模のデータではワクチン2回接種済みの感染、いわゆるブレイクスルー感染は全感染者のわずか0.2%、それでも接種後感染した人のほとんどは無症状。菅総理には成果を見る前に退陣とはお気の毒だが2~3か月後にはコロナが収束に向かい経済活動が本格的に再開される可能性が大。いずれにしろこの株価にはいいことですな。

  • 正確には33%強は永久に国保有ですので残り17%弱ですが公募での市場放出はもはや考えられないので郵政の自社株買い(消却)と市場外取引でまとまった株を売却するんじゃないですかね。例えばDHL(ドイッチェポスト)とかアフラックとか戦略的資本提携を考えている企業から引く手あまたでしょう。

  • 11月の2Q発表以降は徐々に上がると想定していたのでちょっと動きが早い印象だが郵便土曜配達廃止の現実化による大幅な経費削減、紆余曲折も予想されたトール社エクスプレス部門の追加負担なしでの売却完了、雑音は多いがワクチン接種拡大や抗体カクテルなど治療薬の普及によるコロナ収束への動きなど明るい展望が機関投資家や海外投資家に先取りされているのかな。まだ一波乱、二波乱はあるだろうが全体的にはいい流れだと思う。

本文はここまでです このページの先頭へ