IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (16245コメント)

  • NASDAQも4日連続下落。
    東京エレクなど増収増益でも半導体関連は軟調。
    野村マイクロも連続下落。半導体関連は実際の生産よりも世界的な設備増大の計画や思惑で株価は上昇して来た。しかし、いつまでも下落は続かない。暫くの辛抱だ。半導体関連は活火山だから小休止してもそのうち再度爆発すると思う。

  • >>No. 695

    ▶︎Hydrogen Technology株式会社が安く水素売らないよとなったらどうするの?

    水素は国策。成功すれば長期契約を締結する。色々な企業の水素の供給態勢は異なっても日本の水素価格は長期的には安くなるので、HTが安く売ら無ければ買う企業は無くなる。国策で水素価格は競争になるので他の企業も安く製造する方法を研究開発している。
    問題は本当に継続的に大量に水素を取り出す事が出来るのかどうかを知る事がキーになる。

  • 水道水を使用しても水素は少し出来るが、触媒を使用すると水素の量が全く違うらしいから、触媒には水素発生を邪魔する物質を取り除く作用があるのでは無いかと想像しています。触媒は特許なのでしょうね。或いは、特許だと内容が分かって若干それを避けて同じ様な触媒を作る企業が出て来るので、特許は取らないでブラックボックス化して、当分の間、他企業が真似するチャンスを与えない事を考えているのかも知れませんね。

  • ●Hydrogen Technology株式会社が開発した水素製造方法は画期的で従来の水素=高圧危険爆発と言うイメージを一掃するものです。大量製造可能ならイーレックスに対する期待は大です。

    何処からか水素をタンクで運んで来る必要は無くなり、現場で水素製造出来ます。そうなれば色々な業種に使用範囲が広がります。

    ■オンサイト型水素供給システム
    使用する場所に「オンサイト型水素供給システム」を設置し、その場で水素を供給いたします。

    ★メリット
    ❶輸送コストが削減されるため、低価格にて供給することができる。
    ❷輸送する際の液体化または高圧での圧縮等が、不要となる。
    ❸水素の生成及び供給は低圧で行うため、安全・安心である。
    ❹使用する場所で水素の生成を行うため、輸送リスクが無くなり安定供給することができる。

    ■非常用電源システム
    自然災害はいつ起こるかわからない。電気を供給している場合停止してしまう、しかしそのような時でも安定して電気を供給できます。

    ★特徴
    20フィートコンテナ2台分という小スペースで、数百世帯の電気を作ることができます。

  • サンバイオ 黒: 農業資材に引っ掛けてサンバイオ上市楽天などと謳って投稿している悪党が存在している。 暇でどうしようも無いのだろう。騙されない様に!

  • 中国は軍事行動そして寸止め、戦わずしてアジア諸国を配下に置く事を数十年計画で㊙︎で進めている。日本にもあらゆる分野に入り込んで中国化している。知らないのは日本人。韓国や中国は目的を持って自国民に日本人に帰化させて議員になり、外個人の参政権に賛成させて国会に元々の自国民を送り込む長期の計画。日本弱体化の為に長期の計画。知らないのは多くの日本人。平和ボケはもうやめるべきだ。

  • ▪️量子技術を官民で研究 政府、トヨタなど50社と協議会

    2021年5月5日

    政府は産業界と組み、情報処理や通信に使う量子技術の共同研究に乗り出す。5月中にもトヨタ自動車や東芝、NECなど50社ほどが参加する協議会を立ち上げる。国家主導で大規模な投資を進める米国や中国が世界で先行する。日本が強みを持つ量子通信・暗号技術は安全保障の優位性にも直結するため、官民挙げて実用化を急ぐ。

  • 中国が台湾を狙っているからね。

    ▪️台湾TSMC、米で半導体工場複数新設か

    2021/5/4
     ロイター通信は4日、台湾半導体大手の台湾積体電路製造(TSMC)が米西部アリゾナ州に建設を計画している半導体製造工場の他に、新たに同州で複数の製造工場の建設を予定していると報じた。

  • ▶︎日本の国防は、ずーっと前からザルです。
    中国人による土地取得、尖閣、海域侵犯、スパイやり放題。
    政治、メディア、ビジネス、大学みんな、侵略されている。
    じわじわと、息の根をとめられる日本。
    影響力のある人間が、取り込まれている?

    全くその通りです。平和ボケでぬるま湯が好きな日本人はそのうち熱湯を飲まされるので憲法改正はマストである。

  • ▪️水素、緑も青も総力戦 50年に全エネルギーの16%に
    第4の革命・カーボンゼロ Hを制する。

    2021/5/3
    原子番号1番、元素記号H。「水素」が温暖化ガス排出を実質的になくすカーボンゼロの切り札に浮上した。宇宙の元素で最も多い水素は枯渇せず、燃やしても水になるだけ。★究極の資源Hを制する競争が始まった。

    オーストラリア南東部のビクトリア州ラトローブバレー。日本の発電量240年分に当たる大量の低品位石炭、褐炭が眠るこの地で1月、★水素の製造が始まった。

    採掘したての褐炭を乾燥させて砕き、★酸素を注入して水素を...

  • hil*****さんへ
    その通りです。全く同感です。

  • コロナ巣籠もりでイライラ投稿が増えているね。
    悪いのは隣国から色々な蜂蜜を戴いて、そしてスパイになって日本弱体化に協力している与野党の国会議員、宗教者、地方議員、大学教授、企業経営者など多岐にわたる。正常な日本国民頑張れ!

  • 人の不幸を喜んでも仕方が無い、大人になろう!

  • ▪️21年1Q日本モバイルゲーム売上ランキングTOP100に中国勢29本 市場シェア25%
    4/30(金)

    米モバイルアプリ調査会社「Sensor Tower」によると、2021年第1四半期、日本モバイルゲーム市場の売上高は51億ドル(約5500億円)を超え、前年比で35%増加したという。

    また、セールストップ100には中国製モバイルゲームが29本ランクイン。総計9億ドル(約970億円)を売り上げ、市場シェア25%を獲得したとのこと。同ランキングのトップ3は「miHoYo(米哈游)」の『原神』、網易(ネットイース)の『荒野行動』、バイトダンス傘下「有愛互娯科技(C4Games)」の『放置少女』だった。

    日本はしっかりしないと食われてしまうぞ。

  • ▪️21年1Q日本モバイルゲーム売上ランキングTOP100に中国勢29本 市場シェア25%
    4/30(金)

    米モバイルアプリ調査会社「Sensor Tower」によると、2021年第1四半期、日本モバイルゲーム市場の売上高は51億ドル(約5500億円)を超え、前年比で35%増加したという。

    また、セールストップ100には中国製モバイルゲームが29本ランクイン。総計9億ドル(約970億円)を売り上げ、市場シェア25%を獲得したとのこと。同ランキングのトップ3は「miHoYo(米哈游)」の『原神』、網易(ネットイース)の『荒野行動』、バイトダンス傘下「有愛互娯科技(C4Games)」の『放置少女』だった。

    日本はしっかりしないと食われてしまうぞ。

  • ▪️経済産業省の有識者会議では2兆円のうち水素を液化する技術や輸送体制の構築などに3000億円、再生可能エネルギーから水素を生み出す装置の開発などに700億円の合わせて3700億円を上限に配分する案が大筋で了承されました。

    イーレックス:
    ▪️HT社独自開発の「水」と「岩石由来の触媒」のみによる常温・低圧の下、「水素」を取り出すという新技術により製造される安全で安価な水素を用いて、発電事業、燃料電池自動車事業など幅広い水素利用について検証し、取組むものです。
     その1stステップとして、HT社の技術を用いて、水素専焼発電を行う為に★十分な水素発生が、★連続的に得られるという実証を行うため、★東京電力パワーグリッド株式会社管内に3百kW級の水素発電所の建設を進めており、2021年度内での運転開始を目指しております。今後は、さらなる大型の水素専焼の発電所の開発に着手し、水素供給量及びコストダウン等検証を推進してまいります。併せて、FCVへの水素供給事業への参入も検討してまいります。なお、本プロジェクトは、商業運転としては国内初の水素専焼発電所となります。

    と言う事で、水素を取り出す技術は完成しているが、十分な水素が連続的に得られるかどうかはまだ実証されていないので政府の配分を利用出来ると思います。
    成功すれば、FCVへの水素供給事業に参入する事になっているので政府の配分は利用するでしょう。

  • 評価するには時期尚早だから、GW後暫く待つ事も必要。不安ならば売却すれば良い。

  • ▪️任天堂、「スイッチ」5年目で異例の増産 3000万台視野。

    任天堂は相変わらず凄いね。
    QDレーザは任天堂かソニーと来年頃には提携する感じが何となくする。両社がいつまでも黙っておかないだろう!

  • ▪️脱炭素”2兆円基金 水素技術に3700億円配分へ(2021年4月28日)

新着スレッド

  1. 鳥島
  2. TRYJPY
  3. GBPJPY
  4. AUDJPY
  5. USDJPY
本文はここまでです このページの先頭へ