ここから本文です

投稿コメント一覧 (3674コメント)

  • バイオは昔アキュセラで痛い目にあいましたがここの今の状況はMN-166 (進行型多発性硬化症)の導出があるかないかですからねぇ。臨床治験で成功するしないとは次元が違う。しかも、社長は導出について交渉している事は認めていると。
    適応症の市場性からいって破格の契約一時金とロイヤリティ収入が期待できる。

    ここ少し買ってみるかな。MN-166の将来性と現在の時価総額を比較して過度に期待上げしている形跡もないしまだ比較的安全そうな段階だし。
    一時のサンバイオとか結果でる前から狂い上げしてましたからね。しかも臨床治験だから失敗ありえるのに。臨床治験で失敗という事はポシャったという事ですからね。外傷性を見て失敗はありえないと思ったのかな。
    導出するしないと次元が違うといったのはそういう意味です。導出するしないは相手先が提示した条件を受け入れるか否かの問題で薬はポシャったわけではないですから。

  • ちょっとケイブ買ってみるかな。
    どうせクソ決算だろうと思ってたから買うなら決算後と決めてました。
    普通に考えたらアク抜けでここからは成夏子&岡本吉起にとる新規ゲームが意識される展開が始まると思うのですが。

    こちらとしてはなるべく安く買いたいのでS安連発でも歓迎です。増資が成功して新規ゲームの話が出ればどうせ上がるでしょうから。
    新規ゲームの内容が期待ハズレなら終わりでしょうけどね。
    『本プロジェクトにより開発を予定している本ゲームは、当社が従来開発してきたゲームとは、求めるユーザー規模感もまったく違うことを想定』でこの時価総額なら(増資後を考慮しても)勝てる確率高いと思いますけど。

  • 3月中にVRネタこなかったから全部叩き売るつもりでしたがそれなりに値持ちがいいのと電子チケット分野の将来性を考慮してやめました。
    VRコンテンツは5Gが活きる分野ですしね。
    すぐに出ることは諦めたましたがなるべく早くにだしてください。

  • で、VRネタはいつでるん?
    何も3月からサービスインしろっていってるんじゃないんだから何か情報だしてくださいよ。12月からまったく進展なしなのか?

    四季報の来期予想はそこそこいいと言う感じ。既存ビジネスでだせる数字だと思う。VRの収益貢献はまだ先としても電子チケット分野がイ―プラスとの提携で飛躍すれば上ブレ可能でしょう。

  • 株主優待としてSKE48関連を用意したのは正解だと思いますけど内容が中途半端だなぁ。特別ライブイベントが「一般向けのチケット発売」もあったらプレミアム感激減ですよ。
    株主限定でいいのに。株主限定ライブにしてその場で限定グッズ売れば金にもなるやん。まあ、このライブイベントも金にしたいんでしょうが。その方が大きく稼げるだろうし。
    こんな中途半端なライブイベントにするなら株主優待限定アイテムも用意しないといかんよ。
    あと、前にもいいましたが保有年数でも差をつけないと権利とられてすぐ売却されますよ。48万株の売り圧とかたまんないんですけどw

    将来的な話ですが、SKE48の運営が順調にいって周辺ビジネスでも収益あげられるようになったらAKBグループ(AKS)を飲み込むつもりもあるかもしれませんね。正直、AKBグループ全体が落ち目だしAKSもNGTの騒動から不手際が続いているから高値で買ってくれるならAKBグループ全体を売る可能性あると思う。

  • あとSKE48ファンに株主になってもらい安定株主対策もしたいところ。
    当然株主優待にSKE48関連の物(株主優待限定アイテム・株主のみ招待の公演orライブなど)を創設しなければならい。
    あと、株数や保有年数で差をつけるのも忘れずに。特に保有年数での差をつける事をやらないと優待確定日だけ保有されて即売却されるから安定株主対策にならない。
    保有年数についてはKLabの株主優待みたいに「『同じ株主番号』で○回以上連続して株主名簿に記載または記録」みたいにするといいと思う。

  • SKE48を含むエンターテインメント事業の展開が凄い事になりそうですね。
    「秋元さんにもいろいろな提案をしている最中」とか。という事はまだまだ隠し玉があるという事。この先が楽しみだ。
    だからこそこの時価総額が残念。色々なネタがでてきても2倍ぐらいが精々かなと。株価的にいうと300円いくかどうかというところ。まあ、株数多ければ2倍でも十分な利益だせますけどね。
    数年単位の長期でみるなら時価総額3倍4倍も夢じゃないかもしれないですが。

    来期業績はSKEとallfuz(4月1日から連結予定)がフル連結するのでそれ以外の事業でやらかさなければ今の時価総額が妥当からやや割高程度の数字は出せるんじゃないかと。
    業績でこの時価総額が容認されるレベルになればあとは材料で株価を上げれるかどうかが決まる。
    タレント養成ビジネスも軌道に乗せられれば儲けも期待できる分野らしいですね。
    恐らくですがスマホコンテンツもやるつもりでしょう。今、AiiAが提供している「SKE48 Passion For You」みたいのも自前でやりたいでしょうね。IPは握っているのだからあとは開発配信の全てを自前でやれれば利益丸取りできますからね。

    SKE48を核にして枝葉のようにエンターテインメント事業を拡げていく予定なんでしょうからまずその核のSKE48の知名度を上げなきゃいけませんな。東海圏以外での露出をふやさんと。

  • とにかくSKE48は関東(東京)での露出を増やすことでしょうね。
    AKBは知ってるがSKEなんて知らんという人まだまだいるはず。特にライト層。
    ライト層なんてと言う方もいるかもしれませんがブームを起こすにはライト層こそ巻き込まないと。
    2月までのAKS下のSKE48と同じ事をやってても今までの繰り返しで終わり。プチにせよブームおこして新規とりこまないと先がないし業績も伸びていかない。
    現状のSKE48は基本コア層に支えられている構図だと思うがコア層がいつまでもついてきてくれるとは限らない。
    そういう意味でKeyHolder傘下にテレビ番組政策部門があるのはいいですね。
    露出を増やす契機をつくれるはず。

  • そういえば今日の新聞に消費増税でキャッシュレス決済を利用する機会が増えると7割の人が答えたとありますね。しかも、高齢者層で特に増えたとあります。
    再増税後はより賢くよりお得な消費行動をとるようになるはず。

  • 今日上げられた決算説明動画は必見ですね。
    「大手のクライアントの立ち上げを準備をしている」「来期に向けての大型の仕込を今している」「従業員の給料支払いをプリペイドで行うこの領域でこのブランドプリペイドがブレイクすると考えている」「我々のサービスは他決済と競合ではなく協業できる」

    社長からペイロールカードの話がでたという事はその分野で多少なりとも進展があったという事かな?以前から『検討・協議中』になってましたからね。
    このネタがでたら跳ねるのほぼ間違いないから放っとこ。
    将来性への期待感で異常な割高水準まで買われてる銘柄ありますがここ全然ですからねw

    ところで、ポイント還元の話ってどうなるんですかね?ここのサービスには還元されるのされないの?
    まあ、どうせ一時的措置で予算も上限も決められてるから大した話じゃないですけどね。対象になるなら株価上昇効果はあると思いますけど。
    それよりも電子マネーでの給与支払いの実現のほうが遥かに重要。

  • 放置してる間にジリジリと上がりだしました。
    時流に乗ってる業種なので放っとけばいい。業績も会社アナウンス通りなら今期が底のはずだから。
    電子マネーでの給与支払いが実現してここが関与できたら化けるのも夢ではないんですけどね。

  • VRネタはよ!
    まあ、電子チケットでイープラスと提携したのは評価してる。
    つい先日広島カープのチケットで整理券騒動ありましたが電子チケットにすりゃいいのにねぇ。

  • 株式会社SKEの事業開始日が迫るにつれ上げてきましたね。
    問題は事業開始以降の展開。
    残念ながら今のSKE48はローカルアイドル。全国区的な知名度(それもアイドル買界限定)あるのは松井珠理奈ぐらいでそれも正直色褪せている。須田亜香里が地上波で輝きだしたが更に伸びるかは未知数。
    新宿アルタを上手く活用してSKE48の知名度を上げていきたいところ。
    現状の運営を続ける限り収益は安定するかもしれないが大きな伸びしろはない。
    それではKeyHolderがSKE48を買収した意味がない。まあ、色々しかけてくるでしょう。

    ただ、残念なのはここの時価総額。こんな株価なのに200億弱ありますからねw
    20億~50億ぐらいだったら相当楽しめたでしょうに。

  • 上にいきたがってる感じですが明確な上げ材料がない為に少しでも勢いつくと利食いやら何やらで落とされる感じですね。
    12月の月次を材料に上げ始めましたがこれだけではここいらが精々という事なんでしょう。
    目先の材料は2月13日発表予定の決算。これで流れを変えられるか。
    前にも書きましたが売上はある程度期待もてそう(初期売上にはやや不安あり)だが利益がどうなるか。
    1Qの時点での投資費用消化率約10%。という事は残り約90%(3億前後)もある事になる。これを2Q~4Qで消化する事に。均等なのかどこかに偏るのか不明。
    2Qでの費用消化率が20%以内なら黒字もありえそうだがそれ以上だと赤字になるような気がする。
    会社予想は赤字だし赤字の理由も投資だから赤字でも已むを無いが市場がどう判断するか。
    できれば上方修正が欲しいところ。赤字縮小で十分なのだが。

    ここが化ける鍵はブランドプリペイドだと思う。これの用途がどれだけ広がるか。

  • あまりにも材料出なさすぎw
    VRに関しては想定より事業進捗が遅れてるのは間違いないでしょうね。
    もう出せるものから出していきなさい。VR事業発表から一年近くになるんだからもうちょっと踏み込んだ概要だせるでしょ。逆に出せないようならこの一年近くなにやってたんだという話になる。
    2019年今期内概要発表となってますから3月末までには何かしらでるという認識でいるがこれも裏切るようなら今後の方針考えないといかんな。
    2019年内だったら12月末までですけど2019年今期内ですから2019年3月末までという認識であってるはず。

  • 上にブレイクする為に何かきっかけがほしいですね。
    ハウスプリペイドでは強材料にならないからブランドプリペイド方面で何か材料でてくれんかな。ペイロールカードで大手企業と資本業務提携が一番アツイんだけどな。増資でも相手が大手なら評価される事がままありますから。最近だとエコモット。
    増資で得た資金で投資してくれるなら利益喰わんし。
    ハウスプリペイド方面でもPayPayやLINE Pay等のスマホ決済と連携ができればそれもかなりな材料になると思う。

    ハウスプリペイドが好調で上方修正が出ようものならそれも十分ブレイクするきっかけになるとは思いますけどね。
    ただ、今期は成長投資をするといってるのでそれがどれだけ利益を喰うかなんですよね。
    2Qの売上が好調そうなのは月次の取扱高で想像つくが投資のせいで利益がわからん。

  • SKE48に関しては不良債権買わされただけとかいう意見も当時一部にありましたがとんでもでしたね。48グループ内でもトップクラスの売上高とか。
    今後のSKEの展開とSKEも含めてKeyStudioやKeyProductionへの秋元氏の絡み方によってはここが唯一無二の秋元銘柄になるかもしれません。
    ただ、残念な所と懸念される部分があります。
    残念な所は時価総額が既に160億あること。余程の材料でない限り10倍とかまずありえないでしょう。常識的に狙えるのは2~3倍ぐらいまでかなと。かなりうまくいっても4~5倍ぐらい。
    懸念される部分はここのグループ企業に不動産売買&建築部門があること。景気停滞や後退局面では不動産業の業績は目に見えて悪くなる傾向があります。キーノートが足を引っ張る事態もあるんじゃないかと。
    その場合、SKEが業績的な救世主になる可能性もありえる。

    多分ですが好景気はもう終焉するでしょう。アメリカの金利引き上げも打ち止めの可能性がでてきたことから円高圧力がかかりやすくなり輸出業の業績も振るわなくなるはず。
    内需で業績が安定してるところや多少なりとも伸びそうなところ。内需系で材料ありそうな銘柄をコツコツ買ってたほうが安全。
    ここは秋元氏関連で材料でそうなので動きが鈍い間にコツコツ集めようと思います。

  • 今年はもう諦めてるから来年から怒涛の如く材料だしてくださいよ。
    VRが一番重要ですがやはり電子チケットにも期待したい。
    この前のソフトバンクの通信障害でGLAYのライブで電子チケットが使用不能になったみたいですがここの電子チケットだったら使えてたでしょ。

    ・会場の電波状態が悪くても、予めアプリ内に保存されたチケット画面で入場可能
    ・入場記録は次回通信可能時にバックグラウンドで送信するため、正確な入場記録を取得可能

  • 解禁はこれからですがここがペイロール・カード案件とれだしたら凄い事になるでしょうね。
    給与だからその企業が存続する限り毎月支払われますからね。景気関係ない。ここの業績の安定度が半端なくなる。しかも積み上げていくストック型。
    ハウスプリペイドより将来性も成長性もあるといったのはこの事から。
    ペイロール・カードが解禁されるならハウスプリペイドが消費税のポイント還元対象になるかどうかとかどうでもいいレベル。還元といったって還元期間9ヶ月だし。
    まあ、対象にならないよりはなったほうがいいでしょうけどね。ただ、ペイロール・カード解禁の話に比べたら小さい話になった。
    会社もペイロール・カード解禁に備えた戦略を打ち出していってほしい。

    ところで、地合い超クソですねw アメリカ&トランプ大統領いいかげんにしてほしいわ。
    FRB議長解任とかいう話まで出だしましたぜw もうメチャクチャw

  • ようやくペイロール・カード解禁の見込みがたったのに地合い悪すぎましたね。
    ペイロール・カードが解禁されればここにとって大きい材料なんですけどね。これが広く解禁されるならハウスプリペイドよりもブランドプリペイドの方が将来性も成長性もあると思います。

    とにかくここのところアメリカ発で地合い悪すぎ。しかもやっかいなのはアメリカの景気後退局面入り予想が地合い悪の理由になっているところ。これが理由だと市場全体としての早期の反転上昇が見込めない。
    既に完成されているビジネス市場は凡そ景気通りに動くので景気が悪化していくようだと期待が持てないが今から市場を開拓していくビジネスは相対的に景気の影響受け難い。開拓がうまくいくかどうかだけ。景気が良かろうが悪かろうが開拓できなければおしまい。

    ペイロール・カードが解禁されたら他社との提携話がでてくるのではないかな。説明会資料のペイロール用途のところが検討・協議中になってるから。
    ハウスプリペイドの海外とブランドプリペイドの用途拡大が順調にいくならここは将来性あると思う
    時価総額的にバブル的な期待をされてる銘柄ではないので将来性あると看做されれば期待大だと思う。なので、焦らず安いところを見極めて集めていきましょう。たまにNY市場が上げて地合いが良くなっても基本的に一時的で終わる可能性高いから。アメリカ景気後退局面の悪材料がどうにかならないと地合い良くならんと思う。

    そういえばpaypayで一騒動あったみたいですね。ああいうのを見るとプリペイドカードでキャッシュレス化を進めるのもありなんじゃないかと思います。

本文はここまでです このページの先頭へ