ここから本文です

投稿コメント一覧 (37コメント)

  • >>No. 29679

    確かに!
    これだけ騒がれ、その経営やその授業内容の低さ(補習塾並み)で、有名校を目指すご家庭が利用するわけがないと思いますね。
    「トーマスは他の個別指導(明光とかTKGなど)と違って完全マンツーマンで、各ブースにホワイトボードがあり、似たような他塾もあるにはありますが、ハード的にもソフト的にもトーマスのが格上です。」って、まさにTOMASのセールストークそのものじゃない?
    まさに岩佐真理教ですね

  • 素人投資家の根拠のない「値ごろ感」という買いが漸く引けてきたようだね。
    もう積極的に上値を買うの投資家はいないのだろう。
    次の節目は200円割れ。
    そこでワンチャンスリバウンドがあって・・・・という展開だね。
    株主総会もあと一か月と近づいてきた。
    こんな粉飾・虚業まぎれの会社の株を株主総会と決算発表を見ずに買う投資家の気がしれない。
    そしてこの株のランダムウォークの株価を左右するコンダクターは、
    こいつ↓だ。

  • 過去の君自身の投稿を削除して、いくら「○○大学夜間法学部の誰かさんではない」と言っても、過去の君が投稿した内容は残っているよ。
    君は自分で、そのことを「会社に相談して闘う」とか「名誉毀損だ」とか「俺にも警察の知人が沢山いる」と投稿していたのをもうお忘れかい?
    自身の投稿を削除して、その人物でないふりをしてももう遅いよ。
    君は間違いなく○○大学夜間法学部卒で凸版印刷からリソー教育に転職した××リーダーである。
    そして、「人権侵害ブログ」に晒されたIPアドレスに関しても、「IP晒されても平気」とのたまわっていたのは君である。
    アメブロに君がアクセスしてきたIPとメッセージ内容は、ちゃんと残してあるよ。
    粉飾決算で会社が揺れる最中の某リーダー(Yahoo! ID/ニックネーム: f4u_fw190d)による投稿の数々。
    これをネタに開示請求を始めたが、この事実が明らかになったら、ますます偽装教育の立場は悪くなるね。
    格好のマスゴミネタになる。
    会社が大変な時に、株価も気になるだろうが、これだけ沢山の偽装教育社員が登場する株板も珍しい。
    というより、上層部からは本音トークが全くないから株板情報をついつい見てしまっているんだろうな。
    長年の経験と宗教がかった研修から判断して、この偽装教育のやってきた事は完全に上場会社としてはアブノーマルだらけだよ。
    今更、コンプライアンスとかノルマ主義の是正とか言ってること自体、形式的には上場会社であったが、中身は1オーナー企業の個人商店並みのリスク管理。
    そもそも数々の中途採用者が3ヵ月以内に辞めていき、社員数が殆ど増えないような会社。
    その辞めていった中途採用者から出てくるこの会社へのネガティブ発言。
    すべて事実であるからしかたがない。
    今までは2ちゃんや教育系の掲示板にそれらが語られてきたが、今回の粉飾で、一気に露呈したというのが事実であろう。
    去る者のほとんどがネガティブで辞めていく会社。
    その者たちが語る噂話を重要視せず、円満退社がほとんどない会社に未来はない。
    株主総会後に、最悪な状況になる可能性を充分に秘めている会社である。
    教育事業に興味があって、私なりの想いがあって、起業する前に一度は教育関係の会社を経験しておこうと思ったが、研修で「五信主義唱和」という洗脳研修や、「御三家とは?」「早慶附属校は何校ある?」「女子御三家とは?」「神奈川御三家とは?」とかそんな低レベルな研修をしなければならないくらい、受験素人を集める中途採用を行っている教育会社に、到底、高いノウハウがあるとは感じなかった。
    そしてそれは事実である。
    講師以外の社員は、教育や受験に関してズブの素人集団であり、だから異口同音のマニュアルを叩き込む研修。
    今時、渋幕と渋渋の違いすら知らない教務社員がいるような塾屋が、どうして教育を生業とする会社と言えようか?
    ここは、「教育」を騙った単なる営業会社でしかないというのが、研修1週間目に私が下した結論であり、この会社から「教育事業」について学ぶべき点は一切ないということである。
    これだけ低レベルな教育事業社は見たことがない。
    流石は、学研の教材販売上がりの会長が考えるビジネスである。
    さて、○○大学夜学卒の××リーダー君。
    どっぷりとその宗教につかってしまっている君の姿をみていると、かつてのオウム真理教を思い出すよ。
    宗教や思想を洗脳されてしまった者は、低レベルな投稿を株板で行うのであろう。
    哀れでならない。

  • 2014/04/02 15:52

    >>No. 29579

    流石、偽装教育でリーダーだね。
    君は凸版印刷からリソーに転職した○○大学夜間法学部なわけだが、
    お下劣と書きこめば書き込むほど、○○大学の品性が疑われるので辞めてくれないか?
    ○○大学昼間部の者が皆、迷惑している。
    こういう日東駒専以下の偏差値で、一応は○○大学卒となるような輩がいると、母校のイメージが悪くなる。
    君のような者がいるから夜間部が無くなったって知ってた?(笑
    今時、夜学大学卒なんて息子や娘にも恥ずかしくて言えないだろう?
    ○○大学は卒業証書や成績証明書には夜学とか二部とかでないから、夜学のくせして昼間部生のふりして就職活動した奴が多かったからな。
    私の周りにもそのことが入社後にばれて、学歴詐称で解雇になった者が何人かいた。
    面接等で、しっかりと「○○大学二部法学部卒です」と言ったんだろうな?
    もし云わずに入社していたら立派な学歴詐称になる。
    まあ、ノウハウのない塾や明確な差別化要因を持たない限り、こういう偽装・粉飾をするような会社が、フェニックスのように復活するのはまず難しいと思うよ。
    株主総会前後の君の涙目が目に浮かぶよ。
    持株ゼロ円。会社消滅。最悪、その直前に会社があることを肝に命じておけよ。
    それて、会社消滅の場合、転職活動では、ちゃんと「○○大学二部法学部」って履歴書には書けよ。
    がんばってくれたまえ。

  • 週末と言うのに比較的しっかりした買いが入る相場でしたね。
    オーバーナイトならぬオーバーウィークで持ち越すとは、肝の据わった投資家ですね。
    これだから株はわからない。
    わからないから、儲かる者もいれば損する者もいる。
    理想的な市場の構成・原理の前提に、正しい情報がすべての投資家に瞬時に同時に伝わり、それに基づいて各々が投資判断をし、投資をするとうものがあります。
    インサイダー取引がなぜ違法なのか?
    それは上の市場の理想像に反する(単に早耳ということではなく、市場に周知されない情報を利用した売買は違法であるという考え)行為だからです。
    したがって、市場に出回っていない情報を以て売買することが禁止されています。
    しかし情報が出回っている場合、投資家にとっては等しい機会を与えられているわけであり、各々の判断と行動が、投資の成功・失敗を生みます。
    まさに今の偽装教育の株価ランダムウォークがそれと言えましょう。
    ただし、もしかしたら社員・幹部が密かに少しずつ売り逃げすることもあり得るでしょう。
    したがって、そういう動きがないか?を市場関係者は特に注意していると思います。
    2月決算のこの会社。
    その後であれば、たとえ売却しても5月の株主総会ではわかいません。
    もう株を売却済で、株主として登場する経営幹部がいるかもしれません。
    SECには特にこの3月~5月までの売買動向を注視してもらいたいものです。

  • f4uさん、げんげんさんはリソーの社員だね。
    f4uさん=BBCさんは、○○大学夜間法学部で某印刷会社からリソーに転職したリーダーね。
    売れるうちに早く持株は売った方がいいぞ~。Xdayは、株主総会前後だと思うよ

  • 2014/03/28 08:01

    >>No. 29556

    この会社に対してネガティブな内容を投稿している理由は一つ。
    正義心からだね。
    進学塾をうたえるほどのノウハウがないのに進学塾をうたっていること。
    独自作成の教材がほとんどなく、授業では市販教材や他塾のテキストをコピーして使うなど、明らかに著作権違反が横行していること。
    馬鹿高い授業料と学生アルバイトの差額中抜きが明らかに他個別塾にくらべて高く、それをオンリーワンやら誇大広告(特に合格実績については、明らかに消費者を誤認させる確信犯的な広告を行い続けてきた事)で消費者を欺いてきたこと。
    子育て経験のない経営者にどうして受験生家庭の気持ちが解ろうか?「教育」を食い物にしているという事実。
    社会的存在意義がない(経営幹部のみが金銭的にいい思いをしているだけ)
    中途採用しかせず、雇用の受け皿という会社の社会的存在意義がない(3ヵ月毎に中途採用するもののすぐに辞めてしまうような企業カルチャーで社員はほとんど増えない)
    宗教がかった入社教育と幹部のパワハラ横行
    尋常ではない離職率
    普通の会社であれば当然のPCや携帯の全社員への貸与がない(PCすらない席が沢山ある)
    ・・・・・
    あげたらきりがないくらい、存在自体が悪のような会社だからね~。
    コンプライアンスの根底からダメダメ企業だから。
    そういう会社は社会から排除しないと・・・。
    そういう正義感からだね。
    なお、私自身、この会社の株を保有したこともないし、空売りしているわけでもなく、株価操縦的な意図は全くないことを明記しておく。
    さあ、今日も株価の動きを競馬を見るように眺めてやろう。

  • >>No. 29553

    百歩譲ってそのブロック長(部長・副部長・次長)、ブロック長を統括する大ブロック長(局長・副局長)が暴走したとしても、その責任は経営者である岩佐にある。
    すでに懐かしい?半沢直樹ではないが、「部下の手柄は自分の手柄、自分と部下の失敗は部下の失敗」という言葉。
    取締役会や株主総会がある株式会社の取締役は、役職ではなく、機関である。
    その経営機関には当然、会社で行われたすべての責任が伴うものである。
    そう言ったガバナンスが働いていない時点で、この会社は普通の会社ではないということだ。
    このような偽株式会社を上場させた主幹事みずほ証券の責任は重い。
    証券界では、野村・大和。日興の大手3社が主幹事につかない会社は、駄目会社というのが通説である。
    大手3社が主幹事にならないくらい何らかの問題のあるという会社であり、そういった会社に準大手以下の、普段は主幹事の十八番が回ってこないところが、公開手数料欲しさに群がるような会社ということである。
    四季報等で、主幹事をチェックすることは重要であり、特にIPO銘柄で大手3社でない主幹事証券の会社は、まずもって公募価格割れするなど、非常にイメージの悪い会社であることを記しておこう。

  • No.29552

    後場の株価

    2014/03/27 16:59

    さて、わけのわからない点でつっかかってくる約1名は無視して、株に関する情報に特化しよう。後場の相場、案外しっかりしていたようだね。「値ごろ感」からの継続的な買いだろうが、新年度4月入りまでは外人や機関投資家(既に死語か)は市場に活発に出てこない。この時期の市場は個人投資家次第というのが実情だろう。
    そしてその個人投資家は短期的な値上がりを期待する者が多く、この時期に100円、200円の倒産すれすれの株を売買して一喜一憂する。そのような俗にいう仕手株というものは、ある銘柄に投資家が集中するとき乱高下し、ある者は短期間で倍増、ある者は短期間で半分、そして損切でいなくて倒産株価で持ち越してしまうというケースが非常に多いのもこの時期である。
    その意味では、本日の偽装教育のランダムウォークはほとんど見向きもされていない相場といえよう。この掲示板の参加者の数を見ていても容易に想像がつく。
    昨日、今日の寄りの売りは成り行き売りと思われ、買いポジの処分売り(特に信用)が招いたものだろう。つまり、確実に既存ホルダーは減って来ており、新たな犠牲者となるホルダーが買っているという状況であろうか?
    いずれにせよ、この株に対してファンダメンタルズ等の判断材料は皆無の状況の中、大きなうねりがある時だけ、デイトレが活発化するだけの株になってしまったようだ。
    かつての配当性向や株主優待は、偽りの決算に基づいて行われたものであり、今後、この苦難を乗り越える奇策はないであろう。
    所詮はサービス業である。
    サービス業の差別化要因は簡単に真似されるものであり、そこに独自のノウハウをうたうことは不可能である。「オンリーワン」や「勉強+1」や「全室完全個室黒板付個別指導」などをこの会社は「本物の教育」と言うらしいが、そんなものは簡単に真似できるものであり、これをビジネスモデルと言っていた会長岩佐は、単なる馬&鹿である。ビジネスモデルでもなんでもない。単なる自己満足・形式主義の教育。完全個室で1:1だから馬鹿高い会費設定をしても会員をごまかせるというビジネスである。中身は何もない。難関校や受験生が夢抱く学校へ導くノウハウはない。市販の教材を平気でコピーしてやらせるような授業に、どうして難関校に導くノウハウがあるであろうか?この塾屋を利用していいのは、机に座って勉強すること自体できないような劣等生に「勉強する」という習慣を身に付けさせるくらいのものである。そのレベルの教育サービスに同業他社とは比較にならない金額を払わさせる方も払わせる方であるし、払う方も払う方である。要するに受験に疎い消費者からお金をまきあげるビジネスでしかない。著作権関係で、各出版社、各塾が訴えに出れば、一瞬にして潰れてしまうような会社である。
    いずれにしても悪材料満載、何が出てきてもおかしくない会社であることは、この会社を去った者であれば誰でも知っている。塾業界の中で最もブラックな単なる塾サービス営業会社である。
    その陣頭指揮を執ってきたコンダクターが以下、岩佐である。

  • >>No. 29543

    誰かと間違ったままでの投稿にはなるべく反応したくないのだが、一般的なプライバシーポリシーにおける『公人』とは上場会社に限定すれば、その上場会社がIRでも名前を出す人物をいう。
    佐々木、上田両氏は偽装教育のIRで名前がでている。したがって『公人』である。
    逆に未上場企業でも社会的に認知されていないような会社の役員等は、たとえHPでその名等が記載されていも、その情報を悪用することは『一般人』の情報を悪用することと同じである。よって、そういう役員は『公人』ではなく、一般人である。
    簡単に言えば、IRに氏名がでる役員はすでに『公人』であるということだ。

    いずれにすよ、ここは株式に関する掲示板であるから、匿名者の本人探し等のお遊びは別のところでやるのが筋であろう。場所をわきまえたまえ。

    さて、予想通り完全に買い板薄くなってきている。いつでもずどん!というランダムウォークの環境が整ってきたようだ。
    おそらく、200円割れを一時的に見た時に、再度本格的なデイトレが活発化すると予想する。
    それまでは、緩慢、ズルズル、行って来いの相場が続くであろう。
    週末の明日にそのずどん!があって、来週前半に乱高下激しいデイトレ相場がおこり、再び行って来い相場になるのではないだろうか?
    今日の後場の動きがポイントである。

  • >>No. 29540

    誰かと勘違いしているようだが、それとは関係なく、ここにつづっている人物は紛れもなく上場企業の役員であり、IRにもしっかりと名前のでている人物たちである。
    その者たちは公人であるため、名前を書かれて、一意見を言われても何も問題のない人間たちである。ましてやその人物を特定する個人情報を具体的に書いているわけでもなく、自身が子育てすらした事の無い者が教育を語ること自体、無理があるのでhはないか?という意味で「子供がいない」等をかいているわけである。
    それよりも、この表題の者こそ、問題ではないか?
    匿名掲示板で憶測でしかも公人でないものを誰かと間違えて投稿する
    これは完全に匿名掲示板のルールを逸脱した行為として取り扱わせてもらおう。
    すぐに投稿内容を削除すべきであると思う。
    削除なき場合はそれなりの手段を講じよう。
    ここはリソー教育について語る場である。

  • 2014/03/26 20:34

    >>No. 29531

    那須から毎日新幹線通勤がご自慢の佐々木やその腰ぎんちゃくで都立小石川高校OBでテニス三昧の高校時代であったため一浪で駅弁大学の理系学部にしか入れなかった上田など、役員からの配当金返還はなぜないのか?
    違法配当であったことが明確なのだから岩佐以外の幹部も当然、違法配当金を返還する義務があるはずである。
    普通の上場企業の場合、今回のような配当金返還IRは、経営幹部が雁首揃えて返還するのが普通である。
    それができないところに、内部の不協和音が見え隠れする。

  • 2014/03/26 20:12

    >>No. 29528

    修正決算に遡って違法配当に該当するのであるから、33%の株式を持つ岩佐が、その違法性ある配当を返還するのは当然である。
    しごく当然のことを「勇気ある行動」のようにIRで示ということすらも何と厚顔な奴なのだと思うし、またその配当の原資が利益剰余金から出されていたのであるから、修正後のB/S、P/Lの修正事項として、利益剰余金に直接繰り戻すべきである。
    それを一時とはいえ、特別「利益」にして利益剰余金に間接的に繰り戻す魂胆であろうが、どこまで姑息で「利益」にこだわる会長・会社であろうか?
    会計書類に詳しい投資家ならば経常利益または営業利益という利益指標でその会社の価値を判断するが、未熟な投資家であれば、営業外、特別両方の「利益」も含めて会社の価値を判断してしまう可能性もある。
    「○○期連続増収増益」がオンリーワン戦略の結果、正当性を証明する唯一のアドバルーンであり、そのアドバルーンが結果的に粉飾をうむ原因となった。
    外面は「どこの会社をも凌駕するような会社」であることをアナウンスし続けた岩佐会長の責任は極めて重い。
    そして、今回の「当然の」違法配当金の返還という行為自体も、何とか会社の利益に見せようとする姿勢。
    転んでも転ばない姑息さは天下一品である。
    只々、閉口するばかりだ。
    写真の指先と同じように、今回の返還シナリオの指揮をしたのであろう。
    これが経団連に名を連ねる経営者の一員であるということが笑える。
    経団連は即刻、この会長の経団連からの除名をすべきだと思う。
    新規の雇用を生まず、中途採用だけしてきた会社。
    しかもその理由は教育・研修費が安く済むという間違った経済合理性からのものである。
    そこには会社という器の社会的意義すら存在しない会社である。
    中身は空っぽで外面は豪華を装う貧乏士族、貧乏公家のような会社である。
    しかも元々は成り上がりの野武士または時流に乗って公家の仲間入りを果たしたような会社である。そに棟梁が↓岩佐である。そして彼には子供がいない。

  • 午前中わずか30分間のデイトレとその後の「値ごろ感」という何の根拠もない買い注文。
    お祭りはわずか30分でその後は行って来いの展開。
    いかに純投資の買いが不在であるかを如実に表している相場展開である。
    そして週末にはもう一段の下げが待っている事であろう。
    休日にとんでもない情報がいつ出てもおかしくないような「市場に対して律義でない」「市場を悪用してきた」会社の株など、まともな投資家なら持ち越せないものである。
    それを持ち越せる投資家は、競馬やパチンコ感覚で株を売買するものであり、頭の良い投資家とは決して言える類ではない。
    まさに自滅型の投機家とでもいうべき存在だろう。
    さて、従業員の諸君は持ち株会等をどうしてるのだろうか?
    会社の運命がどうなるかわからない中、それでも持株を持っているのだろうか?
    当然、売却となれば、今の株価では損での売却であろう。
    「損を出す」という勇気と「会社がどうなるかわからない」という不安の中での意思決定である。
    しかし、確実に言えることは、会社が潰れた場合、持株はゼロとなり、職も失うことになる。
    ダブルパンチをくらうこととなるわけだ。
    その間、もしかしたら幹部の一部は密かに保有株を売っているかもしれない。
    潰れかかっている会社の中など、まさに幹部・社員同士の騙し合いの世界である。
    転職活動を密かに行いながら、その事実を明らかにしない幹部や社員。
    転職活動を自ら行っていながら、「会社の存続のためにがんばろう!」と旗を振る幹部や社員。
    馬鹿正直に幹部の火消し発言を信じ、自ら決断をできないでいる社員。
    この期に及んでも会長岩佐万世!!と思っている幹部・社員。
    ・・・・
    潰れる瀬戸際の会社の内部とは、大体こんな感じである。
    人世において、自ら重要な決断をしなければならない時が必ずある。
    さあ、社員の諸君!!自らの決断を迫られているのは、まさに今この時なのだ!
    そしてその判断には自己責任が伴うことも明記しておこう。
    この顔を見ながら、よーく考えてもらいたいものだ。

  • >>No. 29510

    アホルダーがアホ丸出しです
    買えば買うほど平均購入価格は下がっても、それは継続企業の場合に唯一有効な投資です
    しかし、その「継続企業」という点で疑義のある会社への投資・買いま増しは、ナンピン買いとは言いません。単なる大損への「特攻部隊」「自殺行為」ということです。
    その「特攻買い」をする際は、是非、必ずこう叫びましょう。
    「お母さ~ん」
    そう叫びながら偽装教育4717買い注文をポチッとするといいと思います。

  • 私が偽装教育会長兼社長の岩佐です。
    自分の子供はいません。
    だから子供の教育の何たるかなんか全くわかりません。
    全くわからないからわけのわからない「本物の教育」と称し、「絵画を買って、本物の絵画を子供たちに見せてやりたい」と嘯きます。
    「本物の音楽に子供たちを触れさせたい」と嘯き、コンサートを開きます。
    この会社のの会長に直接聞いてみましょう!!
    「本物の教育とはなんですか?」
    「オンリーワンってなんですか?」
    株主総会でもいいですから是非聞いてみてください。
    本物の教育とは「本物を見せることです」キリ!
    オンリーワンとは「全室個室黒板付の個別指導です」キリ!
    こんな回答しかできない会長なんです。
    そして、その裏側の顔は銭勘定の亡者です。
    この会社ほど辞めていった者が悪く言う会社は有りません。
    辞めた者・パワハラ横行の会社にユーザーが増えるわけがありません。
    同業他社への転職も、この会社という職歴はマイナスです。
    「そんな宗教チックでノウハウも何もない悪徳教育会社の社員から得るものは全くない」と門前払いされます。
    ただでさえ、ブラック企業群と言われている塾屋稼業。
    その中でも極悪に分類される会社。それが偽装教育の真の姿です。
    では、その会社のコンダクターをご紹介しましょう。
    岩佐美次 美次=みつぐ⇒貢がせる。会長の両親もこの美次君の強欲さを見込んでこの名前を付けたのでしょう。そいつの顔が↓です。見るからに悪人・強欲面だとおもいませんか?

  • No.29504

    明らかに

    2014/03/25 17:32

    デイトレも少数
    「値ごろ感」という何の根拠もない買いも少数
    買い板が完全に薄くなってきているな
    デイトレが活発化するのは200円下に突っ込んだところで登場かな?
    しかし、今度は短いよ
    デイトレも絶対にオーバーナイトする危険は冒さない。
    一日で良くて「行って来い」の相場
    悪けりゃ「行って下に突っ込む」相場
    デイトレがいなくなった時、この株は100円未満の株価となろう。
    そして50円近辺で株主総会を迎える感じだな。

  • 2014/03/24 18:57

    >>No. 29485

    >東証が「特設注意市場銘柄」に指定して1年後に東証の検査により、上場廃止になった例は無いのと違う?

    今まで無いから「今回も無い」という思い込みは非常に危険な判断基準だね。
    「前例はこうだから・・・」という事なかれ主義が、多くの日本人が持つ、グローバルスタンダードから最も離れた価値観であることを考え直した方がいい。
    その前に君は株式投資に最も不向きな人種だと思うよ。
    この失われた25年は、その「前例」が良くも悪くも破壊され、「グローバルスタンダード」への脱皮の時代であったことはすでにわかっていることである。
    「前例が無いから今回も無い」というのが最も幼稚な発想である。

  • 2014/03/24 16:01

    デイトレの買いは午前中のみ。
    何の根拠もない「値ごろ感」という極めて不確かな買いが1円、2円下で入っているだけで、後場に上値を買うような動きは一切ない。
    完全に買い手が減って来ているな。
    この書い手がなくなると、偽装教育協奏曲は第三楽章に入る。
    次の10%近辺の下げが第三楽章である。
    200円スレスレで再び先のような何の根拠もない「値ごろ感」からの買いとデイトレが復活し、±5%程度の動きをして、再び小康状態に入る。
    そして第四楽章で一気に100円代に突入。
    150円近辺で再びデイトレ復活&根拠のない「値ごろ感」の買いが入り、またまた±5%程度の動き・・・
    こういう動きを続けながら第五楽章・第六楽章で100円を切る状態になるだろう。
    その何十円という株価で株主総会を迎えるわけだが、総会が紛糾するのは間違いない。
    その時の大株主が誰かということも重要なポイントになる。
    岩佐が33%ままもっていたり、岩佐20%前後で新株主登場となると、岩佐体制のまま中身のない改革となり、金融庁検査で「改善の見込みなし」と判断され、そのまま上場廃止となるだろう。
    岩佐持株が数%になり岩佐とは関係ない第三者が株主となっていれば、「改革意欲あり」と市場は判断し株価はある程度上昇し、「再建」の可能性は高まるかもしれない。ただし、その場合は、岩佐が高値で株を売り抜けたということで社会的非難の的となろう。
    または、2月決算が終わり、名簿上の大株主として岩佐が君臨し、今現在は必死に少しでも高い値段で売り抜けようとしているかもしれない。そして下がった株価で総会までに買い戻すという荒業をやっている可能性もある。
    とにかく何が起こってもおかしくない状況であることにかわりはない。
    長期前払い授業料の会員への返還及び信用リスクによる資金調達コストの上昇などにより、短期資金ショートによる可能性も十分有り得る。メインバンクが三菱UFJ、主幹事が二流のみずほ証券、先般の公募増資がドイツ銀行という節操のない資金調達スキームで、本気になってこの会社を守ろうとする金融機関はないだろう。メインバンクの三菱UFJが資金調達にNOを言った場合、即、短期資金不足による倒産となる。ドイツ銀行による公募増資で、おそらく袖に振られた三菱UFJやみずほ証券は、いい気持ではないだろう。
    こまった時のメインバンク、主幹事である。
    それを蔑ろにした先般のドイツ銀行による公募増資がどういう影響を与えるか見物である。
    私が国内の金融機関なら、このような日和見主義的な資金調達をおこなう会社を救うような協力は絶対にしないだろう。するとすれば、岩佐以下全役員の退陣の上で、経営陣を銀行から出し、再建に協力するくらいである。
    そのくらい今のリソーはきわどい状況にある。
    会長・社長に固執する岩佐のままでは、おそらく短期資金調達による会社の突然死も十分にありえるだろう。

  • 本年2月末までのIRの責任者が情報開示担当リーダー 澤 井 豊、田 中 文 明となっており、3月(年度替わり)から情報開示担当リーダー 劉 賢一郎、石 田 敦 英に代わっているが、これって、
    前任の澤井 豊、田中文明が解任されたと見ていいのかね?
    普通の会社であれば、二人の責任者がいた場合、通常の人事異動なら、二人同時の人事異動はありえない。
    従って、前任者は二人とも解任されたと想像されるが、ということはR部門自体が、解任されても仕方のない偽装等を行っていたことになる。
    財務や経理の不正ならともかく、その情報をIRで世間様に報告する部門まで、偽装に関わっていたとするなら、どうしようもないくらい不正が蔓延していた会社だったということになる。その根本にあったのが岩佐及びその腰ぎんちゃくであった佐々木と上田による宗教的な恐怖政治。
    今のところ佐々木と上田が処分された報はない。
    よって、旧態依然の恐怖政治はまだ残ったままでの再生。
    偽装教育再生協奏曲のコンダクターたちが事実上残っている状態で、本当の再生なんて可能なのかね?この偽装会社の再生は程遠い道のりだと思うよ。

本文はここまでです このページの先頭へ