IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (591コメント)

  • しかし、人気無いね~この銘柄
    この値動きで信用買残減少で売残増加

    普通は、値段が揉みあいながら
    信用買残/信用売残が両方とも増えていくのが通常なんだが

    この動きを合理的に説明するとしたら
    信用買の利食いを、何等かの主体が相当数の現物で買っているしかなさそう

    しかし、8/5には
    ・・・報告書によれば、ティー・ロウ・プライス・ジャパンのネクステージ株式保有比率は6.06%→4.92%に減少した。報告義務発生日は7月29日

    不思議だ

    新たな主体か....

  • >>No. 3

    改善されたのは8/5決算前の信用残だから要注意

    8/8の急落で売り残は解消する局面が結構あった(売り残減少)
    8/8、8/9の切り返し局面では信用買残が増加する局面もあった

    出来高も
    8/8 607,000
    8/9 792,700
    と通常の5-10倍に急増

    信用残の中身もガラッと変わってる

    MSの空売りポジションも劇的には解消していない
    計算日 空売り者 残高割合 増減率 残高数量 増減量 備考
    08/08 MS 1.720% -0.320% 204,358株 -38,600
    まだ、下を見てるのか

    8/9、8/10の空売り残発表は要注意

  • リバウンド狙いの買い、鞘取りの買いは手早く深追いせずに

    空売りも同様

    昨日の空売りは利確済み
    次の吹きに再度INする予定

  • >>No. 683

    大引け近辺で4-5万出来ると思うから
    52-53万か

  • 空売り報告によるHFや信用売残が増えないと
    中々大規模なナイアガラは厳しそう

    ノーポジで売り仕掛けしても
    これだけがっぷりだと相当激しく売らないと
    売り仕掛け後に空売り筋の買い戻しで空振りになりそう

    何故か不明だが、出来高も低水準、買残は逆に減少という状況では
    ミニナイアガラがあっても、戻り歩調へと

    株価がジャンプして出来高急増、信用買残大幅増加が起きないと
    膠着状態は抜け出せない

    売っても、買ってもチョコチョコとした動き
    但し、見通しとしては上方向か
    (圧倒的な買い方有利な状況で締め上げ気味 逆日歩も徐々にUPか)

  • 決算発表直後に材料出して来たら開示方法に問題あり
    この動きは、株価の短期モメンタムに乗っかった買いと
    ひょっとしたら(おそらく)MSの買い戻しかな?
    ただし、1200円中盤や後半は買い戻しは直近やってなかったが...

  • だ~れも期待していないから
    ちょっとした材料でも、動意づく可能性がある

    これが、あがる材料かも

  • 買いは手仕舞い
    ちょっと売った
    1300円まで売り上がり
    1330円まできたら踏む予定

  • 元気な内にてじまう予定(この辺りで)
    所詮は、会社の減益予想さえクリアできない可能性もある会社
    MSが買い戻している最中に逃げる
    元々、1200円台中盤はHFの売りが目立つ銘柄
    深追いは禁物

  • 一気にもっていかず、ある程度自然体に任せている
    省エネのやり方
    資金の無駄使いをしない賢い大口
    期待したくなるね

    また、3,000円は割るかもだけど
    安心できる

    日証金ベース(速報)では、昨日売り乗せが多かった
    燃料は着実に注入されている

  • 計算日 空売り者 残高割合 増減率 残高数量 増減量 備考
    08/02 MS 2.420% -0.170% 287,458株 -20,600
    08/01 MS 2.590% -0.130% 308,058株 -15,600
    07/29 Inte 0.430% -0.530% 51,400株 -63,600 報告義務消失
    07/29 Nomura 0.110% -0.660% 14,200株 -77,800 報告義務消失
    07/29 MS 2.720% -0.090% 323,658株 -9,713
    07/28 Inte 0.960% -0.100% 115,000株 -11,200
    07/28 MS 2.810% +0.030% 333,371株 +3,765

    7/29に
    NomuraもIntegrated Core Strategiesも居なくなった
    MSも大きく空売り残を減らしてきている
    Invescoのぶん投げをHF2社(InteとNomura経由)がおいしく頂いた構図
    (変更報告書 675,440株→347,892・・・差引327,500)

     目先筋のHFも決算前に空売り撤退し、残高減少中のMS経由のみとなった
    また、会社予想も既に減益予想&1Qも波乱なし&市場の期待も全くされていない半期であれば.....
     株は需給

  • ここを手掛けてる大口は上手ね
    空売り筋が、売りたくなるような価格の動きと板つき

    まだ、3000円を挟んで揉ませるのか.....
    一気にもっていくのか.....

    希望としては信用売りが20-30万株ここから増えた後に動意付いて欲しい
    来週の3200円トライまでは良しとして、もうちょっと揉ませてほしい

  • >>No. 429

    >まあ、今後も3000円割れたりして悲喜こもごもの場面が続きそうだが、....
    →予定通りの展開
     最新の信用残は
     売残 494,700 +99,700
     買残 373,800 -9,900

    >買い方は恐る恐る買いながら買い残が積み上がり、売り方はもう3000円超えて天井だと祈りながら売り乗せして売り残が積み上がる
    →買残が伸びずに、戻り高値更新は買い方の回転が効いている証拠だが、すそ野の広がりが無いのはマイナス材料(逆に、買い方は資金量の有る上手い投資家が手掛けている?)
     荷もたれ感がなく、売残が約10万株増加しているのは爆謄の予兆か

  • >>No. 292

    特殊要因?の主なものは
    前年度の1Qは為替差損が▲23,169(千円)
    今年度の1Qは為替差益が△191,787(千円)
    この差し引きで前年同期比で
      △214,956(千円)
    2Q以降は、この為替の下駄は無くなる(場合によっては差損?)ので
    売上の+16%若しくは営業利益の+19%内外の伸び率で業績を見るのが妥当
    半導体の失速は、ニュースの都度織り込むべき

    明日の展開は、
    ①半導体製造装置株に対する業績不安(=半導体の需要減退)の為に
    材料出尽くしで売られる
    ②堅調な業績(最高益更新、低PER:EPS310円ベースで7.74倍)と増配期待
    (但し、アナウンスは3Q以降なのであくまでも「投資家の期待」のみ)で
    6/9の@2811若しくは1/4の@3,385への「急騰」の初動的な買い
    ③買われて始まるが、派手な動きでは無くおとなしい動きで
    中期的には緩やかな上昇

    過去の状況から判断すると
    ①'の場合も十分あり得るので安くなれば、目を瞑っての買い(確率35%)
    ②’の場合は寄り付き勝負の買い(確率5%)
    ③の場合は2600円程度迄に分散しての買い(確率60%)

    結論は「取り敢えず買っとく」
    但し、時価総額300億円以下の小型株なので注目度は「超」低い
    忍耐力が必要だし、この程度の期待値であれば他の銘柄でも代替可能
    かなり資金に余裕があるか、高値を掴まされた人か
    特別な思い入れがある人のみ買い推奨

  • 1Q決算は売上/営業利益/経常利益ともに進捗率はかなり良い
    前年同期比でも
    売上 +16%
    営利 +19%
    経利 +39%(何か特殊要因?詳しく短信読んでいないので不明)
    一株利益 +37%

    まあ、普通に考えれば半期終了時点か3Q前後で上方修正のパターンだが
    昨今の半導体需要の不透明さが今後どの様に影響するのやら

    このペース(前年度比+15%程度)だとすると
    EPSは310円~320円か

    PER9倍で  2790-2880
    PER10倍で 3100-3200

    過去最高益更新で2桁成長持続中の銘柄であれば15-20倍程度買われても....
    Holderの欲目全開での目線だが....

  • >>No. 425

     戻り高値更新中で、出来高をともなわずスルスルと上がっているのは
    過熱感がまだ出ていない証拠
     300万株出来る頃は3200-3500円か

     日証金ベースでも貸株残高は日々増加傾向
     当然、うすーい逆日歩の連続してついている

     買い方は恐る恐る買いながら買い残が積み上がり、売り方はもう3000円超えて天井だと祈りながら売り乗せして売り残が積み上がる

     まあ、今後も3000円割れたりして悲喜こもごもの場面が続きそうだが、相場の方向性がはっきりしない局面では手掛けられやすい銘柄なので息は長そう

  • >>No. 312

    信用の取り組みは漸く厚みを増し始めたばかり
    (今後は、売残と買残ともに80-100万株程度まで成長する可能性大)

    業績ではちょっと割高になってきたが
    株価のモメンタム、信用売りの増加スピード、空売り機関の入り方は
    初期段階と判断しても良さそう

    前回のガラの主要因は自己株式の売り出しによる需給悪化
    今回は前回よりも、業績もUPし、需給要因の悪化懸念もない為
    3,200円超えは一里塚か

    一方で、現在の買い方のお花畑状態は大きな懸念点

    さて、3000円の大台で揉んだ後の動きはどうなるか
    面白そう

  •  誰かが指摘していたキャピタルの玉外しは今の所出ていない
     この株のグロース性が危険視されえていたが、米国のリセッション懸念(形式要件だけでない本格的な)が出て来年の金利引き下げの予想も出てきた(勿論、これからまだ利上げは続くきそうだが)
     寧ろ、景気に影響され難い業種&好調な業績を安心視する機関投資家も増えそう
     この株の戻り相場が本格化してきたので、どこまで行くか楽しみ

  • 時価総額も比較にならない位差があるし
    投資家の認知度も同様
    そんな会社に同じ様な動きを求めても荷が重すぎる
    中小型株の「まあ、半導体的な~」程度の株として見てれば
    この動きにも納得できる

    中小型株あるある
    日経、Topixあげてんのに何でこの株下がる~
    同業種の銘柄あげてんのに何でこの株ついてこない~

  • >>No. 655

    お疲れさまでした
    10時半で100万株超の出来高の中には
    こんな怒りの売り切もかなり入ってそう
    また、そんな中に飛び込んだ買い方や売り方が錯綜して
    結構な出来高
    面白い

本文はここまでです このページの先頭へ