IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2566コメント)

  • OktaとCoupは、米の機関投資家とミレニアム世代の投資家が、買いに来ているので、まだまだ、続伸とみます。但し、8月の決算発表で、多少の上下動ありですね。

  • やばい!
    小型ハイテク株の銘柄で、悪い決算があり、コンピュータ売買で、売りが売りを呼んでいるみたい!
    好決算だったCoup software まで、大幅下落!
    今日が、底と思いたいが!

  • 今夜の338が底のようです。
    多分、ここから反発。万が一この底を割るとまださがるかも?

  • Shopifyが、好決算ながら、ここまで下げて来たのは、ロボット会社(6river system)を、4.5億ドルで買収したため→これにより、今後、E-CommerceでAmazonに対応できるというコメントあり。
    9/17には、6億ドル相当の株を、317ドルで売り出したため、昨夜、更にさげたが、バランスシートは改善される。
    また、下げ幅は、400ドルから、ー18%くらい下げて来たので、底と思われる。
    上記で体質強化が進むので、ここから、リバウンドの確率が高まってきた。

  • No.69

    買いたい

    Shopifyが、3/17に自…

    2019/09/21 07:11

    Shopifyが、3/17に自社株を317ドルで、6億ドル分売り出したのが、まだ効いているようです。最終株価で、317.96ドルになったので、まさかの大幅調整、-21%。
    出る釘(年初来、株価2.7倍)は、一旦打たれましたが、短期的悪材料は、出尽くした感が、中長期的には、成長株!
    Oktaも、-24%から、リバウンドし始めたので、ここら辺が底で、来週こそ期待できそう。我慢、我慢!

  • Shopifyが続落が止まらず!??

  • Coupaは、決算発表も良く、17人のアナリストのコンセンサスは、年間株価ターゲットは、最低が139ドル、最高が180ドル、平均が162.93ドルです。
    でも、上がり過ぎたグロス株は、短期的に売られて、Value株に資本が流れているようです。でも、ようやく、殆どのグロス株も、底を打ったようで、米中貿易摩擦が緩和されてくれば、順番に上昇する確率が高まってきました。

  • グロース株は、年初来2倍になって来たため、大調整が続いて、底が見えず、来週も軟調になりそう!
    赤字になる前に、清算決断!証券会社の言うこと聞いて、利得しなかったのが、敗退でした。

  • ウオーレンパフェット氏は、株は売る時ではない、米経済は依然として好調で、6ヶ月前と比べると若干弱い。彼の率いる投資会社ハザウエイは、前週よりも確実に買いに傾いていると言ってます。今は我慢の時のようです。

    一時的に半導体株が大きく売られていますが、コロナウイルス蔓延の勢いは、ピークに達したと中国当局が言ってきており、ダウは、1000ドルも下げ、大幅調整したので、今週中に底入りしそう。
    アゴリズムを用いたコンピュータで売買している米大手投資会社が、下げ幅を大きくしたようにも見えます。
    ピンチはチャンスになりそうで、不良株を切って、優良株(NVDA)の底値を買うのもありですね。

  • NVDAの成功シナリオのゲーム用チップ売り上げが、中国でダメージを受け、まだ下げそうですね。最悪、The S&P 500の調整が、ー10%になると警告している
    アナリストがいるので、NVDAは、ー22%前後くらい下げそう。つまり、230ドルくらいに!
    NVDAの調整はそのくらい来て、更に、米国株の下げがとまらなければ、更に、200ドルくらいまで下げそう。諦めて、半分利得が正解かな!

  • NVDAが下がってきましたが、いよいよ底値に迫ってきてますね。
    これで、262.05で、ほぼ下げ止まるか、後、もう一段くらい、辛いけれど、250ドルくらいまでさげるか?
    ウオーレンパフェット流で、利得せずに、中長期投資スタンスで、ホールド!そして、下げから上昇に転じたら、追加買い!

  • 半導体株は、大きく調整してますが、Coupaは、早くも反転の兆しで、下げ止まってます。ここは、今夜の下げたところで、押し目買いですね。ピンチをチャンスに変えなくては。

  • NVDAを押し目買いするのだったら、262ドルから、-3%くらい下げた、254ドルで今夜の底値だろうところで指値を入れれば、安全そうですね。
    310ドルからは、-18%も下げたところになるので、後、下げても2%くらいか。

  • >>No. 808

    適切なコメントありがとうございます。
    まだまだ、NVDAの業績は揺るがない、いけると思いますが、ここまで、衝動売りも入ってくると、自信がなくなります。そもそも、ゲームソフト用チップの売れ行きの勢いが、急激に無くなるとは思えません。調整するためのこじつけみたい。

  • 少し前に予想した通り、NDVAの調整は、-18%(254ドル)、-20%(248ドル)、-22%(242ドル)くらいと思います。以前にも、このくらいの調整がありました。
    好業績のシナリオ、ゲームソフトチップとデータセンターへの売上げ増大が、崩れたということは、まだないと思います。
    但し、コロナウイルス感染が、世界的なパンデミックになれば、別ですが、そこまでには、ならないと予想します。短期的な混乱は否めないし、中国経済(日本経済)には、短期的にはかなりの打撃。でも、どうして、ここまで不安を煽りたてるのかと、マスコミにも疑問を感じます。

  • ダウ先物は、2019年9月30日に底値をつけた、26573ドルを若干下回った26530ドルまできているので、ここら辺が底値になるのではと思えます。2/12につけた市場高値の29551から、26957まで、2594ドルも下げたので、調整は十分。
    それに、コロナウイルスのパンデミックという言葉も出て、過度に不安心理が煽られている感があります。VIXは、ピークから少し下がってきたし、底値もそろそろ、
    遅くて、来週月曜日くらいか?

  • NVDAは、予想通り、248ドル(310ドルからー20%くらい)まで調整したところから、戻してきた。用心して、まだ、押し目買い入れなかったけど、明日、258ドルくらいで、押し目買いをいれたら良さそう。
    でも、Coupa Softwareを、157ドルで押し目買いを入れたら、151ドルくらいで、買えたみたいで、今、160ドルまでリバウンド!
    ハイテク株は、下げも早く、大きいけれど(ー20%前後)、底入れも早いようです。
    ダウもピークから、昨年9/30の底値より少し下げたところ、ー10%くらい調整して、リバウンドしてきた。やはり、米大手投資家が、アルゴリズムを使って、きっちりコンピュータ計算し尽くして、投資してくるので、一般投資家は、ババを引く可能性が高くなるみたいです。

  • 今夜は、コロナウイルス世界に蔓延の危機で、リスクオフで3度目のダウ大幅下落!
    ハイテク株が底打ちしかけていたのが、クラッシュされた。
    先が見えない。

  • NVDA、半導体株の大幅リバウンドに引っ張られて、全てのハイテク株がAftermarketで、リバウンドする傾向です。ナスダックは、最後に爆上げしてプラス転換。ハイテク株は、揃って、一気に、ー20%前後マイナスになりましたが、来週のリバウンドに期待できますね。
    取り敢えず、NDVAが、上げ過ぎの調整を狙って、買いを入れても良さそう。

    アナリストのコンセンサス予想、12ヶ月ターゲット価格303.8ドル(平均)、360(高値)を目指せ!!

    (アナリスト予想)
    https://jp.investing.com/equities/nvidia-corp-consensus-estimates

  • >>No. 1199

    今年は、ハイテク銘柄の連続好決算続き、NVDAの好決算決算発表後の株価舞い上がりに、心も舞い上がって、欲ボケし、投資判断を間違ってしまった。
    上がり過ぎたら利得を実施しようと証券マン(野村)とも打ち合わせしていたのに、いざ、300ドル超え後の、勢いを目の当たりにしたら、ホールドに変更した途端に、暴落! 証券マン(ファイナンシャルプラナー)も勢いに呑まれ、ホールドに反対せずに、今年の儲けを、吐き出して、リセットさせられたことになった。

    しかし、ピンチがチャンスの格言通り、余裕資金はある程度あるので、どの株が、このような状況下で、強くリバウンドするか見極め、押し目買いをしていけば、
    道は開けると思う。
    まずは、半導体銘柄(NVDAなど)、 コロナウイルス感染に影響されない銘柄、Netflix, Coupa Software、5Gがらみの銘柄などで!

本文はここまでです このページの先頭へ