IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2166コメント)

  • ネタばらし?
    yahoo経済ニュース 週間現在
    ■伝説のサザン初代マネジャー「いまはタクシー運転手。仕事は楽しいね」
     音楽業界に身を投じ、役員まで上り詰めた男は、一転してタクシードライバーとなった。数々の一流アーティストを育てながら、なぜ彼は走る接客業へ転身を遂げたのか。そのすべてを本誌に語った。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180603-00055138-gendaibiz-bus_all

    サザンデビュー40周年に向けての いつもの話題つくり?

    池田潤氏がお金に困るわけねーだろが?記事中でお金に困ってるなんて一切書いてないしね

    △アミューズ 大株主 池田潤 特別利害関係者等 8.25万株 2013年時

    年間配当 320万円 年金も月27~37万ぐらいかな なんでタクシー運転手やってるのかな?
    実際に運転とかしてるのかな? 労組で誘われたっぽいね

  • は? アミューズは桑田金塊を周りの連中がなめずり回って生活してるようなもん そんなのみんな知ってる 何をどうやったって会社に大きく貢献するようなもんはひとつも無し
    すべては 上場企業らしく体裁を保つため アホらしい企業だけど将来は不安なんだろうね

  • 建設的な書き込みがなくなってしまったね

    書き込みしていた人たちは他の板で見かけるね

    ここへの投稿はどうも控えているみたいですね

    また板の雰囲気がよくなれば戻ってくるでしょうね

  • 久しぶりのカイカ板ですが面子がだいぶ入れ替わってますね
    それにしてもよくここまで下がってきたものですね
    毎年毎年 来年に期待したIRも出たことですし、明るい板に戻しましょう

    *商号を「株式会社CAICA」に変更いたします。
    さらに、その事業目的を持株会社移行後の事業に合わせて変更するとともに、子会社化したアイスタディ株式会社の事業に合わせて変更。

    カイカが引っ込んでアイスタディを主軸に持ってきましたね!
    社長もやってもらいましょうよ
    来年の後半あたりから株価は業績チャートになりそうですね
    明日からお年玉で(25-22で拾っていきますか)。

  • 【本日の材料と銘柄】中国、ブロックチェーンの貿易金融への活用模索]】

    24日、中国国家外為管理局(SAFE)がブロックチェーン(分散型台帳)技術を、国境を越えた貿易金融に応用する試験プログラムの対象省および市の数を拡大する方針を明らかにしたことが報じられている。中国はリスク管理を重視しながらブロックチェーン技術と人工知能(AI)をクロスボーダーの貿易金融に応用することを検討しており、今後さらに資本市場の自由化を進める方針だという。

    <2307>クロスキャット{ソフト受託開発が主力。クレジットや金融関連向けに強み}
    <2315>カイカ{金融向け中心のSI。フィンテック関連に注力}
    <3624>アクセルマーク{スマホ向けコンテンツ配信、広告、ゲームの3本柱}
    <3691>リアルワールド{クラウドソーシング大手。AIによるサイト最適化サービスなども}
    <3853>アステリア{システム開発会社。XML専門のソフト開発は日本初}

  • なんとか25円台で仕込むことができました

    来年はとにかく『黒字化』これがすべてでしょうね
    そして・・・始まるんでしょうね きっと! ***祭りが、、、。
    また謎の大口中国人とか出現してくるんでしょうかね?

    とりあえず、超強力助っ人に入ったアイスタのおかげで本物の開花が見れるかも(笑)

  • ちなみに カイカもアイスタもモル癌軍団が仕掛けてますが?
    どうせ裏でグルグルなんでしょうね

  • 2019/12/26 15:07

    今日もしっかり拾えましたよ
    だいぶ仕込み玉も増えてきました
    今年もあと2日間、頑張って拾っていきますかね

    アイスタ∔カイカのセットで1年後はどうなっているのか?
    初動の1年だと構えてますんでプラスになってればいいです
    5年後ぐらいの長期投資です

  • 今日の板運びはなかなかのものでしたね(笑)
    みなさん大人買いでよろしい感じで

    アイスタ∔カイカの長期投資の企みの元、仕込んではいますが
    NISA枠向き銘柄にピッタリですね
    もちろんアイスタが多めですが、カイカもやがて配当が出るようになったらよいですね

  • 主軸のアーティストマネージメントには、もう力を入れそうにないですね

    それで他の事業で結果を出せる企業としての力量があるのかどうか?
    新規事業の成長戦略とか頑張ってもらいたいものですが はたして?

  • 結局ここも長期5年下降トレンドなんですね
    個人的にみどり虫ブームに乗ってサプリもよく飲んでましたが
    なんか懐かしい感じになりました
    株価もそんな感じなんですかね
    実態がよくわからないまま月日がたっていくのでしょうか
    とりあえず 株は触るのをやめましたけど また動き出すんでしょうかね?

  • 何故か?突然に怪しくINしてきた 【2019/12/27 J.P. Morgan Securities】も

    仕事が終わったのか? しっかり引き上げていきましたね 笑。

    これが何を意味しているのか? 勝手に想像でもしてくださいね いろいろと。
    25で仕込んだお年玉が大化けするか楽しみになりました。
    ttps://karauri.net/2315/

    *中東火種でBTCが⤴急騰しそうですが 『地政学リスク=BTC⤴』が社会に浸透してきてるんですね

  • 案の定BTCが動き出しましたね⤴ そのまま上昇しっぱなしはどうか分かりませんが

    カイカの株価が上がっていく保障などまったくありませんが
    所詮、株価なんていうものは、形成されていくものですから株主は黙って期待するしかありませんよね笑 
    今年も夢見てればあっという間に1年なんて過ぎ去りますからね笑

    ★中国の暗号法成立と暗号資産の価値高騰の可能性

    中国人民銀行開発を進めているデジタル人民元は、大学や国の研究機関だけでなく、地方の政府も巻き込みながら、ブロックチェーン技術による新たな金融システム構築が構築される主な原動力となっており、民間の生活や産業など、広い範囲に影響を与えると考えられています。

    また、中国のECサイト最大手であるアリババの前会長は、ビットコインはブロックチェーンの応用の一例に過ぎず、ブロックチェーン自体は一攫千金を狙う存在ではなく、社会が抱える問題を解決する技術であると述べています。簡単にいうと、暗号資産はブロックチェーン技術を利用した一つの例に過ぎず、ブロックチェーン技術の活用範囲はもっと広く、その価値は投資的なものにとどまらないということです。

    現在はビットコインやイーサリアムなどの影響によって、ブロックチェーン=暗号資産というイメージが強いと考えられますが、ブロックチェーン技術がさらに進化して社会のあらゆるところに浸透すれば、ブロックチェーン技術は生活に必要な技術としての地位を獲得するかもしれません。

    そうなれば、そのブロックチェーン技術を応用した暗号資産も一時的な高騰ではなく、価値そのものがさらに上がっていく未来も考えられます。

  • 当方、仮想通貨FXもイジってますんでBTC現物も上昇トレンド入りすれば
    今年一年はすばらしい年になりそうなんですが、こればっかしは分かりませんね
    機は十分熟している感じなんですがね笑

    とにかく金融商品で大きく利を得るのなんて、結果的には運が良かったとしか言えませんからね おのれの過去の戦績がすべてです。

  • ワークマンとライトオンのハイローセット?とか 考えることはみなさん似てきますね笑

    いまんとこイイ感じですからね

  • 幾度とない修羅場を経験した輩なら分かるとおもいますが、株の世界は暗闇です。
    何があっても不思議はないですよ

    今日は、倒産確率15.00%のあの5216(株)倉元製作所が なんと+50(+29.07%) ⤴
    一撃S高つけましたね あいかわらずの仕手筋さんすごいですね

    カイカもフィスコの株価を謎の中国人が十何連荘S高でガチ上げしたように
    期待するしかわれわれにはできません。

    個人的には株価が2倍にもなれば大成功ですよ

  • 2020年スタート!年初から景気の良い上昇をみせるビットコイン

    2020年が明け1週間が経とうとしています。2019年を振り返ってみると、30万円台から150万円へと上昇し、80万円付近でおえるというボラティリティのある相場でした。

    2020年の注目すべきイベントとして、ビットコイン(5月)とモナコイン(10月)の半減期があります。4年に一度の一大イベントであり、過去には価格上昇へとつながっていることから、今年も目が離せないでしょう。

    2019年は、フランスで国が認めたICOが行われたり、米国では下院で「仮想通貨法 2020」が提出されるなど、世界的な法整備の進展がみられました。また、中国がブロックチェーン技術の推進に舵を切ったことも基本的にはプラス材料であると考えられるため、2020年は好材料揃いのスタートとなりました。

  • 総会通知が私のところにも来てました。

    昨年に、本線の仮想通貨利益をこちらに少し回して25円で仕込んでみました。
    長期お宝株になるかもと、ボロ株ポートフォリオ枠に入れたしだいです。

    総会へは行きませんが、何年か先に大きい花が咲くと良いですね(笑)

  • 200円台で仕込んでいますが、大きく上昇していくには実績が必要でね

    長期お宝株として見守っていきますが、個人的には穏やかな動きを希望します。

本文はここまでです このページの先頭へ