ここから本文です

投稿コメント一覧 (1138コメント)

  • 今となっては東芝メモリーを売って正解でしたね

  • 取扱商品高の伸びが鈍化。年間購入会員数は減少…。前澤友作社長が姿を見せないZOZOの決算発表で幹部から語られたのは、成長鈍化のリスクをまざまざと見せつける内容だった。10%割引で出店ブランドの離反を招いた“飛び道具”も、もはや使えない。ZOZOの次なる成長の手段が見えない。

  • 「一日オナラ100回」の前澤社長。オナラキャラが確立してきました。
    肛門の筋肉に力をいれ、少しだけ開いてゆっくり出すようにすると消音できる。

  • 屁こき100連発ロケットで月旅行

  • 株式で食ってるやつはどんなに儲けても税金は20% 給与所得者は最高で55%
    アホらしくなる

  • 吉本興業に所属する芸人が反社会的勢力の会合に参加した闇営業を巡る問題で、当事者の宮迫博之と田村亮が緊急会見を開いたのは7月20日。同日、前澤氏はすかさずこれについてツイート。〈宮迫さんの会見ちょっと見たけど、神妙な顔して謝罪してるのになぜかくすっと笑ってしまった〉〈会見場の雰囲気やライティング、お二人のメイク、事務所の暴露話、どれをとってもしっかり作り込まれているように感じた〉などと投稿したことで、案の定、大炎上を遂げたのだ。
    「《まだまだ活躍する人だなって思った》《反省はしているんだろうけど、このお二人、いろいろ諦めていないと思う》とも綴っていましたが、《またしゃしゃり出てきた》《真面目な会見に対して常識を疑う》《ただ自分の分析が言いたいだけ》と、ひどい叩かれようでしたね」(ネットウオッチャー)

  • ひろ そうやって見ていくと、市場として成立してないものを育てる忍耐力とか根性やビジョンみたいなものがない気がするので、オンラインで足のサイズを計測する市場を大きくする前に飽きたり、損切りして撤退しちゃうんじゃないかなと。
    前澤社長って、本当はビジョンのある人なのかもしれないですけど、メディアに出てくる情報しか知らない僕からすると、そう見えてしまうんですよね。
    ホリ なるほどね。

  • 「今年2月に豪邸の建設中断が報じられましたが、実は資金難を疑う声もあるのです。5月に前澤氏は所蔵する現代アート作品2点をオークションに出品。約8億8000万円で売れました。しかし、大事なコレクションに手を付けたことで、株式市場では資金繰りが危惧され、ZOZO株も大量に売られました。そんな事情が豪邸工事にも影響しているのではというわけです」(同)
     剛力とはテニスの『ウィンブルドン選手権』決勝戦を一緒に観戦するなど極めて順調なようだが、豪邸の方は果たしてどうなるのか…

  • 難病で苦しむ3歳児の心臓移植を実現するため、ZOZOの前澤友作社長が募金を呼びかけたところ、猛烈なバッシングを受けた。なぜなのか。フリーランス麻酔科医の筒井冨美氏は「アメリカもドナー(臓器提供者)が不足している。日本人が渡航移植すると、助かるはずだった米国人患者が助からなくなる」という――

  • 2019/07/19 10:22

    猿の屁こき上げ

  • 一部上場の社長がオナラ100発とか
    株主をなめている

  • 100回もオナラ出るなら へこきロケットで月いけるぞ

  • 一日100回くらいオナラが出る。飛行機乗って海外行く時とか、機内でできないから、着く頃にはお腹張りすぎて激痛でいつも大変だった。今はプライベートジェットの中でオナラこきまくれて快感。飛行機買って良かったあといつも思う。」

    ホントにバカだと思う。ジェット機の中で、この前沢の臭い屁を剛力彩芽が我慢しているところを想像すると剛力は売られた〇郎にも思えてくる。
    いやいや、自分のおならは臭くないというから、前沢の屁は剛力には臭くないんだろう。

  • ZOZOの前澤友作社長(43)が、東京の高校生が開発に取り組む「オナラの音と臭いを消すパンツ」に期待を寄せた。
    前澤氏は15日、ツイッターを更新。東京の高校生3人がオナラの音と臭いの両方を消すパンツの開発に取り組み、商品化を目指していることを紹介した「高校生新聞」の記事をリツイートし、「宇宙に持って行きたい!切実」と、計画中の月旅行出発までに商品化されることを期待した。
    前澤氏はSNSなどで「一日100回くらいオナラが出る」と明かしており、昨年10月には「飛行機乗って海外行く時とか、機内でできないから、着く頃にはお腹張りすぎて激痛でいつも大変だった。今はプライベートジェットの中でオナラこきまくれて快感 飛行機買って良かったあといつも思う」とツイート。「

  • 件の前澤氏のツイートに対するコメントを見ても、「月収安くないですか」「給料安い…」「残業が月30時間???それで20万!?残業なかったら16万くらい?安すぎだろ」「想像よりも給料が安いことに驚きました」など、給与の安さに愕然としているフォロワーは少なくなかった。
    「7月9日発売の『フラッシュ』によると、前澤氏が千葉市内に建築中の豪邸は総工費100億円にも上り、今も工事は続いているといいます。工期が延びれば、さらに費用は高くなるはずです。また、18年9月の『女性セブン』は、前澤氏が2023年に予定している月旅行の費用は700億〜1000億円と伝えています。さらに、一部売却したとはいえ、多数の絵画や高級車も所有しています。ZOZOの社員が前澤氏の金遣いをどう見ているのか気になりますね」
     社員の恨み節が聞こえてきそうだ

  • 「僕は背が小さく、足も短い。ZOZOTOWN(ゾゾタウン)にある約65万アイテムから探しても、自分の体に合う商品がなかなか見つからない。それがコンプレックスで悩んできた」
     ファッションのネット通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ(2018年10月1日に社名をZOZOに変更予定)の前沢友作社長は、2018年7月3日に開催したPB(プライベートブランド)商品「ZOZO(ゾゾ)」の記者会見で、こう告白した。

  • 消費増税 衣料品は一番打撃くらうよ

  • ミスチル好きなのか?
    ひょっとして中2病

  • 「もう5年以上も工事が続いているのに、さらに工期が1年延びるというんですよ」

     千葉市内の閑静な高級住宅街。その一角で、巨大な工事用の仮囲いの中にそびえたつのは、ZOZO・前澤友作社長(43)の「総工費100億円」ともいわれる大豪邸だ。その工事をめぐって、近隣住民から不満の声が上がっているという。

  • イスタンブール宣言の趣旨に反する渡航移植を行うことによって海外で非難されるという倫理的、道義的な問題があります。そして、日本の移植医療の根本的な問題であるドナー不足に世間の注目が集まらず、結果的により多くの患者が救われる機会が失われてしまいます。それにもかかわらず有名人が繰り返し支援をすることで、海外移植が正しいことだと多くの人が思いこんでしまいます。
     目の前で困っている子供がいると多くの方が言いますが、これらの問題点を一切解決しないまま移植ツーリズムのために高額募金を集める切羽詰まった報道が10年以上繰り返されています。このままでは10年後にも同じように募金活動をしていることになります。渡航移植を美談にせず、日本の移植医療が変わってほしいと願っています。
    前猿は売名行為でやってる すべて株価を上昇させるため

本文はここまでです このページの先頭へ