ここから本文です

投稿コメント一覧 (57コメント)

  • >>No. 443

     早速ありがとうございました。
     3年以上とはしつこいですね。

  • >>No. 437

     モルガンスタンレーってこんなアコギな事をしているのですか?
     失望しました。
     11年前からあるファンドの講師で好きになった東京海上アセットマネジメントの平山賢一さんが、3.11東日本大震災の後に、モルガンスタンレーが日本の支援に入ったと評価していたことを思い出しますが…。歴史的にも関東大震災の際に日本の支援に入ったと聞いたのですが…。ウイキペディアにも以下のとおりの記載があるのですが、一遍に失望しました。
    (ウイキペディア)
     1924年(大正13年):前身にあたるモルガン商会が、関東大震災の発生を受けて日本政府が発行した総額1億5,000万ドルの震災善後処理公債を引受

  • >>No. 422

     5月6日の日経新聞第1面によると、「月内に三菱商事と千代田化工が取締役会を開き正式に再建策を決める」となっています。
     5月16日付千代建HPニュースで6月25日付人事(取締役、執行役員)が発表されていますが、段々動いているので突破して欲しいです。

  • >>No. 413

     20年近く前にLNG基地建設の話があって調査したことがありますが、全国的に重大な事故はありませんでした。その後、そのLNG基地は建設が許可されましたが、安全に運転されています。
     厳しい安全対策が課されているのと、LPG(液化石油ガス;プロパン、ブタンなど)と異なり空気よりも軽いため大気への拡散が早いためかなと思っています。
     LPGは空気よりも重いため、窪地などで滞留して、時々人身事故があります。
     とにかくLNGプラント技術は高度な技術の集積だと思います。
     千代田化工の技術に期待しています。

  • >>No. 359

     素晴らしいコメントに感謝です!同感です!
     「朝からゴキブリるり子 」の連日の投稿にうんざりしている時に本当の投資家の投稿に心打たれました。
     人口は世界で毎日数十万人増加しているので、必要な資材、物資、エネルギーを供給する企業は世界に必要ですね。流行に踊らされたらダメですね。
     また、地球環境を考えると再生可能エネルギーは世界の希望ですね。
     それまで、LNG、水素など比較的低炭素なエネルギーが絶対必要と思います。
     その意味で千代田化工の技術は世界に不可欠だと思います。
     今朝、日経CNBCにユーグレナの出雲社長が出ていましたが、バイオジェット燃料の連携企業の中に千代田化工が出ていました。
     これも20年ほど前に経産省関係の研究所で調査していたので応援(株を買って)しています。千代田化工は千葉で国内で最大級のバイオマス発電所を建設しています。バイオマスエネルギーはIPCCでも二酸化炭素フリーの技術となっており千代田化工に期待です。
     長く千代田化工を応援しましょう!

  •  増収増益でも株は上がらないのは2020年3月会社予想が減収減益だからなのですか?
     水質汚濁防止関係元プロから見たら、地味ですがいい仕事していると思います。
     今でこそ環境関係がクローズアップされていますが、もともと地味な分野で長く継続してやらないといけない仕事と思っています。
     しかし会社としては日経新聞1面に広告を出すだけでなく、自社株買いなど投資家対応をもっとやらないといけないのではないでしょうか?
     ずっとホルダーで応援しています。

  • >>No. 206

    確かに千代田化工HP本日のニュースにありますね。
    大いに期待しましょう!

    「米国キャメロンLNGプロジェクト第1系列が液化天然ガス生産開始」
    3系列全てが完成するとLNGの年間輸出量は1200万トン超となり世界最大級の
    LNG生産設備となります。

  • 603Legendary_Hering さんいい情報ありがとう!

     LNG(Liquified Natural Gas)(は世界の流れなんですよね!
     地球温暖化防止(世界的にはストップザ「気候変動」!)は世界の流れで、石炭火力は二酸化炭素排出量が大きいため廃止の流れなんですね。日本には石炭火力でも超効率の高いIHIなどのIGCCという技術がありますが仕方ないですね。
     それに加えて、日本は世界的にトップの技術を保有する「水素社会」を目指すことになった(4月23日日経新聞夕刊)。エネルギーは、「LNGと水素」で決まった。
     両方の技術で日本のみならず世界のトップ技術を持っている千代建に期待大です。
     最大の株主で社長まで送っている三菱商事が手放すことは絶対にありません!
     「男はだまって千代建」です。令和は千代建で決まった。
      連休明けが楽しみだ!
      でもずっと保有しますが…。

  • No.510

    強く買いたい

    「CO2ゼロ」水素が主役 政府…

    2019/04/24 13:03

    「CO2ゼロ」水素が主役 政府、国連に戦略提出へ

     昨日の日経新聞夕刊に標記タイトルと下記の記事が出ていた。
    千代建は水素技術の蓄積があるので大いに期待している!
    国内企業では、岩谷産業、千代建、川重ですね。

    「CO2ゼロ」水素が主役 政府、国連に戦略提出へ 30年後、製造費9割減に
    2019/4/23付日本経済新聞 夕刊
    政府は23日、日本が排出する温暖化ガスを今世紀後半の早い時期までに実質ゼロにする戦略をまとめた。二酸化炭素(CO2)を出さない水素エネルギーの製造コストを2050年までに10分の1以下に引き下げ、燃料電池自動車(FCV)や水素発電を広く普及させる。温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」に基づき、政府は戦略を6月中旬に国連に提出する方針だ。

  • No.349

    強く買いたい

    5月9日14時決算発表予定です…

    2019/04/19 13:41

     5月9日14時決算発表予定ですが、IR情報2019年3月29日では次の通り書いてあり、「具体的な財務体質の強化策が決定次第、すみやかに公表」とあるので、来週あたり公表されるのではないでしょうか?

    >中期経営計画の見直しに基づく財務体質強化策のご報告に関して
    >IR情報2019年3月29日
    >当社は2019年3月期第2四半期決算発表において、財務体質の強化に向けた取り組みを策定中であること、また2019年3月末を目標にその具体策を取りまとめる予定である旨をお知らせ致しましたが、現在、主なステークホルダーとの協議を継続しており、調整を行っている段階です。具体的な財務体質の強化策が決定次第、すみやかに公表致します。

  • >今だ決算の時期まだ決めてないやろ?

    →5月9日14時(4月15日 会社ニュースに出ています)

  • >だって 52億円の追加損失発表が昨日出たばかりでしょ?
    3月20日発表の現時点での判断ですね。

  • 2019/04/03 23:50

    日経新聞に出てましたね。
    水素社会、日本も早くしないといけませんね。
    千代健は岩谷産業とともに水素技術強い会社です。
    電気自動車もいいですが、発電に問題があります。

    (本日の日経新聞)
    岩谷産業は米国で燃料電池車(FCV)向け水素ステーション事業に参入する。独産業ガス大手メッサー・グループがカリフォルニア州に持つ水素ステーション4カ所を買収し、日本企業で初めて運営を始める。数年後には20カ所程度に広げる。同州はFCVを中心に水素エネルギーの活用が進んでいる。日本企業による水素エネルギーの海外展開に弾みをつける。

  • >再生計画は出来上がりつつある、、IR出てますね^_^
     お千代さんHPニュース欄で、確認しました。ありがとうございました!
     (1)入社式メッセージ要約
        当社では、まもなく再生計画が本格稼働します。
        人材育成を今まで以上に強化。
     (2)期首メッセージ要約
       「千代田グループの未来を拓く1年に!」
        ①リスクマネジメント力強化
        ②人材の育成
        ③産業・事業構想力などによる「未来の絵姿の構築」
         エンジニアリング=ハイドロカーボン(炭化水素→LPGなど)
         など既成概念を脱却

        期待しよう!

  • >EVブームの次にはFCVのメガトレンドが来る 日本のダントツ水素技術が世界を>圧倒する
     同感です!。
     電気自動車は電力不足の問題を抱えており、燃料電池車への再注目が必要だ。
     幸い日本の水素技術は世界のトップを走っている。
     水素関連では、千代田化工建設、川崎市重工、岩谷産業です。
     特に千代田化工が危険な高圧ガスである水素をトルエン誘導体にして安全に運搬貯蔵出来るようにした技術を称賛したい。
     世界のトレンドは低炭素社会です。二酸化炭素の排出が比較的少ないLNG技術とCO2フリーの水素技術、こんな安値の株価、三菱商事何とかしないと世界の笑いものです。

  • 2019/03/23 13:18

    日経新聞22日(夕刊一面)23日(朝刊)に下記の通りの記事が出ていました。
    千代田化工は既にJXTGと水素技術で連携(3月15日千代田化工HPニュース「CO2フリー水素」世界初:東大、JXTG、千代田化工)しているので東電、中部電力とも連携して水素社会を目指すことになるわけですが…。

    (3月22日(夕)日経新聞)
    東京電力ホールディングスと中部電力が折半出資する火力発電会社のJERAは水素事業に参入する。JXTGエネルギーと共同で世界最大級の製造設備をつくり2020年6月に稼働させる。東京五輪では水素を活用した燃料電池バスを100台使用する計画もあり、供給拠点にする。水素を活用した蓄電技術が将来実現する可能性をにらみ、ノウハウを得る狙いもある。

  •  私もうっかり買ってしまいました。
     ここまで下げるとは?!、貧乏で含み損かかえていますが、会社経営陣に気持ちを伝えたいとの思いです。
     いい技術持っているのですがね。経営陣の問題です。
     特に水素の貯蔵運搬技術、今後この国は水素社会も大事です。
     昔、水素ガス(赤色ボンベ)は怖いので恐々ボンベを扱っていましたが、常温で安全に運搬貯蔵できるようにトルエン誘導体にして運搬するなんて夢のような技術と評価しています。

  • >>No. 1236

    >2020年「オリンピックにジェット機をこの燃料で飛ばす」というのは既定路線です!全日空も応援しています!
    IHIもNEDOの補助金を得て神戸大学と組んでタイで実証試験を続けていますが、昨年12月3日IHIプレスリリースによると、昭和シェル石油と組んでバイオジェット燃料供給体制構築を進めているようです。石油製ジェット燃料と混ぜないと供給が追い付かないのでしょう。
     ここは、オールニッポンで2020年オリンピックでジェット機を飛ばしましょう!
     都市鉱山(ケイタイ、パソコンなど)からオリンピックメダルをつくることになっていますが、バイオ燃料でジェット機を飛ばすのも東京オリンピックのすごいメニューです!

  • >>No. 1097

    >微細藻類によるジェット燃料創出については、古くから研究されており、IHIも実用化に向けて研究を鹿児島や東南アジアでやっていました。まだ続けていると思います。ユーグレナもIHIもNEDOの補助金が入っています。

     国策事業です。ずっと期待して含み損抱えながら我慢重ねた90番です。
     2020年「オリンピックにジェット機をこの燃料で飛ばす」というのは既定路線です!全日空も応援しています!

  • >>No. 1087

    >そして今回はトヨタ系の2兆円企業デンソー。
    20年ほど前バイオマスエネルギー(正式名称バイオエネルギー)を調査していた時にもトヨタは熱心でした。石油の枯渇や化石燃料使用による地球温暖化問題を懸念していたと思います。
    微細藻類によるジェット燃料創出については、古くから研究されており、IHIも実用化に向けて研究を鹿児島や東南アジアでやっていました。まだ続けていると思います。ユーグレナもIHIもNEDOの補助金が入っています。NEDOすなわち経産省はずっと前から技術を認めていました。あとはコストだけです。大いに期待していて大きな含み損をかかえながら我慢しています。

本文はここまでです このページの先頭へ