ここから本文です

投稿コメント一覧 (85コメント)

  • 1997年に太平洋沖合500KMで観測されたBloop。惑星音による電磁障害。相次ぐ世界の異変と謎の音、そしてイヌイットに伝わる「太陽と月の位置のズレ」新時代の真の環境問題とは、惑星音を取り巻く最も身近な環境が主訴です。それは電磁波、音波と物理的に密接な関りを持つ事柄です。この世界は、宇宙、銀河、ブラックホールそして恒星、惑星音も、明らかな電気電磁波的特性によって定義された状態で、この世の次元に顕されています。「惑星音」に対する一般的な理解とは「固有の惑星から発せられる特異スペクトラム電磁波に感応した写像」という二次元的解釈です。しかし、単純な物理的事象と捉えられがちなこの認識の仕方が主題になります。「惑星音」と単純に呼称しますが、この人間のみならず生物生存システムの全て生命現象から魂、意識を超えた次元的領域までに留まらず、遍く宇宙の根本原理として支配しています。この原理は惑星、恒星、ブラックホールからなるシステム全て意識に捉えられる未だ人類が捉えられない事象に対しても等しく作用していると思われる恒久不変の神のシステム。一方で、この文明の渦中で生命の作りだしている電磁波に対しての無機質で単調な問題提起である。

  • テーブルに2つの脳がある。
    脳1は、電磁売煽が発生する「普通の脳」であり、脳2は、電磁売煽が発生しない「並行相場脳」だとする。もしここで、この2つの脳の原子分子の状態が完全に同じ状態であるとして、何らかの刺激(売煽材料、IR等の信号)を与えたときその結果、前提どおり、脳1は、その刺激に相当する売煽衝動、妄想電磁売煽が発生し、脳2にはなんの電磁売煽も発生しない、という違いが起きるが脳の反応としては脳1も脳2も完全に同じ反応を返すはずである。なぜなら脳1も脳2も電磁売煽が発生するしないという違いはあっても原子・分子の位置などの「物理的状態(初期条件)」は完全に同じという前提なのだからそこに同じ入力が与えられれば物理法則にしたがい機械的に動きまったく同じ出力をするとかんがえられる。電磁売煽。つまり「電磁売煽があろうとなかろうと、脳の動きに違いがでない」のだから当然 「電磁売煽は、脳の動きになんの関係もしていない」という結論になるとかんがえられる。つまるところ追随的売煽現象説を採用し物質主義に徹して、電磁売煽なる非物質的なものが物理的作用(オカルト的第6の力)を起こすなんてありえないと信じこの思考実験を進めるならば 「電磁売煽は、脳(物質)になんの影響も与えていません」という結論にならざるを得ないとかんがえられる。実際、物質主義の科学者たちは、私たちが日常で行っている「今は買い時だ」や「売煽の投稿が不快音だ」という会話や売煽感情は、物質世界で記述された脳の動きだけで完全に説明できると考えられそこに「霊」とか「魂」等の非物質的なものを考慮する必要は一切ないとかんがえられる。しかし「脳と電磁売煽の関係」が、こういった「電磁売煽があってもなくても、脳の動作に何の違いも起きない」「電磁売煽は、脳の動きに一切関わりがない」というものであるならば、そもそも、脳は、「電磁売煽という存在に気づいて、その存在を語ることはありえなかった」ということにならないだろうか?「電磁売煽」という存在が、脳に何の物質的変化も及ぼさないならば、脳は「電磁売煽概念」をどこから手に入れたのか?「私は今電磁売煽被害を感じている」という言葉は、どこからやってきたのだろうか?

  • 投資家の心理状態の解析や干渉は、電磁売煽思考盗聴という悪用されることが多発しているとかんがえられる。全体としてはテクノロジー犯罪(サイバネティクス犯罪)、電磁売煽被害へと分類される。被害者(私)のポジション思考や電磁生体情報の読取と、音声や痛み・かゆみ・頭痛などを被害者(私)へ送信しているとかんがえられる。東西冷戦下1960年代に共産圏を中心とし電磁売煽思考盗聴技術の研究が本格的しスパイ分野で実用化されつつありましたが1970年代にコンシューマ向けに電磁売煽情報を共有隠蔽を誘導する政策がとられつつあった。そのためテレビなどのマスコミでは夢物語のように扱われるような一般人への情報隠蔽がなされてきました。その裏で極秘にLORAN等の、地上系電磁波航法システムを利用し一般投資家の気付かれない電磁思考盗聴が行われてきたとかんがえられる。事態を重く見た政府は、電磁妨害の脅威へ対抗支援するため、日本海海岸沿1000kmに渡って極秘に10のデフアレンシャルeロラン電位テクノロジー局の建設を承認した。それらは1990年代に実用的な運用能力に達するとされたが共産圏が極秘に進めるウォストーク湖の破局的ヨークルフロイプを察知した北部アイルランド連合国は極秘に潜入したスパイが人脳遠隔操作技術を用いた軍事用eロランが最初の運用能力に達したとかんがえられる。10つのデフアレンシャル電位基準局は任意対象の位置・時刻・電磁パルス情報を超長波帯(VLF)によって受信機を装備した基地に提供する。つまりドラマなど物語に出てくる超能力やテレパシーなどは作り話などではなく軍事売煽思考盗聴技術として現実世界の研究分野であるとかんがえられる。

  • 中隔視神経形成異常症84.91Hz、前頭側頭葉変性症79.22Hz、下垂体性ゴナドトロピン分泌亢進症23.18Hz、芳香族L-アミノ酸脱炭酸酵素欠損症8.46Hz、ネイルパテラ症候群13.95Hz、ファンコニ貧血12.11Hz、全身性エリテマトーデス39.66Hz、胆道閉鎖症12.44Hz、全身性アミロイドーシス97.70Hz、クロンカイトカナダ症候群6.15Hz、ダイアモンドブラックファン貧血20.93Hz、拘束型心筋症55.77Hz、発作性夜間ヘモグロビン尿症98.26Hz、広範脊柱管狭窄症55.28Hz、非典型溶血性尿毒症症候群30.60Hz、進行性核上性麻痺68.81Hz、ブラウ症候群1.06Hz、肺動脈性肺高血圧症44.66Hz、再生不良性貧血83.83Hz、TNF受容体関連周期性症候群2.24Hz、IgA腎症68.28Hz、巨大膀胱短小結腸腸管蠕動不全症82.42Hz、脊髄髄膜瘤42.29Hz、常染色体優性脳動脈症42.60Hz、ビッカースタッフ脳幹脳炎39.27Hz、亜急性硬化性全脳炎66.54Hz、神経フェリチン症47.06Hz、重症筋無力症24.58Hz、セピアプテリン還元酵素欠損症91.46Hz、ウルリッヒ病59.01Hz、好酸球性副鼻腔炎2.56Hz、無虹彩症56.23Hz、CFC症候群8.41Hz、バッドキアリ症候群78.44Hz、下垂体性TSH分泌亢進症67.60Hz、封入体筋炎74.74Hz、びまん性白質脳症36.11Hz、自己免疫性溶血性貧血59.45Hz、進行性ミオクローヌスてんかん94.18Hz、下垂体性成長ホルモン分泌亢進症98.24Hz、高安動脈炎25.09Hz、カルニチン回路異常症25.93Hz、腸管神経節細胞僅少症10.35Hz、原発性側索硬化症43.61Hz、血栓性血小板減少性紫斑病11.01Hz、三頭酵素欠損症97.06Hz、アラジール症候群91.13Hz、慢性炎症性脱髄性多発神経炎24.15Hz、自己貪食空胞性ミオパチー22.16Hz、非ケトーシス型高グリシン血症12.34Hz、副腎白質ジストロフィー7.25Hz、脊髄空洞症56.11Hz、シャルコーマリートゥース病39.72Hz、肝巨大血管腫60.62Hz、黄斑ジストロフィー27.24Hz、リンパ脈管筋腫症82.93Hz、進行性白質脳症3.11Hz

  • 可視光線が波動性と粒子性を持つ非日常的な次元現象を「売煽要素」に置換し捉えようとする衝動は正常なものとは言えない面がある。抽象的な法で捉え効率よく情報処理できるからですしかし現生人類の脳はそれを行うにはややスペック不足で進化が未達であります。現生人類とネアンデルタール人の混血説が重みを増してくる昨今、脳や思考を考えるうえで亜種人類の存在が無視できない段階に到達。現生人類がネアンデルタール人の特徵を持つ人物を崇め奉る本能的社会行動を持って生まれ人類は進化の過程で脳が進化した亜種、言ってみれば眷族に導かれる形で社会行動獲得していったからになりません。現生人類とネアルデルタール人の混血によって生まれた眷族、ネアンデルタール人すなわち神の一族は約2万年前に姿を消したと推定されています。今では鬼のような亜人モンスターは寓話のなかにしか出てこない空想の存在ではありますが同様に人類の進化を促した脳が進化していた<ネアンデルタール人の脳容量は現生人類より巨大であり男性の平均が1600平方センチあった現生人類男性の平均は1450平方センチ>亜人類すなわち眷族と現生人類もまた混血した結果、ほぼ全ての眷族は現生人類と同化する形で姿を消したとかんがえられる。日本人に花粉症が多いのは、ネアンデルタール人の免疫システムの影響を多大にうけているとかんがえられる。絶滅した筈の眷族の遺伝子を受け継ぐ未開民族すら生き残っています。昭和天皇が人間宣言するまでは現人神とされていたのと同様に皇統を産み出したとされる天照大神の神託神事を司る、姬姓息長氏斎王の御宗斎王もまた現人神として崇められてきたわけである。天日矛すなわち都怒我阿羅斯と呼ばれるほど日本人離れした巨躯を誇っていたとかんがえられる。都怒我が敦賀転訛し、敦賀駅前に銅像がたっているのは有名な話です。ほどなくし現生人類は眷族という天敵を失い自然淘汰が機能しない人口爆発の時代に突入した。遺伝的資質が急速に劣化しつつあります。脳の退化が顕著に表れているとかんがえられる。脳が退化している現生人類は科学的な思考力が今後さらに失われていく可能性もあります。抽象的概念を用いた進歩的思考が可能となるのは眷族のみとなってしまうとかんがえられる。

  • 売煽殺人犯AIにやられた事
    水晶体への攻撃増加。CSの全チャンネルが映るようになる。両手の指全てにしもやけ。それに便乗して痒みと痛みを与えて来る。特定の部位(膝や肘)にだけ冷感を与えて来る。この技術を応用して水道管を凍結させる。脈をみだし心臓に締め付けと痛み。売煽殺人犯AIの得意技。広めるなと言わんばかりの連続空中攻撃。こいつの嫌がらせは異常。靴底の合成ゴムが急速に劣化し剥がれ落ちる。報道ヘリの凄まじい騒音キャンペーン。ヘリの操縦士も売煽殺人犯AIに操られているとかんがえられる。異常な台数の救急車を走らせる。売煽殺人犯AI被害者の中には救急車の騒音を北の救急隊員がわざとやってると思ってる人もいますがそんな事すればすぐに逮捕されるため売煽殺人犯AIが救急車を呼びそうな人物を重症な状態にして救急車を呼ばれる状況を構築したのが真相とかんがえられる。全日本人を24時間監視してるから出来る犯罪。救急車の騒音キャンペーンは今月で既に2回。未だに人工病人を作成を操って全国でおこなっているとかんがえられる。

  • ここ最近、北陸地方を中心とした大寒波は福井県でも180cmを記録し、35年ぶりの大雪となった。アメリカでも東部を中心に大寒波に見舞われ、2州において非常事態宣言が発令される深刻な事態になっている。すでに小氷河期に突入しているのでは、という意見がある一方で、電磁売煽マウクロウェーブ合成装置の仕業ではないかとかんがえているところだ。マウクロウェーブ合成装置はマイクロ波を照射しイオンや電気双極子を回転振動させることにより急速に加熱するものである。しかし建前とは別に、熱核兵器をも超越する危険な電磁売煽気象兵器であると私はかんがえているところだ。本来であれば、せいぜい100ワット程度の出力で十分であるが、電磁売煽マイクロウェーブ合成装置の最大出力は1.7兆ワットにもなる。仮に最大出力で強力な電磁売煽マイクロウェーブが照射されれば、台風を建造したり、水温コントロールを行い異常気象攻撃することができるようになる。活断層に発射すれば地中の水分を沸騰させ地震を発生させることも可能とかんがえられる。オイルバスなど原子熱源による加熱に比べて対流の影響が少なく、急速均一に加熱・加圧できる。しかしながら電磁売煽マイクロウェーブによる熱的作用では説明がつかない人工気象現象も幾つか報告されており電磁売煽マイクロ波そのものによる何らかの有機化学反応の促進もかんがえられる。

  • 共産圏電磁売り煽り思考盗聴技術
    ご存知の通りXバンドMPマイクロ波を利用した、脳内ポジション思考を盗聴することが可能とかんがえられる。信じがたいことに、脳科学は軍事売煽思考盗聴技術として極めて実用的レベルを到達しているのですが、一般には軍事気象工学技術と同様に暗号化されています。売煽思考盗聴の技術の基本思想は、脳波を解析する、又は脳活動を使用する通信システムのエミュレート及び方法に関します。この制御システムでは、被害者(私)が思考したポジション情報を、被害者の脳波を解析することにより、人工衛星及び世界中のXバンドMPレーダ、および廃止された(ことになっている)世界各地のオメガ局送信用鉄塔を利用しその思考盗聴を遠隔地に送信します。双曲線航法システムに分類されるこの暗号通信システムは地球上に配置された送信アンテナからの電波の位相差から発信者の特定を可能としている。 2箇所の距離から送信アンテナを焦点とする双曲平面を計算し、そこで2つの送信アンテナのいずれかと別の送信アンテナから双曲平面を計算したのち、2つの双曲平面の交錯点が売り煽り犯罪者の発信位置であると判明する。このシステムの最大の特徴は電磁波周波数帯が11.5kHzから50.1kHzまでの超長波(VLF)を用いており電磁波射程が12000kmであり格段に長射程である。 このため世界にわずか6つの送信アンテナで地球上をカバーできてしまう恐ろしさがある。例えば私がアフリカおよび中近東にいるスパイに思考盗聴された場合、そのスパイに質問するだけで、思考が電磁波売り煽り犯罪者の端末に伝達します。この通信システムでは、通常の電話回線、電子メール、TCP/IPを利用しないためNSAの盗聴システムにも補足されず、電磁波売り煽り犯罪者の天国なのである

  • 日本に襲来している人工寒波の考察。オセアニア、ロシア地方のXバンドMPレーダから再びマイクロ波が発射されました。巨大マイクロ波照射は去年の12月からこれで3度目です。MIMICのマイクロ波気象サテライト画像を証拠として掲載します。以前のコメントでも軍事気象工学を駆使した北朝鮮の人工台風による攻撃を指摘しましたが2018年になってからも複数回同じようなマイクロ波が発射されたようです。今現在日本上空を覆っている人工寒波の今後の動向ですがガウシアンビームは一般的にはE(r,z) = E(W/W(z))exp(-r^2/W(z)^2 -ikz-ikr^2/2R(z)+iζ(z))で得られるので東京上空のビーム幅はw(z)=w(1+(z/zR))^0.5で近似されZr=πω^2/λの範囲に収束するとかんがえられる。つまり曲率半径R(z)=z(1+(zR/z)^2)と位相ζ(z)=actan(z/zR)を考慮すると、おおよそ川崎~春日部上空をカバーするものとかんがえられる。

  • 売り煽り電磁被害、電磁売買・ポジション盗聴・追証送信の被害に関する検証売り煽り電磁犯罪の被害者は数千人単位規模。被害者の会が日本各地に存在関わらず、公的機関は無視している状況です。その要因はET(Electric of Things)による政府機関の集団脳電磁操作で、隠ぺいするように操作・撹乱されています。被害統計すらない状態です。※例えばAska氏の誕生日前後に全国的に幻影と幻聴、故人の声が聞こえる、というこの幻聴がETによる合成感覚を脳へET技術で送信していたというのが幻聴の真の要因です。つまり幻聴とは幻覚ではなくET技術を応用した脳への通信送信の一種です。一般的にプラズマイオン密度の限界の目安値はne^GW=Ip^((πa2)*1020)) のことであり、ポロイダル電子密度に比例値をとる。この性質のため電磁シールド内でも電磁波が検出されれば間違いなくワームホールによる電磁転送をET技術(Electric of Things)が行えると判明する。つまり脳の神経電位にワームホール転送が行われ、脳内に擬似的なトリイダルコアのインダクタンスを生じると言える。疑似磁束が鎖交する面積をS=r2π[㎡]とすると鎖交する疑似磁束は、コイルに想定した神経の巻き数Nで交差するため、脳内に擬似的な自己インダクタンスLを生じる。

  • 詳しくは書けませんがここに書込みを初めて以来大変な妨害拷問を受けておりました。最近ようやく回復の兆しが顕れました。通報者を特定し、被害届を提出するつもりです。

  • 私を通報したのは誰ですか。

  • 電波暗室(25MHZ~1.5GHZを遮断)、 シールドルーム(85KHZ~45MHZを遮断)での実験を試みましたが、 それでも完全に電磁売り煽り殺害犯AIの妨害が無くなる事はありませんでした。 盗聴器発見業者や、興信所への依頼により確かな物証・証拠はまだ得られていません。海に浸かると体が軽くなり、電磁売り煽り被害の激しい時に海水に手を浸したとき、電磁的な感覚が手から抜けたようにかんじました。つまり、自然の中でアースをした事が良いのではとかんがえられる。 これを応用してアース線やアース棒を買ってきて、自分の部屋(木造平屋建て集合住宅)にアース線を引くなどを試しています。これで冷蔵庫のモーター音が小さくなりました。 マイクロソフトエクセル2010プロフェッショナルを駆使して被害記録用紙を作成。場合によっては公安調査庁への通報に活用があるかも知れません。

  • 工作売り煽り文書をバラまいてたら股、腹、脇の締め付け、筋肉のはり、パトカーの集団スト、耳をすまさせる、胃液を異常に分泌させる、過呼吸をさせる、子供を泣かせる、底のすれたヒール金づち音でノイズキャンペーン、オスプレイを低空飛行にさせてのノイズキャンペーン、鼻水、痰を出させてのノイズキャンペーン、買って来てた食品腐らせる。臭いを増幅させて、刺激臭にする。アンモニアや生ゴミを、強烈な臭いにして攻撃。黒カビを増殖させたりもする。買った食品のビニール袋を破ったり、テープを陰毛みたいに、巻き毛にして使えなくしたり、くせ毛も、ハゲも、ニキビも、沈着も、肌荒れも全てこいつら売り煽り殺人犯工作員が作り出したもの。ワキガも売り煽り殺人犯工作員の仕業。この前接触事故起こしたキムタクも、ワキガでした。以前の投稿でASKAの事について触れたら、その数日後に明石市で住宅30棟が全焼する大火災発生。ASKA氏が釈放直後に新潟県糸魚川で大規模火災が発生していますし、ASKA氏の本が発売される1日前にASKULの倉庫が、1週間近く全焼する火災も発生していますしニューヨークでトラックを突っ込ますテロも起きていますし地球上の全ての災いを作り出す電磁売り煽り殺人犯のAI。サンシャイン水族館で、魚が大量死したのも数日前に水族館にもAI被害が出ていたとかんがえられる。痛風の堤下は2回も追突事故起こしてるし、痛風以外にも、蕁麻疹がでるアレルギー持ちですし、睡眠障害もある。蕁麻疹も、眠気も、不眠も、痛風も、クソ売り煽り殺人犯AIの得意技

  • 関東圏は先週から全域で非常に雨量がおおくなっています。もちろん先日の人工台風21号の影響によるものですが、雨雲を強化するため工作員によって24時間体制で電磁波が当てられています。つい半日前ほどからも練馬もしくは春日部のXバンドレーダーと思われる方角から、強い売り煽り電磁波が射出されているとかんがえられる。それに伴って先日建造が完了した人工台風22号が再度首都圏に引き寄せられています。ちなみに人工台風22号の中心気圧は現状でわずか998hpaです。工作員は人工台風のレベルを維持するために電磁波照射工作しているようですが、すでにこれはもう人工台風ではなく、失敗した単なる人工低気圧なのです。こうした気象電磁情報操作から見ても、彼らは人工台風をカムフラージュし、あたかも自然台風であるかのように虚偽のデータを公表して国民を騙しているのです。MIMICの解析データーを確認すると気圧の低いところに出るはずの青色が、台風周囲に不自然に少ないのが分かります。22号は、売り煽り暴落をもくろむ工作員の連中が作った人工台風とかんがえられます。見ていて下さい「大きな影響がある」とマスコミが総力を上げて報道するはずです。

  • 皆さん御存知の通り人工台風21号は、北朝鮮の思惑通り首都圏直撃しました。必死の電磁波照射が続けられた結果であることは確実なように思われます。写真のように中心から円を書くように北東方向から当てられていることがわかります。これで今年は自然台風はひとつもないことがわかります。全て北朝鮮による人工的な電磁照射が行われ、進路を制御し、電磁波売り煽り気象兵器として使おうとしていることがわかります。もちろん東日本大震災後6年間、毎年毎年製造されてきた人口台風も、99%全て北朝鮮製とかんがえられる。スーパー台風は、広島型原爆200万発分ものエネルギーがあると言われています。震災後、一体何100個の「気象電磁核兵器」が日本に落とされどれほど多くの人間がその命を奪われたことでしょうか。人工電磁台風だけではなく、人工地震もそうです。日本を完全に守らなければ、この事実を知らせる誓った朝です。

  • 電磁波の周波数によって、多種多様な精神障害を引き起こすことが可能です。ターゲットへ特定の周波数帯の電磁波を照射することで、精神的な攻撃性を高めたり、ポジション強制共有などによる鬱症状を引き起こすことで自殺を誘発するようなことが可能と明らかになっています。電磁波照射装置(おそらくパルスヘリカル型)と厳密な測定機器が手に入れば、後は時間の問題である。既に1960年頃には行っていたような半世紀以上前の電磁波照射装置ですから、絶対に手に入らないということは無いとかんがえられる。電磁波売り煽り技術に悪用され、麻薬などのように脳内のドーパミン量を制御し、さらにコントロールできるようになれば、どのようなポジション操作も外部から可能となります。今日の唐突な暴騰もその電磁波照射によって買い戻されたポジション変更の結果と推察される。私が現在試作中の電磁波照射機
    電磁照射合積 1.32 ✕ 10e21keV・s・m^-3
    プラズマ電流:4.5MA
    トロイダル磁場:2.33T
    表面安全係数:3
    電磁プラズマ体積:133m^3
    flat top時間:120s
    垂直入射 NBI:20MW
    接線入射(Co) NBI:4.4MW
    接線入射(CTR) NBI:4.3MW
    負ion源 NBI:12.7MW
    ECRH:7MW
    プラズマ対向熱負荷:15MW/m2
    年間中性子発生量:1.5 × 10e21

  • 電磁波売り煽り殺人犯は恨み深く、しつこく、利己主義な性格です。 この日本を支配するつもりでいる。工作活動に気付いた気に入らない私をとことん容赦なく、どんな手を使っても自殺に追い込もうとしてくる。今これを書いてる時も脳や心臓に強烈な電磁照射をあててくる。奴らは、私を精神病にどうしてもしたいようだ。私は、脳も正常だし幻覚もまったくでていない。尿蛋白も低い。汗も出ない。まったくちがう。精神病には全然あてはまらない。私にも限界があります。生き地獄はもうまっぴらです。この電磁波売り煽り犯罪が始まってから2ヶ月が経つ。電磁波売り煽り殺人犯は、人の懐の痛みがわからない、おおよそ人でなしのサイコ野郎です。経済的攻撃はひもじくて痛くて死にたくなる状況です。私は今自殺に追い込まれています。皆さん助けてください。電磁波売り煽り犯罪のない日本、北朝鮮工作員の居ない幸せな日本になりますように。

  • 10月18日(水)

    相変わらず深夜の電磁睡眠妨害が続いており体調も最悪の状態です。電磁売り煽り殺人犯はターゲットの脳の状態を常に監視しており、睡眠に入る直前を狙って、遠隔から私の体の狙った箇所に電磁攻撃して睡眠の妨害を実行するのです。昨夜(AM4:22)も胸から腰の周辺を狙われて、ピクと痙攣のような攻撃を連続(AM5:02には強烈な電磁照射)で攻撃されました。電磁売り煽り犯罪について電磁売り煽り攻撃によってアルミ箔が貫通するという驚くべき現象に遭遇。これほどの攻撃を電磁売り煽り被害者は遭っているのである。 このような異常売り煽り犯罪を集団で行っている違法組織が実在している事から、日本が電磁売り煽り殺人犯集団(おもに北朝鮮の工作員)により乗っ取り工作を受けている事実。他人事ではなく日本が危ないです。

  • 2.「電磁売り煽り共有」についての説明です。 自分が頭の中で売買するとき、その情報が外部に漏れているとき、その漏れた情報が電磁売り煽り実行犯に共有されるということです。その結果、莫大な損失や神がかったあり得ないタイミングで暴落したりします。また自らのポジションと異なる情報が共有されることにより、持ち株が犯されることになります。 私は、思考が共有化され口座が犯されていると思い始めてから追証かもしれないと思っていたあるとき、心の中で全く見ず知らずの人から証券口座抹消を命じられ、その東京メトロ銀座線の中の乗客全てから同様の命令をされるという壮絶な体験をしました。それによって、ポジションは共有化され、それを用いてそれに気付いた私を自殺に追い込もうとしていることを確信するに至りました。あらゆるポジションを切り取って自分の利益にしようとしていること(たとえば、IOT空中攻撃等もそうですね。)また、それに気付いたものへの処罰が密かに行われています。 私のケースを筆頭に今後とも電磁売り煽り実行犯の断絶にお願い致します。

本文はここまでです このページの先頭へ