IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (9コメント)

  • グロース市場に行くのか。黒字化の呪縛から逃れたけど、時価総額は大丈夫なのかな。

  • 食道の狭窄の抑制はステロイドが効果的で、セルもそこを突っ込まれて再治験になっているが、100倍くらいコストがかかる細胞シートの存在価値ってなんだろな?
    承認後の対象患者数は何人で、どのくらい儲かるのか情報出さないね

  • 細胞シート工学は素晴らしい技術であるが、発表資料からこの会社が細胞シートで治療を行う事業化の権利を有しているのは、食道細胞シートと軟骨細胞シートのみ。
    あちこちで細胞シート絡みの臨床研究や治験が行われているが、セルは受託製造又は培養器材のビジネスで、細胞シート治療の事業開発会社は未定または他社のもの。
    医科歯科大の歯根膜シート、テルモのハートシートなどなど。決してセル売り上げに大きく寄与するものでない。
    混同しないように見極める必要がある。

  • 事業の可能性とやらの資料。

    相変わらずのダメさ加減。会社の事業と細胞シート工学の可能性を混ぜこぜにてる。細胞シート工学の可能性=セルシードの事業なら可能性ではないことは、過去の実績をみればわかること。

    肝心な事業に関しては数字すら出てないし、あ台湾事業性も不明。
    右肩上がりのグラフは論文数とか、、、、、ここは大学の研究機関かな?
    事業の話と展示会の情報を同列で書いてしまう。展示会しました。発表しましたなんて営業日誌で十分です。
    イライラするし、、、絶望的だー
    東証の組み替えで、黒字する必要がなくなったからトップライン下方修正?
    リスクは新グロース市場の資産総額の維持基準じゃないかなと思ったりします。

  • 器材売上は順調、台湾での軟骨細胞シート症例も1.5年で50症例近くで順調。できてない目標は、新型コロコロで上手く行ってない。そうですが矛盾してるな。
    期も始まっていないのに白旗振って、やっぱできません。とか、全く信用できない。

  • セルは台湾、台湾って言ってるけどさ。

    自己軟骨細胞シートの同種同効薬JTEC社ジャックは1症例約300万円。GDPが日本より低い台湾ではもっと安価になるはず。しかもやってるのはメタテック社でセルはその売上の数%のロイヤリティーって言ってる。しかも、自己細胞シートは量産できない。

    多指症の細胞シートは延期、延期で治験届すらOKになってないよ。軟骨細胞シートが売上に貢献するのはいつからなのか説明してほしい。

  • ごあいさつ。更新されてるけど、ガッカリな内容。

    コロナに始まりイベントの報告とAMED委託事業、、、器材を製造委託してた大日本印刷は切ったか切られたか?

    台湾や海外ビジネス展開の話は無くて、フェードアウトかな。

    今年も定期運行だな

  • セルシードにどんなことを期待するか?
    稼げる第三のパイプラインです。

    社長は出たがりで発表や話が上手でイベント好き。英語や学位を取ったドイツ語もできる。

    そこで、爆誕YouTuberせつこしゃちょーよる第三のパイプラインを提案する。更に有料サロンも開設して収入基盤を安定化させる。日本語だけのYouTuberでも数億稼ぐ時代だ。

    これは叱咤激励ですよ。

    事業会社を目指してるんだから、イベント報告やAMEDの委託事業でなく、このくらいインパクトがあってなりふり構わず金を稼ぐ事業を推進してほしい。

  • 98円はインサイダー情報を持っている経営陣が容認できる価格。従って、経営陣にとってはこの価格までは想定内で、予定してた金は集まるのでなんとも思ってないと考えられます。

本文はここまでです このページの先頭へ