IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (43コメント)

  • >>No. 60

    確かにプランだけ考えれば現状楽天が最強だと思います。

    でもプラチナバンド持ってないから建物内に弱いし、エリア内でもまだまだ楽天回線は圏外になるところもあるみたいですね。

    3月末で都内はパートナー回線終了するので、それまでにどのくらい改善できるのかが勝負になるのではと。

    電波改善が短期間で進むとは思えないので、個人的には4月以降も楽天からMVNOに流れてくる人がさらに増えると思います。

    その時に日本通信が受け皿になれるといいですね。

  • 機関の買い戻しが一通り終わってどうなるかなと思いましたが、昨日今日の様子見るに大口さん買い集めてそうですね。

    長期買い方は錦の御旗を手に入れたのではないかと。

    今後も、冷やし玉入れたりチャートで悲壮感を演出しつつ、イナゴ共を糧にしロケットに乗る資格なきものを振るい落として発射の時を迎えると思います。

  • IIJの新プラン見ましたが敵ながら天晴れですね。すごく頑張っていると思います。

    でも音声SIMは20ギガ1880円で無料通話は付いてないようなので、音声SIMの価格を抑えるのは困難なことも読み取れますね。

    そうだとすると我らがポンツーが勝ち取った原価ベースでの音声卸価格がいかに素晴らしいのかが分かります。


    個人的にMVNOの主戦場は低容量帯になると思っていて、福田社長も決算動画で低容量帯のプランを検討すると仰っていたので、今後出ると思われる、爆安の音声卸価格を活かした日本通信ならではの低容量帯プランが楽しみですね。

    各社の新料金プランが出揃ってきているので、低容量帯のプランについては後出しジャンケンできますね。もしこれでインパクトのあるプランを出せるならばMVNOの中では覇権を取れるのではと思っています。

  • 株主の端くれとして少しでもポンツーに貢献できればと先日合理的20Gに乗り換えましたが、今の時間でも十分速いですね。YOUTUBEも最高画質でサクサク動きます。乗り換えて正解でした!

  • 今まで音声の調達価格8割減の根拠が分かってませんでしたが、現状の基本料が高すぎるから、少なくともそれを8割減できると見込んでの数字なんですかね。


    ITmediaの記事では、

    福田氏 卸約款が公開されていますが、ドコモは(割引適用後で)666円です。他も、大体そんな感じの金額です。大臣裁定で言っているのは、データ通信と同額ということで、そちらに関しては80円前後で提供されています。

     何をもって基本料なのかということは、直接交渉してきました。回線見合いコストとして、通信を使っていてもいなくてもかかるコストがあります。HLRやHSS(加入者管理機能)で管理するといったコストは、確かに使っていてもいなくてもかかります。


    とあるので、音声の基本料がデータ通信と同額なら、現状の基本料666円→80円前後になるけど、回線見合いコストも考えて日本通信側は8割減の133円辺りでせめぎ合いをしてるんでしょうかね。

    間違っていたらすいません。

本文はここまでです このページの先頭へ