ここから本文です

投稿コメント一覧 (560コメント)

  • >>No. 114

    ???
    株式投資とは本来長期投資です。値上がりしそうな株または配当の高い株を購入して保有し続けて長期で果実を得るのが本来の株式投資です(まれにBNFさんやcisさんのようにデイトレードで巨万の富をなす人もいますが)。

  • >>No. 655

    まあ今が安すぎるのでしょう。株価が1650円でも指標からすればおかしくはありません。日本株全体からしても今は株価が高すぎるもの安すぎるものが混在していて変です。

  • >>No. 770

    自動運転は絶対にやるべきです。その前段階として「車掌レス」です。そのためにはホームドア設置が必要です。次には地下で運転している区間を中心に「運転士レス」で自動運転です。強力に推進することにより、人件費が削減され会社の利益があがります。また長期的に見れば人間の労働時間が減り仕事漬けにならずに人生を過ごせることになります。
    このような先進的な取り組みはJR西日本はまだ積極的ではない印象があります。一方、JR東日本は積極的な印象があります。

  • >>No. 648

    トースト焦げすぎ問題ですが、その場で言った方が良かったですね。言うタイミングというのが重要です。面と向かって言いにくい人もいるでしょうが、覚悟して面と向かって言わなければならないケースでしょう。いきなり激しく怒鳴るのではなく、まずは少しだけ語気を強める程度で言った方がいいかなと思います。まあそういう私もなかなかできなくて後で悔しさが残ることも多いですが。。

  • 果たしてどうなんでしょう。
    投資家は国内たばこの減少は承知の上で投資しているのでは。さらに、常習性あり、独占的販売、景気の変動に左右されにくい、利益率が高いという有利な点があります。さらにJT完全民営化の動きが出てきており、葉タバコ経費等コストが下がって利益率が上昇するかもしれません。
    一方、appさんの指摘されたように、想定以上にたばこ売り上げ減少状態が進行しているのかもしれません。

  • >>No. 762

    リソルグループのホームページの「IR・投資家の皆様へ」の「株主優待制度」の「RESOLファミリー商品券メニュー」をクリックすると、それぞれのホテルのレストランで利用可能か否かが一覧でマルかバツかが表示されています。秋葉原はバツになっています。おそらく、レストラン「キャンティ・デュエ」はリソルホテルと契約しているのでしょうが直営ではないということでしょう。

  • 少し気になるのですが、JT法を廃止して完全民営化することが、受動喫煙防止効果・タバコ利用者減少とどう関係があるのか、そこがピンとこないのです。

  • >>No. 784

    国内企業が勝っているというのは???

    海外企業でもマクドナルドは利用者が多いです。バーガーキングもマクドナルドのように日本に子会社を設けて(過半数の株は海外の親会社が所有)上場させればよかったのかもしれません。
    そして、国内企業でもモスは勝っているといえるのでしょうか?

  • おおこれはビッグニュース!
    希望の党のホームページに趣旨等書かれていますね。

    葉タバコ農家への減収補填措置については、おおむね5年以内で、かつJT株の売却益から出すと書かれていました。補填と言っても一時的であり、葉タバコ農家は今までは生産すれば全量買い取ってくれるという特権がありましたがこれからはそうはいかず、既得権益へ踏み込むことになりこれはよいことです。

    とはいえ、全体として完全民営化が国益・国民益にとってメリットなのかいまいちピンときません。JT株を手放したら財務省(国)へ多額の配当金が入ってこなくなるので国にとってはあまりいい話ではないのでは。

    近いうちに維新・希望は自民・公明と連立政権を組むでしょう。実現するかもしれません。

  • >>No. 750

    この会社は現在急拡大中です。そのため、しばらくは配当率を低くおさえるのはやむをえません。拡大する時には資金が必要なためです。中長期に保有して株価の値上がり益を受け取るほうが結果的に高配当よりも収入が大きくなる傾向にあります。これは「高配当」よりも「成長株」を買ったほうが資産を増やせるという理論です。

  • >>No. 465

    1800円~2000円は楽観すぎる気がします。
    IPOでは1500円であり当初の年間配当金が75円であり配当利回り5%であるにもかかわらず、初値は1500円を大きく下回ったのです。
    今回、ヤフー子会社化と配当金10円アップのみで1500円を上回るでしょうか。もちろん株価が1500円になったとしても配当利回りが高いので、公募持ち続け組は万歳でしょう。

  • >>No. 488

    有利子負債が無いのは同意です。しかしその割に利益率が低いままです。親会社三菱商事から優秀な社員を派遣して利益を出せるようにしてもらいたいです。

    KFCは店舗数が多くそれはチャンスです。なぜなら店舗数が多いほど利益を大きく増やすことができるからです。なぜなら本社での商品開発コスト・宣伝コスト等の費用比率を下げることができるからです。大手のメリットを生かしてほしいものです。

  • >>No. 734

    「17年位前500万投資して」というのは私は不自然とは思えません。このころでも株式投資していた人はけっこういますし、普通のサラリーマンでも40代くらいになれば例えば2000万円を株式投資にまわして、500万を一つの銘柄へ投資してもおかしくありません。

  • >>No. 1489

    ジム・ロジャーズは日本アンチというか、日本の政治経済政策に大いに疑問を投げかけています(少子化問題への解決をしてこないなど)。世界中を見てきた人からは日本に対しても評価する点と評価しない点が見えてくるのでしょう。

  • >>No. 1479

    大韓航空株を買ったのはジム・ロジャーズなのでは?

  • >>No. 413

    まず配当性向85%は無理している感があるのではについてです。なぜそこまで超高配当にしているかといいますと、親会社ソフトバンクグループへ多額のお金を提供するからです。親会社はベンチャー企業へ積極投資するために多額の資金が必要なのです。

    次に継続できるかについてです。ソフトバンクは日本の3大携帯電話会社の1つでもあり、安定的な収入が入ります(莫大なインフラを所有していますので3大会社以外の会社からの新規参入は厳しいですし、すでにインフラを整備すれば今後の費用は抑えられます。)そのため今後も同様の高配当を継続できると予想しています。そのかわり、毎年純利益の大半を配当金にまわすこともあり、将来的に大きく成長するということもないかなと予想しています。(あくまでも私見です)

  • 日産の超高配当性向ですが、出血大サービスというより親会社ルノーが多額のお金を受け取るためでしょう。日本での利益がフランスに流れていきますがやむをえません。

    一方、JTは市況関連株に比べれば売り上げが景気に左右されないこともあり安定的に利益を出せそうですが、健康志向による将来的な売り上げ減少なども想定されます。高配当を継続することこそ配当金をあてにする株主にとって大変大事なことですので、ある程度現預金は保有しておいて今後当期純利益が悪化した年度があったとしても高配当を維持したほうがよいと思います。

    株価は安いですがまだ自社株買いを出動するほど激安でもないかと思います。2000円近くへとさらに大きく下落する事態となれば(そうならないことにこしたことはありませんが)その時にドカンと自社株買いする方が効果的かと思います。自社株買いの前に個人株主や機関投資家が出動すべきかもしれません。

  • 株主へ「インフォメーションミーティング」のハガキが届きました。今回から3か所開催から5か所開催へと増えました。増えた横浜・福岡会場では登壇者が北尾社長ではなく副社長となっています。
    5か所も開催するのは体力消耗することでしょう。さらに開場ホテル費用・人件費等もかかります。1か所にして、HP上で動画配信すべきです。副社長にも経験させるのであればインフォミは副社長に登壇してもらって北尾社長は後ろで補足だけとすべきです。

  • 確かに、孫さんは現代の錬金術師だわ。。

  • 2019年の1万円相当株主優待の中身がどうなるか気になります。これを含めると4回目の取得となります。

本文はここまでです このページの先頭へ