IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1090コメント)

  • >>No. 568

    完全に違反行為。
    当然ながら、通報済み。

  • >>No. 555

    黒転したら1万円以下では買えませんよ(笑)

    貴方様も昨年7月31日に2000円程で購入された際には

    「更に安くなったらまた買い増し!
    上がったら上がったで、それはそれで万々歳、

    そんな投資スタイルです。」

    と仰せになられていました。

    頑張っているオンコリスを温かく見守りましょうよ!

  • >>No. 447

    何にも出ていないのに、出るかも じゃなく、出た! なんて言っているのは、風説の流布に近いです。

    お控えください。

  • >>No. 413

    遅い早いはありますが基本的に返信いただけます。
    ただ、基本的に遅いのと多忙のためか忘れられるときもあります。1、2日経った。遅いなと思ったら電話すると良いです。
    「IR担当お願いします。」というと、在宅のためとか、何らかの理由を言ってメールで質問を となるので、そのメールを送ったけど返信がないので電話しました と伝えれば、早めに返答があると思います。

  • >>No. 59

    昇竜剣さん、恐らくあの方かなと
    >総会終わってエレベーター降りた時俺の後ろで大きな声で喋っていた二毛猫さん
    のコメントを見て確信に近づきました。

    よい感じの方に思えて、エレベーターじゃなくエスカレーターを降りたところで、私が思わず会釈してしまいました(笑)

    「ここで投稿しているイメージとは180度違う人間」というのも分かりますよ。

    私も、次回はマイクの近くに席を取り、二毛猫さん+1回の質問を試みます(笑)。

    ところで、秘湯だかがBANされたというコメントを見ましたが、
    kaikさんのコメントを見る限り、また復活して荒らしているのですね。

    kaikさんも、昇竜剣さんも、荒らしに何を言っても効き目はないし、無視するのが一番だと思います。無視したほうが荒らしのコメントは減るのは間違いないと思います。

    また、オンコリスと関係ない、kaikさんも、昇竜剣さんの荒らしに対するコメントも、オンコリスに関するコメントを見たい人たちにとっては荒らしと変わらないですし、時々見られる有益な情報があっという間に下に追いやられて、荒らしにとって思う壺となります。

    株主総会に出たりしない限り(しかも、どんな格好でとか、何回発言したかなど種明かしをしない限り)は絶対に誰かが分からない、顔の知らない者同士がバカなことを言って、その馬鹿な発言に対して正論振りかざしても、埒があかないことは皆さまも分かることかなと思います。

    もう少し見やすい掲示板になるためには、荒らしには粛々と掲示板管理者に通報あるのみ。

    ただ、秘湯がもしまだ発言しているなら通報しても効果がないのでしょう。
    それならば無視を決め込むのが一番かなと思います。

  • 富山大学附属病院で、募集終了となったとreddit アサーシス板に出ていましたね。
    http://www.hosp.u-toyama.ac.jp/tiken/public/doc/realtime.pdf

    あと何件なんでしょうね。

  • https://column.ifis.co.jp/wp-content/uploads/2021/03/1ee9ce398222ee8cf3fb05d8a4e59897.pdf

    ANALYST NET Company Report 3月31日付けのレポート

    GMP製造に関しては 15ページ目からの <商業生産に向けた製法の確立> にまとめられています。ご参考まで。


    承認申請には、商業規模での製造を確立、実際に製造したテロメライシンの長期安定性、商用生産の製法の頑健性(Robustness)をバリデーションすることが求められている。(バリデーションとは、設備、工程、手順などが期待される結果となることを科学的根拠に基づき検証し、これを文書化して、製造した医薬品の品質を実証することである。)
    テロメライシンの場合も、製造は LONZA 社等 CMO へ委託するが、各工程のバリデーションは申請側が行わなければならない。中外製薬には、腫瘍溶解ウイルス製造の経験がないことから、テロメライシンの商用生産のバリデーションは、ノウハウが豊富なオンコリスバイオファーマ社が担当する。
    この各工程のバリデーションには、相応の資金を要することもあり、次世代テロメライシン OBP-702 や新型コロナ感染症薬 OBP-2011 の開発も急務であることも加わって、2021 年 1 月から、オンコリスバイオファーマは第 18 回新株予約権の発行による資金調達を実行した。もちろん、中外製薬が主体となって開発中の製剤であるため、申請に必要なバリデーション費用は、商用製法確立の後には、中外製薬から、マイルストーンあるいはロイヤリティなどによって回収されると考えられる。

  • お世話になっております。●●です。
    昨日のIRについて、
    「新型コロナウイルス感染症の影響により登録が難航している旨」
    および
    「ウイルス製剤の製法開発に向けた活動の影響」

    と同列に記述されていますが、前者はまさにそのまま分かりますが、
    後者は、中外製薬ではなく、オンコリス側の問題ということでしょうか?

    このあたり明示していただいたほうが良いと思います。

    社長コラムなりで早急に説明いただけないでしょうか?

    ======

    今朝上記をIRに送ったのですが、早々に社長コラム出していただきました。
    もちろん私からのコメントがなくても対応いただいていたかと思いますが社長からの分かりやすい解説に安心させられる株主も多いのではないでしょうか。

    https://www.oncolys.com/jp/column/

    社長コラムの最後の方のコメント、

    「テロメライシン開発には様々な困難はありますが,現段階でネガティブな状況ではなく,日本で最初のアデノウイルス製剤を世に出してゆこうという気持ちは両社で一致しています。」

    これを疑わないならば、何ら心配は不要と言えるのではないでしょうか。


    「中外製薬よりテロメライシンの承認申請時期を「2024年以降」にするという報告を受け,皆様にご報告をいたしました。中外製薬の開示規定によると,仮に2024年1月が申請時期であったとしても「2024年以降」というカテゴリーに分類されるため,このような報告になっています。」

    冒頭のコメントも分かっている株主も多いとは思いますが、知らなかった株主もそれなりにいたと思います。
    社長からの改めての解説ありがとうございます。

  • 年初来安値の1005円を割らず、にゃんこさんの予想通り2番底形成となりましたね!

  • https://www.youtube.com/watch?v=hi9Wqh69-_4&t=188s
    株主総会に行けなかった方、行った私を含めて改めて株主総会後の事業説明会を見返すと何ら心配はなくなります。
    中外製薬とはかなり密に事業を進めていることを認識できます。
    「702のために嫌がらせ」的なコメントもありますが、702はテロメライシンから遅れて2年、3年後の「第二世代」製品です。次世代なので効果は更に高まりますがまだ少し先の製品です。
    中外製薬は「目の前のテロメライシン」に本腰を入れています。

  • 中外製薬は本年4月 22 日に行われる予定の「2021年12 月期第 1 四半期決算発表」において、中外製薬の情報開示基準に基づき、テロメライシンの日本国内の承認申請時期が「2024 年以降」になる旨の開示を行う見通しです。

    上記は逆にとても親切な情報開示だと感じました。
    前回中外製薬の決算発表説明会で2022年予定が2023年以降に急遽変わって、オンコリスの株主を驚かせました。
    今回は中外製薬からの通達を受けてオンコリスは先に開示してくれました。どなたかが昨日言っていたように、4月22日までになにか良い情報を出す可能性もありますね。

    また、今回の遅延を受けて「コロナ治療薬の共同開発先」と「テロメライシンの中国・香港・マカオでの新たなライセンス先」の選出/発表が更に早まると思います。
    いずれにしても、コロナによる治験遅れが主因の承認申請の遅れです。中外製薬のテロメライシンに対する熱は変わりません。治験中止でもなくオンコリスにとってのインパクトは少ないと思います。しかし信用で買っていた人の投げによる株価の影響はそれなりにあるのでしょうね。
    現物保有の私は、株価が1700円に戻ることを期待しているわけでなく、3000円、5000円、1万円・・・と4,5年先を見据えているので目先の株価の動きになんら動じません。

  • にゃんこさん、どちら側の都合かは回答内容からは分かりませんでした。

    ========

    このたび発表いたしましたOBP-301(食道がん)の申請時期の遅延につきましては、オンコリスバイオファーマ社と今後の開発計画について検討した上で決定いたしました。
    詳細は申し上げられませんが、同剤を開発する優先度に変更はなく、また他の開発品との関係性によるものでもございません。

    本年1月より肝細胞がんに対する新たな臨床試験を開始し、食道がんにおける放射線化学療法との併用による臨床試験の追加や、頭頸部がんを対象とした新たな臨床試験の準備を進めるなど、国内において幅広くかつ同時進行での開発を実施しております。

  • 今回の1年遅延を受けて、
    コロナ治療薬の共同開発先と、テロメライシンの中国・香港・マカオでの新たなライセンス先の決定が更に早まると思います。

  • 中外製薬は本年4月 22 日に行われる予定の「2021年12 月期第 1 四半期決算発表」において、中外製薬の情報開示基準に基づき、テロメライシンの日本国内の承認申請時期が「2024 年以降」になる旨の開示を行う見通しです。

    上記は逆にとても親切な情報開示だと感じました。

    前回中外製薬の決算発表説明会で2022年予定が2023年以降に急遽変わって、オンコリスの株主を驚かせました。

    今回はオンコリスは先に開示してくれました。

    まあ、この株価なので下げ余地が少なく、悪材料出尽くしであまり下げないこと願っています。

  • まあ、じっくり待つしかないですね。

    ビッグIR1つでストップ高1回で買値を上回るので。

    バイオはそれが醍醐味。ジリジリ下がるのはノイズの範囲。

  • https://www.ytv.co.jp/ten/feature/

    昨日ユーチューブURLをこちらでお伝えしましたが、読売テレビのページ内の該当URLです。
    オンコリスのホームページでも新着情報に「【かんさい情報ネットten.】4月13日放送の読売テレビに当社が出演予定です」とあるので見つけられない方は少ないとは思いますが、念のため!


    4月13日(火) ゲキ追X

    Play Video
    新型コロナ治療薬 開発最前線
    新型コロナウイルスのワクチン接種が始まった一方、実用化が期待されるのが「コロナの治療薬」。
    開発競争が繰り広げられる中、関西でも開発に取り組む研究者たちがいます。その原動力となっているものとは―。最前線の現場をゲキ追しました。

  • https://www.youtube.com/watch?v=sDqyCEA6w8U

    私も見ました! こちらが↑読売テレビニュースチャンネルにあげられていたユーチューブのURLです。

  • >>No. 227

    kさん

    お知らせありがとうございます。

    196の上にある

    このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。

    ↑のここ をクリックしたら見られました。

    ありがとうございます!

    いよいよ近づきましたね!

  • redditのアサーシス板に、Hokkaido University Hospital has completed enrollment in the Treasure Trial. というコメントがありましたね!

    合わせて、たしかkさんですよね。以下書き込みされていましたね。

    Thank you Wisdom! I also found in our Healios board in Japan another completion at Hiroshima Prefectural Hospital!

    脳梗塞の組入完了も、どんどん近づいていますね。
    まあ、9割強済んでいるのですから、いつ完了してもおかしくないですね。

  • >>No. 127

    ========
    エンドポイントの主要評価項目の発表に半年かける事は、現時点では想定してません。発表時期に関してはIR資料の方を主に考えてください。
    ========
    上記鍵本社長の返答に対して、質問者が以下回答をしました。
    ========
    大変ありがとうございます。主要評価項目が28日後以降ではなく半年後以降まで発表できない事態が生じたのかと気をもんだ人が多そうですが
    昨年8月に登録終了したcovid19用と明記されていた指標が180日とありこちらの方をサイト担当者が間違えたか何かかなと理解して安堵しておくことにしたいと思います
    ========

    それに対して、鍵本社長も「いいね」しています。
    誤表記に対して何ら心配は不要かと思っています。

    鍵本社長も「私も患者さんを早く多く治したい。」と述べていますしね!

本文はここまでです このページの先頭へ