IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (31コメント)

  • あくまで個人的な見解ですが・・・

    機関は確実な利益を上げるのが使命ですから、どんな手段も使うでしょう。
    私が機関ならば、空売りしながらリスクを取らぬように、信用買いするでしょう。
    チャートが示すように、徐々に底値が切りあがっていますから11月中には400円を突破し、固定行使価格429円を突破すると予想します。

    全くの夢物語ですが・・・

    私が社長でしたら、自社の特許、研究実績を武器に大手製薬会社にTOBを持ち掛け、研究に専念しながら薬剤の開発に携わる道を選びますね。
    そうなれば株価1万円も夢でないよね。

  • 今日は遊びに出かけていて見てませんでしたが、上がりましたね。
    昨日も書きましたが350までは機関の買戻しでしょうね。
    信用買いの返済と機関の買戻しでは、現物が世間に出回りませんよね。

    振り返って考えれば上場時は現物ばかりだったわけで、思惑ばかりが先行し信用買いが膨らみ機関が目を付け空売りが増えてたので、このような株価になってしまっていたのです。当時から現物でずっと耐えている投資家さんがナノを支えているわけです。現物でホールドされている方々の平均値は500円くらいではないでしょうか。
    500円からがナノの企業価値だと考えています。
    11月中には500円突破と予想しています。

    私は1000円指値で待ちます。

  • 個人の信用買い残は10/24現在 約849万株
    機関の空売り残は10/18現在で 約470万株

    10/18~機関の空売り上乗せは入ってなさそうですので空売り残も減少しているとみてよいでしょう。
    一方個人の信用買い残も毎営業日ごと2パーセントほど減少しています。
    毎日16万株ずつの複利計算で減少していることになります。

    個人の回転日数は11日ほどですので機関よりも早く減少しています。
    このまま新規の信用買いが増えなければ個人と機関の綱引きは拮抗します。

    そうなれば空売り期間の長い機関は金利が膨れ上がります。
    以上の見解より、これから機関の買戻しが加速すると類推できます。
    機関にとっては350円以下で手放すのが利益の出る限界であると類推できます。
    しかし、機関も金融会社組織ですから投資家に配分するなどコストはかかりますの
    で利益が取れるのはせいぜい350円まででしょう。

    この勝負長引けば長引くほど個人に分があるとみました。

    私は1000円指値で待ちます。

  • 個人の信用買い残は10/24現在 約849万株
    機関の空売り残は10/18現在で 約470万株

    10/18~機関の空売り上乗せは入ってなさそうですので空売り残も減少しているとみてよいでしょう。
    一方個人の信用買い残も毎営業日ごと2パーセントほど減少しています。
    毎日16万株ずつの複利計算で減少していることになります。

    個人の回転日数は11日ほどですので機関よりも早く減少しています。
    このまま新規の信用買いが増えなければ個人と機関の綱引きは拮抗します。

    そうなれば空売り期間の長い機関は金利が膨れ上がります。
    以上の見解より、これから機関の買戻しが加速すると類推できます。
    機関にとっては350円以下で手放すのが利益の出る限界であると類推できます。
    しかし、機関も金融会社組織ですから投資家に配分するなどコストはかかりますの
    で利益が取れるのはせいぜい350円まででしょう。

    この勝負長引けば長引くほど個人に分があるとみました。

    私は1000円指値で待ちます。

  • あくまでも 推測ですが
    信用買いの方々、損切しない方がいいですよ。
    そろそろ機関の買戻しが始まるようなきがします。
    貸借回転日数19日ですから、金利の重しが重圧になってきますからね。

  • 空売りは買い戻さねば利益が出ない。空売り期間が長ければ長いほど金利が重しになってくる。信用買いもこれまた同じ。
    機関と個人では資金力が違うので勝負にならないでしょう。
    基本、現物買いで放置が一番機関にはこたえるのです。
    会社の取り組みを信じているなら、現物買いに徹し放置すればそのうちに機関の買戻しがはじまり株価は会社の格に見合った株価となるでしょう。
    私は現物ホールドで1000円指値で気長に待つことにします。

  • さきほど会社に提案しときました。

  • さきほど提案しときました。

  • 昨晩ナノのHPをじっくり読み返していました。
    新薬取り組みはphaseⅢ~Ⅳがほとんどです。この進度でなぜ売り込まれるのか不思議な気がします。
    そこでナノ会社に提案です。独自開発も結構ですが、グローバル化が当たり前のご時世では独自の開発・資金集めも限界ですから、他の大手製薬会社との共同開発、もしくはM&Aの道を探ってはいかがでしょうか。たかが300円前後の新株をばらまいてもしれてますがな。
    病気で苦しむ多くの患者のためにはその方がベターですよ。
    株主さんも大喜びしますしね・・・。
    切に願うところです。

  • 株歴30年ですが、これからひと月ぐらいはこんな上下はあると思います。
    あくまで月足チャート上の読みですが年末までには1000円タッチあると予想します。20か月以上下落が続き噴き上げるのがナノキャリアですからね。

  • 空売り機関は一般投資家に気づかれないように少しずつ買戻しをしている。信用買いが重荷になってきた投資家はたまらず決済する。この構図では株価を抑えられて上昇は望めない。信用買いの投資家はここは我慢して機関の手に乗らないことです。

  • さすがに今回のIRにはがっかりしました。

    地合いを見てドカンと噴火させようと考えていると無理矢理解釈している自分に悲しくなりました。

  • ずっと信じていつのまにか3万株ホルダーです。
    とりあえず1000円目指していただきたい。

  • 今日の下げは信用買いの投げ売りです。早く消化して健全な需給状態に戻してほしいですな。基本は現物買い。今日はチャンスです。

  • まあ チャート上の予想ですがナノキャリアは20か月下落してから噴き上げている。11、12月くらいが今回の沸点ですね。おそらく実体で750円くらい、上髭では1000円タッチでしょう。今からでも5万株買っておけば3500万円は固い。

  • 月足チャートは11月初めには700円を示していますね。

  •  株式投資とはそもそも社会に貢献出来うる会社に無償で資金を供与して会社を支えることであり、会社は社会貢献の上、利益が出たら株主および社員、そして国家に税金として納め国民が皆幸福になるための手段です。
    この仕組みに水を差すような機関の空売りをなぜ国は許しているのか疑問に思う。外国機関は弱みを見せるとハゲタカのように群がって金をむしり取る。しかし、国内それも優秀な野村までが最低の行為をしている。
    私は野村を断固として許せない。

  • みんなで現物買いの総力戦、300以上に押し上げて、にっくきJPモルガンを踏みあげましょう。

  • 2019/09/14 20:17

    2019/09/11
    Credit Suisse (Japan)
    1.110%
    +0.380%
    733,500株
    +255,600

    2019/09/11
    Credit Suisse Securities
    1.070%
    -0.290%
    709,500株
    -176,700

    2019/09/10
    Credit Suisse (Japan)
    0.730%
    0%
    477,900株


    2019/09/10
    Credit Suisse Securities
    1.360%
    -0.320%
    886,200株
    -204,700

    2019/09/10
    JPモルガン証券
    2.220%
    +0.080%
    1,467,958株
    +79,900

    2019/09/09
    JPモルガン証券
    2.140%
    +0.100%
    1,388,058株
    +58,500

    2019/09/09
    UBS AG
    0.550%
    0%
    358,800株

    再IN(前回2019-07-29)
    2019/09/06
    Credit Suisse Securities
    1.680%
    -0.050%
    1,090,900株
    -36,200

    2019/09/06
    JPモルガン証券
    2.040%
    +0.090%
    1,329,558株
    +60,800

    2019/09/05
    Credit Suisse Securities
    1.730%
    -0.090%
    1,127,100株
    -40,400

    2019/09/05
    JPモルガン証券
    1.950%
    -0.070%
    1,268,758株
    -45,300

    2019/09/04
    Credit Suisse Securities
    1.820%
    +0.030%
    1,167,500株
    +16,400

    2019/09/04
    JPモルガン証券
    2.020%
    +0.080%
    1,314,058株
    +74,200

    2019/09/03
    Credit Suisse Securities
    1.790%
    -0.080%
    1,151,100株
    -41,800

    2019/09/02
    Credit Suisse Securities
    1.870%
    -0.100%
    1,192,900株
    -67,300

  • 機関の汚い手口がよくわかりますよ。

本文はここまでです このページの先頭へ