ここから本文です

投稿コメント一覧 (6コメント)

  • アメリカの利下げとブラジルの改革法案成立の見通しが明るくなれば両輪でレアル高になる可能性がありますね😄
    今の状況で28円なら年末に向けては29円〜30円くらいまでは期待出来そうですね。

    今まではドルが強すぎたんでしょうね。

  • 9カ月踏ん張ってくれることを期待しましょう。
    自分はリスクヘッジでノックイン価格を随分低く設定した仕組み債を購入しました。
    銀行が売りに出していた仕組み債を持たされていたらと考えるとゾッとします。

    銀行は本当に怖いですね。

  • ボルソナロ当選前のカオス状態に比べればまだ現状の方がマシかもです。
    ただ、あれだけ期待感があっても30円そこそこということを考えると上値は重いですよね。

    自分も5年仕組み債を持ってしまっていますが、償還まであと9カ月なのでノックインだけしないでくれれば良しとしてレアルを見守ります。

  • 1ドル=4.1レアルで高止まりしてますね。外的要因に加えて、5月の下げ相場、デモ、改革法案の不透明感から市場も嫌気がさしている状態。
    昨年つけた1ドル=4.2レアルまで下落する可能性(1レアル=26.2円)は有り得ます。
    ただ、現実的には行き過ぎたレアル安は中銀も黙ってないだろうし、改革法案の成立メドが立てばまたレアル高に徐々に傾いて来ると思います。

    過度なレアル高は期待出来ないので26.2円〜28.5円のレンジで安定しそう😰

  • 2018年の大統領選挙&トラックストの時と同様に国内情勢の先行き不透明感が高まる中でなかなかレアル高になる要因が無いですね…。
    中銀が下支えするでしょうから大幅な下落は無いと思いますが、30円台回復は随分時間がかかりそうですね😨

  • 大幅な上昇は見込めませんが、1ドル=4レアルあたりになると中銀が介入して来るので今年は1レアル=27.5円〜29.5円あたりでダラダラ行きそうです。

    市場関係者は1ドル=3.6レアルまでドル安が進むとの意見もありますので30円台回復もあるかな?

本文はここまでです このページの先頭へ