IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (16コメント)

  • 思ったより下がってない
    良き良き(⋈◍>◡<◍)。✧♡
    セーフっ💦

  • 1/6㈭ 173 から
    1/19㈬ 427 まで
    しばし良い夢を見させて頂きましたw
    キャンバスさんありがとうございました<(_ _)>
    引き続き💊✨陰ながら応援しております!

  • 本日も良き良き(⋈◍>◡<◍)。✧♡
    1000円台定着から~の
    ジワ上げのんびり行きまっしょい📣🎵💹🚀🌈✨

  • 【FISCO銘柄コメント】
    メディアリンクス
    放送用機器・システム開発会社
    1/12㈬PM 14:40 配信

    フィスコ

    放送用機器・システム開発会社。
    IPビデオルータやスイッチ、IP伝送装置、
    ネットワーク管理ソフトウェア等を開発。
    海外売上高比率は8割超。
    その他は売上伸び悩むが、
    ハードウエア製品は好調。
    22.3期2Qは増収。 

    さん~にぃ~いちぃ~
    321からのバビューン🔥🚀🌈✨
    待ってマース📣🎵

  • 送電ロスなし「超電導」実用へ
    JR系、脱炭素を後押し
    【イブニングスクープ】
    日本経済新聞

    環境エネ・素材
    1/12㈬ PM18:00

    送電時の損失がほぼない技術
    「超電導送電」が実用段階に入った。
    JR系の研究機関がコストを大幅に減らした
    送電線を開発し、鉄道会社が採用の検討を
    始めた。欧州や中国でも開発が進む。
    送電ロスを減らしエネルギーの利用効率を
    高められれば地球温暖化対策につながる。

    送電ロスは主に電線の電気抵抗により電気が
    熱に変わることで起こる。
    送電線を冷やして超電導状態にすると、
    電気抵抗がゼロになるため損失をほぼなくせる。

  • 【FISCO銘柄コメント】
    ETSホールディングス
    送電線工事、設備工事が主力
    1/12㈬ PM14:38 配信

    フィスコ

    送電線工事、設備工事が主力。
    東北電力向けの売上が多い。
    子会社で建物管理・清掃も手掛ける。
    設備事業は受注伸長。
    特別高圧変電所工事への注力等が寄与。
    建物管理・清掃業は黒字転換。
    21.9期通期は2桁増益。

  • >>No. 185

    今日もよしよし👍✨
    決算は置いといてw
    これからに期待してます♡
    頑張れ~📣ANAP🚀🌈✨

  • まずは1000円台
    定着でお願いしまーす📣✨
    頑張れ~♡ユニばーん🔥🚀🌈ス!!

  • >>No. 399

    まずは500タッチ🚀🌈✨
    お願いしまーす📣

  • >>No. 42

    2月14日ですか(⋈◍>◡<◍)。✧♡🍫🎁🎵
    のんびり🚀🌈✨待ちま~す!!

  • たくましくて
    つおいなぁ(⋈◍>◡<◍)。✧♡
    ジワ上げでお願いします!!

  • 【特集】新春3大テーマを追う
    (1)メタバース
     「仮想空間に巨大な新市場誕生」
    <株探トップ特集>より抜粋

    2022/1/2
    最近では、キャリア以外でもメタバースに
    ビジネスチャンスを期待する企業は増えており、
    21年は参入する企業が相次ぎ、
    まさに「メタバース元年」ともいえる状況となった。
    今後も参入企業は増えるとみられるが、
    これまでに参入した企業にも引き続き注目が必要だろう。

    ANAP <3189> [JQ]は21年12月、
    メタバースファッションプラットフォーム
    「APPARELED Meta connect by ANAP」の
    提供を開始すると発表した。
    企業が保有する洋服や小物などファッションアイテムの
    採寸データとアイテム画像素材を入力することで、
    メタバース空間に適したファッション素材に変換。
    さまざまな仮想空間で利用可能となり、
    企業のメタバース事業参入を支援する。

  • 【特集】波乱相場破り超絶上昇へ!
    自動車周辺の「バリュー系躍進株」
    精選6 <株探トップ特集>より抜粋

    2022/1/8

    自動車部品メーカーは、近い将来に自動車から
    内燃機関が消え、完全エレクトロニクス化に
    向かうことに戸惑いもあるが、これを商機として
    捉える動きも活発だ。
    例えば直近の出世株ではユニバンス <7254>
    [東証2]がある。
    同社はモーターやインバータ、車軸などをコンパクトに
    統合した電動車向け駆動装置「eアクスル」に注力
    していることで、世界的なEVシフトの波に乗るとの
    思惑が浮上し、昨年12月中旬以降急速に物色人気が
    高まった。
    500円近辺に位置していた株価は年明け早々に
    1152円まで買われ、あっという間に2倍以上となった。
    ところがこれだけ株価を上昇させながら、
    予想PERは10倍台にとどまっていた。
    前期と前々期が最終赤字だった関係で、
    今期ゲタを履いていることを考慮しても割高感は
    全く感じられない。
    週末7日は信用規制(増し担保)などの影響で
    急反落を余儀なくされたが、ここまでの経緯で
    示した株価の瞬発力は並みのバリュー株は
    持ち合わせていない。
    ちなみにユニバンスは21年の年間値上がり率
    ランキングで全上場企業の中で
    第4位に輝いている。
    21年の年初は214円(始値・終値が同値)だった。
    ちょうど1年で5倍以上に大化けしたわけだが、
    これは成長性に対する見直しにとどまらず、
    PERやPBRの割安さが株高を演出する
    原動力となったことは想像に難くない。

  • 政府がアジア各国の
    脱炭素化支援を強化
    2021/12/27
    12:32 配信 フィスコさんの記事より

    政府は、アジア地域の段階的な脱炭素化を
    サポートするため、各国に合わせた温室効果
    ガス削減に向けたロードマップ(工程表)
    策定支援事業の強化に乗り出すと
    一部メディアが報じている。
    日本の環境技術に優れた製品、
    サービスなどを同時に提案する狙いも
    あるようだ。
    今後も脱炭素関連の銘柄に関心が
    向かう局面が増えそうだ。

    <1711>SDSホールディングス
    {再生可能エネルギー設備の導入支援などを展開}

  • 脱炭素予算、優先配分
    「先行地域」の申請要件固まる
    2021/12/22
    15:30 配信 フィスコさんの記事より

    2030年度までに脱炭素を実現するために
    優先的に予算を配分する「先行地域」という
    エリアを全国で100か所以上選ぶのを前に、
    国は自治体などが申請する際の要件を固め、
    再生可能エネルギーの最大限の導入とともに
    地域経済や暮らしへの効果の分析などを
    求めることになったと、NHKが報じている。
    脱炭素関連企業が注目されそうだ。

    <1711>SDSホールディングス
    {再生可能エネルギー設備の導入支援などを展開}

本文はここまでです このページの先頭へ