IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2144コメント)

  • 2021/01/05 11:27

    ここは材料が上場維持だけではないじゃろ。

    松尾電機<6969>(東2)は自動車電装用コンデンサーが注目されてEV(電気自動車)関連株物色に乗りストップ高

  • 2020/12/03 13:02

    >>No. 682

    取引先の守秘義務もあるんで、この様な扱いじゃがの。

    【プラスチック金型を導入されたお客様の声】
    射出成形メーカー様(関東方面)
    耐久性に加え、メンテナンスしやすいプラスチック金型構造を求めていました。

    ニプロ、テルモやら大手としか取引しておらんわい。

    しかも、来年だけではない。

    再来年、また翌年とコロナワクチン接種は続くんじゃ。

    メンテナンスは永続的に続くんじゃよ。

  • 2020/12/03 12:51

    生産量を上げるとなれば、金型を増やすしかないわい。

    その分のメンテナンス費用も膨大じゃよ。

    どちらにせよ、不二精機が儲かる仕組みじゃ。

    >>No. 347
    しかも、金型は販売して終わりではない。

    メンテナンス費用も掛かるんじゃわ。

    1~2億本分の注射器を生産するとなると、金型の消耗が激しい。

    こりゃ、永続的な売上が見込めるわい。

    【プラスチック金型を導入されたお客様の声】
    射出成形メーカー様(関東方面)
    耐久性に加え、メンテナンスしやすいプラスチック金型構造を求めていました。

    現在では生産量が上がり、メンテナンス費用と時間を大きく削減できています。

    弊社担当よりコメント
    メンテナンスしやすいプラスチック金型ということで、金型の組立てや解体(バラシ)のしやすさを考慮した金型構造を採用しました。たとえば、PL-パート側から組バラシができるようになっています。

    「不二精機では常に金型の組みバラシ作業を考慮しメンテナンスをし易い金型設計をしています。」

  • 2020/12/02 13:48

    加藤厚労相、シリンジ不足で増産要請‐コロナワクチン供給に向け
    2020年07月17日 (金)

    加藤勝信厚生労働相は14日、新型コロナウイルス感染症に対するワクチンを全国民に供給するため、テルモやニプロなどのシリンジと針を製造する医療機器メーカー6社のトップと会談し、これら製品の増産を要請した。

    主な取引先
    『ニプロ』『テルモ』『JMS』…etc

    【当社金型の販売先は多岐に渡りますが、近年は注射器などの医療関連、プリンカップなどの食品容器の分野に注力しています。】

  • 2020/12/02 13:33

    しかも、金型は販売して終わりではない。

    メンテナンス費用も掛かるんじゃわ。

    1~2億本分の注射器を生産するとなると、金型の消耗が激しい。

    こりゃ、永続的な売上が見込めるわい。

    【プラスチック金型を導入されたお客様の声】
    射出成形メーカー様(関東方面)
    耐久性に加え、メンテナンスしやすいプラスチック金型構造を求めていました。

    現在では生産量が上がり、メンテナンス費用と時間を大きく削減できています。

    弊社担当よりコメント
    メンテナンスしやすいプラスチック金型ということで、金型の組立てや解体(バラシ)のしやすさを考慮した金型構造を採用しました。たとえば、PL-パート側から組バラシができるようになっています。

    「不二精機では常に金型の組みバラシ作業を考慮しメンテナンスをし易い金型設計をしています。」

  • 2020/12/02 13:18

    ここが他のワクチン銘柄と比べ、上がりやすいのは取引実績じゃよ。

    間違いなく、受注増が見込めるわい。

    主な取引先
    『ニプロ』『テルモ』『JMS』…etc

    【当社金型の販売先は多岐に渡りますが、近年は注射器などの医療関連、プリンカップなどの食品容器の分野に注力しています。】

  • 2020/12/02 11:56

    後場はここだけ買えばいいじゃろ。

    法案も無事に可決。

    ようやくワクチン予算も組まれて、企業側も安心して契約出来るわい。

    【当社金型の販売先は多岐に渡りますが、近年は注射器などの医療関連、プリンカップなどの食品容器の分野に注力しています。】

  • 2020/11/25 17:38

    まずまずの引けじゃったな。

    EV購入者に最大80万円の補助金支給へ…現行の2倍、再エネ電力への変更が条件
    11/25(水) 10:30

    【主力製品であるタンタルコンデンサは、小型で長寿命しかも広い温度範囲にわたり安定した電気特性を有しており、電子機器の小型化や高機能化に伴う高密度表面実装などの様々なニーズに応えて、チップタイプを中心とした小型、薄型、高機能、高性能の製品群を充実させています。

    チップタイプの回路保護素子は、過電流や過電圧(静電気)による電子機器の発煙発火及び誤動作を防ぐ安全部品として、電子機器の小型化や表面実装化のニーズに応えるとともに、普及が拡大している大容量バッテリーを搭載したHV/EV車の信頼性向上の一翼を担っています。】

  • 2020/11/24 10:30

    来年5月からのワクチン接種に使用する針は、MDRコバルト規制対応じゃ。

    これは指令ではない。規則じゃからのう。

    【日本金属の「NK-304NKM」は欧州医療機器規則(Medical Device Regulation:MDR)コバルト規制(Co規制)に対応】

    MDRは、医療機器として規制する対象の範囲を広げるとともに、国内法より優先される「規則」とすることで各国での一律の導入を狙うものだ。これによって、EU全域で医療機器に関する法的な枠組みが統一されることになる。

    指令から規則へ
    最も重要な変更の1つは、「指令」から「規則」に変わる点だ。指令には法的拘束力がなく、その導入形態は各国の判断に委ねられていたのに対し、規則には法的拘束力があり、施行時にEUのすべての加盟国に適用される。とはいえ、加盟各国には、国内市場を監視し、特定のハイリスク医療機器を禁止する余地も残されている。

    【2021年5月に施行される欧州医療機器規則(Medical Device Regulation:MDR)コバルト規制(Co規制)に対応する注射針向ステンレス鋼「NK-304NKM」を、11月30日から出荷を開始】

    現在、世界中で使用されており、ワクチン接種に絡んでニーズが増えるとの見方。

  • No.926

    強く買いたい

    注射針もエコの時代よ。 …

    2020/11/20 14:03

    注射針もエコの時代よ。

    まして、使い捨てなら特にのう。

    世界総人口に2度、ワクチン接種で150億本以上よ。

    【2021年5月に施行される欧州医療機器規則(Medical Device Regulation:MDR)コバルト規制(Co規制)に対応する注射針向ステンレス鋼「NK-304NKM」を、11月30日から出荷を開始】

    現在、世界中で使用されており、ワクチン接種に絡んでニーズが増えるとの見方。

  • 2020/11/20 11:46

    世界中で、注射針が足らんわい。

    日本金属、生産フル稼働じゃな。

    コロナワクチンの「公平な接種」とは、社会的弱者を優先すべき理由
    10/17(土) 7:22配信

    保健当局は、大人用と子ども用の注射器などの医療器具をどのくらい備蓄するべきかを予測しようとしている。また、特に2回接種する必要があるワクチンのために、注射ができる人を追加で訓練する必要があるかどうかも検討している。米保健福祉省(HHS)は、米国だけで6億5000万~8億5000万本の注射器と注射針が必要になる可能性があり、その製造に2年かかる可能性があるとしている。

    【現在、世界中で使用されており、ワクチン接種に絡んでニーズが増えるとの見方。】

  • 2020/11/20 10:51

    ただでさえ、世界的なワクチン需要で注射針が使い捨てになるんじゃ。

    100億~200億本以上のワクチン針がのう。

    環境の事考えたら、Co規制が当然じゃろ。

    世界中で、コバルト規制対応の注射針が必要となるわい。

    2021年5月に施行される欧州医療機器規則(Medical Device Regulation:MDR)コバルト規制(Co規制)に対応する注射針向ステンレス鋼「NK-304NKM」を、11月30日から出荷を開始すると発表しており、これを引き続き材料視している。。NK-304NKMは「痛くない針」を代表としたインスリン用向や美容向などの”細径向”が選ばれ、現在、世界中で使用されており、ワクチン接種に絡んでニーズが増えるとの見方。

  • 2020/11/20 10:43

    この太っとい注射針で、ワクチン接種出来んかのう(笑)
    ※NK-304NKM素材

    世界中で、コバルト規制対応の注射針が必要となるわい。

    2021年5月に施行される欧州医療機器規則(Medical Device Regulation:MDR)コバルト規制(Co規制)に対応する注射針向ステンレス鋼「NK-304NKM」を、11月30日から出荷を開始すると発表しており、これを引き続き材料視している。。NK-304NKMは「痛くない針」を代表としたインスリン用向や美容向などの”細径向”が選ばれ、現在、世界中で使用されており、ワクチン接種に絡んでニーズが増えるとの見方。

  • 2020/11/20 10:38

    で、これが細径向の注射針よ。

    要は、NK-304NKM素材でどんな注射針も作れるんじゃわ。

    そして、NK-304NKMは「痛くない針」を代表としたインスリン用向や美容向などの“細径向”が選ばれ、現在、世界中で使用されています。注射針販売シェア(※1)は、国内約52%、海外約58%(※2)、平均約56%となっており、注射針市場で品質優位性が広く認められ、高いシェアを維持しています。

  • 2020/11/20 10:35

    わざわざ、写真掲載してるんじゃが

    これはワクチン使用可能の注射針じゃ。

    ※NK-304NKM素材

  • 2020/11/20 10:27

    ここは素材企業なんで、ワクチン対応も作れるんじゃよ。

    要請があればすぐにでものう。

    当社独自の技術から生まれる製品のクオリティと時代の変化に柔軟に対応していることが、実績と信頼に繋がっていることを謙虚に受け止め、そして、さらなる国内および海外への展開へのチャレンジを積極的に推進していく所存です。

  • 2020/11/20 10:17

    売りたい奴は売ればいいじゃろ(笑)

    貸借なんじゃからのう。

    【現在、世界中で使用されており、ワクチン接種に絡んでニーズが増えるとの見方。】

    日本金属が続急伸、コバルト規制対応注射針向けステンレスを引き続き材料視
    2020 11/19 企業速報

    日本金属<5491>が続急伸。同社は17日に、2021年5月に施行される欧州医療機器規則(Medical Device Regulation:MDR)コバルト規制(Co規制)に対応する注射針向ステンレス鋼「NK-304NKM」を、11月30日から出荷を開始すると発表しており、これを引き続き材料視している。。NK-304NKMは「痛くない針」を代表としたインスリン用向や美容向などの”細径向”が選ばれ、現在、世界中で使用されており、ワクチン接種に絡んでニーズが増えるとの見方。

    提供:株式市場新聞社 marketpress.jp

  • 2020/11/20 10:06

    欧州のワクチン接種は、おそらく21年5月以降になるじゃろ。

    コバルト規制後のワクチン注射針の素材が、ほとんどNK-304NKMになるのう。

    21年5月に施行される欧州医療機器規則コバルト規制に対応する注射針向ステンレス鋼「NK-304NKM」を、11月30日に出荷開始予定とすることを前日に発表している。今回の規制に対応できない海外メーカーなども多いとみられ、今後のシェア上昇などが期待される格好のようだ。規制対象はユーザー使用量全体の約13%に当たるが、すでに約6%に相当する物量の打診が入っているもよう。

  • 2020/11/20 09:56

    ワクチンにおいても、注射針は世界的な需要じゃ。

    踏み上げ初動に乗り遅れないことよ。

    当社においてもCo規制対応のNK-304NKMは製鋼エキストラが必要になるため、現行材に比べて価格は高くなります。現行材との2種類の運用となりますが、現行材と同様の小ロット対応を実現すべく、現在運用の調整を進めています。

     そして、NK-304NKMは「痛くない針」を代表としたインスリン用向や美容向などの“細径向”が選ばれ、現在、世界中で使用されています。注射針販売シェア(※1)は、国内約52%、海外約58%(※2)、平均約56%となっており、注射針市場で品質優位性が広く認められ、高いシェアを維持しています。

     当社独自の技術から生まれる製品のクオリティと時代の変化に柔軟に対応していることが、実績と信頼に繋がっていることを謙虚に受け止め、そして、さらなる国内および海外への展開へのチャレンジを積極的に推進していく所存です。

    ※1:国内・海外29社対象、2020年10月当社調べ
    ※2:主体国は、東南アジア・韓国・中国・インド・EU。

  • 2020/11/20 09:34

    貸借踏み上げの初動じゃな。コロナでも需要増じゃろ。

     2021年5月 のCo規制対象は、当社お客様御使用量全体の約13%に当たります。既に、その内の約6%に相当する物量の打診が当社に入っています。
    これは、競合先の海外メーカーが今回の規制に対応出来ない、また、対応が出来ても受注ロットが大きくなることで医療機器メーカーのコストなどに制約が生じることから、他社材からの切替も要因であると考えています。

     当社においてもCo規制対応のNK-304NKMは製鋼エキストラが必要になるため、現行材に比べて価格は高くなります。現行材との2種類の運用となりますが、現行材と同様の小ロット対応を実現すべく、現在運用の調整を進めています。

     そして、NK-304NKMは「痛くない針」を代表としたインスリン用向や美容向などの“細径向”が選ばれ、現在、世界中で使用されています。注射針販売シェア(※1)は、国内約52%、海外約58%(※2)、平均約56%となっており、注射針市場で品質優位性が広く認められ、高いシェアを維持しています。

     当社独自の技術から生まれる製品のクオリティと時代の変化に柔軟に対応していることが、実績と信頼に繋がっていることを謙虚に受け止め、そして、さらなる国内および海外への展開へのチャレンジを積極的に推進していく所存です。

本文はここまでです このページの先頭へ