IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1184コメント)

  • 2020年11月23日(月) 11:00 PM+9
    グローブ誌がマサチューセッツ州の最優秀雇用主を表彰

    go-to-market intelligenceソリューションのグローバルリーダーであるZoomInfo(NASDAQ: ZI)は、ボストン・グローブ紙が毎年実施している従業員を対象とした13回目の調査プロジェクトにおいて、マサチューセッツ州の「Top Places to Work(働きがいのある職場)」に選ばれました。

    1,600人以上の従業員の3分の1近くがマサチューセッツ州ウォルサムに拠点を置くZoomInfoは、大企業部門でドリフトとマイキャストを抑えて20位にランクインしました。

    "ZoomInfoの最高人事責任者であるAlyssa Lahar は次のように述べています。「ボストン・グローブ紙のような権威ある組織に評価されたことは、私たちの職場にとって名誉なことです。"私たちは、多様性とインクルージョンの促進、チームとしてのコミュニティへの還元、COVID-19パンデミックの間の従業員の幸福を優先することに焦点を当てた最近の取り組みで培ってきた職場文化を誇りに思っています。私たちの従業員の態度、熱意、創造性は、誰もが成長できる魅力的な文化を継続的に創造するのに役立ちます。

  • 【ロンドン時事】英紙デーリー・テレグラフ(電子版)は22日、米製薬大手ファイザーなどが開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、英当局が早ければ12月1日までに承認する可能性があると報じた。ファイザーは今月20日にワクチンの緊急使用許可を米当局に申請したばかりだが、報道通りとなれば、英当局の承認が先行することになりそうだ。

     米食品医薬品局(FDA)は、12月10日に予定する会合で、ファイザーが申請したワクチンの緊急使用許可の承認を協議する。米国でのワクチン接種開始は最短でも11日とみられる。

    2020/11/23配信

  • Upgrade RBC Capital: Sector Perform to Outperform 11/19/2020

  • 2020年11月24日 (火) 1:02 AM GMT+9
    By Rebecca Spalding

    11月23日 (ロイター) - 米国感染症医学協会のトップは月曜日、先週の世界保健機関(WHO)による使用禁止勧告にもかかわらず、ジレアド・サイエンス社の抗ウイルス剤レムデシビルをCOVID-19の入院患者に使用すべきであると述べた。

    アメリカ感染症学会(IDSA)は、更新されたガイドラインの中で、その専門家は、入院期間を短縮することを示す臨床試験に基づいて、重度のCOVID-19患者に使用するための薬剤を支持していると述べています。WHOの研究では、命を救うことや機械的な呼吸補助の必要性を減らすことには何のメリットもないことが示唆されていたが、IDSAはこの薬剤の使用を推奨している。

  • 2020/11/23 21:09

    102.00 +4.39 (4.50%)
    Before hours: 7:08AM EST

  • 2020/11/23 20:56

    109.30 +5.23 (5.03%)
    Before hours: 6:55AM EST

  • 【ロンドン時事】英紙デーリー・テレグラフ(電子版)は22日、米製薬大手ファイザーなどが開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、英当局が早ければ12月1日までに承認する可能性があると報じた。ファイザーは今月20日にワクチンの緊急使用許可を米当局に申請したばかりだが、報道通りとなれば、英当局の承認が先行することになりそうだ。

  • Piper Sanderのアナリストによると、スポーツベッティングとオンラインゲームは、より多くの人々が携帯電話でお気に入りのスポーツチームに賭けたり、オンラインカジノやファンタジーゲームをプレイしたりすることで、最終的には400億ドル規模のビジネスになる可能性があるという。

    すでにネバダ州以外で最も成熟したスポーツベッティング市場の1つであるニュージャージー州では、スポーツベッティングは2019年度に3億ドルの収益を上げており、そのうち82%がオンラインであるとPiper SanderのアナリストYung Kim氏は述べています。

  • 【ワシントン時事】米ホワイトハウスで新型コロナウイルスのワクチン配布を統括するモンセフ・スラウイ氏は、22日のCNNテレビで、米国民へのワクチン接種が12月11日にも始まるとの見通しを示した。

     米製薬大手ファイザーは今月20日、開発中のワクチンの緊急使用許可を米当局に申請している。

     CNNによれば、ファイザーの申請を受けた食品医薬品局(FDA)の会合は、12月10日に予定されている。スラウイ氏は「われわれは承認から24時間以内にワクチンを出荷する計画で、(接種開始は)11日か12日になると見込んでいる」と語った。

  • 注目はやはり後半に予定されるクリーマとバリオセキュアの2社ということになろう。前者は巣ごもり生活で勢い付く手作り作品の売買サイトを運営しており、後者はネットワークセキュリティーサービスを提供する。 
    トレーダーズ・ウェブ

  • 洛陽モリブデンも抜けてきそう

  • >>No. 914

    東山紀之が22日、キャスターを務めるテレビ朝日系「サンデーLIVE!!」
    長い時間をかけて米ファイザーとモデルナの特集

  • 2020/11/21 14:46

    FDAによると、12月10日にファイザーとBioNTechの担当者とCOVID-19ワクチン
    候補の緊急使用承認申請についての会合を開く日を設定したという。
    ABC News

  • 「当社のビジネスには、特に影響はありません」とGDRXのDoug Hirsch 最高経営責任者(CEO)は金曜日のインタビューで語っています。

    みなさんはアマゾンの意図を誤解していると指摘したHirsch 氏は、アマゾンのサービスは、すでに健康エコシステムの一部となっている第三者に大きく依存していると付け加えた。これでは、同社が薬局ビジネスでできることが限られてしまう。

    "アマゾンがやろうとしていることは、通販薬局の改善だ "とHirsch 氏は付け加えました。"アマゾンはあなたの手元に薬を届けたいと思っていると思いますが、それは本当に、本当に難しいことなのです。"

  • ファイザーは、12月中旬までにFDAから緊急使用の承認を得られるとみており、承認後直ちにワクチンの配布を開始する予定。バイオンテックのウグル・サヒン
    (CEO)は18日、「全てがうまく行けば、クリスマス前の配布開始も可能だ」と述べた。

     FDAはこの日、諮問委員会によるワクチンの検討会が12月10日に開催されると発表。承認までにかかる時間については予想を控えたが、アザー厚生長官も12月中旬に承認されるとの見通しを示した。

  • 2020/11/21 06:30

    Darrell Etherington
    2020年11月20日(金) 9:44 PM+9
    COVID-19ワクチンの有力候補の1つであるCOVID-19ワクチンを製造している2社は、米国食品医薬品局(FDA)に予防治療の緊急使用承認(EUA)を申請し、本日中に届けられる予定である。[Pfizerは、金曜日の午後遅くに約束通り申請書が提出されたことを確認した] 
    今週初め、第3相臨床試験データに基づいてワクチンが95%の効果があったことを明らかにしたファイザーとBioNTechは、米国だけでなく、オーストラリア、カナダ、ヨーロッパ、日本、英国でも緊急承認申請を行っており、来月末までに「高リスク集団」でのワクチン使用を開始する道を開く可能性があると述べている。

  • 【ワシントン共同】米製薬大手ファイザーは20日、開発している新型コロナウイルス感染症のワクチンの緊急使用許可を米食品医薬品局(FDA)に申請したと発表した。欧米メーカーによる新型コロナワクチンの規制当局への許可申請は初めて。

     FDAは外部の諮問委員会の意見を聴き、安全性と有効性を評価する。年内に判断を示す可能性があり、許可されれば、医療従事者などリスクの高い一部の米国民への接種が始まる。

     同社は日本や英国など他の国で申請する準備も始めた。日本政府は6千万人分の供給を受けることで基本合意している。

  • 共同創業者兼最高経営責任者(CEO)のダグラス・ハーシュ氏は、医薬品の通信販売ビジネスは困難であり、パンデミックや地域の封鎖があったとしても、アメリカ人が薬を通販で手に入れる数は、約5%程度に留まっていると述べています。

    "通販は本当に難しい。通販を提供しようとした企業が道に散らばっている」とハーシュ氏はブルームバーグ・ニュースに語りました。

  • ファイザー/バイオエヌテックのプレスリリース
    FDAワクチンの緊急使用の要求を発表

本文はここまでです このページの先頭へ