IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2829コメント)

  • 日足・分足で…こまめに越年小遣い稼ぎもよいけれど…「株は週足、月足、これ欧米の常識」これから最大のテーマ株だけに・・「投機ではなく、投資」スタイルで臨みたいですね。

  • 再掲「5G」が1位にランク、
        ~ローカル5Gの申請受付が24日からスタート<注目テーマ>

    市況 個別株 配信元:みんなの株式 著者:MINKABU PRESS
    投稿:2019/12/19 12:22


    ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    まだ始まり、スタートラインにも勢ぞろいしてない。
    これからこれから!1年後2年後・・経常がが上がるのはさらに先・・・期待のみ

  • 「5G」が1位にランク、
        ~ローカル5Gの申請受付が24日からスタート<注目テーマ>

    市況 個別株 配信元:みんなの株式 著者:MINKABU PRESS
    投稿:2019/12/19 12:22

    ★人気テーマ・ベスト10
    1 5G 
    2 全固体電池 
    3 衝突回避システム 
    4 国土強靱化 
    5 半導体 
    6 教育ICT 
    7 半導体製造装置 
    8 人工知能 
    9 リチウムイオン電池 
    10 TOPIXコア30

    みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「5G」が1位となっている。

     総務省は17日、第5世代通信システム(5G)を地域限定で利用する「ローカル5G」の免許申請を24日から受け付けると発表。これを機に関連銘柄への関心が高まりつつあるようだ。

     「ローカル5G」とは、地域の企業や自治体などが個別に利用できる5Gネットワークのこと。通信事業者(キャリア)が全国で展開する均一な5Gの通信サービスに対して、ローカル5Gはプライベートなネットワークとしてさまざまな用途で利用できる点に違いがある。メリットは、超高速・大容量の専用ネットワークを運用できるほか、セキュリティーを確保した安心・安全な通信を、必要な時に必要な場所で構築することが可能。主な用途先として建設・工事現場(自律施工、遠隔施工)、物流倉庫(自動倉庫システム、搬送システム)、スタジアム(施設内での映像配信)、駅(高精細映像監視)、工場(遠隔ロボット制御、無人搬送車制御)、病院(遠隔診療)などが想定される。

  • 日足・・雲抜け。遅行線の跳ね上げの勢いがよろしいなあ

  • 日足週足月足…新値3本足が見事にそろって反転・・・しばらく上昇を示唆。

  • ようやく、下げ止まり反転。動き始めました。~~

    //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    個人投資家・有限亭玉介:下半期に向けた注目株をチェック~その1~【FISCOソーシャルレポーター】
    個別株 配信元:フィスコ
    投稿:2019/05/11 10:00

    以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。
    (中略)

    3つ目の銘柄は北川精機<6327>です。最近話題になっている次世代の高速通信を担う5Gですが、同社は5G向けCCL成形用真空大型プレスの商品シェアで世界首位の企業にて、注目されています。中国、米国及び世界中で開発・推進が進む5G…その海外での需要増も考えると思わず期待してしまいますな。目先の5月10日に控えた決算通過後にはどのように動くかと注目中ですが、今年は特にそのテーマ性への思惑・期待が高いものと考えます。5Gのサクサク動くPCやスマートフォン…例えば動画で株のオンラインセミナーなどもあれば使ってみたいもんですねぇ。
    //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 再掲

    ソースネクストが急騰、株式新聞の注目株
    9月9日(月)12時09分配信 モーニングスター


     ソースネクスト <4344> が急騰して前日比4.9%高の490円まで上昇した。株式新聞は9日付の「注目株」に取り上げた。

     同紙ではソースネクストについて、13週移動平均線、26週線を相次ぎ奪回したことで調整トレンドは好転しつつあると指摘。目下業績をけん引している自動通訳機「ポケトーク」の導入企業が今後も拡大する期待が強まる中で、収益の高成長を維持する公算が大きいとみている。

    提供:モーニングスター社

  • ドル円108円に、さらに向かうか?

  • 2年前の秋,3,000台・・・はるかに遠くきたもんだ・・・・。前途遼遠。

  • 株式新聞

    注目株:ソースネクス――ポケトークの勢い止まらず、相場再起動へ
    1面注目株
    2019/9/6 17:30

     ソースネクスト(4344)が底打ち反発の気配を強めている。前々週には13週移動平均線、前週には26週線を相次ぎ奪回。昨年10月の最高値(調整後)774円を起点とする調整トレンドは好転しつつある。

  • 加えて、
    秋の消費増税実施に向け、そしてその実施後…ドル円相場はどう動くか・・・
    FX市場では多くが「一時期の円高を経て・・長期の円安」という「読み」がひろがっているという…
     ここの稼ぎ頭は「ドル円差益」だった。
     外国勢が空気電池・全個体電池に加え・・・「ここ」に目をつけるのも当然かも~

  • 2019年09月06日(金) AGARA 紀伊民報
    国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業・先端的低炭素化技術開発(ALCA)「水素/空気二次電池の開発」公開成果報告会 開催!
    (2019年08月20日 20時05分 更新) Digital PR Platform

    同志社大学理工学部 環境システム学科 盛満 正嗣 教授 は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業・先端的低炭素化技術開発(ALCA)において、2012年10月から安心・安全で高いエネルギー貯蔵能力を有する新型二次電池である「水素/空気二次電池(HAB)」の開発を行ってきました。
    この度、約7年間にわたる研究の成果を広く公表するため、下記の日程で公開成果報告会を開催します。
    同時に、共同で研究を進めてきた大分大学、FDK株式会社、日本重化学工業株式会社、東洋アルミニウム株式会社とともに、今回が初公開となるHABの技術展示も行いますので、ぜひご参加ください。
                  記

    【日 時】2019年9月11日(水)13:00~16:30
    【会 場】イイノホール&カンファレンスセンター Room A 
         東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4F
         地下鉄日比谷線・千代田線「霞ケ関」駅C4出口直結
    【主なプログラム】
    13:00  受付・技術展示開始
    14:00  開会挨拶
    14:05  実用技術化PJ「自律分散型次世代スマートコミュニティ」プログラムオフィサー 神戸大学名誉教授 出来 成人 氏
    14:25 「水素/空気二次電池の要素技術開発」 同志社大学理工学部教授 盛満 正嗣
    15:00 「水素/空気二次電池の開発と今後の展開」FDK株式会社基盤技術統括部 電池技術開発部長 安岡 茂和 氏

  • 決算書説明から
    1.経営成績等の概況
    (中略)

    このような状況のもと当社グループは、当連結会計年度より新中期経営計画「革新と創造への挑戦~独創性で輝 き続けるKITAGAWAへ~」をスタートしております。基本的な方針は前計画を引き継ぎながらも、環境の変 化に合わせ、より機動的・能動的に新たな市場の動きを捉えて事業化を目指すとともに、将来に向けて安定的・持 続的な成長基盤を整備するため、3つの重点項目「独自コア技術の新分野・新市場への積極展開」「徹底した工程 管理と原価削減による収益性・競争力・製品/サービス品質の向上」「創造性と自主性に溢れ、継続的な成長を支 える活力ある強い組織作り」に積極的に取り組んでおります。 この結果、当連結会計年度の経営成績は、売上高5,408百万円(前期比8.7%増)、営業利益576百万円(前期比 19.8%増)、経常利益554百万円(前期比15.9%増)となりました。親会社株主に帰属する当期純利益は、特別損 失へ減損損失247百万円を計上したこと等により160百万円(前期比40.7%減)となりました。 なお、当社グループは、主要製品が個別受注生産によるため、製品の納期・受注金額にバラツキがあり、大型案 件になるほど売上までに相当期間を要し、月単位での売上高が大きく変動するという特徴があります。 セグメントの経営成績は次のとおりであります。 (産業機械事業) プリント基板用及び基板関連プレス装置や、車載基板等の成形用プレス装置、自動車部品製造・樹脂成形装置 など多様な受注を獲得する中で、工程管理や原価削減への取り組みの徹底を継続的に進めた結果、売上高3,889 百万円(前期比8.5%増)、営業利益321百万円(前期比24.7%増)となりました。 (建材機械事業) 合板プレス装置を中心に国内外向けの売上が堅調に推移したため、売上高1,350百万円(前期比7.6%増)、営 業利益238百万円(前期比10.7%増)となりました。 (その他) 油圧機器の売上が堅調に推移しており、売上高168百万円(前期比24.1%増)、営業利益18百万円(前期比 49.0%増)となりました。

  • 2019/08/19 16:04


    2019/08/19 15:15
    北川精機(6327)
        ☀ 2019年6月期連結、15.9%経常増益。事前予想を上回る水準。


     【業績予想/決算速報】
    北川精機<6327>が8月19日に発表した2019年6月期の経常損益は15.9%増益の554百万円、事前の会社側の予想値420百万円を31.9%上回る水準だった。また同日発表された業績予想によると2020年6月期の経常損益は38.6%減益の340百万円となっている。尚、中間の経常損益は100百万円を予想している。

  • 株取り引きは・・週足か50日平均。
    まだまだ底域を蠢き、ようやく上昇シグナルが初点灯したばかり・・・
    やれやれ長かったですね、空売りと下げ一途の日々。ホッとしました。
    ここからは好決算を続け、有無を言わせぬ業績回復、株価上昇という王道に期待します。

  • 日足、週足・・・・上昇示唆パラ、同時に点灯。さあ…今からだ


  • 2019/08/08 15:00
    ソースネクスト(4344)
    2020年3月期連結第1四半期、経常損益85百万円。

     【業績予想/決算速報】ソースネクスト<4344>が8月8日に発表した2020年3月期第1四半期の経常損益は85百万円であった。また同日発表された業績予想によると通期の経常損益は前回予想を据え置き、76.9%増益の1,601百万円を予想、IFISコンセンサスを23.4%下回る水準となっている。尚、中間の経常損益は200百万円を予想している。

    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
    つまりIFISコンセンサスでは、「通期は、もっ稼げるはずだ」という評価なわけだ。
    76.9%増益予想でも「少ない」というわけか・・・。

  • ■7月29日の終値ベースで、
    ●MACDが買いサイン銘柄(市場人気順) ★MACDがゼロ以下でシグナルを上抜いた銘柄


    <4344> ソースネクスト       416    +11 ( +2.7%)      -5.8

  • 決算も通過したし…週末だし…いつものパタ~ン。
    期待は、一発ドカン!!さらにもう一発! じっと待つ、ひたすら待つ。


  • メーカーは強みがあるけれど、輸入業者もがんばれ!一時に比べれば円高持続中。

    //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
    みんかぶ 2019.7.25

    santecが大幅高、5G向け光モニターは国内基地局整備で新たな商機◇

     santec<6777.T>が大幅高。同社は光通信用部品メーカーで海外向けでも高い実績を持つ。次世代通信規格「5G」関連の基地局整備に絡み光モニターが高水準の需要を捉えている。来年の東京五輪・パラリンピックを前にこれから国内でも5G関連の案件が本格化することが予想され同社に新たな商機が巡る公算が大きい。前日の米株市場でワイヤレス機器向け検査装置を手掛けるテラダインが好決算発表を受け買われたことで、きょうの東京市場ではアンリツ<6754.T>を筆頭に5G関連株に物色の矛先が向いている。この流れのなかで足の速い同社株にも投資資金が集中した。

本文はここまでです このページの先頭へ