IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (7168コメント)

  • ダイヤモンドZai8月号が注目

    【日本株】配当利回り4%超のおすすめの「高配当株」
    2銘柄を紹介! 30年以上も非減配を続ける「武田薬品
    工業」と、高成長&高配当な「アルマード」に注目!

    2022年6月28日公開(2022年6月27日更新)

    ザイ編集部

  • 自動運転システムチップ試作品は今夏上がってくる見込み出そうです。

  • Rustのプログラミングパワーを最大限活用できる新しいパートナーソリューションを発表
    ~ eMCOS®上でより安全で高性能なアプリケーションの開発を実現 ~
    ~ 欧州最大の組込みシステムの国際展示会Embedded World 2022で初公開 ~

    Rustは、C++やJavaなど既に広く利用されているプログラミング言語に比べて比較的新しく、最適化されたメモリ安全性と高い制御性を兼ね備えた、モダンで信頼性の高いプログラミング言語です。さらに既存のC/C++コードベースとの連携性も優れています。より安全で高性能を必要とするミッションクリティカルなアプリケーション開発において急速に利用が広がっており、この分野において最も注目を集めているプログラミング言語です。

    このたび、独Ferrous Systems社のFuSa(機能安全規格)認証済みRustコンパイラであるFerroceneが、安全性とパフォーマンスの要件が厳格な組込みアプリケーション向けとして評価の高い、イーソルのeMCOSをサポートします。

  • Rustのプログラミングパワーを最大限活用できる 新しいパートナーソリューションを発表

    イーソル株式会社2022年6月21日 15時00分

    0

  • 【】OYGM

    昨日も多数のご来店有り難うございました!
    【朗報🎯】
    豚山オンラインストア
    https://t.co/LMqQy7GvRV

    遂に登場🐷「汁あり」ラーメン
    昨日より販売開始➰‼️
    と、共に爆売れでございます🍜🍥

    今すぐ👇️
    https://t.co/LMqQy7GvRV
    をチェック✅
    お店でもお家でも、豚山ッぁ

  • 2022.06.07 プレスリリース

    自動車向けSOAアーキテクチャ用ECU集約通信ゲートウェイのPoC(概念実証)をルネサスのSoC上で実施

    ~ サービス指向アーキテクチャ(SOA)に基づくオープンスタンダードなソフトウェアモデルを
    活用した通信ゲートウェイECUを実証V2X(Vehicle-to-Everything、車車間/路車間)
    通信用のセントラルコンピューティングECUの開発をサポート ~


    報道関係者各位

    イーソル株式会社



    イーソル株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:長谷川 勝敏、以下イーソル)は、ルネサスエレクトロニクス社(以下ルネサス)製の車載SoC(System on Chip)製品上での、サービス指向アーキテクチャ(SOA)を用いたオープンスタンダードなソフトウェアモデルに基づく通信ゲートウェイECUのPoC(概念実証)を発表しました。このPoCは、V2X通信などの要求の厳しい自動車機能向けのセントラルコンピューティングECUの開発への道を開き、最先端の自動車アーキテクチャをサポートする課題に対処するものとなっています。

     

  • イーソルが反発、NEDO委託事業終了後の展開に期待◇

    市況 個別株 

    配信元:みんかぶ

     

    著者:MINKABU PRESS

    投稿:2022/06/03 11:20

     イーソル<4420.T>が反発。2日の取引終了後、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業の研究成果をもとに具体的な事業化を進めていくとの見通しを明らかにしており、今後の展開への期待が高まっているようだ。

     NEDOから委託を受けているのは「セキュアオープンアーキテクチャ向けコンパイラバックエンドおよび対応ランタイム環境の設計・開発」で、デンソー<6902.T>傘下のエヌエスアイテクス、自動車向けシステム開発のOTSL(名古屋市東区)、ソフトウェア開発の京都マイクロコンピュータ(京都市西京区)と共同で研究を行っている。委託期間終了後の2023年度以降をメドに事業化を進める。

    (注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

    出所:MINKABU PRESS

  • 経済産業省 が「RISC-V DAYS TOKYO 2022 SPRING」に6月2日(木)登壇します。ほぼ全産業界でニーズがある半導体分野を視点に「我が国半導体産業復活の基本戦略」と題し講演します。

    一般社団法人 RISC-V協会
    2022年05月31日 11:00

    0シェア

    1ツイート





    令和4年6月2日(木)、経済産業省 商務情報政策局 情報産業課 二瓶 望美係長が、一般社団法人RISCーV協会が主催する「RISC-V DAYS TOKYO 2022 SPRING」に登壇します。

    本記事では、2022年4月18日に行ったプレスリリースによる開催予告に加えて、プログラム内容を2022年5月9日に公開しました。従前のプログラムに加え経済産業省のプレゼンテーション参加が2022年5月30日に追加されたことを公示するものです。

  • 4420イーソル
    🌸初動から注目しておきたい🌸

  • 2022.05.24 プレスリリース

    NSITEXE社が英国Imperas社の最新RISC-V RTL設計検証環境を採用

    ~ Imperas社が開発、イーソルトリニティが販売・サポートを行うRISC-V RTL設計検証環境を、
    株式会社エヌエスアイテクスが国内で初めて採用 ~


    報道関係者各位

    イーソルトリニティ株式会社

  • 4420イーソル
    「新値3本足」陽転
    強い買いシグナル点灯🌸

  • 4420イーソル
    🌸初動から狙っておきたい🌸

  • 3387クリレス
    850円ブレイクから
    1000円ブレイクへのバンドウォークは早い🌸

  • 6730アクセル
    🌸テンバガー(10倍株)への初動から狙っておきたい🌸

  • クリレスHD Research Memo(8):23年2月期はコロナ禍からの一定の回復により、大幅な増収を見込む

    05/09 15:19 配信





    ■業績見通し

    1. 2023年2月期の業績予想
    2023年2月期の業績予想についてクリエイト・レストランツ・ホールディングス<3387>は、営業収益を前期比46.8%増の115,000百万円と大幅な増収を見込んでいる。また営業利益を同4.4%減の7,300百万円、税引前利益を同4.7%減の6,800百万円、親会社の所有者に帰属する当期利益を同24.0%減の4,500百万円と、協力金等のはく落により前期比で減益となるものの、高い利益率水準を維持するとともに、調整後EBITDAも24,700百万円を確保する見通しである。

    売上収益は、まん延防止等重点措置(1/21~3/21)が解除されて以降、総じて回復基調にあるものの、新たな変異株の懸念やライフスタイルの変化等による影響を慎重に判断し、実質既存店売上高(通期)はコロナ禍前と比較して78.5%の水準を予想している。また、出退店については、新規出店30店舗、退店24店舗を計画。アフターコロナを見据えた業態開発にチャレンジするとともに、「選択と集中」をテーマに、投資効率を意識した出退店及び業態変更を促進することで、再成長に向けた基盤づくりに取り組む方針である。

    一方、損益面で減益となるのは、前期の収益を下支えした協力金等のはく落によるものであるが、まん延防止等重点措置(1/21~3/21)の対応分としての協力金(前期からの期ずれ分の約22億円を含む)が計上されること、筋肉質なコスト構造への転換(損益分岐点の引き下げ)等により、高い利益率水準を維持する見通しとなっている。

    2. 弊社の見方
    弊社でも、新たな変異株の懸念を含め、先行きの不透明感に対しては引き続き慎重に判断すべきと考えている。特に、外食(居酒屋)業界にとっては、ウィズコロナ、アフターコロナに向かうなかで客数が戻ってこないところに構造的なリスクがあると見ており、環境変化への対応力が成否を決するポイントになるだろう。その視点に立てば、通常営業を再開(時短営業)した2021年11月~12月にコロナ禍前の75%水準にまで既存店売上高が戻ったことは、同社グループの各業態やポートフォリオの優位性が失われていないことの証と言える。したがって、同社業績予想の前提となるコロナ禍前の78.5%への回復は決して難しい水準ではないと判断できる。また、損益面でも、前期からの協力金等の期ずれがあることや、収益体質の強化が図られていることを勘案すれば、売上収益の回復とともに達成できるものと見ている。

    (執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)

  • 3387クリレス
    年初来高値832円ブレイクからは
    🌸青天井🌸

  • 3387クリレス
    850円ブレイクからは
    🌸1000円ブレイクへのバンドウォークへ
    突入🌸

  • 6730アクセル
    予想配当40円、配当利回り5%
    自動運転専用システムチップは
    2022~製品化へ

    🌸リリースへのカウントダウン🌸

  • アクセル Research Memo(8):自動運転向けAIチップやセキュリティ製品、ブロックチェーンなどへも注力

    By FISCO, FISCO


    *15:28JST アクセル Research Memo(8):自動運転向けAIチップやセキュリティ製品、ブロックチェーンなどへも注力
    ■今後の見通し

    (3) 自動運転向けAIチップ
    NEDOの公募事業の一環として2017年から研究を進めてきた「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発」に関しては、順調に開発が進んでおり、2021年頃に試作チップが完成する見通しとなっている。完全自動運転の実用化に向けて、資本業務提携先の(株)ティアフォーや複数の大学と共同で開発を進めてきたプロジェクトで、ティアフォーがアプリケーションソフト(完全自動運転・監視)、埼玉大学がミドルウェア、東京大学がコンパイラ・OSの開発をそれぞれ担当し、アクセル6730は半導体の設計・開発を担当した。

    今後のロードマップとしては、試作チップをもとに、2022年以降に実証実験を行い、製品化につなげていきたい考えだ。用途としては、工場内で走行する自動搬送車両や過疎地域における高齢者向け移動車などを想定している。また、自動運転用途以外のAI活用領域への転用も可能なことから、IP化してロイヤリティ収入を得るといったビジネスモデルも考えられる。自動運転市場は市場規模も大きく実証実験の動向が注目される。

本文はここまでです このページの先頭へ