IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1780コメント)

  • >>No. 302

    金融緩和で円の貨幣価値が下がっただけだよ
    貨幣価値が1/10になると、GDPと株価は10倍になり、実質賃金は1/10になる。

    株の実質価値が上がったんじゃないんだよ。
    外人が日本株を売るとそれだけ日本人の資産が減る事になる。

  • タバコを吸えば新型コロナに感染しないとわかってるだろ

  • >優待のカレー不味いの?

    大き目の肉とジャガイモが入っているだけで、ルーは

    S&B とろける濃いカレー 中辛 175g×5個
    価格: ¥257 / 個

    と同じ味だった。

  • カレーは不味かった、100円の特売品と変わらない味

    ご飯は かちんかちんで味が良くわからなかった

    こんなので売れる訳ないよな

  • 国債を発行すれば400兆円までなら簡単に作れるよ

  • ■新型コロナの感染や重症化の予防に軽度な喫煙が効果のある可能性大

    中国の著名な呼吸器科学者Zhong Nanshanらによって執筆された新型コロナウイルスに感染した患者の
    臨床症状に関する論文によると、新型コロナウィルス感染者について調査した1,099人の肺炎患者のうち、
    927人が非喫煙者(全体の85.4%)、21人は喫煙歴(1.9%)、 137人が喫煙者(12.6%)だった。

    ここから伺うに喫煙によってタールか何かが肺胞などに付着することで新型コロナウィルスの肺胞への感染や
    ウィルスの増殖拡大を防いでいる可能性がある。
    また、このウィルスは肺胞マクロファージに侵入して増殖するという説もあるが、喫煙はこの肺胞マクロファージに
    ダメージを与えるという研究結果もあり、その結果、感染を予防したり、肺炎の悪化を防いでいるのかもしれない。

    これに対して全く逆の見解を出すメディアもあるが、それらにはほとんど臨床的な根拠がない。

    そして、この仮説はかなり確度の高いものだろう。というのは、日本で勧められてきた禁煙化というのが、
    すべては日本人をこのウィルスでより重症化させようする意図の下に勧められてきたと思われるからである。

    もし、喫煙に健康被害だけしか存在しないのであれば黒幕が敵性国家である日本で禁煙化を推し進めることなど
    しないと思われるからである。他方、欧米人や黒人には肺などの身体にこのウィルスと結合するACE2受容体が
    少ないため(東アジア人の5分の1程度)、喫煙をしていなくても若者は重症化しにくい(免疫力の落ちた老人は重症化することもある)。

    また、喫煙が新型コロナの感染や重症化を促すものなら、真っ先にパチンコ屋の従業員などが感染重症化
    しているだろう。すでにいくつかの店が営業停止に追い込まれて入れもおかしくない。だが、そういう話は全く聞かない。
    他方、現実は喫煙とは程遠いと思われる医療関係者が多く感染している。

  • No.532

    強く買いたい

    投資は利益5%なら勝者 …

    2020/04/11 18:30

    投資は利益5%なら勝者

    だが世の中には本当に「10万円を1億円に増やした」ような人が居たのは事実で、10年ほど前にBNFとかCISとかの投資家がマスコミをにぎわせました。

    どちらも最初の元手は100万円程度だったのを一日に何度も短期取引を成功させる手法で増やし、数年後に100億円にしてしまったそうです。

    この例で考えなくてはならないのは「BNFが増やした分は貴方が負けた」という事で、投資は参加者同士がお金を奪い合うものです。


    この2人が100億円づつ資産を増やしたということは、1万人の投資家が200万円ずつ負けたのを意味しています。

    しかもこうした短期取引を繰り返すと手数料の負担も大きいので、実際にはもっと多くの投資家がもっと大きく負けたでしょう。

    ハイリスク取引では一人の天才のせいで数万人が数百万負けてしまうので、「貴方や私が勝者になる事は絶対にない」のです。


    では堅実な投資家はどの程度のリスクを負うべきなのか、例えば今人気のマンション投資やアパート投資は年利10%の利益なら成功とされています。

    年利10%は表面上の売上げなので、そこから税金や諸経費を引いたら年利5%で成功と言われています。

    世の中の大半の企業の利益率を調べると5%以下で、トヨタですら10%には届いていません。


    200万円のプリウスのうち、利益になるのは15万円くらいで、そこから将来への投資などもするので、ほとんど残りません。

    銀行や証券会社のプロ投資家で継続して年利10%も上げたらスーパースターで業界の伝説になれるでしょう。

    それどころかかなりのプロディーラーは手数料込みでは損失が出ていて、その損失を個人投資家に負わせています。

    投資で毎年5%安定して勝てたら実はその人は相当投資がうまい人で、物足りないかも知れないがそういうものなのです。

  • コロナで酷い国は喫煙率が低くて

    アジアなどの喫煙率が高い国の被害が少ないということは

    受動喫煙程度の非喫煙者は日頃から吸い込んでる微量の煙によって
    ウイルスからガードされている

    そう結論付けられる

    アジアは日本は喫煙者によって救われた
    感謝すべきだな

  • ■新型コロナの感染や重症化の予防に軽度な喫煙が効果のある可能性大

    中国の著名な呼吸器科学者Zhong Nanshanらによって執筆された新型コロナウイルスに感染した患者の
    臨床症状に関する論文によると、新型コロナウィルス感染者について調査した1,099人の肺炎患者のうち、
    927人が非喫煙者(全体の85.4%)、21人は喫煙歴(1.9%)、 137人が喫煙者(12.6%)だった。

    ここから伺うに喫煙によってタールか何かが肺胞などに付着することで新型コロナウィルスの肺胞への感染や
    ウィルスの増殖拡大を防いでいる可能性がある。
    また、このウィルスは肺胞マクロファージに侵入して増殖するという説もあるが、喫煙はこの肺胞マクロファージに
    ダメージを与えるという研究結果もあり、その結果、感染を予防したり、肺炎の悪化を防いでいるのかもしれない。

    これに対して全く逆の見解を出すメディアもあるが、それらにはほとんど臨床的な根拠がない。

    そして、この仮説はかなり確度の高いものだろう。というのは、日本で勧められてきた禁煙化というのが、
    すべては日本人をこのウィルスでより重症化させようする意図の下に勧められてきたと思われるからである。

    もし、喫煙に健康被害だけしか存在しないのであれば黒幕が敵性国家である日本で禁煙化を推し進めることなど
    しないと思われるからである。他方、欧米人や黒人には肺などの身体にこのウィルスと結合するACE2受容体が
    少ないため(東アジア人の5分の1程度)、喫煙をしていなくても若者は重症化しにくい(免疫力の落ちた老人は重症化することもある)。

    また、喫煙が新型コロナの感染や重症化を促すものなら、真っ先にパチンコ屋の従業員などが感染重症化
    しているだろう。すでにいくつかの店が営業停止に追い込まれて入れもおかしくない。だが、そういう話は全く聞かない。
    他方、現実は喫煙とは程遠いと思われる医療関係者が多く感染している。

  • 新型コロナウイルス肺炎は「間質性肺炎」で致死率100%

    「新型コロナウイルス肺炎は間質性肺炎」岐阜大学 犬房春彦 - YouTube
     https://www.youtube.com/watch?v=QIKeQ_JQlfc&feature=emb_title

     実は、私は間質性肺炎に罹患していて、その恐怖を身をもって体験している。

     間質性肺炎は、致死率100%の病気である。

     ただし、死ぬまで平均で5~7年程度、ときには10年近く生きる人もいる。

     この病気は進行性で、一度、罹患すると、じわじわと呼吸機能が低下して、5年程度で死亡するのが普通である。



     原因としては、一種の自己免疫障害で膠原病などに近い。私のように、肝臓や腎臓に繊維化の基礎疾患があると、肺にも連鎖してコラーゲン繊維化が起きやすくなる。

     コロナ肺炎も、どうやら同じようなメカニズムなので、ステロイド(オルベスコ吸入薬)に効果が認められる。



     ということは、この病気も、肺間質細胞の繊維化をもたらしていることを意味している。

     つまり、新型コロナウイルス肺炎は、仮に治癒しても完治は望めず、じわじわと進行して最後には命を奪う、致死率100%の極めて深刻な病気ということになる。

     今、コロナ肺炎を治療して退院した人も、数年後に死亡することを意味している。



    特発性間質性肺炎 
    肺は肺胞というブドウの房状の小さな袋がたくさん集まってできています。間質性肺炎は、肺胞の壁に炎症や損傷が起こり、壁が厚く硬くなるため(線維化)、酸素を取り込みにくくなる病気です。間質性肺炎の原因は様々ですが、原因不明のものを特発性間質性肺炎(IIPs)と総称します。

    【予後】
     IPFは一般的には徐々に肺の線維化が進行していく病気で、平均生存期間は欧米の報告では診断確定から28~52ヶ月、わが国の報告では初診時から61~69ヶ月とされていますが、病状の経過は患者さんによって様々です。特発性非特異性間質性肺炎や特発性器質化肺炎は一般に治療がよく効きますが、中には徐々に悪化していく場合もあります。

  • 真偽不明だけど驚くべき情報! 新型コロナウイルス肺炎は「間質性肺炎」で致死率100%


    「新型コロナウイルス肺炎は間質性肺炎」岐阜大学 犬房春彦 - YouTube
     https://www.youtube.com/watch?v=QIKeQ_JQlfc&feature=emb_title

     実は、私は間質性肺炎に罹患していて、その恐怖を身をもって体験している。

     間質性肺炎は、致死率100%の病気である。

     ただし、死ぬまで平均で5~7年程度、ときには10年近く生きる人もいる。

     この病気は進行性で、一度、罹患すると、じわじわと呼吸機能が低下して、5年程度で死亡するのが普通である。



     原因としては、一種の自己免疫障害で膠原病などに近い。私のように、肝臓や腎臓に繊維化の基礎疾患があると、肺にも連鎖してコラーゲン繊維化が起きやすくなる。

     コロナ肺炎も、どうやら同じようなメカニズムなので、ステロイド(オルベスコ吸入薬)に効果が認められる。



     ということは、この病気も、肺間質細胞の繊維化をもたらしていることを意味している。

     つまり、新型コロナウイルス肺炎は、仮に治癒しても完治は望めず、じわじわと進行して最後には命を奪う、致死率100%の極めて深刻な病気ということになる。

     今、コロナ肺炎を治療して退院した人も、数年後に死亡することを意味している。

  • >現在の1ドル110円ぐらいのレートは、実質実効レートで見た場合、「相当安い」のです。

    マック価格とかでは確かに円安だけど、アジアの通貨は異常安いから、輸出価格からすると今でも円高なんだよ。

    これから消費税の影響で景気が悪くなるから、内需壊滅で日本の資金は今後すべて海外に投資される。

    これからは円高ではなく1ドル=140円程度の円安になるというのが定説

  • 猫を飼っている女性は、死亡リスクが跳ね上がる──愛猫家からの悲鳴が聞こえてきそうだが、実際にこういう研究結果が出ている。

     米ジョージアサザン大学の研究チームが、ペットの有無と死亡リスクの関連を調べたところ、猫を飼っている女性は飼っていない女性に比べ、肺がんによる死亡リスクが2.85倍も高く、犬の場合は1.01倍でほとんど上がらなかったというのだ。

    イシハラクリニック副院長で医師の石原新菜さんが話す。

    「猫の細かい毛を吸入して、慢性的に気管支や肺の中で炎症が起きていると考えられます。犬の毛は太く、外で飼われることも多いですが、猫は室内で飼うのが普通です。慢性的な炎症があると、細胞が分裂をして治そうとしますが、分裂の頻度が多いと突然変異が生じやすく、がん細胞が発生する確率が高まります」


     少なくとも、掃除はこまめにした方が良さそうだ。

    ※女性セブン2019年9月12日号

  • 2019/11/23 23:19

    肺癌の原因
    1.タバコ
    2.ラドンガス
    3.猫の毛

    は確定してるよ

  • 知能劣化の原因 1.スマホ、2.テレビ、3.タバコ・マリファナ

    癌の原因 1.タバコ、2.酒、3.ホルモン残留牛肉

    認知症の原因. 1.マーガリン、2.植物油、3.パン・ラーメン

  • 川島教授は脳機能の働き方について計測実験をしたことがある。
    川島教授によると、フェイスブックの長い文章を読めない人が増えているそうで、LINEやツイッター上の2~3語で構成される文でなければ読むのがつらいのだという。

     実は、この2語、3語といった長さの文は2歳児の言語レベル。「その2語文でさえAIの音声操作が代行し、人の行動を補完していくならば、そのうち人が口にするのは『ウー、キー』で済んでしまう。脳を使わず退化した人類は猿以下になるのでは、と本気で思っています」(同)

     スマホ依存で脳の働きが鈍くなる。加えて情報の洪水にさらされると、脳の検索や管理機能が働かなくなり、40~50代では脳が「ゴミため」になってしまうと刺激的な指摘をする専門家もいる。さらにスマホを手にする機会が増えてきた高齢者にも“危険”が迫っている。

     認知症などの脳神経疾患を専門とする「おくむらメモリークリニック」(岐阜県)の奥村歩院長を訪ねた68歳の男性は、こう訴えた。

    「頭がボーッとしてだるい。人としゃべるのもおっくうなんです」

    スマホ依存度チェックリスト(週刊朝日 2018年6月22日号より)

     家族の名前も出てこない。昨日見たテレビの内容も忘れてしまう。MRIで画像診断をしたが記憶をつかさどる脳の海馬部分の萎縮も見られない。ただ、ひどく疲れていた。自宅での様子を尋ねると、弱々しい声でこう答えた。

  • >スマホってそんなにいいんでしょうかねぇ

    スマホを使うとバカになる




    危険すぎるスマホ依存 長文読めず、言語能力は2歳児レベルに
    (更新 2018/6/16 07:00) 週刊朝日

    「スマホ依存」という言葉も定着している

     いまや人々の生活とは切っても切り離せないスマートフォン。「スマホ依存」という言葉も定着しているが、それは子どもだけに限らない。小さな子を持つ親世代から定年を過ぎた年配者まで、大きな影響を与えていることがわかった。


     自己抑制を担う脳の前頭葉が完成するのは、20歳から30歳と言われる。

    「アルコールやたばこと同じです。依存性のあるものに対し、脳の機能が未発達な子どもたちが、自分の意思でコントロールするのは難しい」

    と話すのは仙台市と東北大学の加齢医学研究所の研究所長で「脳トレ」でも有名な同大教授の川島隆太氏だ。

     札幌市在住の良子さん(仮名)が娘にスマホを持たせたのは小学6年の3学期。クラスの半数がスマホを持っていたが、Wi-Fiでネットがつながるリビングでしか使えないようにしていた。

     だが、飲食店や百貨店や娯楽施設など、大抵の場所はWi-Fiがあり、ネットに接続できる。

    「スポットを見つけてはやりたがります。なので、親が、ネットを使える時間を設定できるアプリをスマホに入れて管理しています」(良子さん)

     川島教授らは中学・高校に出向き、こう訴える。

    「勉強と食事、睡眠中はスマホのスイッチを切ること。これを約束しよう」

     その川島教授だが、別の危惧を覚えている。

    「スマホ依存から抜け出せないのは、むしろ大人のほうですよ」

  • 癌の原因 1.タバコ、2.酒、3.輸入牛肉、4.加工肉

    認知症の原因 1.マーガリン・ショートニング、2.サラダ油・パーム油

  • がんの原因として大きいのが「喫煙」です。とくに男性で影響が大きく、がん罹患の29.7%、がん死亡の34.4%が、喫煙の影響によるものと推計されています(女性は、がん罹患の5.0%、がん死亡の6.2%)。つまり、タバコは生涯吸わないこと、吸っていても早く禁煙することで、がんのリスクを大幅に減らすことができるのです。

    喫煙が胃がん、食道がん、子宮頸がんのリスクを上げることは「確実」

     タバコといえば「肺がん」をイメージする人が多いのではないでしょうか。しかし、喫煙は肺がんだけでなく、「胃がん」「食道がん」「膵がん」「子宮頸がん」のリスクを上げることも「確実」と判定されています。肝がんも「ほぼ確実」で、大腸がん(直腸がん)、乳がんも「可能性あり」となっています。つまり、喫煙は肺がんだけでなく、「全がん」のリスクを高めてしまうのです。

  • 癌になる原因はタバコ、酒、ホルモン入り輸入牛肉、グリサート入り小麦粉だと確定している

    糖尿病と認知症の原因はサラダ油・パーム油・マーガリン・ショートニングだというのが定説

    タバコは 加熱タバコ>>電子タバコ>>紙タバコの順に癌に成り易い

本文はここまでです このページの先頭へ