IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (4コメント)

  • 同行の時価総額は733億円、地元O銀行989億円、H銀行806億円。地元のトップバンクを標榜しながらもこの有り様。地銀の中でも28番目の規模でしかない。経営陣からは株価対策に対する意識が感じられない。

  • 人件費の他多少の経費削減、効率化を図って経費率を下げ、利益を出したところで株価上昇にはつながらない。むしろ、社員のモラルダウンにつながっていないか心配だな。

  • この銀行と近隣のJ銀行とH銀行の決算短信を見比べたら、役務取引等利益が大幅に見劣りしている。J銀行(2014年3月6,301百万円→2019年9,046百万円 ほぼ右肩上がり)、H銀行(6,266百万円→9,300百万円 右肩上がり)、この銀行(2014年3月から5,078百万円→6,681→6,067→5,671→2018年3月5,099→2018年9月1,739百万円→2019年3月4,345百万円→2019年9月1,807百万円 右肩下がり)、両行に比べ半額以下だ。これは経営陣の戦略ミスなのか、何か他の要因があるのか?おかしいな!

  • 11月29日(金)から、OKBの店頭窓口で各種入試受験料の払い込みをされたお客さま(先着5,000名さま)に「OKB合格祈願米」を下記の通り進呈します。OKB合格祈願米は、OKB農場で収穫されたOKB農場米を使用したもので、地元大垣の「御首神社」で合格祈願のご祈祷を受けています。
    縁起でもない、こんなコメ誰も要らないのでは。

本文はここまでです このページの先頭へ