ここから本文です

投稿コメント一覧 (2017コメント)

  • Albeltには1000台から朋友が沢山居ます。
    朋友には感謝してます!
    Albeltの更なる成長を見守りましょう!!

  • >>No. 696

    ^_^あとは、YUMEさんよろしく!

  • Albeltありがとう!

    皆さん、ありがとうございました!(^^)!

  • >>No. 571

    久しぶりの
    tanさんらしいコメントですね(^^)

    元気でしたか?
    私は復帰してませんが、Albeltが弱くなってる感じがしたのでスポットでコメしました。

    冷静にコメする方々が複数おられたので、安心しました。

  • 始まったばかり

    AI戦略 2019
    ~人・産業・地域・政府全てにAI~

    戦略目標1
    我が国が、人口比ベースで、世界で最もAI時代に対応した人材の育成を行い、世界から人材を呼 び込む国となること。さらに、それを持続的に実現するための仕組みが構築されること

    戦略目標2
    我が国が、実世界産業におけるAIの応用でトップ・ランナーとなり、産業競争力の強化が実現されること

    戦略目標3
    我が国で、「多様性を内包した持続可能な社会」を実現するための一連の技術体系が確立され、それらを運用するための仕組みが実現されること

    戦略目標4
    我が国がリーダーシップを取って、AI分野の国際的な研究・教育・社会基盤ネットワークを構築し、AIの研究開発、人材育成、SDGs の達成などを加速すること

  • ALBERTxABEJA特別共催セミナー
    「デジタルトランスフォーメーションの最前線。AI実装事例、大公開」

    業界・業種に限らず様々なデータ分析の経験が豊富な
    データサイエンティスト集団であるALBERTと、
    AI開発・運用を省力化するプロダクトを提供しAIの民主化を推進するABEJA。

    AIの社会実装をさらに推進すべく、
    これまで手掛けてきた実装事例やノウハウを
    それぞれ2社より惜しみなく提供するセミナーを開催致します。

    ■ALBERT講演
    ALBERT社で手掛けてきた製造業、通信業、マーケティング系など多業種の分析プロジェクトの事例を多数ご紹介。また今回ABEJAとの協業発表にあたり、取り組みによるシナジーについてもご説明致します。

    ■株式会社ABEJA講演
    AIにより製造業はどのように変わるのか、いま何をすべきか。具体的なステップや社内AI人財の育成手法などを紐解きながら、製造業へのAI活用検討、熟練工の行動分析やメンテナンスサポートの効率化等の事例を紹介。


    2019.9.19 (木) 16:00 - 18:00
    株式会社ABEJA セミナールーム
    東京都港区白金一丁目17番3号 NBFプラチナタワー10F

  • フィスコ、みんかぶ…
    連日 Albeltに関するニュースを出している。

    気付き始めてる。

    気付いた。

    どうなるか楽しみですね^_^

  • 「人工知能」に再び注目、5Gとも融合し生産性革命を担う

    自動運転車やドローンといった新時代の象徴ともいえる成長産業や、医療・バイオ、金融といった我々の日常と切り離せない分野で人工知能(AI)はイノベーションの原動力として重要なポジションを占めている。安倍政権が推進する成長戦略はその根底にAI技術の進歩があることは論をまたない。


    AIは脳のニューラルネットワークを模した情報処理技術であるディープラーニングによって飛躍的な進歩を遂げた。ディープラーニングは、物体の存在にとどまらず、「色」「形」「方向性」などを認識できる高度な画像認識や音声認識をコンピューターに与えた。これが、AIを進化させる強力なドライバーとなった。過去2度にわたって経験したAIブームと2010年代に入ってから本格化した今回のそれとは大きく異なる。世界を舞台に、各国の大資本企業や国家自らがAI分野での主導権争いで鎬を削っているのも、「AIを制する者が世界を制す」というコンセンサスが生まれているからに他ならない。

     今後は欧米や中国の後塵を拝しているとされる日本でもAI分野の研究開発が加速していくことが予想される。株式市場における関連銘柄への注目度は必然的に高まっていくことになる。

    代表的なものではALBERT、、、などが挙げられる。

  • 来年の東京オリンピックでは、トヨタと一緒に作ったAIカーが走ります!

    更に!!Research Memo発表!!


    ALBERT Research Memo(1):AIネットワーク化社会の実現に向けたCATALYST戦略を推進

    ALBERT Research Memo(2):ビッグデータアナリティクス領域におけるソリューション事業を展開

    ALBERT Research Memo(3):顧客ごとに特化したプロジェクト型サービスの受注が好調

    ALBERT Research Memo(4):2019年12月期2Q累計業績は成長投資を実行するなかで増収増益を達成

    ALBERT Research Memo(5):繰越利益剰余金のマイナスを解消、自己株式取得も実施

    ALBERT Research Memo(6):ビジネス・アナリティクス市場は年率2ケタ成長が続く見通し

    ALBERT Research Memo(7):SMBCグループと業務提携、データシェアリング・分析支援サービスを提供

    ALBERT Research Memo(8):収益成長に向けた内部留保の充実と成長に必要な投資への優先的な資金投下

  • ビジネス・アナリティクス市場の急成長と主要産業におけるAI導入需要の増加

    ABEJA及びALBERTを取り巻く市場環境においては、AI/人工知能を活用した「ビッグデータソリューション」の需要が拡大しています。ビジネス・アナリティクス市場規模は年平均13.8%で成長し、主に金融業、情報通信業、製造業等におけるAI導入検討数の増加が見込まれています。一方で、需要に対応するAI人材の不足数は、2018年現在で3.4万人であり、2020年には4.5万人、2030年には14.5万人にまで拡大する見込みです。

  • ALBERT Research Memo発表!!

    更に!
    来年は東京オリンピックで、トヨタと一緒に作ったAIカーが走ります。

    いよいよ来年に開催を控えた東京オリンピック・パラリンピックですが、トヨタ自動車からは大会に向けて、約850台の電気自動車を含む1350台の車がサポートに駆けつけることが明かされました。

    電気自動車となる「e-Palette(東京2020オリンピック・パラリンピック仕様)」。選手村に十数台が導入されるこの車両は、低床フロアや電動スロープ、停留所へと隙間なく停車できる機能により、車椅子ユーザーでも気軽に使用することができます。またこちらは、レベル4の自動運転で運行される予定です。

  • ALBERT Research Memo発表!

    更に!
    来年は東京オリンピックで、トヨタと一緒に作ったAIカーが走ります。

    いよいよ来年に開催を控えた東京オリンピック・パラリンピックですが、トヨタ自動車からは大会に向けて、約850台の電気自動車を含む1350台の車がサポートに駆けつけることが明かされました。

    電気自動車となる「e-Palette(東京2020オリンピック・パラリンピック仕様)」。選手村に十数台が導入されるこの車両は、低床フロアや電動スロープ、停留所へと隙間なく停車できる機能により、車椅子ユーザーでも気軽に使用することができます。またこちらは、レベル4の自動運転で運行される予定です。

  • ALBERT Research Memo(1):AIネットワーク化社会の実現に向けたCATALYST戦略を推進

    ALBERT Research Memo(2):ビッグデータアナリティクス領域におけるソリューション事業を展開

    ALBERT Research Memo(3):顧客ごとに特化したプロジェクト型サービスの受注が好調

    ALBERT Research Memo(4):2019年12月期2Q累計業績は成長投資を実行するなかで増収増益を達成

    ALBERT Research Memo(5):繰越利益剰余金のマイナスを解消、自己株式取得も実施

    ALBERT Research Memo(6):ビジネス・アナリティクス市場は年率2ケタ成長が続く見通し

    ALBERT Research Memo(7):SMBCグループと業務提携、データシェアリング・分析支援サービスを提供

    ALBERT Research Memo(8):収益成長に向けた内部留保の充実と成長に必要な投資への優先的な資金投下

    (^^)あとは、YUMEさんよろしく!!

  • yumeさん、ピクさん、下から目線さん
    ご無沙汰してます。
    完全復活していませんが。(笑)

    フィスコに沢山のalbeltのニュースが出てるようです。(^^)来週が楽しみですね!

  • ビジネス・アナリティクス市場の急成長と主要産業におけるAI導入需要の増加

    ABEJA及びALBERTを取り巻く市場環境においては、AI/人工知能を活用した「ビッグデータソリューション」の需要が拡大しています。ビジネス・アナリティクス市場規模は年平均13.8%で成長し、主に金融業、情報通信業、製造業等におけるAI導入検討数の増加が見込まれています。一方で、需要に対応するAI人材の不足数は、2018年現在で3.4万人であり、2020年には4.5万人、2030年には14.5万人にまで拡大する見込みです

  • ALBERT---ABEJAと業務提携、AI開発運用基盤にAI・画像認識サービス「タクミノメ」を搭載
    ALBERTは27日、AIの社会実装事業を展開するABEJAと業務提携の基本合意書を締結したと発表。

    同社はABEJAの顧客に対して「ABEJA Platform」上における、顧客ごとに最適なアルゴリズムの構築やチューニング等のAI・分析プロジェクト推進支援を行うとともに、クラウドコンピューティングサービスの一部として機械学習のツールを提供するMLaaSの機能拡充に向けた共同開発の領域において継続的な業務提携を行うことに合意した。

    共同開発の第一弾としては、同社が提供するAI・画像認識サービス「タクミノメ」をAI開発の初期仮説検証ができる「ABEJA Platform Accelerator (α版)」に搭載する。これにより、「タクミノメ」のAIモデルの提供範囲拡大による収益機会の増加が期待される。

  • トヨタとalbeltが作ったAIカー!
    いよいよ、来年、走ります。

    いよいよ来年に開催を控えた東京オリンピック・パラリンピックですが、トヨタ自動車からは大会に向けて、約850台の電気自動車を含む1350台の車がサポートに駆けつけることが明かされました。

    電気自動車となる「e-Palette(東京2020オリンピック・パラリンピック仕様)」。選手村に十数台が導入されるこの車両は、低床フロアや電動スロープ、停留所へと隙間なく停車できる機能により、車椅子ユーザーでも気軽に使用することができます。またこちらは、レベル4の自動運転で運行される予定です。

  • No.365

    強く買いたい

    AI Company MAP、…

    2019/08/29 12:46

    AI Company MAP、自動運転業界マップ

    Albeltの活躍に期待します!!

  • 2019/08/29 08:29

    来年は東京オリンピック
    トヨタと一緒に作ったAIカーが走ります。

    ALBERT、資本・業務提携奏功し受託増加
    ALBERTは下値拾いの好機にある。

    同社は、クライアントごとに特化したビッグデータ分析、アルゴリズム開発、人工知能(AI)のシステム実装などを提供するプロジェクト型サービスを主力に、幅広いクライアントを対象とするAIを搭載した汎用的な自社プロダクトの提供などを展開。7月末に発表した上期(1~6月)単独決算では、主要プロジェクトの受注が好調に推移すると同時に受注案件が大型化傾向にあり、売上高が大幅に伸長。データサイエンティストやコンサルティング営業人員、コーポレート人員などの採用費・人件費が想定を上回ったものの、営業利益7700万円(前年同期比2.9倍)と大幅増益となった。

    特にトヨタ自動車、東京海上日動火災保険(東京都千代田区)、KDDIとの資本・業務提携で、提携先(グループ会社含む)との取引が深耕しているほか、提携が “技術への信頼感”につながり、受託が増加傾向にあることもプラスに働いている。19年12月期通期業績予想は、営業利益3億6000万円(前期比79.0%増)を見込むが、来期はデータサイエンティストの増員が業績拡大につながり、営業利益は大幅増益が期待できる。

本文はここまでです このページの先頭へ