ここから本文です

投稿コメント一覧 (90コメント)

  • 割安成長投資と思って一番大負けするパターンかもしれない。

    割安In→下がるとさらに割安In→もう下げ止まるだろうIn→そうこうしてるうちに利益半分→株価戻らない→低迷してもまだ割安?→買い残減らない→ちょっと上がったら速攻で売ってくる

    上がると思う人が多くて信用買いが溜まり、結果、上値が重くなる。下げ止まったとしても大幅反発する保証はない。

    業績のピークで掴んで機関にかかと落としを喰らった可能性があり、貿易摩擦・円高・増税はたぶんすぐどうこうならない。

    下げナンピンは地獄。16年に507円、12年に140円の安値を付けてる。株価が倍以上になる半面何分の一になる可能性がある。長い時間の経過とともに株価が1500円どころか1000円、500円になってもナンピンするのか資金管理に注意したほうがいいかもしれない。狭いレンジでしか見てないと資金が枯渇する恐れがある。「そんなこと起こるわけがない!」保証はない。ご利用は計画的に。

  • この調子が続くと75日線を25日線がデッドクロスするかもしれない。見た目がさらに悪くなり、2000を抜いても2100付近で止められる気がする。

    機関が粘着して売り増してくるなら、今期のハードルを越えることは難しいと見ているのか。方向性が見えるまで出来高が細りながら中長期線で頭を抑えられる苦しい展開かもしれない。

  • >>No. 656

    個人的に都合が悪いとか安く買いたいとか空売りしてるとかそういうことではないんだよ。あまりにも買い煽りばかりだから他の観方、可能性もあるって話。

    空売りする理由は本人に 聞かないとはっきり分からないけど PER 4倍5倍くらいから業績好調な銘柄を空売りするっていうことはそれなりの根拠なり何かを元に売ってきてるはずだから類推すると追加関税であったり貿易戦争っていうのが来期以降の業績に影を落とすっていうことなんじゃないかな。 根拠として13日決算発表で米政府は13日、中国への追加関税について一部品目への発動を12月15日まで遅らせると発表があった。こんな突然の発表なんか予測不能やしファンダメンタルの 面からは懸念されるところ。会社もそれは認めてるしあとは程度がどうなっていくか。

    短期的には2000をすぐに安定して超えれるかどうか、2200、2300がすぐに報われるかは怪しい。ダラダラした値動きで信用残がたまっていくかも。最低レベルの株価から現実に機関が売ってきてるわけだから2000でまずはフタされないか見もの。信用で結構ポジション持ってる人は割安だからって絶対助かる保証はなく、追証回避売りどころか、強制決済売りで死ぬかもしれない。

  • >>No. 652

    右肩上がりの業績は今後とも継続してゆくってそれはあくまであなたの感想・願望であって来季の予想はまだ出てないはず(なんか根拠あるの?)。だから第4四半期以降の一時的な落ち込みがどれぐらいの深さでどれぐらいの長さになるか は現在進行形なんだし分からない。 仮に今期営業益6000で落ち着いて来季が5000、4000だったらそんだけ成長鈍化するんだ落ちるんだっていう風にネガティブに見られても仕方ない。

    Nyダウが上がろうか戻ろうが連れ高せずに割安のまま冴えない銘柄なんかいくらでもある。 ましてや空売りが入ってるなら基本的に上がったら困るわけだから確度の高い来季予想が出てくるまでは機関が頭を抑える展開もありうる。

    含み損抱えてる人多くて早く逃げたい、買いあおり大杉。

  • 上がってほしい願望で埋め尽くされているが、業績好調で売られてる銘柄なんて他にもある。カーボン系なんてまさにそう、業績が悪いとは言えないと思うがPER3~4倍・PBR1倍ぐらいでピーク過ぎたみたいなチャートになってる。結局割安っていうのはその水準が維持ないし成長していくなら割安だけど今の業績がピークで来期以降落ちるならPERなんて今に比べていくらでも割高になり得る。需要の予測とか不確定要素(追加関税など)はこれ言い出すとほかの銘柄も同じなんだけどね。あと需給で、大人がどう判断するかによる部分もある。よほど人気化しない限り、買われてもPER5~6ばいぐらいじゃないかな。来期予想が需要の先喰いとかで振るわなかったらそれこそ不人気、じり貧、割安のまま放置されることも十分考えられる。

  • 出来高を伴って75日線ぶち抜いてるから100万株のしこりがとれるにはそれなりの時間が必要では?2000がフタになりそう。かといって指標的に下がり続けるのも違和感がある。徐々に出来高細りながらヨコヨコちょこちょこ下げる感じですかね。第4四半期以降の不透明感が払しょくされればもう少し評価されてもいいはずだが、外部要因(追加完全など)、需要の予測は不透明。

  • 出来高171,600株の割に買残 1,770,000株(売残56,200株) が多い。ちょっと上がれば売ってくるし、下がれば増える。短期のチャートだと360円くらいで頭たたかれてるから抜けてくれば多少軽くなるかも。逆に今が買い場?急騰して日々公表銘柄→下降トレンドよりじり高希望。人気はなくても地味で手堅そうなところが魅力。中長期なら報われる気がするんだけどなあ。

  • アビィさん、おめでとうございます。まだまだ、これからですね。

    四季報、来季営業益ほぼ倍予想ですね。まあ、あくまで予想なんで当たるかどうかは別にして、それを上回る実績を残してほしいものです。

    業績が好調(年々、売上・一株益・配当が増加傾向)なのに加えて、個人的には従業員数が大幅に増えていること、年収も増えていること、全国展開しようとしていること、時価総額が低いことに好感が持てます。

    成長期待で見直し買いが入るのはいいのですが、もうちょっと調整しながらじり高するのは無理そうですね(毎日10%ぐらい動いてる)。値動き見ると余計な事しそうになるので、仲間増やして中長期で放置が結果的には一番報われそうな気がします。今後も地味に本業頑張ってもらいましょう。

  • どうでもいいかもしれないが前期の営業益戻したんだね、無駄に下げた3Qの下方修正は何だったんだ?会社が手探りなのか決算説明資料のフォントが小さくなって細かく具体的な説明が増えたが、株価の流れが大きく変わるには「積極採用していきますが今期はダメです」といいつつ大幅上方修正するぐらいのサプライズがないとね。

  • ファイナンスした資金が有効に使われるなら飛躍する前に一時的に押してもジャンプする前にかがんでいるだけになるかもしれない。このことが原因で長期低迷するかもしれないし、将来のことはつまるところ予測したところでわからない。短期的には地合い・参加者等いろんな思惑でどんな動きになるか見当もつかない。今後、強気な業績見通しがたって成長していければ中長期的には株価は上がる可能性は低くは無いと思う。仕手戦になるならありえないようなとんでもない株価をお願いします。

  •  明治機械さんはmaxさんやアビィさんみたいな応援団がいて幸せ者ですね。業態が地味でいくら放置されても長期目線で売らないなら目標株価とかもないんでしょうか?今期というより来期に向けて明るい見通しが立てば注目されて株価にも反応があるかもしれません。

  •  クリエイター・エンジニア数の減少に歯止めがかからない限り、業績・株価の上昇は見込めそうに無い。今期の未達というより来期の明るい展望が全く思い描けない。ラングリッサーで一発逆転みたいな話ではないのではないか。500円代のいってこいもあり得る感じがする。似たような対策では劇的な改善は見込めないのではないか。10月よりクリエイター&エンジニアの新職責制度運用開始、離職率低下を期待とあるが一体何なんだ?効果でてる?

  •  後半よっぽど盛り返さないと売り上げとか未達だろうから、さらに弱含んで一層投げる展開が予想される。数年前の上り基調のときは人手と業績が相関してわかりやすい形だったが、需要が強い分人材獲得合戦が熾烈なのかなあ。スキルある人は条件いいとこにいっちゃうだろうし。でもそれは今に始まったことじゃないだろうし、人材獲得・育成・引止め費用がかさむと業績に対するイメージが良くない。会社の目論見通りに軌道に乗れば株価上昇も早いと思うが、従来のやり方がうまくいかなくなった原因が知りたい。IRに電話した人とか業界通の情報求む。

  • >>No. 383

     株主に還元しようというのは感じますが、出来高が少なくて注目度が低いのが・・・。地道にやってても日の目を見ないのでは悲しいので、また片山さんあたりが買ってるニュースのような起爆剤があれば普通に跳ねても全然不思議ではないです。

  •  現状、成長鈍化で短期的には失望売りという事だと思う。ただ、財務が悪いとはいえないし、市場がしぼんでいくとも思えないし・単価も上がり基調。離職が多いのか飛躍するために先行投資していくというのが会社の言い分。ボラが高いから下で拾って現物なら長期で報われる気はする。

  •  モルガン11月に再INしてから空売ってるみたいだけど儲かってるの?(計算日2016/12/01 モルガン・スタンレーMUFG 1.190% 残高数量 102,300株 )

  •  決算時に上がる前提の話ばっかだけど、そんなの分からないのでは(悪くないのはおおよそ予想がつく。逆にネガティブサプライズが怖い)?今まではそういうパターンが多かった(上方修正・分割・優待付与など)けど、更に下値を模索するかもしれない。大口が売りと判断してるのか下で集めたいのか無数の思惑が働き結局値動きはわからない。この感じだと1500円くらいは覚悟して、ある程度余力を持たせて資金が枯渇しないようにしとくのが賢明。

  • <シャープ再建>新天地で頭角 即戦力として引く手あまた

    毎日新聞 10月2日(日)10時0分配信

    経営再建中のシャープを退職したOBが国内メーカーで活躍している。モーター大手の日本電産は既に100人超を採用したほか、農機大手のクボタには今年だけで約30人が転職する見込み。経営危機とはいえ、シャープは独創性のある製品の技術開発には定評があり、その技術力やノウハウが各社の経営戦略にマッチし、即戦力として重宝されている。シャープの戴正呉社長は旧本社地区のビルを買い戻すなどして社員の士気向上を図るが、人材流出の阻止は再建に向けた課題として立ちはだかる。

  •  業績がいいのはみんな知ってるから、決算時に盛大に売られることもある。前向きに捉えるならやがて空売りは将来の買い圧力であり、業績に収斂すると考えたいが、逆に空売り勢がサプライズな売り材料を何か掴んでいて売ってきてるなら・・・。PERが更に下がる→お買い得→ナンピン→もう戻ってこない。株はこの辺の情報リスクが個人に背負わされそうで怖い。

  •  今後の焦点は出資期限の10月5日までに独禁法の審査に通り、出資が完了されるのかどうか。期限を過ぎた場合に考えられる2つのシナリオ。

    ①期限の延長。
    ただし、シャープの株価はホンハイが取得する予定の88円を割り込む87円を一時つけ、90~92円をうろついているため、条件の見直しを迫られるかもしれない。

    ②液晶事業のみの買収。
    ホンハイに瑕疵のない理由で出資できなかった場合、この選択肢も契約で認められている。人員や生産ラインに余剰感のある液晶事業は適正価格の算定がどうなるか。

    いずれにせよ、結論が遅くなるほどシャープは疲弊し、浮上が難しくなるのでないか。

本文はここまでです このページの先頭へ