ここから本文です

投稿コメント一覧 (11866コメント)

  • 打診買い1単元。(^^♪

  • 6年連続1位。(^^♪

    カチタスが「買取再販年間販売戸数ランキング」で6年連続1位となりました
                                2019年07月29日

    株式会社カチタス
     2019年7月29日発行のリフォーム産業新聞では、「中古住宅の買取再販事業を行っている企業の年間販売戸数を独自に調査」した結果をランキング形式で発表していますが、2018年度の販売戸数3996戸でカチタスが第1位となりました。同紙による本調査は2014年から公表されていますが、弊社は調査開始以来6年連続の1位となります。

     記事では「販売戸数は2位のほぼ倍の3996戸と圧倒的な差をつけた。仕入れ戸数は4235戸と今期も大量販売を実現しそうだ」と解説。グループ会社でありランキング5位となったリプライスについても「カチタスよりも都心部エリアで営業。単価は約500万円高い」としています。


    以下が上位10社の販売戸数ランキング

     1位 カチタス 3996戸 (群馬県桐生市)
     2位 ベストランド 2084戸 (東京都港区)
     3位 フジ住宅 1470戸 (大阪府岸和田市)
     4位 大京穴吹不動産 1454戸 (東京都渋谷区)
     5位 リプライス 1356戸 (愛知県名古屋市)
     6位 インテリックス 1199戸 (東京都渋谷区)
     7位 イーグランド 846戸 (東京都千代田区)
     8位 レジデンシャル不動産 795戸 (東京都足立区)
     9位 オークラヤ住宅 764戸 (東京都千代田区)
    10位 トータルエステート 724戸 (東京都中央区)

  • 迷惑な「バーチャル多投稿者」Yahooに駆除される。(^^♪

     無視リスト (1人)

    AMAT♡LeBlanc
    利用停止済みのユーザーです

  • 思惑通りの展開。その思惑は下記。(^^♪

     先読み作戦指令室=nmsHD:成長戦略に伴うコスト増を吸収、第1四半期に第2四半期の計画クリア
                               2019/09/24 13:08

     nmsホールディングス<2162.T>をマークしたい。

     製造派遣・請負、技術者派遣、外国人技能実習生向け研修事業などHS事業(ヒューマンソリューション事業)、電子機器製造受託などEMS事業(エレクトロニクスマニュファクチャリングサービス事業)、電源開発などPS事業(パワーサプライ事業)の3事業で展開。「PS事業でタイ進出および現地販売拠点設立、ASEANへの事業展開を始める」と8月26日に発表した。

     20年3月期第1四半期(4-6月)連結の経常利益は9600万円(前年同期比52.8%減)と減益決算となったが、減益となったのは「国内外における、新規拠点立ち上げなど成長戦略の実行に伴うコスト負担や、PS事業における急激な部材調達価格の上昇に対する売価是正までのタイムラグ影響が残った」(第1四半期決算短信)ため。売上高は前年同期比11.0%増と順調に伸長していることや、第2四半期(4-9月)の経常利益予想は6000万円(前年同期比72.7%減)とすでに第2四半期の計画をクリアしていることは評価できよう。通期の経常利益は10億円(前期比75.6%増)の見通し。

     期末配当は5円(前期末5円)の計画。

     株価は8月28日に295円まで押してから底入れ反転。出来高も伴っている。年初来高値は542円(2月28日)。

     444万9726株の保有自己株式(6月末)の有効利用にも期待したい。

    ◎注目株関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

    [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
    提供:モーニングスター社 (2019-09-24 12:58)

  • 思惑通りに動いてきました。利も乗って来ました。(^^♪

  • 市場の判断は株価V字回復の様です。(^^♪

  • これほんまや。

     安売りしないスノーピーク、MSワラント連発で株は安売り

  • 含み益増大中。(^^♪

     レーティング情報(投資判断変更・その1)
             2019/10/18 10:01

    ◎みずほ証券(3段階・買い>中立>アンダーパフォーム)

     ロート<4527.T>――新規「中立」、3200円

  • 持ち株会の保有比率が10%を上回る。持ち株会頼みかな。

               主要株主の異動に関するお知らせ

     2019 年 10 月 11 日付で、下記の通り当社の主要株主に異動がありましたのでお知らせいたします。
                      記
     1.異動が生じた経緯
     2019 年 10 月 11 日付で、当社の社員持株会であるハンズマン社員持株会の定期的な株式購入により、総株主の議決権に対する比率が 10%を超え主要株主となったものであります。

  • 復活の狼煙上がるかな。(^^♪

  • ヨサゲな話題パートⅡ。(^^♪

     コミュニケーション・デバイス事業(観光業界を中心に、無線ガイド機「イヤホンガイド」の製造販売・保守サービスを展開する連結子会社ケンネットが該当)の売上高は前年同期比92.3%増の1.34億円、セグメント利益は同2,466.0%増の0.55億円となった。
     
     継続的なPR活動や利用者の口コミによるマーケティングにより、販売及びレンタル数量が拡大した。また、第2四半期以降の見込みであった一部案件が、当初予定より大型化して当第1四半期に前倒し受注となった。

     2020年5月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比7.7%増の45.00億円、営業利益が同28.7%増の4.00億円、経常利益が同26.6%増の4.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同30.1%増の2.50億円とする期初計画を据え置いている。

    《SF》

  • ヨサゲな話題パートⅠ。(^^♪

     パシフィックネット---1Q大幅な増益、最重要課題のLCM事業も順調に推移
                              9時47分配信 フィスコ

     パシフィックネット<3021>は15日、2020年5月期第1四半期(19年6月-8月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比21.1%増の11.39億円、営業利益が同224.8%増の1.29億円、経常利益が同226.3%増の1.29億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同246.3%増の0.82億円となった。

     最重要課題であるLCM(ライフサイクルマネジメント)事業の売上高は前年同期比21.2%増の6.95億円、セグメント利益は同34.4%増の0.98億円となった。IT機器の導入については、中長期レンタル、運用・保守等の役務系ITサービス、通信サービスに加え、クラウドサービスの積極的な提案営業を実施するとともに、サブスクリプションモデルの推進により、受注高・売上高ともに拡大した。

     また、使用済みIT機器の引取回収・データ消去については、収益性重視での案件受注、高いセキュリティに対する顧客評価、継続した生産性の向上効果等により、入荷台数は減少するも、収益性は向上した。

     一方、コスト面では、IT人材の積極採用、社内人材のLCM部門への異動・再配置による増員、生産性向上とセキュリティ強化に資する設備投資、レンタル資産の積極取得等、計画を上回る積極投資を行ったが、増加したコストは収益拡大でカバーした。

     リマーケティング事業の売上高は前年同期比5.9%減の4.02億円、セグメント利益は同42.1%増の0.89億円となった。

     業績面では、使用済みIT機器の入荷台数の減少や2019年5月末のEC事業譲渡により、売上高は前年比で減少したが、テクニカルセンターでの生産性向上策、徹底した効率化、在庫回転率の向上などの諸施策の効果により、利益率は大幅に向上した。また、販売先の定期監査・選別を強化し、バーゼル条約や世界的な廃プラ問題等に対応した適正処分の価値のさらなる向上を図った。

  • 最近株価も底堅い展開が続く。(^^♪

     流行りものに注目!“おじさん女子高生”銘柄はコレだ!
                2019年7月10日 17:38 NEWS, コラム記事 藤本 誠之

     まいど、相場の福の神こと、藤本誠之(ふじもと のぶゆき)です。連載コラムでは、株式、eWARRANTにまつわる様々な話題をご紹介させていただきます。

     第25回は、『流行りものに注目!“おじさん女子高生”銘柄はコレだ!』です。

     数多くの様々な新製品が発売される中で、中々ヒット商品は生まれません。逆に言えば、ヒット商品を出した企業は、業績にもプラスとなり、株式市場で注目を集め、株価上昇の可能性が高いことになります。

     今回は、実際に藤本が試した、今年の夏の意外なヒット商品をご紹介しましょう。

     それが、ロート製薬(4527)東証1部から販売されている、大人の女性をターゲットにしたボディソープ「DEOCO.(デオコ)」(オープン価格)です。

     ロート製薬では、女性の8割が「加齢によって自分の匂いに変化を感じている」という調査結果から、女性の体臭変化を研究。その結果、若い女性に特有の甘い香りの正体は、桃やココナッツの様な香りの「ラクトンC10」「ラクトンC11」という成分であることを突き止めました。

     そして、その「ラクトン」は、30代以降ガクッと減少すると考えられます。デオコはこの「ラクトン」を配合し、年齢とともに減ってしまった“甘い香り”を補給できるというボディソープです。

  • 気分良し。6連騰で新値街道。(^^♪

    ■東京エレクトロン <8035>  22,195円  +390 円 (+1.8%)  11:30現在

     東京エレクトロン<8035>が6連騰で新値街道を走る展開、昨年3月中旬以来1年7カ月ぶりとなる2万2000円台乗せとなった。

    また、アドバンテスト<6857>、SCREENホールディングス<7735>、SUMCO<3436>なども連日の新高値に買われる展開で半導体関連株への投資マネー流入が加速している。

    半導体市況の早期底入れ観測を背景に、米国株市場でも半導体関連が強い動きを示しており、前日は画像処理半導体大手のエヌビディアが5%を超える上昇をみせるなど上げ足を強め、半導体銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)も年初来高値圏を走っている。

  • 含み益35.40%now。(^^♪

     ▽PCNET<3021.T>、LCM事業やコミュニケーション・デバイス事業が好調で、20年5月期第1四半期(19年6-8月)の連結決算は大幅な増益で着地

  • 含み益50.09%now、ガチホ中で売り時不明。(笑)

     AMATは無視リスト返信無用。読む価値無し。(大爆笑)

  • やったかも。😊

    パシフィックネット [東証2]
    6-8月期(1Q)経常は3.3倍増益で着地。

  • 当面の間とはどのくらいか。

     ラーメン店「幸楽苑」約150店が当面休業 スープ工場が台風被災
                      2019年10月15日 12時27分

     ラーメンチェーンの幸楽苑を全国で展開する幸楽苑ホールディングスは、台風19号の影響で麺類やスープを製造している福島県郡山市の基幹工場が被災し、全体の3割に当たるおよそ150店を当面の間、臨時休業すると発表しました。

     幸楽苑ホールディングスによりますと、麺類やスープを製造する郡山市田村町の基幹工場では、台風19号の影響で近くを流れる阿武隈川が氾濫したことで電源設備などが水につかり、製造ラインが稼働できなくなっているということです。

     臨時休業するのは東北、北関東、甲信越地方にあるおよそ150店で、全国で展開するおよそ500店の3割に上ります。

     幸楽苑ホールディングスは、ほかの工場で増産態勢を取って、順次、営業を再開したいとしていて「お客様にはご不便をかけますが、少しでも早く復旧できるよう全力で対応する」としています。

  • 高濃度ビタミンC配合美容液、加齢臭対策品など高機能品分野拡大。

     大幅高で含み益が出て来ました。(^^♪

  • 台風復旧関連大幅高。(^^♪

     ホットストック:災害復旧関連に買い、カナモトは一時7%超高
                          2019/10/15 09:48

    [東京 15日 ロイター] - 災害復旧関連銘柄が買われている。建機レンタルのカナモト<9678.T>は一時7%超、西尾レントオール<9699.T>は一時4%超の上昇となった。台風19号の被害を受けた地域の復旧作業に伴うレンタル需要が増加するとの思惑が出ている。群馬、埼玉県が地盤の中堅建設会社の佐田建設<1826.T>や、地盤改良などを手掛ける不動テトラ<1813.T>、日本基礎技術<1914.T>なども堅調に推移している。

本文はここまでです このページの先頭へ