IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1708コメント)

  • ご参考までに、1497と1482と1557の比較チャート過去2年分をお見せします。 私ではなくYahooが作成しました。
    1482(米国債)が赤、1497(米国ジャンク債)が青、1557(S&P 500)が緑です。

    1482だけは相場暴落時確変モード特約保険がついていて、少なくとも昨年のパンデミックの時は実際にいいタイミングで作動したのがおわかりいただけると思います。
    借金して1482買ってレバレッジ効かせたろうや、とか考えないでください。 いつ返済するつもりなんですか。wwwwww

    分配金によるインカムゲインはこの比較チャートには反映されていないです。 トータルでは1497は案外強いかもしれない。
    でも、立ち直りも早くて分配金も出る1557が結局無敵かもしれません。

  • >>No. 144

    > 少し調べてみましたが、本家のHYGの方は瞬間的に
    > 余裕で10%を超過していることが確認できました。

    噂は本当だったんですね…。

    但し、和製英語リーマンショック以後は世界中の金融屋さんが教訓を得て(ほんとうかな?)強いストレステストを繰り返しています。 グローバル金融システムは2008年当時に比べるとかなりレジリエントになっているそうです。(ほんとうかな?)
    次の金融危機が起きても、ジャンク債の世界にデフォルトは過去ほど起こらない可能性があります。
    利回りが10%になるまでジャンク債ETFの値段が下落することは、もうないかもしれませんよ。(ほんとうかな?)

    実際、昨年のパンデミック暴落の時の東証1497は、利回りは6%くらいまでしか向上しなかったと記憶しています。
    FRBが、パンデミックのダメージを最小限に抑制しようとしてジャンク債まで連日買い支えたそうですから。(これはほんと)

    とは言っても、明日何が起こるかはわからないのですが。

  • 聞いた話ですけど、1497…じゃないやブラックロックのハイイールド社債ETFは2008-2009年のグローバル金融危機(いわゆる和製英語リーマン・ショック)の時は利回り10%だったそうですよ。 wwwww

  • >>No. 138

    投信協会コード9I313187の組入銘柄情報などを読みました。
    看板で言っている通り債券の比重が高いようですが、その部分はグローバルな投資適格ものの指数に連動する海外ETFみたいです。 アメリカンな国債ばかりではないので、その指数は昨年のパンデミック時には株式と同じタイミングでマイルドに下がっていたようです。 ETFは別として指数の方は中国の国債も勘定に入れようとしている気配がありますし、残念ながら株式の指数のボラティリティを抑制しているだけで、有事に逆方向に動いて確変大当たりはしそうもないです。

    更に気になるのは、投信協会コード9I313187はどうやら分配金を出さない方針らしいという点です。 (最近の流行ですからね)
    基本的に原材料である債券部分は利金を出しているはずなので(まあゼロクーポン債とかばかりなのかもしれませんが)、分配金がこちらまで来ないのは私は好みません。 SBIヴァンガードナントカみたいにポッケナイナイ?の疑惑があります。

    1482は相場暴落時確変大当たり特約オプションがついている(少なくとも直近のパンデミック暴落時には動作確認済み)し、東証ETFだから真面目に分配金も出すし、ロマンがありますねえ。

  • 誰だ、こんなお宝株を売っているヤツは。wwwwwwww
    気は確かか?
    売っちゃダメだって何度も言ってるだろ。
    BYDに買収されたら、もう欲しくても手に入らなくなるんだぞ日野自動車の株。

  • でも1497もリスクの割に分配金利回りが良いから、魅力満載なのですよねー。

  • >>No. 138

    暴落に備えるのであれば、アメリカ国債(のETF)は今でも良い選択肢だと思っています。 (個人の感想です)
    「リーマンショック以降、株式と国債ではリスク分散投資になっていない」とよく言われますが、現実に昨年のパンデミック暴落時に1482はしっかり値上がりしていました。
    1497ともほぼ無関係な値動きをしていますし、1497よりもはるかに流動性が高いのであわてて売るときも安心です。
    有事には金(ゴールド)も心強いのでしょうが、1482は利回り1.0%前後で分配金も生み出しますからね。 ゴールドと違って働いてもくれる。

    相場のカネとタコの糸は出し切るな、という格言があるそうですが、アメリカンな国債のETFはよりによって株式が暴落する場面で膨張する(ことになっている…らしい)ので、特異なタコ糸と評価できる。
    …のではないでしょうか。

    有事の際に、株式のインデックスが暴落しているだけではなくて1482の価格が上昇している(しかもそれを自分が持っている)はずなので、ふたつのサインが出ているわけです。
    「まだまだ今は底じゃないかも」と迷っていても、サインがふたつ同時に出ていれば勇気を出して出動しやすい。
    ……のではないでしょうか。

    株式相場暴落時確変モード特約オプションつきの保険みたいな定期預金みたいなもの(今でも利回り1.0%のキャッシュフローをオマケでもれなくプレゼント中)だというプランです。
    ……のではないでしょうか。wwwww

  • >>No. 74

    なんだ、腰から下はBYDか…。
    BYD Japanにとってはいいパートナーだったな。

    これは、TOBの後はトヨタブランドの仕事をやっていた羽村工場と設計部門だけトヨタ自動車東日本に吸収させて、残りはBYDに事業売却かもな。

    トヨタは、燃料電池トラックはいすゞと仲良く進めれば良い。
    日野自動車の株は、買うなら今だよ。wwwwwww

  • >>No. 136

    そんな瞬時に欠点を見抜くほどのアレじゃないですよ。wwww
    机上の空論どころか、私自身が実際に踏んだ地雷です。 しかも私は今もその地雷原から脱出できずに漬物を抱えて立ち往生しているという…。

    やはり、時間だけは後で取り戻したりやり直したりできない特別なリソースです。
    素直に脇目も振らずに1482を買っておけばよかった。 分配金一回もらいそこねたわけです。
    しかも漬物抱えて地雷原に佇んでいる。

    まあ、いざ株式の暴落が来た時に本当に「まだ明日も騰がるかもしれない1482を売って、明日も下がるかもしれないS&P 500インデックス投信を買えるか?」という部分が机上の空論として残っているのですがね。
    (それでも、十年に一度のバーゲンセールなのに動かせる資金がない!という状況だけは回避できるはずなんですよ。かっこいいなあ。)

  • > そのまま1482を買い込んで、あとは日本語さんのプランで
    > 更に儲ける。
    > ダメでしょうか!?

    んあー…。
    1482を買う前に資金を少し太らせようという企みですね。
    1482は基本安定してますからね。 普段はいつ買っても同じと言えば同じだし。 ひと口多く買うとそのぶん分配金も増えますからね。 次の権利確定日までは資金が遊んでいるようなものですし。

    実は私も2021年の2月に、私にとってはひと塊の余裕資金(疑似あぶく銭)で1482を買おうとしたんですよ。 本当に1482が本命だったんですよ。 直前まで1497も欲しくて、散々迷いました。
    そのあたりで何かがあって、1482を買う前に短期間で資金を1%でも増やそうと思ってしまいました。
    何故か、あの投信協会コード 04311181という非上場投資信託を買ってしまったんですよ。 結局、2月というのはテスラの株価が天井に至ったタイミングなのです。 いまだに塩漬けです。 含み損です。

    お気をつけください。
    私の場合余裕資金をアメリカンな国債に、というところはある意味王道だったのですが、その前に邪道というかトリッキーな策略を織り込んだら途端にこのザマです。
    後知恵ですが、変な投資信託ではなく全部1497にして、1回か2回だけ1497のインカムゲインを取って資金を増やしてから本命に進む方が資金効率よかったです。
    その方がかっこよかった。 orz

  • >>No. 131

    2020年2月3日の終値が2,377円だった東証1482は、3月30日には2,539円に膨張していますね。
    夢がありますね。
    単に増えているだけではなく、その時には株式インデックスが暴落したバーゲンセールだというのがロマンですよ。

  • >>No. 130

    > それにしても、最近1497の調子がいいですね(^_^)

    そんなこと囁かれても、金の卵を産む雌鶏をシメてチキンチーズバーガーを作って食べるつもりはありません。
    聞こえません。
    あー聞こえません。
    キャピタルゲインってなんですかわたしは長生きしない男ですよだから債券が好きなんですよ分配金もらってよろこんでる情弱ですよ。

    ところでキャピタルゲインと言えば去年春のパンデミック暴落の時、1497も暴落してましたが同じ東証ETFの1482は見事に騰っていたんですよねぇ。 さすがはアメリカンな国債。
    私は1482は当時ちょっとしか持っていなかったのですが、とても精神的な支えになりました。 Yahooファイナンスの掲示板でも、「最強銘柄とはこのことか」と誰かが静かに燃え上がっていました。

    余裕資金はより低リスクな1482に投入して、これは年利1.0%の定期預金だと自分を洗脳しておくのがいいな、と今年の正月に思いました。
    また株式インデックスが暴落するようなことが起こったら1482(ジャンク債と違ってアガっているはず)を売って、膨張した資金で投げ売り状態になっているS&P 500連動の投資信託などを機動的に買うんですよ。
    かっこいいですねえ。
    ドルコスト平均法の10倍くらいかっこいいですねえ。
    …という計画です。

  • >>No. 128

    > ソフト〇〇クや三〇UF〇銀行の議決権行使は、
    > 配当の部分だけ「否」ってして、

    UFO銀行、いいですね。 未確認現金自動預払機ですか。
    私は株の個別銘柄には手を出さないというのが自分で決めたルールなもので。 他人事です。
    証券会社のヒトには「家訓ですので」と言うことにしています。

    だから債券や外貨建てMMF(や外貨預金)が好きなのかもしれません。

  • >>No. 126

    まあ「投資した」っていうか、コカ・コーラ・カンパニーの8%以上の株式はバークシャー・ハザウェイが持ってるんで。wwwww
    筆頭株主です。
    マンガーもバフェットも「ああ、コカ・コーラ、あれは俺のカイシャだし」くらいのことは思ってるんでしょう。
    創業者ももういないし、完全にあのへんは「企業は株主のもの」という文化でしょうね。

  • >>No. 59

    それが日野自動車だ。wwwww
    親会社が超金持ちだし、親会社で経営者になりたくてウズウズしてるヒトがいくらでもいる。
    どんなドヘマをやらかしても、コベルコ建機の北米工場まで止めクサっても、たぶん絶対に日野自動車はツブれない。
    問題が起こればすぐに親会社が資金も融通するし、経営者が無能ならば親会社がすぐに次の経営者を送り込んでくれる。
    親子で二重上場しているのはカネの無駄遣いだ、と親会社もやがて気がつく、かとっくに気がついている。(だいたい、利益相反だからな。)
    TOBは時間の問題だから、日野自動車のカブを買うなら今でしょ、今日でしょ。

    ここまで言っても私が「売り煽り」に見えるアナタ、認知が歪んでいる。 重症だ。
    医師の診察を受けなさい。
    アメリカではついにディメンシアの治療薬が認可されたらしいしな。 wwwwwww 治るかもしらんぞ。
    まあ、でもディメンシアだから薬を飲み忘れるんだろうけどな。

  • 売っちゃダメよ。こんなお宝カブ。www

  • >>No. 124

    コーラ飲みながらと言えば、春にバークシャー・ハザウェイのチャーリー・マンガーがどこかのTVのインタビューに出ていたんですよ。 車椅子でしたが、テーブルにはマンガーのぶんだけコカ・コーラのPETボトル(特に小瓶とかではない)が「これ見よがし」に置いてありました。
    たぶん人前に出るときはいつも用意させるんでしょうね。 ラベルが見えるような場所に。

    以前日本人ジャーナリストがウォーレン・バフェットとレストランでインタビューした記事を読みました。 Web記事だったか紙とインクの書籍だったか覚えてません。 ジャーナリストがダイエットコークを注文したら、バフェットさんが「ありがとう。 実はダイエットコークの方が利益率がずっといいんだ」と話したそうです。

    医者によると、バフェットもマンガーもあんなに日常的にコーラをがぶ飲みしているので普通ならとうの昔に糖尿病II型確定だそうです。 あんなに長生きしているのが不思議。

  • >>No. 121

    > 価格が暴落しているときに、バフェット卿がジャンク債や
    > 優先株に積極的に投資するスタイルと一緒ですね(^_^)
    > 実にすばらしい!(^○^)

    褒められると照れますが…バフェットさんはたぶん腕まくりしながら上機嫌でジャンク債を買うんですよ。 「好機到来」とばかりに。

    私は涙を流しながら「えーん、昨日買ったぶん、また下がって含み損拡大してるよ。 これを今日も成行きで買うのかよ」とめそめそ買うんです。

    スタイルが一緒とは思えない。wwwww

  • いやいや、花京院の魂を賭けるぜと言ったらネタとしてはJOJOだろうふつう。
    漢字間違えてたからハズシたのも仕方ないけどな。

本文はここまでです このページの先頭へ