IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (42コメント)

  • >>No. 267

    こいつ  へたくそだからな  7004でも大口戦士

  • そろりそろり  本日より仲間入り  ここはまだ納車前  成功したらTOBされちゃうんじゃない  頑張ってすごい車つくってください  テスラさん買収してください

  • 空売り族が踏みあげられるのが見たい

  • 押し目タイム  さあさあ 買いまくるぞ

  • >>No. 736

    残念だね  もうないわww

  • 600円代で買えるのも今のうち  今日はバイデン 効果で一揆に700円到達するゾウ👆めざそう

  • >>No. 702

    昔話なんかいらん   過去は捨てろ  未来しか見るな  過去は反省 未来は希望しかない  特に人に昔話や自慢ほど酒がまずくなるものはないんじゃ   アスペなのか?チミは

  • >>No. 710

    今日も儲かったんだから良いPCかえよw

  • >>No. 588

    頭おかしいか?下手糞だな  あんたww 前半て??寝ぼけとんのか?

  • >>No. 629

    おっちゃん  儲けてるんだから スペック高いPCかえよ  5万くらいでいいのあるよ  3台くらい持たないとww  株やる以前の問題だぜw

  • 株主さん  ちなみにおいしいの? 手軽さはわかっつたけど 毎日食べるんでしょ
    飽きないのかな??
    ご感想お願いします

  • 大規模火災にドローン威力 奈良県広域消防、3機運用 情報収集に貢献
    毎日新聞2021年1月17日 09時06分(最終更新 1月17日 09時06分)

    社会一般
    奈良県
    速報
    社会

    ドローンの訓練に励む奈良県広域消防組合の隊員=奈良県橿原市の県広域消防組合本部で2020年12月18日午後2時35分、小宅洋介撮影
     消防活動の現場で小型無人機「ドローン」を活用する消防本部が全国で増えるなか、奈良県広域消防組合は2018年7月から3機の運用を始めた。ドローンの特性を生かし、消火活動や不明者の捜索などに役立てている。【小宅洋介】

     「山が燃えています」。19年6月、奈良県十津川村で大規模な山林火災の119番通報を受け、消防隊員が現場へ急行した。山林火災では、地上の消火活動に加え、ヘリコプターで上空から散水する。燃える範囲が広い火災で活躍したのがドローンだった。


    モニターに表示される赤外線カメラの映像。温度の低い部分はくっきりとした紫色で表示されている=奈良県橿原市の県広域消防組合で2020年12月18日午後2時32分、小宅洋介撮影
     備え付けの赤外線カメラを利用し、延焼範囲や散水の状況を一目で確認。小回りがきく特徴を生かして立木に回り込み、地上隊員の活動状況も素早く把握する。従来、指揮隊が現場の状況をつかむには、目視での確認や隊員からの無線連絡を集約するのが主だった。組合の植田和寛消防司令は「ドローンが上空から得る情報を活用すれば、火災の状況を一目でチェックできる。ヘリが給水に戻っている間にドローンを飛ばすことで、効率的な消防活動が可能になる」と話す。

     消防庁によると、20年6月現在、全国726の消防本部のうち、約43%の309本部がドローンを保有。19年同期と比べると、新たに108の消防本部が導入した。

     県広域消防組合では、本部の警防部警防課に2機、五條市や吉野町を管轄する南部方面隊に1機を配備。20年の1年間では、建物火災や水難事故など10件の現場でドローンを出動させた。

    課題は人員確保
     今後の課題は、ドローンを扱える人材の育成とスムーズに運用するための人員確保だ。ドローンの運用には、機体の操縦だけでなく、カメラの操作、周囲の安全確認など必要な作業が多く、県広域消防では1機を職員3人で運用する。このため、現場の活動に人員が多く必要な場合はドローンを飛ばす余裕がなくなり、運用を断念することもあるという。植田消防司令は「活動人員が元々少ない本部では、ドローンに人を割いている余裕がそもそもなく、操縦をできる人員もいないのでは」と話す。

     消防庁は「ドローン人材」育成を目指し、19年度に「ドローン運用アドバイザー」制度を導入した。全国の消防本部などから、ドローン運用に携わる指導的立場にある職員を集めて合宿形式で研修を実施。福島県の研修施設で災害時のドローン運用などを学んだ後、アドバイザーとして各地の消防本部で指導にあたる。19年度からの5年間で約150人のアドバイザーを育成予定で、消防庁の担当者は「ドローンは大変有効な情報ツール。活用する本部は右肩上がりで増えている。これからは人材育成や普及啓発を手厚くしていかなければならない」と語っている。

  • 脱炭素で脚光 水素ビジネスまとめ読み
    日経産業新聞
    2021年1月17日 2:00 [有料会員限定]


    NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞
    世界的な脱炭素の潮流を受け、水素エネルギーの事業化に向けた動きが加速しています。水素は発電や燃焼時に二酸化炭素(CO2)を排出しません。製造法も様々あります。製油所や化学工場などから副次的に発生し、下水汚泥、廃プラスチックからも製造できるなど、既存の環境課題の解決にも役立ちます。日経産業新聞に掲載した水素ビジネス

  • バイオエタノール関連のおすすめ銘柄2選!


    バイオエタノールとは、生物に由来する再生可能資源のバイオマスから生成されるエタノールのことを言います。



    再生できる自然エネルギーという点と、燃焼してもCO2の量を増やさないという点で将来のエネルギー源として期待されていますが、その関連銘柄はどうなっているのでしょうか。


    以下の記事で詳しく解説しています。良ければご覧ください。

    【関連記事】
    バイオエタノール関連のおすすめ銘柄2選!
    関連銘柄:双日(2768) 日立造船(7004)

  • 追加費用が相次いだ子会社Inovaや継続的事業(主にプラントの基幹改良工事や運営、メンテナンス)の安定成長などを通じ、25年3月期に25年ぶりの営業利益200億円達成を予想。また、「2050年温室効果ガス排出実質ゼロ」に向けた新技術の長期ポテンシャルが期待できると評価している。


    ごみ焼却発電施設 Hitz世界No.1戦略
    世界経済が発展するとともに、「エネルギー問題」や「環境問題」が発生しています。両方の問題に同時に対応できる方法の一つにごみ焼却発電施設があります。Hitz日立造船は、ごみ焼却発電施設の建設を通じて、世界の問題を少しでも解決したいと考えています。

    Hitzの特徴
    発電量で国内トップクラス

    Hitz日立造船は1965年(昭和40年)に日本で初めて発電設備付き機械式ごみ焼却発電施設を建設しました。
    ごみ焼却施設は世界で443施設の納入実績があり、その内、231施設が発電設備を備えています。発電施設の総発電量は約33万kWであり、稼働中の45か所では約26万kWとなります。
    これは、年間116万トンのCO2削減に貢献しており、約24万世帯が1年間に排出する量に相当します

  • >>No. 444

    詳しくは  じっちゃまYouTube トップ (米国)医療関連

    RPRX - ロイヤルティ・ファーマで検索ww

  • おーーーし  回転回転  またまた入ったぞい  👆目指そう

  • まさしく  焼き豚祭り  織り込みフルネタでねばっていても無駄  早く買い戻さないと死ぬよ  ご愁傷様  だからいったじゃん  売れ売れ始まると上がると

本文はここまでです このページの先頭へ