IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (110コメント)

  • >>No. 2163

    そーせいG、野村IR担当部長のブログコメント
    皆さん、楽しみにしましょうね。それは今夜かも知れませんよ。

    「最後に、我々は平均としてではありますが「2~3件の価値の高い提携・共同投資」を現在の年間の目標の一つとしています。これまでの所、2021年は今回のMシリーズの導出の1件に留まっており、残りの期間を考えると必ずとは申し上げられませんが、なるべく早い時期に新たな提携もご報告できるよう気を抜くことなく、事業を前進させていく所存です。」

  • >>No. 2158

    次のライセンスアウトが欧州企業なら、14:30

    次のライセンスアウトが米国企業なら、22:30

    この基本は、覚えておきましょう。(相手企業と同時発表の場合)

    > そーせいG、野村IR担当部長のブログコメント
    > 皆さん、楽しみにしましょうね。それは今夜かも知れませんよ。

  • >>No. 2073

    そーせいG、野村IR担当部長のブログコメント
    皆さん、楽しみにしましょうね。それは今夜かも知れませんよ。

    「最後に、我々は平均としてではありますが「2~3件の価値の高い提携・共同投資」を現在の年間の目標の一つとしています。これまでの所、2021年は今回のMシリーズの導出の1件に留まっており、残りの期間を考えると必ずとは申し上げられませんが、なるべく早い時期に新たな提携もご報告できるよう気を抜くことなく、事業を前進させていく所存です。」

  • >>No. 1816

    そーせいG、野村IR担当部長のブログコメント
    皆さん、楽しみにしましょうね。それは今夜かも知れませんよ。

    「最後に、我々は平均としてではありますが「2~3件の価値の高い提携・共同投資」を現在の年間の目標の一つとしています。これまでの所、2021年は今回のMシリーズの導出の1件に留まっており、残りの期間を考えると必ずとは申し上げられませんが、なるべく早い時期に新たな提携もご報告できるよう気を抜くことなく、事業を前進させていく所存です。」

  • ストップしましたね。驚きです。決算内容は素晴らしいですが、上場時に発表されていたもの、定款変更。500万が600万。分割のしようが無いですよね⁉️二分割にするなら、500万を1000万にしないといけない訳ですから。そもそも定款変更は資金調達と書いてありますよね?近いうちに増資の発表があるものと思っています。5000円切るまで待ちます。将来性のある銘柄だと思っています。本日購入した投資家の皆さんに幸多かれと祈ります。

  • >>No. 2372

    3回目ワクチンは国産の可能性 ~抗体価減少への対応で出番~ コロナを正しく恐れる
    9/3(金) 14:04配信



     この疑問に対する回答は、別のタイプがよいと考えられています(交差免疫といいます)。違ったメカニズムで免疫を刺激したほうが、中和抗体の量も増えて、抗体の産生期間も長いと考えられています。

     その意味で、国産ワクチンは、ブースターワクチンとして意味があると思います。それぞれ、ファイザー社やモデルナ社のRNAワクチンとは違うモダリティ(技術)で開発されているからです(図2)。

     私どもも、DNAワクチンをブースターワクチンに使えないかと考えています。例えば、ファイザー社のRNAワクチンを2回接種した人で中和抗体が減少した人に3回目、4回目をDNAワクチンで接種をする。メリットは安全性で、DNAワクチンではRNAワクチンのような発熱や倦怠感、疲労感などがほとんどありませんので、安心して接種してもらうことが可能です。その場合、2回目接種した後の抗体価以上に、3回目のDNAワクチンで元のレベルに戻れば、十分発症、感染、重症化予防効果が期待できるわけです。このような考えで、ブースターワクチンとしてDNAワクチンをはじめとする国産ワクチンを開発していくのは、どうでしょうか。

    森下竜一教授

     森下 竜一(もりした・りゅういち)

  • >>No. 2287

    DNAワクチン最高‼️ブースターはアンジェスで決まり。来年のお正月はテンバーガー

  • 2021/09/03 16:48

    3回目ワクチンは国産の可能性 ~抗体価減少への対応で出番~ コロナを正しく恐れる
    9/3(金) 14:04配信

     この疑問に対する回答は、別のタイプがよいと考えられています(交差免疫といいます)。違ったメカニズムで免疫を刺激したほうが、中和抗体の量も増えて、抗体の産生期間も長いと考えられています。

     その意味で、国産ワクチンは、ブースターワクチンとして意味があると思います。それぞれ、ファイザー社やモデルナ社のRNAワクチンとは違うモダリティ(技術)で開発されているからです(図2)。

     私どもも、DNAワクチンをブースターワクチンに使えないかと考えています。例えば、ファイザー社のRNAワクチンを2回接種した人で中和抗体が減少した人に3回目、4回目をDNAワクチンで接種をする。メリットは安全性で、DNAワクチンではRNAワクチンのような発熱や倦怠感、疲労感などがほとんどありませんので、安心して接種してもらうことが可能です。その場合、2回目接種した後の抗体価以上に、3回目のDNAワクチンで元のレベルに戻れば、十分発症、感染、重症化予防効果が期待できるわけです。このような考えで、ブースターワクチンとしてDNAワクチンをはじめとする国産ワクチンを開発していくのは、どうでしょうか。

    森下竜一教授

     森下 竜一(もりした・りゅういち)

  • 2021/09/03 16:03

    3回目ワクチンは国産の可能性 ~抗体価減少への対応で出番~ コロナを正しく恐れる
    9/3(金) 14:04配信



     この疑問に対する回答は、別のタイプがよいと考えられています(交差免疫といいます)。違ったメカニズムで免疫を刺激したほうが、中和抗体の量も増えて、抗体の産生期間も長いと考えられています。

     その意味で、国産ワクチンは、ブースターワクチンとして意味があると思います。それぞれ、ファイザー社やモデルナ社のRNAワクチンとは違うモダリティ(技術)で開発されているからです(図2)。

     私どもも、DNAワクチンをブースターワクチンに使えないかと考えています。例えば、ファイザー社のRNAワクチンを2回接種した人で中和抗体が減少した人に3回目、4回目をDNAワクチンで接種をする。メリットは安全性で、DNAワクチンではRNAワクチンのような発熱や倦怠感、疲労感などがほとんどありませんので、安心して接種してもらうことが可能です。その場合、2回目接種した後の抗体価以上に、3回目のDNAワクチンで元のレベルに戻れば、十分発症、感染、重症化予防効果が期待できるわけです。このような考えで、ブースターワクチンとしてDNAワクチンをはじめとする国産ワクチンを開発していくのは、どうでしょうか。

    森下竜一教授

     森下 竜一(もりした・りゅういち)

  • 3回目ワクチンは国産の可能性 ~抗体価減少への対応で出番~ コロナを正しく恐れる
    9/3(金) 14:04配信

    10
    この記事についてツイート
    この記事についてシェア
    時事通信
    国内各社のワクチン技術(図2)

     この疑問に対する回答は、別のタイプがよいと考えられています(交差免疫といいます)。違ったメカニズムで免疫を刺激したほうが、中和抗体の量も増えて、抗体の産生期間も長いと考えられています。

     その意味で、国産ワクチンは、ブースターワクチンとして意味があると思います。それぞれ、ファイザー社やモデルナ社のRNAワクチンとは違うモダリティ(技術)で開発されているからです(図2)。

     私どもも、DNAワクチンをブースターワクチンに使えないかと考えています。例えば、ファイザー社のRNAワクチンを2回接種した人で中和抗体が減少した人に3回目、4回目をDNAワクチンで接種をする。メリットは安全性で、DNAワクチンではRNAワクチンのような発熱や倦怠感、疲労感などがほとんどありませんので、安心して接種してもらうことが可能です。その場合、2回目接種した後の抗体価以上に、3回目のDNAワクチンで元のレベルに戻れば、十分発症、感染、重症化予防効果が期待できるわけです。このような考えで、ブースターワクチンとしてDNAワクチンをはじめとする国産ワクチンを開発していくのは、どうでしょうか。

    森下竜一教授

     森下 竜一(もりした・りゅういち)

  • 3回目ワクチンは国産の可能性 ~抗体価減少への対応で出番~ コロナを正しく恐れる
    9/3(金) 14:04配信

    10
    この記事についてツイート
    この記事についてシェア
    時事通信
    国内各社のワクチン技術(図2)

     この疑問に対する回答は、別のタイプがよいと考えられています(交差免疫といいます)。違ったメカニズムで免疫を刺激したほうが、中和抗体の量も増えて、抗体の産生期間も長いと考えられています。

     その意味で、国産ワクチンは、ブースターワクチンとして意味があると思います。それぞれ、ファイザー社やモデルナ社のRNAワクチンとは違うモダリティ(技術)で開発されているからです(図2)。

     私どもも、DNAワクチンをブースターワクチンに使えないかと考えています。例えば、ファイザー社のRNAワクチンを2回接種した人で中和抗体が減少した人に3回目、4回目をDNAワクチンで接種をする。メリットは安全性で、DNAワクチンではRNAワクチンのような発熱や倦怠感、疲労感などがほとんどありませんので、安心して接種してもらうことが可能です。その場合、2回目接種した後の抗体価以上に、3回目のDNAワクチンで元のレベルに戻れば、十分発症、感染、重症化予防効果が期待できるわけです。このような考えで、ブースターワクチンとしてDNAワクチンをはじめとする国産ワクチンを開発していくのは、どうでしょうか。

    森下竜一教授

     森下 竜一(もりした・りゅういち)

  • 3回目ワクチンは国産の可能性 ~抗体価減少への対応で出番~ コロナを正しく恐れる
    9/3(金) 14:04配信

    10
    この記事についてツイート
    この記事についてシェア
    時事通信
    国内各社のワクチン技術(図2)

     この疑問に対する回答は、別のタイプがよいと考えられています(交差免疫といいます)。違ったメカニズムで免疫を刺激したほうが、中和抗体の量も増えて、抗体の産生期間も長いと考えられています。

     その意味で、国産ワクチンは、ブースターワクチンとして意味があると思います。それぞれ、ファイザー社やモデルナ社のRNAワクチンとは違うモダリティ(技術)で開発されているからです(図2)。

     私どもも、DNAワクチンをブースターワクチンに使えないかと考えています。例えば、ファイザー社のRNAワクチンを2回接種した人で中和抗体が減少した人に3回目、4回目をDNAワクチンで接種をする。メリットは安全性で、DNAワクチンではRNAワクチンのような発熱や倦怠感、疲労感などがほとんどありませんので、安心して接種してもらうことが可能です。その場合、2回目接種した後の抗体価以上に、3回目のDNAワクチンで元のレベルに戻れば、十分発症、感染、重症化予防効果が期待できるわけです。このような考えで、ブースターワクチンとしてDNAワクチンをはじめとする国産ワクチンを開発していくのは、どうでしょうか。

    森下竜一教授

     森下 竜一(もりした・りゅういち)

  • おお化け。私もそんな気がする‼️100円200円のレベルと違うやん‼️


  • >ライザップイングリッシュ入会すると
    暗号通貨貰えるっぽいっす!
    色々やってますねー
    LINE、、、孫さん⁈
    >ライザップイングリッシュ入会すると
    暗号通貨貰えるっぽいっす!
    色々やってますねー
    LINE、、、孫さん⁈
    >ライザップイングリッシュ入会すると
    暗号通貨貰えるっぽいっす!
    色々やってますねー
    LINE、、、孫さん⁈
    >ライザップイングリッシュ入会すると
    暗号通貨貰えるっぽいっす!
    色々やってますねー
    LINE、、、孫さん⁈
    >ライザップイングリッシュ入会すると
    暗号通貨貰えるっぽいっす!
    色々やってますねー
    LINE、、、孫さん⁈

  • ライザップイングリッシュ入会すると
    暗号通貨貰えるっぽいっす!
    色々やってますねー
    LINE、、、孫さん


  • >ライザップイングリッシュ入会すると
    暗号通貨貰えるっぽいっす!
    色々やってますねー
    LINE、、、孫さん⁈

本文はここまでです このページの先頭へ